« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

今年もお世話になりました。

今年もお世話になりました。

毎年毎年、同じようなことの繰り返しを終えようと思っていますが、
毎回、同じところで躓きます。

でも、考えてみたら、同じところで躓くのは、もとからそうしたくない、という事なんだろうなぁ、
と思いました。

開き直りではないですが、本当にやりたいことをもっと頑張ろう、
やりたくない事は程々にしよう、と思いました。

まずは来年の夢、先の夢を考えて良い年末年始を迎えたいと思います。

それよりなにより、皆様にはお世話になって、このことの感謝の気持ちは
より認識深くしなくては、と思いました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します♪

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

フェルメール展のはなし。

そうそう、フェルメール展に先日、、、といっても随分前のはなしですが、
行ってきました。

今回は9作品が揃う、という話で。

観てきましたが、、、すみません、いまいちぱっとせずでした。

やっぱり個人的には、あの時代ゆえのあの作品、という感じ方が、
説明には沢山あったうえで、もうひとつ特別な観点があれば、、、と
思ってしまうんです。

いや、「今回の展示内容をお前がすくい切れていない、感じ取れていない!」と
言われたら、まぁ、反論できないのですが。。。

ただただ、思ったことは面白みに欠ける展示、ということです。

ただ、実際苦労はあるわけだと思います。

この作品数を集めるだけでもどれだけの苦労が掛かったのか。
お金だってそう。

そう考えれば、『よくやった!』の一言かもしれないです。
実際に、作品を集めるのは大変らしくて。。。

でも、絵画をまだまだ勉強中の自分としては、ストーリーを感じたいんですね。

好きな絵をただ見たい、だけでも良いと思います、が、
その絵だけ観れたら、というのは、やっぱりミルクの絵しかなかったです。
あれだけは観たかった。

でも、なんでしょう。。。テレビで見た方が感動した気になるのは何故???

光の加減とかでやっぱり観きれていないのかもしれないし、
見方が悪いのかもしれないし、よく解りませんが。

いちおう、ちと説明すると、
フェルメールの絵は、1600年頃の絵になります。
バロック絵画と呼ばれますが、この時代は大航海時代の冒険から安定に
移った時期で。
一般の商人もお金持ちになって絵画を描いてもらおう、という話が出てくる時代
でした。
ちょうど、同じバロック絵画と呼ばれる絵(1600年頃の絵をバロックとひとくくりに
している感がありますが)で、実はいま西洋美術館で展示されている絵画が
あります。
ルーベンスです。
そう、『ネロ、僕はいつでも君と一緒だワン!』と言ったか解りませんが、
フランダースの犬で出てきたあのルーベンスです。

全然違いますよね。。。

そして、一番の違いは何か、と言えば、サイズです。
フェルメール作品は小さいです。(一部大きいのは珍しい作品です)

フェルメールの絵は、写真のピンホールを使って描かれた、とも言われていますが、
それだけで小さくなったわけではないです。
売り物として、小さな作品が求められた、という事だと思います。

ということで、以前、フェルメール展で展示されていたのは、
大航海時代に富を得た一般の人たちが絵画を依頼して出来上がった作品たち
が沢山飾られていました。
フェルメールの時代にはフェルメール以外にも

同様のリアルな絵を描いている人たちが沢山いたことが解りました。
 
それでもフェルメールの絵は動きを感じる絵でした。
 
写真、ではない、ある一瞬を切り抜いた感じ、というんでしょうか。
 
それが伝わってくる展示で、観ていてもやっぱり違うなぁ、と感じる物でした。
(言い換えると、ノーマン・ロックウェルの絵みたいなんですよね)
 
そうそう、吹き出しを入れたくなるような絵という訳です。
 
バロック絵画は、1600年頃の絵画で、日本で言えば江戸初期です。
その前はルネッサンス絵画になりますが、
違いは単純に言うと、
ルネッサンスは、
手塚治虫の『鉄腕アトム』(15、16世紀 室町~戦国時代)のようなもので、
バロックは、
さいとうたかおの『ゴルゴ13』(17世紀 江戸時代)の様なものです。
 
手塚治虫の絵画はあるレベルまで到達してしまい、それが絵画の正しい姿、
と解釈された、と考えれば、
ゴルゴみたいに劇画は、「おいおい、、、」と言いたくなる絵だったと思います。
 
そんな意味も込めてバロック呼ばれたらしいです。(一説)
(一般大衆受けするような、ちとドラマチックな絵と言われてるようです。)
 
日本の室町の時代から、戦国、江戸時代になり、
文化が武家たちから、一般にまで広まったことを考えると、
なんとも世界が同じ動きをしていた気にもなります。
 
ちなみに、18世紀からはフランスの時代、と自分は思っていて。
このころにロマン派などの芸術が生まれたりします。
それはまたの機会に。
 
あ、ちなみに大阪では東京で展示されていないフェルメールの作品が1つ、追加され
今東京では今月からですかね、追加された作品1点があり、
結果、観れてない作品、合わせて2作品が展示されることになっています。

ということで、
はい、日帰りで大阪、行ってくる予定です。(泊りはちと無理そうで。(笑))
 
今度の展示もどうなるのか、見比べながら楽しんできたいです♪

| | コメント (0)

1月2日は一般参賀に行ってきます♪

今年の年末は旅行せず、静かに過ごします。

が、日本にいるならば、平成最後の『一般参賀』に参加です。

今年はいつも一緒にいってるタナケンが、何故か年末年始にイギリス・ロンドン、
1月8日にはユーロスターでベルギー・ブリュッセルに。
その日のうちにオランダ、ロッテルダムに移動する模様。

年末年始は寒いうえに何もなさそうだけど、と思ったんですが、
イギリスがEUである内に、ユーロスターに乗って、と考えたのかな。。。

ということで、弟二人で行こうと考えていたところにyhinoさんからお誘いがあり、
一緒に行く予定です。

ただ、前回の天皇誕生日の一般参賀はかなり混んでいたようで。

いつもは最後の回に参加するように1時30分くらいに到着して、
という感じでした。中で30分ほど待って始まる感じでしょうか。
いつもはそんなに並んでいる記憶は無いです。

第1回 午前10時10分頃
第2回 午前11時00分頃
第3回 午前11時50分頃
第4回 午後1時30分頃
第5回 午後2時20分頃
 
ただ、今回はちょっと違う気が。
相当の人が来そうです。
 
さらに外国人の方も毎年多くなっている印象です。
 
そしていつも1回目、2回目が天皇のご家族の方が一番揃う回なので、
めちゃくちゃ混んでいるみたいです。が、
今回は5回目の最後のタイミングもかなり混むのでは、と思います。
 
例えば3回目に間に合わなくても、その並びで入れば4回目は参加できるのですが、
5回目に的を絞った場合、参加失敗もあり得ますよね。。。
 
参加時間、早めがいいかなぁ、、、と考えています。
 
 
いちおう武道館のところを通って、靖国神社へ行くルートで散策したいと
考えていて、
今年も元日からライブは清水ミチコかな?とそんな確認をするのも楽しみで。(笑)
(以前は、西川貴教だったんですが、最近は清水ミチコが武道館Liveしてます)
 
参加される方はこちらをご参考に♪
http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga01.html 

なお、皇太子さまは2月23日がお誕生日、ということで、

来年はなんと、天皇誕生日という祝日がないそうです。。。

新しい年はなんだか落ち着かない年になりそうです。(今年も相当だったけど)
そんなときほど、廻りと合わせずにひとり落ち着いたリズムで行けるように、
巻き込まれない様にしよう、と思います♪


| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

フォネティック・コード

最近、CDが売り切れる前に買っておこう、と
ちろちろ買っているんですが、そのうちの一曲がこれ。
Computer Magic というバンドの「STOROBE」です。

で、この「Computer Magic」の出しているアルバムのタイトルに
「フォネティックス」というのがあって、意味が気になって調べてみました。
 
フォネティックス
  通話表のこと。
  無線通話などにおいて重要な文字・数字の組み合わせを
  正確に伝達するために作られた文字表のことで、よく軍隊が使っている。
  NATOフォネティックコードは、NATOの連合艦隊が採用したものに
  着いた呼び名で、アメリカ海軍との通信にも使われるようになった。
  本来は機密文書。

ということで、たとえば自分のなまえ「はじめ」だと、

H Hotel ホテル
A Alfa アルファ
J Juliett ジュリエット
I India インディア
M Mike マイク
E Echo エコー

となります。

だから何?どこで使うの? 言われると「あぅあぅ、、、」となってしまいますが(笑)
 
そんな奴は「ブラボーアルファキロアルファだっ!」
って言う風に使えばいいのかな(笑)
 

B Bravo    ブラボー
A Alfa    アルファ
K Kilo    キロ
A Alfa    アルファ

一覧表の見やすいのがこちらに乗っているので気になったときにはご確認を。
こちら
 
あ、CDは買えました♪

| | コメント (4)

12/1のハマグチ会(と、これまた言ってみる)

今年、ハルビンに旅行しましたが、そこで知り合った方と、
またまた、地元で中華料理食べましょう とついつい言ってしまい。(笑)

。。。またか、と言われそうですが誘いたくなるんです。
 
とはいえ、一回会っただけなので、自然消滅、、、かと思ってましたが。
有難いことに、時々連絡もらえて途切れることなく、
飲み会開催!となりました♪

ということでお友達2人連れてくるとのこと、、こちらは弟と(またか、と言われそうですが)
の5人で飲み会しました。

基本、話題は旅行の話。
 
いろいろお話し聞けて面白かったです。
たとえば乗換時間について。
やっぱり3時間くらいなのかなぁ、と思ったら
そんなに時間かけていない人たちでびっくりしました。
1時間だと飛行機遅れる場合、ヤバいと思うんだけどなぁ。。。
 
あと、荷物とかの必需品とか、いろいろ聞きたいことがいっぱいあったなぁ、と
今更ながらに思います。
 
また、次回やりましょう、という話になったので楽しみです。
友達連れてくる、がどんな人か想像できず、
何を話すなども考えてなかったので、次回はもっとお話しできそうです。
 

本当ならば、中学の同級生のたなけん、誘えばよかったくらいなのですが、
奴は外国では現地の人の集まりに参加しようとして話しかけていくくせに
普通の飲み会とか、なかなか参加したがらないので無理かもしれないんですが。

高校生の時に中国一人旅から始まって、
ブラジルで身ぐるみはがされて、とか、北朝鮮も中国のツアーで参加したり、
韓国では韓国語も出来るのでお仕事してたり、
アメリカですし屋でバイトしてたり、などなど、まぁ色々自分もきけてない話も
あるので誘いたかったんですけどね。

まぁ、来ないだろうなぁ。。。

話し戻して。
 
今回、集まった皆さんはなんか不思議な人たちばかりで。
旅行の目的がバラバラでした。
 
それで、改めて、自分の旅行の目的とか、振り返ってみました。
 
そもそも、飛行機が怖くて海外行きたくない!と言っていました。
親のコト考えると、危険なとこ行きたくない、とか、そんな理由も大きかったです。
 
でも親も亡くなって、もういいか、と思ってから気にしなくなりました。
 
で、会社辞めた後に誘われて行ったトンガ旅行。
これがやっぱり楽しくて。
 
で、弟も連れて行きたいなぁ、と思ったのと、
飛行機や海外旅行にもちと慣れておきたいなぁ、、、と思ったのが
この10年ぐらい、海外旅行たくさんしてきたきっかけです。
(ちょっと前まで、新幹線の乗り方が解らなかったくらい。(笑))
 
それならば、と目標は「パスポート半分使い切る」でした。(笑)
 
パスポート、最初、会社の社員旅行でインドネシアに行ったときに
使っただけで期限切れていましたから、半分、というだけでも
結構無理かな、と思いました。
 
でも、LCCが出てきて、ネットで航空券が買えるようにもなって。
  
弟とは14カ国、自分では社員旅行とか合わせて合計17カ国行けました。
(弟は15カ国っす。)(香港、マカオは中国としてカウント)
 
目標の「パスポート半分使い切る」というのは達成できました。
 
さすがに旅行にも慣れてきて、弟からも海外旅行時にはこうした方がいい、
といった話が出る様になりました。
 
ということで、実際にはもう目的達成で、違う事初めても良いのですが、
今は他にも目的が出来て。
 
  ・ 世界の有名な建物などが実際にどんなふうにあるのか見てみたい。
  ・ お祭りがあるなら観てみたい。
  ・ 生き物がいるなら観てみたい。
  ・ 歴史を感じれば、勉強時にリアルに感じることができる。
  ・ ハードロックカフェでピンズ集める(そういう人をピンズヘッドというらしい)
 
などなど。興味が湧いてしまい、、、ダメですね(笑)

実際、行く場合ですが、
  「休みが取れない!」
  「お金が無い!」
  「英会話出来ない」

という三重苦の状態で、行きたいところに何とかして予定を滑り込ませよう、と
しているんですね。
  
なので、アジアが手頃で多い(早く帰れる)という感じでしたが、
そろそろ他も行きたいところです。
 
休みとお金と、、、う~ん、、、頑張ろう。
 
ということで、今までのおさらい。(基本、ブログに書いてます)

■行った国 (と、地域)
1.韓国  (ソウル、釜山、済州島)
2.台湾  (台北、嘉儀)
3.マレーシア  (クアラルンプール)
4.中国 (上海、香港、北京、マカオ、西安、成都、ハルピン)
5.シンガポール
6.タイ     (チェンマイ)
7.カンボジア (シェムリアップ)
8.ロシア    (ウラジオストク)
9.ミャンマー  (ヤンゴン)
10.アラブ首長国連邦  (ドバイ)
11.フランス  (パリ)
12.イギリス  (ロンドン)
13.パラオ 
14.ベトナム  (ホイアン) 
   個別に自分(インドネシア・バリ、フィジー、トンガ)
   弟(グアム)
 
■参加したお祭り
 ・台湾(台北) 「平渓天燈祭」
 ・台湾(嘉儀) 「鹽水蜂炮」 
 ・タイ(チェンマイ) 「ロイクラトン祭り」
 
■ハードロックカフェ PINSコレクション
 ・日本(東京、上野、成田)
 ・韓国(ソウル、釜山)
 ・中国(上海、香港、マカオ)
 ・タイ(チェンマイ)
 ・ドバイ
 ・フランス(パリ)
 ・イギリス(ロンドン)
  (カンボジア、マレーシア、シンガポールでは購入せず、、、もっかい行くぞ!)

■来年の予定
 ・ 台湾(台北) 陳綺貞(チアー・チェン)10周年記念ライヴ
 ・ (未定) 台湾(高雄) 蝶の越冬観察
 ・ (未定) マカオ(カジノ旅行。。。カジノやったことないんだけど)
 ・ (未定) スペインかイタリアか、トルコ。。。に行きたい。
 ・ (未定) IUの10周年記念ライヴも行けたらなぁ。。。

パスポートも来年切れるので、せっかくなので新しい北斎パスポートが出てから
切り替えようかと。
なのでこんなには行けないかもしれませんが、今回の集まりで
また刺激貰えました!
 
来年もがんばろー!

まずは国内旅行のプランニングから、、、さてはじめるか。

| | コメント (6)

2018年12月 8日 (土)

11/9の立川会(と言ってみる)

先月の話ですが、立川で仕事していた方たちに地元に来てもらい飲み会をしました。

前回、前々回は立川飲み会したわけですが、
もう職場や、同じビルでも部署の違う方、などなど
声掛けて集まてもらって、、、という懐かしいクラス会みたいな集まり。

ただ、同年代の人たちだけではなく、
年齢の幅は広く、他の人からは「なんでこの面子?」
と不思議に思われていそうです。

ふっふっふ、、、イイデスネ!

自分がクラス会や、前の仕事で一緒だった方々と
逢いたいと思うのは、やっぱりみな頑張っているよね!という
共感が欲しいんですね。

いや、とうぜん楽しい雑談もありで、ただその時は、
「ああ、変わらないなぁ」という気持ちも、話しながら感じているわけです。

そして、立川で飲み会したい!と思った理由は、
立川で仕事はじめた時に、なんでこんなことになっているんだ?と
感じたことが沢山あったからです。

それはきっと、良く話さずに、雰囲気とかで読み取った勘違い。
それだけで進めてしまって、、、ということで
結局、誰もが納得しない状態になってしまった気がします。

仕事で勘違いを無くすことは出来ないと思います。
ただ、早く気付くこと、そして、早く素直に訂正すること、は出来るはず。

勘違いなく、的確に仕事出来ているのなんて、
過去のやり方と偶然マッチしたくらいで、運が良かった程度だと思います。

もしくはスパイでもいたのか。(笑)

ということで、もっと話す機会を増やしたいと思ったんですね。
飲みニュケーション って言葉もありましたが、
飲んで話せば良いというのではなく、共感をいくつも作ること、が
大切なんだと思います。

ということで、やっぱり話したいと思った人に声かけています。
共感したいひと、ということですね。

今回は地元でいつもの中華。

そのあとは家に来てもらって日本酒で二次会。

二人だけうちに雑魚寝して、ほかの方はみなちゃんと帰りました。

ということで中華の鍋。

45946922_1973882836021307_695748138

辛くて美味しい♪

最初は、参加者なんていないんだろうなぁ、と少し思ったりもしてましたが、
仕事で来れなくなった方がひとり、それ以外皆参加。
全部で8人。

そしてなんだか良い感じに楽しい時間が過ごせました。

次回は2月。
200人でやりましょう! などと酔っぱらって言っちゃいましたが、
それは無理だな(笑)。

ただ、この集まりが立川のいろんなところで話されているみたいで、
良い刺激になってくれたら皆さんに恩返しできた気もします。

。。。まだまだ足りなくね? と言われそう(笑)。

今回参加された皆さま、参加できなかった皆さま、次回も宜しくお願い致します♪



| | コメント (2)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »