« 『表現の不自由展』に行きたかった。。。 | トップページ | コートールド美術館展に行きました。 »

2019年11月 3日 (日)

首里城が燃えてしまった。。。

沖縄の首里城が燃えてしまったニュースは、かなりショックでした。
 
それなのに、燃えている姿がとてもきれいにも見えました。
不謹慎ではありますが、心に焼き付く姿でした。
 
人的被害が、いちおうなかったようなので安心しました。
 
Pa199424
 
首里城には何度も行ってました。
近くに、、、というか大学の一部が首里城みたいな感じ。
学生さんたちも何とも言えぬ気持ちでしょう。
 
ただ、首里城の大切な遺跡である石門は大丈夫だったみたいで。
これも安心しました。
Pa199441

石門、、、これは世界遺産登録のものです。
そして、勘違いしてはいけないのは、世界遺産は『首里城跡』であり、
今回燃えてしまったものは世界遺産ではない、ということです。
 
残念ですが、昔からの遺跡が無くなったのではないので再建すればいい、なのですが、
その再建した建物自体が、努力のカタマリだったんです。。。
 
なので、、、本当に悲しい。。。
 


それで、違和感があるのはあの燃え方のひどさ。
たき火でもしているかのように燃え盛っていました。
 
人消す雰囲気が感じられないということ。
 
消防士の方たちも、どうにもならない感じだったと言いますが、
これは仕方がないことだと思います。
 
ということで、これからどうするのか、が大切になります。
 
火災当日から、野党が「必ず再建する!」とか大きな声で言いはじめました。
そして一日立ってから、与党側自民党とかも「再建する」と言い出しました。
 
自民党側は、たぶん野党側の意見とかで聞かれて答える形が強いのでと思います。
 
ただ、それでも個人的な想いとしては、『再建をするのは当たり前だが、その前にすることがある。』です。


 
まず第一に、『なぜ、そんなに燃えてしまったのか』ですよ。
 
ノートルダム寺院の火災は今年の4月15日という、ここでの教訓を日本側でもっと生かす必要があったと思う。
ノートルダムは、修復工事、こちらはイベント開催という、普段と違う状況が起因していることは
ぬぐえないと思います。
 
それでも発生時に初期消火が出来ていれば、という悔やみがあります。
 
初期消火が遅れて、火の廻りがそれほど早かった理由。。。
 
理由は、今のニュースの記事では、2つ。
①天井裏から火が発生したと思われ、その場合には火災報知器は火元の下になる為、
 通知が2時間後などとなるというもの。
②そして、首里城は、石垣しかないところに再建した建物なので、
 スプリンクラーの設置義務が無かったこと。
 
スプリンクラーの設置は、ノートルダム寺院でも同じ指摘がありました。
 
これから調査してまたいろいろ出てくるかもしれません。。。
 
そして、あえてひとつ追加するならば、、、
③意識がまだまだ足りなかった。。。
 
以前にもあった金閣寺や法隆寺の火事。法隆寺では壁画が燃えてしまいました。。。
そこで、法隆寺の火事のあった1/26を『文化財防火デー』として
皆の意識を高める様にしてきたと思います。
 
この意識すること、が足りていなかった

そういうことが起きないように、ということで、専門家のみならず、みんなで対策しよう、注意しよう、と
していたことが、やっぱり足りていなかった、、、という事だと思います。
 
誰かのせい、ということは無いです、みんなのせいです。
 
ニュースによると文化庁は、ノートルダム寺院の火災をうけて、
4月から6月に掛けて、世界文化遺産や国宝を含む重要文化財の建造物の防火管理状況について調査を実施、
結果、老朽化などで多くの機能低下している状況が確認できたため、9月に各自治体に
ガイドラインを作成し通知していたそう。
 
ただ、首里城は、再建した建物なのでここから除外されていたという。
でも、石門など、対象の史跡もあるため通達は来ていたはずで。
同様に意識すべきであったと思う。
 
なので、自分もいろんな点でこの失敗を生かすよう、反省します。。。
 
では、再建の話ですが、これはまた難しい。。。
なんせ木材が手に入らない。
 
そして、、、なのですが、じつは首里城の戦前の情報が少なく、かなり試行錯誤しながら
復元していたようです。
Wikiには瓦の色についても「黒だった」「赤だった」と意見が割れて、
琉球瓦を作成していたところが一軒だけあってそこに作成してもらった、ということで、
最終的に赤い瓦屋根になっていますが、実際には最近カラー写真が見つかって、
本当は黒っぽい色だったみたいです。
https://haisaijyouhou.blog.ss-blog.jp/upload/detail/E784A1E9A18C.jpg.html


写真解りにくいですが、確かに他の建屋が赤っぽい色しているように見えます。
 
それよりもショックだったのが、建物の位置というか、、、です。
 
なんと、紫禁城のように四角く囲まれているのは別の場所みたいです。
 
Pa199442
 
正殿の前には広場はありますが、何かに囲まれているわけでもなく、自由に入れたように見えます。
 
以前、今帰仁の城址に行ったとき、お線香を持った人たちが沢山いました。
お盆だったのですが、お城は昔からご先祖様の供養をする場所だったそうで。
信仰の場、御嶽(うたき)なんです。
今帰仁は観光案内のコースの中で、世界遺産ですが、横穴ぼこにお供えしてみな祈りをささげていました。
 
首里城跡にも同様に御嶽がいくつもあり、そのために建屋に囲まれていなかったのかもしれません。
 
そう考えると、中華風でもない、日本風でもない、独自の文化があり、いまでも民衆にはその文化がある
沖縄のお城、復元が完成したと言われても、正しい復元に至らなかった可能性があります。
 
今回の火災で燃えてしまった残念さはありますが、
木材で構築されたのは正殿くらいで、ほか、コンクリなどで復元されたものだということ。
 
Pa199438
 
観光の目玉が無くなった、という話も出ていますが、そんなことは無いです。
それよりも、
歴史と、沖縄文化を正しく伝える形にもう一度練り直してゆっくり再建して欲しいと思います。
瓦は是非、赤ではない色でお願いします。

ただ、ひとつだけ。。。
 
台風で被害に遭った方が沢山いるので、優先順位つけるならばそちらを先にお願いします。
こういうニュースで、被災者の方が「助けてほしい」という声が出せなくなることも
本当に怖い。
 
政治家の皆さん、宜しくお願いします。




|

« 『表現の不自由展』に行きたかった。。。 | トップページ | コートールド美術館展に行きました。 »

コメント

すごく不自然ですよね。現在の消防の捜査では、
ほぼ100%原因が特定できるようですが、イベント会社の設営に絡んでの問題かなと思っていますが、なんか別な力が働いて有耶無耶にされそうで怖いですね。

この首里城も文献とか情報が残っていなので想像で作られたと知って、ちょっと残念でした。
ま、戦争で焼かれたと言えますが、そもそも文献とか残してなさそうですね。

投稿: yhino | 2019年11月 3日 (日) 17時58分

yhinoさん!

はい!そうなんです。
個人的にも再建はしてほしいんですが、
解らないことだらけで。。。

ちゃんと改善すべき点を皆で認識しあってから、
考えるべきだと思うんです。

そして、今年は災害が多すぎで。。。

そう考えると、江戸城の再建を我慢したときのように、
国民のことを第一に考えた言葉が政治家から先に
聞きたかったです。

寒くなってきたのに電気が使えない家も多いというし。

自分が被災した側だったら、被災した側を放っておいても
首里城再建進めるように聞こえました。
そうはいってないけど、被災した人たちには、
そう取られてもおかしくないかなぁ、と。

だから数年かけて再建計画を立てて以前以上に
きっちりと再建して見せる、といってほしかった。

観光は痛手かもしれないけど、
沖縄は首里城だけじゃないと思うので。

でも当事者じゃないからここまでで止めておきます。。。

投稿: たる。 | 2019年11月 4日 (月) 02時12分

復興基金も集まってるようですね!
一刻も早い再建を望みます!

投稿: グランマ | 2019年11月 4日 (月) 08時54分

グランマさん!

いろんな人のいろんな思いが、早く癒されるといいですね♪

投稿: たる。 | 2019年11月 4日 (月) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『表現の不自由展』に行きたかった。。。 | トップページ | コートールド美術館展に行きました。 »