2017年3月11日 (土)

2017/02/24-26_天下布武_3日目_小布施でモンブラン

さて三日目、天下布武の旅行も最終日です。

旅館から、湯田中駅まで送って貰い、そこから特急スノーモンキーに乗ります。

Dsc01756

スノーモンキー、、、という名にしては普通の電車でした。

くいうところ以外は。。。

Dsc01755

湯田中の駅では切符を買ってからすぐにホームには入れず、
改札前に並びます。
 
。。。外国の人、多いです。
 
でもちゃんと並びます。一部の日本人だけが割り込んだみたいになっただけ。
 
でもそんなことせずにでもきちんと座れました。
(電車の出発時間近くに来た人は座れなかったみたいだけど)
 
それでも23分ほどで小布施駅に到着です。
 

Dsc01804

駅には、昔の古い電車も飾ってあります。

Dsc01807

小布施の駅から徒歩で、栗のお菓子が食べられるお店が集まっているところへ
移動します。
 
みな徒歩で移動するので、少しずつお店が通りに出来てきているようですが、
それでも少し閑散とした感じでもあります。
 
そして、目指すお店にまず到着です。
 

Dsc01763

遅れたら混んじゃう!!!、と、
あ、慌ててたので写真がブレてしまいましたが、
「桜井甘精堂」系列『栗の木テラス』です。
 
ここではやはり目的のモンブランを4人で注文。
 
あとこのお店はお茶に力を入れているみたいで、数種類のお茶がありました。
 

Dsc01764

自分は、『キーマン』というお茶を選びました。
 
そしてお茶を入れるまでの時間が掛かっているのでしょう、少し時間が掛かりましたが
出てきたのがこちら♪
 

Dsc01773

モンブランとキーマン(茶)です。
 
お茶はポットで出てきます。
奥に写っていますが、ティーポットの保温カバーをかぶせています。
 
さてさて、モンブラン♪
 

Dsc01770

上品な甘さ、そしてクリームの全体的な柔らかさ、文句なしです。
 
モンブランは甘さの控えめ加減と栗のエグミを抑えながら、
栗らしさをだすというところが難しく、
そして、それでも硬さが程々にないとぺったり、として美味しくないし、と
実際には和菓子に近いケーキだと個人的に思うのですが、
まさに和菓子と洋菓子のハイブリッドな感じのケーキでした。
 
うまかったーっス♪
 
ただ、それよりも、、、『お茶が美味い!!!』
 
あの、、、本当に栗の話ばかりでこのお店は評価したらいけない気がします。
 
お茶に全力投球している感じなので、小布施散策で甘いもの取りすぎたら
ここに立ち寄る、というのもイイかもしれません。
 
美味しいお店でした♪ 

そして、殿さんからも許可、頂きました♪ 散策です。(笑)
 
『栗の木テラス』さんの横に、なにやら抜け道が。。。
 

Dsc01777

ここを抜け、、、抜け、、、て行こうとすると、なんとケーキ作っているところが
見えちゃいます。
 
でもそれも観て良いみたいです。(そう書いてあったので)
 
ただ、仕事しずらいだろうから写真も撮らずに抜けて、、、
出たのは、こんなところ。
 

Dsc01778

酒蔵らしいです♪
 

Dsc01780

 
でも今回は立ち寄らず、先のお土産屋さんの集まるところへ向かいます。
 
脇道はお店が沢山あったり、というところではなく、
というか、全く無く(笑)
 

Dsc01781

地元の懐かしい道を散策している気分になりました。
 
そして、クネクネと歩きながら、民家の脇道入ったりして付いたのがここ。

Dsc01786

Dsc01789

なんともイイ感じのお店がいっぱいです。
 
小布施は、駅から30分ほど歩いたところにある
『岩松院』の天井画『八方睨み鳳凰図』が有名です。
(HP:http://www.gansho-in.or.jp/gansho-in.html
 
これは、葛飾北斎の晩年の作品で、これを書いて江戸にもどった翌年に
亡くなっているそうで、本当に最後の作品。
それも修復作業など一切行っていない、リアル北斎なのです。
 
ということで、町おこしとして、『北斎』そして『栗』
 
この2つをメインにして景観を大切にしたこんな町ができたそうです。
 
なのでここには、北斎館というのもあります。
 

Dsc01787

そして、『竹風堂』系列の、、、『竹風堂本店』っす。(笑)
 

Dsc01790

ここでは、定番らしい、『栗おこわ』を買いました。
 

Dsc01792

 
そして、、、観光の定番!ソフトクリーム攻めです。
『栗ソフトクリーム』っす。
 

Dsc01793

でも寒いから、店内で食べるという(笑)
 
そして近くのカブトムシと遊んでもらい。。。

Dsc01797

散策は終了です。
 
で、戻る途中にあった、『小布施堂』のお店
 

Dsc01799

Dsc01800

じつはさっきのイイ感じのお店がたくさんあったところでは、
『小布施堂』系列のお店で、『栗落雁』を買いました。
 
ということで、
小布施の栗菓子御三家と言われる『小布施堂』、『桜井甘精堂』、『竹風堂』
制覇しました~♪
 
本当は3つのモンブラン食べて『登頂制覇~!』としたかったですが、
甘いものはそこまで得意ではなく、
 
山登るみたいに、『そこにモンブランがあったから。。。』など、
恐ろしくて言えません。(笑)
 
次回は頑張ろうかな。。。
 
小布施駅まで戻り、こんどは特急ではなく、通常の電車に乗ります。

Dsc01808

この路線は特急の本数が少ないので、
通常の電車の方が早く帰れたりします。
 
そして、この電車の止る駅に、『善光寺下』駅があります。
 
そう、長野の善光寺に行くときに使う電車でした。
 
下、と言っても山のふもと、という意味なんだろうなぁ、と思ったら、
いきなり地下に入り停車。
なんと地下駅です。
 
『えええ、、、まさか!善光寺の地下は駅になっていた???』
 
。。。なってないです。そんなことあるわけないです。
 
駅の前の道を進むと『仁王門』(一般的な入口みたい)のところに行けるみたいです。
 
ただ、善光寺のHPをみても、この駅のことが書かれていません。
 
4~500メートル歩くからなんでしょうか。。。不思議です。
 

 
そして、長野駅に到着です。
 

Dsc01674

 
長野駅では少し時間かけてお土産屋さん巡り。
 
そして、日本酒の試飲が出来るところがあったので、
ここでちょっとお酒を飲もうという事になったんですが、
意外と2杯目~、とか行ってしまい(笑)
 

Dsc01819

軽いおつまみで飲んじゃいました。
 
イイ感じっす。
 
そして帰りは新幹線で、、、もう長野は近いですね。びっくりするくらい。
 

Dsc01823

良い旅になりました♪
 
次回は来年の1月に紀伊半島にミンさんプランで行く予定になりました。
早くも楽しみです♪
 

| | コメント (14)

2017年3月10日 (金)

2017/02/24-26_天下布武_2日目_湯田中・湯宿せきや

さてさて、新幹線に、ちと乗り遅れましたが、無事に湯田中駅まで着きました。。
ミンさんが宿にはサクッと連絡してくれて、宿からのお迎えも頂きました。

まず、上田駅から新幹線で、長野駅まで向かいます。
12分だけ乗る新幹線で、指定席という(笑)

Dsc01665

そして、長野駅から、長野電鉄 長野駅に移動して、
ここで、「特急ゆけむり」に乗ります。

Dsc01677

ちと昭和の匂いがする電車で、カッコいい♪

特急電車のほかに、同じ線路で各駅停車の一般車両も走っています。

そして、終点『湯田中駅』に到着です。

駅はかなり人が多く、また出迎えの車も沢山です。

そして、外国の方がかなり多くいました。

そう、外国人が多い理由は、『スノーモンキー』です。

日本ではニホンザルがよく温泉に入るイメージがあり、
カピパラまで温泉に入ったりするので、動物は皆、温泉に入る、と
思ってしまいがちですが、実際にはもともとこの地獄谷のサルたちも
温泉大好き! という訳ではなかったようです。

ここのサルは餌付けされてそのうちに温泉に入るようになったようです。

で、海外ではこういうのないのか、というと、、、無いみたいです。

ニホンザルは寒いところにいる猿なので、寒さに適した体になっているそうで、
湯冷めがしないそうです。
(知恵袋情報では、毛が濃くて油もあるので体までお湯がしみ込まないため、
ということもあるらしいです。なので、子ザルはこれが出来ないそうです。)

では、カピパラはなぜ?という話もありますが、これは知恵袋の回答は
参考にならなかったのですが、、、
そもそも、カピパラはアマゾン川とかに住んでいる動物なのです。

いわば、『カピパラは、水に浸かるのが仕事!!!』 ということです。

湯冷めする、というのはお湯からでるから、であってほぼほぼ、
お湯にずっと入っているのが普段の生活なんだと思われます(笑)

と、ここまで話を盛り上げたんだから、当然「スノーモンキー」行ったんだろうと
考えると思うんですが、今回は行きませんでした。

理由は、『スノーモンキー』と、『小布施のモンブラン』、どっちにする?と
言われたら、モンブランでしょう?

ということなのです~♪

小布施の駅から結構離れている今回の温泉宿は『湯宿せきや』
(宿のHP: http://www.yuyadosekiya.com/

宿に車がつくなり、御女中さんたちがわらわらっと車を囲んで荷物運び出したり、と
ちとびっくり。
それでも撮った写真がコレ。(笑)

Dsc01684

ゆ、ゆっくりと写真が撮れず、、、ということで、詳細は宿のHPを参照ください(笑)

でも中の写真はいっぱい撮りました。

ちと、いや半端なくゴージャスでした。。。

部屋にはいると、こんな感じ。

Dsc01696

ソファーがあり、肩もみシートもあります。

ここでもCDやらDVDやら自由に観たり聞いたりできて、
暇な時間は懐かしい音楽をガッツリ聞いて楽しみました。

そして奥の和室。

Dsc01699
 
テーブルの上には落雁などのお茶うけが数種類ありました。おしんこも。
 

Dsc01689


部屋の奥の窓に見えるのは各部屋にある、掛け流しの温泉です。
 
このお湯は昼間入った際にはかなり熱かったみたいです。
 
でも朝方とかに入ってみたんですが、かなり気持ちの良いお湯でした~♪
 
この露天風呂に入るために通るのが、このミニキッチン。

Dsc01693

右に見える木の扉を開けると中型の冷蔵庫がありました。
 

Dsc01694

電子レンジもありますね。
 
ちなみに冷蔵庫を開けると、、、ビールばっかりという。。。

Dsc01695

何かしらの意図を感じる。。。
 
そして左側はトイレ。右側が温泉になってます。
 
温泉側の写真がコレ!
 

Dsc01692

シャワーとか付いた洗い場が別途手前にあります。
 
その奥に行くと露天風呂になってます。
 
いやぁ、、、マジすげぇ。
 
あ、そうそう。もう一部屋あります。

Dsc01697

各部屋テレビ付き(笑)
 
暖房もいたるところに複数ついていて寒さ知らずです。
 
それもそうですよね。。。ここ寒いところだもん。
 
窓の外はこんな感じ。

Dsc01702

さて、一通り写真を撮った後はやはり!!!

温泉っす。
 
ちょっと広い、大浴場にまずは入浴。
 
部屋数が8部屋しかないので、他のお客様ともなかなか一緒にならず。
ゆっくり堪能できました。
 
その後、個室の温泉は空いていれば予約なしに勝手に入れるので
3つの個室温泉のうちの一つ、「ヒノキ露天風呂」に入りました。
 
ここも、かなり気持ちの良いお湯でした~♪
 
そして、湯上りにオーディオルームで、生ビールを一杯。
(一杯目はサービス、ということでした♪)
 
最高にくつろげちゃいました~♪
 
そして食事。
 
部屋は3階、食事の場所は2階でした。
 
ちょっと湯上りで酔っぱらった感じで始まる食事~♪
 

Dsc01703

最初はこんな感じ。
 
それが、ちょこちょこといろんなお皿が出てきて。

Dsc01707
 

Dsc01726
 

Dsc01728

 

Dsc01732

Dsc01735

さらに、別注の料理が。。。で、結果。

Dsc01720

肉率高いっ♪
 
そしてデザート。。。
Dsc01740

みんな洒落ててイイ感じ。
 
味も良いし。そしてお酒がこんな感じでした。
 

Dsc01729

いやはや、堪能です♪
 
今回は飲んでばっかり率が高いし、お腹いっぱい率も高い。
 
結果、寝るの皆早い(笑)
マッサージチェアに座って何度もモンで貰ったり、
懐かしい曲ばっかり入ったCD(備え置きしてあったもの)を聴きながら雑談して。。。
 
というところで、追加のお酒も入らずにそのまま寝ました。
 
ということで早めに目が覚めて、客室の温泉にも入ったわけですが、
これがなかなか気持ち良くてイイ感じでした。
 
そして、朝起床後に、皆で温泉行きますか?と話したら、
殿さん、腰痛が発生したとのこと。
 
ベットがダメだったみたい。。。
ひとり部屋で養生してもらい、自分たちは温泉に行きました。
 
今回は最初にタライの露天風呂に行きました。
 
いやぁ、、、、寒い寒い。。。
 
で、タライの中に入ろうとしたら、『あっちぃー!』

あ、熱くてはいれない。。。

3人、、、寒くてぶるぶる震えていても、お湯が熱すぎて入れないという。。。
掛け流しなので高温になっているみたいです。

が、、、こんなに外が寒いのに入れないくらい温度高いって、、、?
もしかして上だけじゃね?

ということで、このオケ風呂、なんと『ジャグジー』がついている風呂なんです。
意味は不明。
でも試しにスイッチ入れてみました。

おおお、、、お湯がまざっていく。。。というか泡立っている。。。

結果、温度、しっかり低くなりました。(笑)

で、3人はいるとお湯がすっかり溢れてしまいました。
このあと自分たちが出た後、新しいお湯が注ぎ足されるわけですが
そうなるとかなり高温になって。。。かき混ぜても熱いままかも。
などとか考えたり。

いや、良い湯でした。

それから、朝食です。

Dsc01748

満喫っす。

そして、宿を出て、3日目の朝、今度は小布施に向かいます。(つづく)

| | コメント (2)

2017年3月 9日 (木)

2017/02/24-26_天下布武_2日目_上田城攻略

さて、2日目。

朝から松本駅へタクシー移動し、ここから篠ノ井駅へ。

Dsc01557

これは、(ワイドビュー)しなの3号 [長野行き] 乗車時間 42分
 
途中、こんな風景も広がってました。

Dsc01560_1

そして、篠ノ井駅から、しなの鉄道に乗り、上田駅へ向かいます。

Dsc01573

こちらは、しなの鉄道しなの鉄道線(普通) [小諸行き] 乗車時間 28分
 
上田駅はこんな感じ。

Dsc01576

のれんがいっぱい(笑)
 
昨年のドラマ『真田丸』の、真田のお城があるところ、であり、
さらに、映画『サマーウォーズ』の舞台でもあります。
 
なので、こいつもいる。

Dsc01661

上田駅の改札出たところにロッカーがあり、
ここに荷物を預けて、タクシーに乗り込み、上田城を目指します。
 
はい!数分で到着。山の上っぽいところにあるので上り坂でした。
 

Dsc01582

タクシー降りると、もう入り口の橋が目の前にあるので、渡ります。
 
橋の下は、、、

Dsc01583

こんな感じ。
当然お堀だったところですが、ちょっと前までは電車が走っていたそうです。
 
東京もそうなんですが、過去の東京オリンピックで急きょ高速道路を通す話に
なったときに、多くのお堀を道路に変えています。
そんなことを、ちと思い出しました。
 
そういえば、水戸城も電車が走ってましたね。。。
 
そしてこの橋を渡ると、さらにお堀にぶつかります。(今度は水有り。)
 

Dsc01585

真田のお城のあの入口が見えます。
 
真正面側から見るとこんな感じ。

Dsc01591

右側はお堀、左側は絶壁、、、という変わったお城でした。
 
この入口の右側にこんな立札があります。

Dsc01592

『真田石』はこちらです。
 

Dsc01593

うわぁ、、、大きさ伝わらない(笑)
 
かなり大きいです。真田信之(幸村の兄)が松代へ移封となったとき、
『この石を父の形見に、、、』とと持って行こうとしたらしいですが、
びくともしなかったという伝承があるらしいです。
 
ただ、、、ひとこと言わせていただくと。。。
 
『既に城の石垣ですから!!!
  持って帰るなんてそもそも出来ないですから!』
 
ですよね♪

そしていよいよ中に入ります。
 

Dsc01594

なぜか神社がある。。。
 

Dsc01599

鳥居だけではなく、がっつりと神社でした。
 
なんでも明治になり、上田藩が無くなりこの城跡も民間に売られ
畑なんかに変わっていた時、
以前いた藩士たちが、お殿様(この時は松平)の恩に返そうと、
神社を作ることを思い立ち、できたのがこの神社だそうです。
 
なので、最初は『松平神社』といったそうですが、昭和になり、
歴代の城主を祀る神社とすることになり、
『上田神社』という名前になったそうです。
でも、他に上田神社があったそうで、
紛らわしいので『真田神社』に改められたそうです。(最後はコレが理由か。(笑))
 
でも、
地元の人たちがお城を守ろう、として、土地を持っていた方が神社に寄付して
と皆の郷土愛がこのように遺跡を残してくれたんですね。
 
この神社をお参り後、さっきくぐった城の入り口なかに入れるということで、
チケット売り場に向かいます。
(スタンプもその有料の建物中にあるという)
 

Dsc01604

値段が書いてあります。
 
が、正面に行くと。
 

Dsc01605

3月3日まで休館。。。
 
な、なんと!!!
 
スタンプはここのほか、入口の道向かいにある観光案内所に
あるらしいのでそちらに行くしかないです。
 
そしてさらに道を進んでいくと、すぐに見える史跡の印。
 

Dsc01607

本丸跡、こんなところにあったんですね。。。
 

Dsc01613

さらに進むと『西槽』があります。
 
ここの脇に下へ降りる階段があり、そこから降りてみました。
 

Dsc01628

下から見上げる『西槽』です。

ちょうどこの位置、石垣の直ぐ脇には、『尼ヶ淵』がありました。
 
そして写真撮っている自分たちの背のほうには、
『千曲川』があり、このあたりは沼地だったそうです。
(昭和の写真をみると、このあたりは畑っぽくなっていました。)
 
これは攻めにくい城になってますよね。。。
 

Dsc01630

これが階段降りたところの地図です。
独特な城の堀の作りは、いくつもの戦術を可能にする絶妙な立地だったん
でしょうね。。。
 
ちなみに最初の入り口は右の端になります。
残っている建物は少しですが、この立地条件を視ずに、上田城は語れないですね。
 
さらに崖の周りを廻りながら、最初の入り口に到着。

Dsc01647

下から見ると、『あああ、電車が通っていたのわかる。。。』という感じの
トンネルです。(笑)
 
昭和47年に廃止だそうで。この写真に映っている階段のあたり、
駅があったホーム跡だそうです。(言われるとそんな感じ。。。)
 
無人駅で昔は駅舎もあったそうです。
 
な、なんで残しておかないんだっ!!!
 
ちなみに駅の名前は『公園前駅』。。。
 
だ、だめだ、、、廃線になりそうな名前だ。。。
 
そして、この堀から這い上がり、国道の向かい側には、
目指す蕎麦屋があります。
 

Dsc01649

『上州手打ちそば 千本桜』です。
 
ここの名物は、『六文銭かき揚げ天』ということで、食べてきました!
 
これがその、『六文銭かき揚げ天』だっ!!!

Dsc01656

観ての通り、みんなのかき揚を、合体させたのではありません。。。
 
これが1個の大きさ。。。どうずるよ。。。これ。
 
ちなみに殿さん、ミンさんは、『六文銭かき揚げ天そば』を注文しています。
 
自分と弟は、『真田三代そば(田舎そば、二八そば、さらしな蕎麦)』と、
『六文銭かき揚げ天』のみ単品で注文し、
かき揚は半分にすることにしていました。
 
蕎麦は、田舎蕎麦が一番旨いです。
かき揚は分けるための小皿をもらいましたが、写真でも皿、見えないですよね。
 
結果、、、テーブルはかなり汚い状態になりました。。。
 
願わくば、単品で頼んだ人は分けることが多いので、
ピザ皿にのせて出して、ピザ切るローラーのを用意してほしいとおもいました。
 
あ、スタンプはこの建物の2階で貰っていました。
 
そして、、、新幹線に乗りそこないました。
 
このお店、出てくるのに時間が掛かってました。
だって、入れ代わり立ち代わり、お客さん出入り多い。回転率高っ!なんです。
 
なので、なっかなか、出てきませんでした(笑) 
結果新幹線の指定席は無駄になりましたが、乗車券は有効なので自由席で乗って
向かいました。
 
そいえば、ひとつ残念なことが。。。

『美味だれ焼き鳥(おいだれやきとり)』が食べれていない事。。。

上田名物らしいっす。。。蕎麦屋にあったのかなぁ。。。見逃していた。。。
 
そして、上田駅から今度は、湯田中駅へ向かいます♪(つづく)

| | コメント (2)

2017年3月 4日 (土)

2017/02/24-26_天下布武_1日目_松本・美ヶ原温泉「すぎもと」

さて、1日目の観光が終わり、松本駅からタクシーで15分ほどで、
「旅館すぎもと」に到着しました。(宿情報はこちら。http://ryokan-sugimoto.com/

と、書いた後普通は宿の写真が載るのですが、
す、すみません。

宿前にタクシーが到着し、そのまま中に入ってしまい、そして
帰りもそのままタクシーに乗り込んでしまったので、
写真どころか、自分たちも観てません(笑)

完全に、温泉と料理を楽しむ、という世界です。

まずはお部屋から。

Dsc01508

和室の良い感じのお部屋です。
ここに4人布団をひいてもらって寝ました。

そしてわかりますかね~♪

Dsc01506

テレビの横にオーディオが。DENONですよ。

そしてヒーリング系の音楽がずっと掛けられていました。

なんせ、「松本 オーディオ好き」で検索すると、この宿がヒットするくらいです(笑)

 
。。。CD持ってくればよかった。
 

この宿は、オーディオルームのような部屋があり、そこにはマッキントッシュが
ありました。(パソコンではない)
真空管や、JBLとかもあったし。
そして、そこでは音楽がずっと掛けられていました。
 
たしかにゆったりと寛ぎたい人には良いかもです。
 
さて次にお風呂。
 

Dsc01504
 
手前に見える椅子は足湯のところ。
 
その奥に温泉があります。
 
お湯の温度は温めな感じ。クセは無いです。
 

ひとっ風呂浴びて、そのあとは食事になりました。
 
食事は地下の通路を抜けて道を挟んだ別館になります。
  

Dsc01513

そして料理ですが、いろいろ追加で頼んじゃってます♪
 

Dsc01516

季節のお通し。
 

Dsc01526

なんだか色々。
 

Dsc01522

Dsc01531


 

Dsc01530

馬肉の刺身♪
 

Dsc01519

けっこうお腹いっぱいです。。。

そして別注で頼んだもの。

Dsc01527

①利き酒セット
 

Dsc01539

②鹿肉のステーキ 
 

Dsc01542

③一日10食限定。手打ちそば。
  (これは美味しい水を食べているような味で美味しいです)
 
そしてサービスでくれた焼きタケノコ。

Dsc01536

ということで、もうお腹いっぱい。
 
ご飯はお握りにしてもらって部屋に届けてもらいました。
 
(が、食べれない、と言いながら、部屋ですぐに食べてしまうという。。。(笑))

この1日だけで、かなり飲んでました。殿さん、弟が特に。。。
 
なので早めにさっくり寝ました。
 
朝ごはんも夕飯と同じところでご飯でした。
 
ミンさんが粗相をしてしまったので、それを写真に撮るというイベントが
ありましたが、その写真は
「撮りますよ~。」と言ってるときにやっている演技の写真よりも、
写真撮り終わったあとに、本気で凹んでいるミンさんが
かなりやばい感じで撮れていて、今更にちと笑ってたり。
 
イイ感じに過ごせました~♪
 
そして次は上田城に向かいます。(つづく)

| | コメント (8)

2017年3月 3日 (金)

2017/02/24-26_天下布武_1日目_松本城・城下町観光♪

今年も、天下布武の会の旅行に行ってきました。

今回は殿どのプレゼンツ、松本・上田、そして小布施攻めの旅でした♪

まずは新宿から弟と一緒に『あずさ1号』です。7時ちょうどの。

Dsc01237

そして立川で殿さんミンさんと合流。

松本駅に向かいます。

松本駅でロッカーに荷物を入れて、タクシーで数分。
松本城に到着です。

Dsc01246

国宝♪

Dsc01336

奥には日本アルプスが綺麗に見えます。

そこに黒いお城の松本城。。。

かっこよすぎる。。。

さて、一応外側の写真を撮って、いよいよ天守閣へ向かいます。

Dsc01260

チケット売り場のすぐ目の前にある黒門です。

ここを抜けると、お城ですが、その前に弟は日本100城のスタンプを(笑)

そしていよいよ天守閣へ向かいます。

Dsc01270

中に入ると一旦右側に見える『乾小天守』へ入ります。

この中を廻ると、『渡櫓(わたりやぐら)』を抜けて、本天守へ。

Dsc01284

ちとごちゃごゃっとしていて、昔の建物感がたくさんです♪

ちなみにさっきのお城の写真で、左側の前に飛び出た建物は『月見櫓』です。
天守に上る途中でこちらも行けますが、
外人さんたちがカメラで一生懸命撮ってたのでそのまま立ち寄らず。

最初はコレ、なんだか知らなかったんですが、
小天守、天守ともに戦国時代に作られたそうですが、
月見櫓は平和になってから作られたそうです。

月は見れませんが、南アルプスは見えたのかも。
う~ん、少し待って観てくるべきだったか。。。

Dsc01314

一番上から撮った写真。「旧開智学校(かいち学校)」が見えます。

この開智学校、手前には新しい学校が見えます。
こちらは「開智学校」。ああ、だから旧なんだな。。。

お城グッツなど購入し、お城の周りを一周。

そして、いよいよお蕎麦屋さんです。

ここからお店までは歩いていきました。

お城からまっすぐ歩いて、途中左にはいったところのお店です。

このルートにはいろいろとみる物がたくさんありました。

お城から松本駅の先のお蕎麦屋さんまでのルートの観光案内をちとしてみましょう。
(行きと帰りの写真が混ざってますが順に並ぶので、その方が解りやすいかと)

まず、小さなお城の古本屋さん。『青翰堂(せいかんどう)』
1/20スケールで作られた松本城らしいです。

Dsc01428

この前をそのまま歩いていくと、川の手前に良い感じにお店が並ぶ通りがありました。
『縄手通り商店街』です。

Dsc01374

Dsc01375
こんなオブジェもあります。
もうカエルばっかりでした。
 
この通りに少し入るとすぐ左に神社があります。

この道沿いにある『四柱神社』 です。

Dsc01424

なんでも神様が4人もいるそうです。

願い事も、4連荘のチャンスが!!!(笑)

そして、川を渡り進むと、『中町通り』

Dsc01409

蔵を改装したお店なのかな、いっぱいあります。
夜の方が雰囲気がイイらしいです。

ただ、売られているものがちと高い、、、らしい(笑)

 

そして、『深志神社』

Dsc01382

ここはちと立ち寄らず。。。途中で右に曲がって蕎麦屋に向かいました。

なお、この神社は意外と大きい立派な神社らしく、テレビのドラマや小説の
舞台にもなっているそうです。
『白線流し』や、『神様のカルテ』でも出てくるところだそうで。
。。。といってもテレビ、観てもいないし読んでもいなかった。。。

ということで、15分くらい(?)で、やっと目的地に到着です。

Dsc01384

そば処『ものぐさ』です。

ここの蕎麦も美味しかったですが、野沢菜が美味しかった~♪

そしてお酒も♪

Dsc01404
 
蕎麦です。

Dsc01398

山賊焼です。(鳥のから揚げ。とりあげる、なので山賊焼(笑))

お酒はこんな感じ。

Dsc01403

あああ、並んでる。

Dsc01408

この中で弟のお気に入りは、『美寿々』。

弟お気に入りの『美寿々』はここで買えるみたいです。

http://www.inaka-kukan.com/products/list103.html
 
お店の方も親切でイイ感じに酔っぱらっちゃいました。
(馬肉とか、他にもいろいろ食べてしまって、美味しかったです。)
 
このあと、また道を戻り、松本城の裏側へ廻り、先ほど天守から見ていた
『旧開智学校』へ行きました。
 

Dsc01438
 

Dsc01442

敷地外から撮った写真。

Dsc01448

旧開智学校のチケット売り場向かいに見える、『旧司祭館』
そしていよいよ中へ。
 

Dsc01459

Dsc01462
 
そして2階へ。

Dsc01475

2階の奥でこんなことが行われていました。
 

Dsc01477

Dsc01494

そして黒板の日付は当日の日付でした。
そして日誌は、なんと同じ日の記載の変わったものが貼られていました。
 
よく読んでみると、ちと笑う。
 
この『旧開智学校』って、切手になっていてそれで知ってたんですよね。
ここに来れてよかったです。
 
このあと、駅まで徒歩で戻り、ロッカーから荷物回収後、タクシーで宿へ向かいました。

(つづく)

| | コメント (2)

2016年3月16日 (水)

2016/03/12_水戸でいつもの「偕楽園」「あんこう」「ダチョウ王国」

今年も定番のアンコウツアーが行われました。

今回は、ちゃんとホテルを取って泊まりましたよ。
いつもミンさんのお宅に御迷惑かけれないっすから。

ということで、いろいろといつもと違うツアーっす。

まずは、初日。

いろいろプラン練っていて。。。
最初は、午前中にフェルメール観に行く予定でしたが、
平日に行くことが出来たので、予定が消えました。

あとは、お土産なに持って行こう、、、とか。
でも、結局、午前中にいろいろ行くのは無理だから、諦めよう、となり、

それで、午後ゆっくり出る予定でしたが、
ああ、じゃぁ、早く行って、偕楽園を楽しもう!ということになりました。

お土産に、ハードロックカフェに何かあるか、念のため立ち寄り。。。
。。。結果、何もなく。。。(あたりまえか)

いちおう、東京土産っぽい、ゴーフル買って。。。

で水戸までの切符を購入。

上野から水戸までは以前は自由席があったんですが、今は全部指定。
そして、席がない場合は、立っても乗れるのですが、料金は変わらず、です。

立って乗る人なんて少ないだろうから、一番早い電車のチケットを購入しました。

しかし、、、めちゃこみ。。。偕楽園に行く人、、、多いんですね。。。

で、水戸に着く10分くらい前に気が付きました。

「あ、偕楽園駅(臨時)で降りれば近いじゃん。」

そう。梅祭りの時だけ出来る臨時の駅があり、水戸行きだけが止るのです。
(東京行きは止まらない、片道の駅)

あ、土日祝日だけ、、です。

P3128055

そして、水戸までの切符を改札(これも臨時)の駅員さんに渡すと、
これをくれました。

P3128057

水戸まで行ける切符らしい。。。
特急切符は水戸まで買うので、この清算券がもらえるとのこと。
なお、スイカとかでは貰えないらしい。

なお、この駅で切符も買えるらしいですが、臨時駅なので駅名のある切符は無く
通常の切符にスタンプだけ押されたものが渡されるそうです。

さて、駅を出て、まず最初に!!! 腹ごしらえ。

P3128117

駅は神社前なので、出店がいっぱいです。
お好み焼きとか、焼きタラバとか、、、いろいろ食べました。

あ、これも食べましたよ。

P3128061

カリカリ梅ソフト! これ、美味いですよね~♪ 梅の実がカリカリっとして。

そして、偕楽園の梅鑑賞です。

開花時期に来るのはあまりないので、ちと楽しみ。

偕楽園には、『水戸の6銘木』というのがあり、以下の梅の品種があります。

①烈公梅(れっこうばい)    1月下旬~2月下旬 中輪(2~2.5cm)淡紅・一重
②江南所無(こうなんしょむ) 3月中旬~4月上旬 大輪(3~4cm) 紅・八重
③白難波(しろなにわ)     1月下旬~2月下旬 中輪(2~2.5cm)白・八重
④柳川枝垂(やながわしだれ) 2月上旬~3月上旬 中輪(2~2.5cm)淡紅・一重
⑤虎の尾(とらのお)      2月上旬~3月中旬 中大輪(2.5~3.5cm)白・八重
⑥月影(つきかげ)        2月中旬~3月上旬 中小輪(1.5~2.5cm)青白・一重
 

今回、綺麗に咲いて見れたのは、②江南所無でした。
(人が多すぎて写真うまく撮れず。。。でも一番きれいに見えました、、一応載せます。)

P3128100

(笑)いちおう冗談です。
これが咲いてるところ。

P3128102_2

しかし、この6銘木。
一覧を見ると分かるのですが、開花時期が2月上旬に集中しています。

このため、梅まつりはたくさんの梅が咲いて綺麗なのですが、
実はこの6銘木を観るためには、2月、という、まさに、アンコウの季節に行かねば
見れない!!! というのが解るんですねぇ。

ちなみに、リンク先の解説を読んで貰うと書いてあるのですが、
水戸にしかない、という梅もあります。

気に入った「江南所無」を買えないか、ネットで探したけど出てこないっす。。。

やはり、咲いているところに出かけていくという、楽しみも残しておかないと、
と思いました。

ほかの梅もちと載せて、花見気分をご提供~♪

P3128066

P3128065

P3128088

P3128093

梅は「小さな花」、そして、「紅・白」という先入観念があり、
個人的な感想では、梅に見えない(笑)。

いやはや、花びらも大きく、綺麗です。

早くから、春の訪れを教えてくれる梅、やっぱり家にも欲しいっすな。。。

さて、ここから歩いて水戸駅まで向かいます。

実はまっすぐに向かう道らしきものは無く、一旦美術館よりに線路から
離れていくか、
線路沿いをいくならば、線路を越えて千波湖沿いを歩くか、になるようです、が、

『道が無ければ、作ればいい。』 

ということで、線路沿いに向かいそのまま進むことに。
すると、電車から見えるアレ、、を発見。

そう、防空壕です。

P3128123

か、金網壊れていて、誰か絶対入ってる。。。

絶対、やんちゃな子供たちが入っているに違いない。。。

などと思いながら、この駐車場を抜けようと、、、しますが、マンションの中を
通らないと進めません。

 
道なき道は、ある程度道徳を守らないと、、、ということで、
すんなり諦めました。
 
(この間に、何人かとすれ違いましたが、目的は同じだったようです。(笑))
 
一旦駐車場を戻り、横にある細い坂をのぼり、マンションの入り口まで上がると、
まっすぐ道が線路沿いを進んでいくのがなんとなくわかります。
 
そして、 進んでいくと視界が開けて、大きな道路にぶつかりました。
 
そこにあったのは、

P3128126

柳貴家勝蔵(やなぎやかつぞう)の『勝蔵会館』です。
 
は?  知りません。。。
 
それよりも、『海老一染之助・染太郎』は知っていますね。。。
 
なんでも、『水戸の大神楽』のひとつ、『海老一神楽』を継承するのが、
『海老一染之助・染太郎』らしいっす。
 
神楽(かぐら)は、元々は伊勢や出雲、熱田神社のほうで活動していた方が、
江戸時代に関東に移ってきたそうで、このころから、曲芸だったものが舞台芸に
かわり、そこで、江戸太神楽や、水戸大神楽が生まれたそうです。
 
wikiみたら、ちゃんとこのかたの名前もありました。
 
水戸は、実は『大神楽』が有名だったのですね。。。
 
さて、そのまま道なりを進むともうすぐに水戸駅に到着。
迷い歩いて45分で到着です。
 
お土産など物色し、ホテルへ。

水戸駅からホテルまでは30分くらい歩きます。

(途中、あんこうの店『山翠』を横切ります)

都会でも温泉付きでよくある、「スーパーホテル」さんです。
 

P3138160

温泉がついて、料金は8,480円。
 
部屋はこんな感じ。

P3128134

安く抑えたので、狭く、そして二段ベット(笑)
 
ホテルは混んでましたよ。
 
温泉は、男女入れ替え性のため、15時からは男性しか入れません。
女性は夜の数時間と、朝方7時くらいからです。

(夜間の従業員を減らし、コスト削減しているらしい)
 
お湯は、ぬるっ、ぬるっ、してました。。。
湯船の底はヌルヌルしていないので汚れではなく、お湯の質なのだと
思いましたが、なんだか不快なくらいヌルヌルです(笑)
 
ち、ちと、ぬるぬるしすぎ(笑) 一度試すと笑います。
 
なんでも2016年2月に温泉の改良工事をしてから、この湯質になった模様。
 
不思議なものですね。。。
 
従業員の方、清掃の方も人数は少ないですが、精一杯やっている感じで
笑顔もあり、好印象。
リピータが多いのは納得。
でも朝の食事は、オススメとありましたが普通です。
(無料なのでわがまま言っちゃいけませんね。。。)

さて、温泉で、すっかり花粉症も収まって、待ち合わせ時間に山翠へ向かいます。
歩いて3分(笑)
 

P3128146
店前にはこんな紙が貼られています。
 
ホテルに向かうときにもう見ていたので、気になって気になって。。。
 
いつものようにアンコウ鍋を食べましたが、お刺身も注文しました。
 

P3128145

コレ。。。た、たこ?
 
まるでタコの刺身のように弾力があり、不思議な食感です。
 
これは珍味ですね。。。
 
あんこう、、、魚じゃないなぁ。。。
 
そしてこの後は皆でカラオケへ行き、はじけて、しぼんで、ホテルに帰りました。
 
翌朝はホテルで再度温泉に入って食事してひと休憩後に水戸駅まで。
 
殿さんの車で、石岡まで移動しました。
 
そう、目的のダチョウ王国へ向かったのでした。
 
(以前に行ったときのブログはコレ
 

P3138174

あああ、やっぱりダチョウ、、、デカいしこわい。。。
 
ちなみにエサは、店の中でも買えますが、こんなのでも買えます。
 

P3138167

ひなあられの大玉ですね。
 
買うときは横の2つの隙間にお金入れて廻します。
 

P3138166

こ、この自販機だけで、テンションが上がる!!!
 
と、ここでカメラの電池切れ(笑)
 
食べている写真はありません。
 
なお、この2日目は会社から障害メールが大量に着ていて、
これから出勤で体制作るかもしれない、といった内容で、
終始ソワソワ。
さらに別件のエラーで電話も鳴って。
 
この日は夜勤でこの食事が終わったら会社行くのに、
なんでこんなにも、、、という状況でした。。。
 
そして、一番の障害は、『ビール売り切れました』 でしたね(笑)
 
これだけ、肉食べるって状況で、ありえない。。。
 
たしかに、「ご飯いらないんですか?」とお店の人が聞いていたのは
ビールが少なかったからなのか?などと思ったりもして。
 
でも、あれ以上飲むと、仕事やばかったと思うので、良かったのかな。
 
そして、ダチョウと言えば卵ですが、一週間に一個産むらしいです。
 

P3138175

持ち帰りで購入した人もいましたので、売り切れましたが、
気が付くと一個また売られていました。
 
う、生みたてか(笑)
 
で、5名でも肉食べれなくなるから、とここでも食べず。
 
いつ、どれだけ人を集めれば食べる気になれるだろう(笑)

| | コメント (2)

2015年4月 5日 (日)

3/28、29 水戸に行きました。

先日、水戸に行ってきました。

いつものアンコウツアーです。

まずは、お昼に水戸に到着。友達のお宅のある、下市まで移動です。

そして、お友達の家の前にある、伊勢屋さんへ。

ここはお団子とかのお店ですが、ラーメンなどの食事も中でできます。
新しいメニュー開発も前向きで、食べてみたくなるものが溢れています(笑)

自分たちはまだまだ初心者なので、普通のラーメンを。
これがまた美味い!

お昼時はかなり混み合うのですが、地元のお客さんばかりだから、
混み具合にもみなさん慣れたものです。

P3281429

P3281430

P3281431

味噌ラーメンもさっぱりした味なのに旨みが濃いらしく、美味しいそうです。
次回は食べてみます!!!
 
さて、今回は、水戸観光をさらにするためにいろいろ考えて、
はに丸タワーに連れて行ってほしい!と、お願いしました。

前回水戸に来た時に泊まった、内原駅 湯泉荘からもちょっと車で移動しないと
つかないくらい水戸から離れているのですが、水戸市内です(笑)。
 
  以前の更新内容はこちら。

なんでも古墳がたくさんあるところを公園にしたとか。
 
かなり車運転してもらい到着。
 

P3281438

おおお、前方後円墳!!! 後期の古墳(3世紀~7世紀)ですね。
 
さらに、昔の古墳の形である、陶器で飾られています。
本格的っぽい。。。
(この「ぽい」というのは、実際にはプラスチックで土に埋まっているからです。笑)
 
前方後円墳は、日本では北海道、青森、秋田、沖縄以外で見つかっているそうで。
wikiによると4800もあるそう。さらに外国では朝鮮にも10数基あるそうです。
 
(このため、日本の文化も近隣外国に影響を与えた、と考えられています。)
 
さて、目的のはに丸タワーを探します。
 
どこにあるのか、地図をみてもよくわかりにくいのですが、
滑り台とかある側と逆の奥にありました。
 
でも、、、こんな感じで見えてきます。
 

P3281446

うゎぁぁぁ、、、観ちゃいけないもの、みちゃった感じが。。。
 
ふなっしーのチャック、見つけた感じ。。。
 
で、気を取り直し、正面から。
 

P3281457

偉そうに見えますが、裏はあんな感じ。
 
あ、なのでちゃんと登れます。(体力次第。。。)
 
で、、、終了~♪
 
時間がかなり余ったので、ミンさんのお宅で、天下布武の過去の旅を紙に
纏めてみました。
良い感じに盛り上がり、、、すぎ。(思い出せない、、、が多くて笑う。)
 
そして時間になったのでアンコウのお店へ。
 

P3281470

前回も頂いた「山翠」さんです。
 

P3281476
 
あんきも、とも酢、うまうまです~♪
 
鍋は以前にも載せたので、割愛~♪ オジヤで〆ました。
 
そして夜は、ちょっと楽しんで帰りました!!!
 
さて翌日。
 
朝から水戸名物のスタミナラーメン。
 

P3291489

これは、冷です。
カボチャが入っていて、具だけでごはんもかなり食べれます。
(別途ごはんもつけました)
 
お店は下市の、「松喜吉」さんです。
 
さて、お腹いっぱいになって、帰りの前に偕楽園の梅まつりへ行きました。
 
梅はかなり散ってしまったものがありましたが、なかなかきれいに咲いていました。
梅と桜の違いは、幹から直接咲くのが梅。すっと伸びて咲くのがサクラですね。
お菓子みたいです。

P3291514

P3291532

P3291542
梅ソフト!!!
梅の刻んだものが入っていてこりこり感と小梅ちゃんのような味が
絶妙です。

P3291551

そして、ミトちゃんにも会えました~♪
 
満喫です!







| | コメント (10)