« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

今日の出来事

今日は祝日だったので、ついつい昼まで寝ていました。
そして置き始めたら玄関の呼び鈴が。
 
町内会の会長でした。
回覧と集金の依頼と、マスク。
町内会からマスクの支給が50枚入り1箱各家庭にとのこと。
 
当然、町内会に入っている人だけなので、町内会に入っていてよかった、という感じです。
 
でも、これから各家庭に配るという面倒が。(笑)
 
そして夕方に配ろうかと思っていたら、うちの隣の幼馴染(なのかなぁ)のお父さんが
亡くなったという話がご近所からあって。急遽お通夜に。
 
急遽準備したんだけど、困ったことが。。。
最近、仏壇にお供えするご飯の量が半端ないのだけど全部食べているので太った、
という話していましたが、1月に着ていた礼服のズボンのホックが、、、、閉まらず。(笑)。
ベルトでごまかして行ってきました(笑)。
 
今回、コロナの影響で親戚にも言わず、家族葬にする予定だったそうで、
近所の方がみな来てくれたのはびっくりだったようです。
 
そして、久々に友達兄弟(喪主)に会って。
会食の席に呼ばれたんだけど、他のご近所さんは誰も来ず、
自分だけがいろいろごちそうになってしまいました。
ただ、無事に席に座れるか、が不安でしたが、なんとか大丈夫でした。
 
少しは場をもたせられたのかなぁ。。。あ、それで弟のこと、やっと伝えられました。
自分たち兄弟と同い年の兄弟だったので、
弟とは思い出も沢山あったんだろうなぁ。。。

お通夜、最初は気持ち躊躇してたんだけど、
なんだか喜ばれた感じもあって、行って良かったかな、と、ホッとしました。
 
あと、ズボン破れず、ホッとしました♪

| | コメント (6)

2020年4月22日 (水)

帯状疱疹のはなし。

会社の人はみな、自宅でテレワーク中なのですが、
たまに会社に出て仕事しないといけないこともあります。
 
それで、昨日急に午前中休みになった人が出て。
なんでも『帯状疱疹』が出たとか。

月曜日、午前中に病院に行って見てもらってきたらしい。
それで『2週間くらい会社に出れません』、という連絡がありました。。。
 
で、『あれ? 帯状疱疹って会社休みになるんだっけ???』と思ったので 
「帯状疱疹ってうつるんでしたっけ?」と返信に書いてみたら、
「めっちゃ、うつりますよ!こんな時に病院行きたくなかったですよ!」
言う返事。
。。。なんだか嬉しそうなんですよね。。。
 
そして、「もし職場から出社依頼があった際には、代わりに出てください」とのこと。
 
いや、もうすでに連絡あって自分が出ることになりましたよ。
 
コロナの話で会社に出たくない、とずっと言ってたので、
嬉しさが出ちゃったのかなぁ、、、と思いました。
 
 
ただ、帯状疱疹についていちおうネットで見てみました。
が、よく解りません。
水疱瘡のウィルスが潜伏していて、免疫力が下がると皮膚に出てきてしまうものらしいですが、
会社も休まないといけないものなのか、いつまで休む必要があるのか、などが
特にわかりません。
 
ネット上では、医者も「会社休みなさいとは言えません」とあるページや、
水疱瘡は『第1種~3種』の感染症だけど、帯状疱疹は『その他の感染症』と
分類され、その場合は学校は可能な範囲で覆っていれば出席可能らしいです。
それで休んだ場合は、欠席になるとあります。(医師会とか医療新聞のページはこんな感じ)

が、うつります、と書かれているページもあります。
うつるので、会社に行ってはいけません。というページもあります。(ネット系のページ)
(感染症だからそりゃそうで、風邪と同じなので、、、)
 
よくよく調べると、接触で感染することがあるようですが、
基本、大人は既にワクチン、感染済みの人が多く移らないようです。
また皮膚がかさぶたになれば、感染しないという話(空気感染するというページもあったけど、間違いっぽい)で、
それまでに2週間。でも完全に治るのには数年かかる場合もある、と書かれています。
 
結局、
「会社休めるなら休んでいいんじゃない?」
「会社出てはいけない、という禁止指示はないです。」
「ただ、その際には患部に接触することのないようにしましょうね」
「子供も1歳くらいでワクチンうつみたいで、それ以降は大丈夫みたい」
なのだと思いました。
 
帯状疱疹でさえ、こんなに書き方がまちまちになっていて、よく解らない。
結局、纏め上げた意見ではなく、書いている側の都合がある気がしますね。
 
政治家の方々が、いろんな医者の方に意見求めて判断しているとしたら、
コロナ対策がバラバラになってしまう理由などもなんだかわかる気がしました。

まぁ、ただただ、そのために自分が職場に出なくては行けなくなったこと、
その作業が自分が特には関わっていなかったこと。
それ以上に、嬉しそうに報告があったことに、『イラッ』とした、という話でした(笑)。 


| | コメント (3)

2020年4月20日 (月)

昨日は夜勤、今日は朝帰ってきました。

ということで、今0:45ですが、目が冴えていながらも、テンションが違うので、
なんだか変な感じです。
 
テレワークを先週はしていましたが、
どういうことをしているかということを説明しますね。
 
会社からLinuxの入ったUSBを借用してきていて、
これを自分のパソコンに差して電源入れなおすとUSBに入ったLinuxが起動します。
このLinuxは会社のサーバに接続する用にカスタマイズされていて、
起動したLinuxの初期画面(接続画面が起動する)でログイン、
会社でいつも使っていたパソコン(仮想PC)に接続して操作する、という
感じです。(自社開発ではなく、製品を年3,000円くらいで利用できるものみたいです)
 
解りにくいかもしれないですが、会社のパソコンをそのまま家で操作する、という事です。
 
なので、プリントすると、会社のプリンターに印刷物が出てしまう(笑)。
 
家では印刷できない、ということです。
 
そして、仕事中は家のパソコンも利用できない、という事です。
(休憩時間とか自分のパソコン、使いたいんですけどね。。。)
 
USBで起動すると、PCはCD-ROMドライブ以外、HDD、SD-CARDなど利用できない
状態で起動します。メモリも2Gあれば十分で、
画像が送られてきて、キーボード、マウスの情報をサーバ側に送るだけなので、
端末は古いパソコンでも結構十分に使えます。(家のゲーム用PCがあるならば最強でしょうね)
 
ちなみに、テレワーク。意味は「テレ」...離れたところ、「ワーク」...仕事をする。
なのでテレフォンの意味はそういうこと。
(なお「フォン」は音の意味で、イヤフォン、インターフォンなどの言葉がありますね)
 
ということで、家でやる「在宅勤務」(いまコレ)もですが、
遠くから喫茶店とかでもやるのもテレワークとなります。
パソコンを持ち出せばいいのですが。。。

でも、それは禁止です。後ろから覗かれてしまい、情報漏えいになるからです。
(そもそも、コロナで外出禁止(ではなく自粛ですが)なので、出ませんし、お店やってない)

ということで、ずーーーーっと家で仕事しています。

が、昨日は大きな作業があったので会社に久々に出ました。
 
テレワークして一週間。。。久々の出勤。。。
 
  や、やばい、、、マジ太ってる。。。
  そして、、、階段が登れない、、、運動不足。。。
 
  そ、そして、、、人との会話、たのしいー!

だって誰ともしゃべらないんだもん(笑)。
 
今の状況も、いろいろな学びになるものですね。



| | コメント (7)

2020年4月12日 (日)

マスクを作ろう!

バレンタインデーでは、チョコを作って好きな人にあげるんでしょ。
 
好きな人に、
応援しているアイドルに、
手作りのマスクを送るのはどうだろう。

母の日に手作りのバレンタインデーでは、チョコを作って好きな人にあげるんでしょ。

 

好きな人に、

アイドルに、

手作りのマスクを送るのはどうだろう。
 
母の日に手作りのマスクを送るとか、どうだろう。
 
ということで、自分でもマスクを作ることにしました!
 
キッチンタオルでたぶんいいかな!
ホッチキスで止めて、簡単に作ってみよう♪
 
と、その前に、
使い古しの使い捨てマスクでも、間にキッチンペーパー入れるだけっての
やってみました。
 
Dsc_1155
 
わかりますかね???

コレ、すっげ―快適です。全然違います。
たぶん、肌に密着しないのに、湿気はマスク内でたまり、空気は横から逃げる、という
なんか、今までで一番自分の好きなマスクになりました。。。なんで???

なんか大きくなって、密着率が増えて気持ちいい!
コレやった方が良いですよ。


| | コメント (8)

コロナの話

何日か前に、あまりにも日本と他の国の状況が違い過ぎるので、
実は2種類あるんじゃないかなぁ、、、と思って。
 
ブログ書く前にやっぱりネットで調べるんですが、 
そしたらどうも本当に2種類あるようです。
 
コロナウィルスは、元々動物に感染するウィルスで、
その動物の細胞を利用しないと自身を増やすことが出来ないという話です。
なので元々の動物を殺すほどのことはしない(自分を守るため)らしいです。
 
ですが、それが人とか別の生物に感染したとき、宿主を守ることは無く、
殺していきます。

その増え方は、細胞の中に入り込んでその細胞の力を借りて増える、という方法。
細胞に入り込んで増産工場を作るイメージです。
なんでも細胞内のタンパク質を頂いて、遺伝子は複製して一体化。放出ということをしているらしい。
ということで、
今回のはコロナウィルス調べるとタンパク質に、なのかな?、コウモリのものがあるらしく、
コウモリから発生したものだという事が解っているらしいです。
 
そのため、人間に感染すると、その感染した細胞に対して免疫システムが反応して炎症になるとか。
入り込んだ細胞を攻撃するなんて、機能できなくなって当然なんでしょうね。。。
 
ということで、細菌が分裂して増えるのとは違く、
人の細胞の中で増産工場をつくって増えるということで、結果、突然変異が発生しやすいようです。
 
中国から起きた感染は、日本にはずいぶん前から渡っていたのでは、と言われています。
インフルエンザが今年はやらなかった理由が、別のウィルスが流行ると他は流行らないという
話が有り実はこれが原因だったのでは、という話です。
 
なので最初、それほど感染者がひどい状態にならなかったのは、初期段階のウィルスだったから、という
考えです。
ところが、ヨーロッパに流行ったウィルス、アメリカに流行ったウィルスは、
重症化する率が高く、今、日本では欧米から帰国した若い人がばら撒いたウィルスが、
結果、日本でも重症化を起こしているようです。
これはニュースに流れている通りですよね。。。
 
なので、政府も一時期3月末で大丈夫か、と思いながら、
海外の情勢から、足並みそろえる意味で最初は延期したところがあり、
経済への影響も考えながら動いていましたが、
対策委員会からも、最初におこなった予想を覆されることが増えてきて、
今までのような勢いで発言できなくなっている人が多くなっている気がします。
 
2種類ある、それも派生したウイルスがあるという話が、もし本当だとしたら、
感染の勢いを抑えることは2週間では難しいかもしれません。
 
でも、生きていくためには、なるたけ危険を感じながら、
それでも生活を持続するしかないんだろうなぁ、と思います。
重症化しそうな人を守りつつ、動ける人は動く。
対策(治療方法)が見つかるまで。
 
で、今の政府の動きとして、ですが
都知事もなのですが、判断仰ぐひとを間違えている気がします。
 
こういう緊急事態でこそ、自衛隊の判断が必要なのでは???と思います。
 
戦争地域でこのような状態になったときにどのように医療を働かせるか、
民間人の生活を守るか、という判断は、いくつものことを想定して検討してきた人に
判断仰ぐのが一番です。

ヨーロッパ、アメリカ、中国と動きが早いのは、戦争状態という動きをしているからでは、
と思います。日本は国民、社会の顔色み過ぎなんですよね。。。
 
今の状態ならば、「必要なんだ!」のひとことで皆ついていくのに。。。
 
いろいろ言いたいことはありますが、まぁこれも「ひとりごと」ですので、お許しを(笑)。






 

| | コメント (2)

2020年4月 7日 (火)

明日からテレワーク。。。

非常事態宣言が出たので、いよいよ自宅のパソコンで仕事です。
リモートで会社に接続しての仕事になります。
 
ただ、いま隣の家壊しているのでうるさいンデスヨネ。。。

「おらっ!なにやってんだ!そんなこと教えたか!知らねーんだったら聞けよ!」
「おめぇなんで知らねーんだよ!何度もやってんだろ!」
 
という罵声。。。
 
こっちがうるさい。。。
 
(教え方が下手だから、部下が育っていないだけじゃねーか)
 
と個人的には思うのですが、その若い子は頑張っているようなので、見守るしかないです。

というストレスがある職場。。。明日は朝から辛い一日になるかも。。。

| | コメント (8)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »