« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月26日 (火)

吉野弘の詩

この「吉野弘の詩」の話はなかなか面白いです。

浜田省吾の話も出てきてオススメです。



| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

歴史秘話ヒストリア!再放送見なくちゃ!

昨日何気なくNHK見たら、歴史秘話ヒストリアやっていて。

ちと面白かったので10月1日0:05からの再放送とその次の回も、
オススメです。
http://www4.nhk.or.jp/historia/2/

今回は、葛飾北斎の娘の話でした。

赤で輝く北斎の娘。

ここでは小布施の話も出てきます。

また小布施に行きたくなりました。

 

なお、北斎といえば実は青。

この青の顔料は、もともと赤い顔料を作ろうとしていた錬金術師たちが、
1700年頃に偶然発見したものだそう。

それまでは、ラピスラズリアズライトという鉱石を使っており、
新しく人工的に作成される100年前。

1600年頃に活躍していた、フェルメールレンブラント
この鉱石を使っていました。

(フェルメールは惜しげもなくこのラピスラズリを使っていたことで、有名ですね)

簡単に手に入るものとしては植物から作ったものが多かったと思うのですが、
時間が経つと色あせてしまうので、この不変の青は、
昔から時別なものだったのかもしれません。
エジプトの遺跡とかでも、ラピスラズリは有名ですものね。。。

 

それから100年、1700年頃に偶然発見された顔料はさすが錬金術師。(笑)
製造方法は秘密にされていたそうです。(ぼろもうけだったんですかね。)

ただ20年後には、他の方が、作り方発見しちゃったみたいで。。。

1760年頃には、平賀源内が日本で紹介しており、その二年後には伊藤若冲が
初めて日本国内でこの青を使ったそうです。

この当時、、やっぱり高かったんでしょうね。。。

 

そんな青色は浮世絵師に使えるわけがない!!!
(庶民の絵、版画ですからね。。。)

なのに、なぜ浮世絵に青が大量に使われたのか!!!

その青は、『ベロ藍(ベロアイ)』と言われたそうで、
ちょうど北斎、広重が活躍した時代1830年頃に安く入ってきて大流行したそうです。

なんで安く入ってくるのか!!!

『風が吹くと桶屋が儲かる』的な話で描くと、

『アメリカが独立すると、ペロ藍が安くなる』、、、く、くるしい。。。

 
 

もともとオランダ船に積まれて長崎経由で入ってきたらしいのですが、
価格暴落が起きて、、、という話らしいのです。

 
 

1775年のアメリカ独立戦争。
アメリカに敵対していたのは、とうぜんイギリス。

イギリスでは当時お茶が大人気。清から輸入していましたが、お金が掛かります。
アメリカの独立戦争にもお金が掛かる時期。

なのに銀で払っていたら、「もう銀もいらない」的なこと言われちゃったりで、、、
なんとか凌ぐ方法はないか、と考えたのがアヘン。

植民地だったインドで栽培し、清に売りつける、ということをしていました。

ただ、1796年には清も『アヘンは輸入禁止!!!』とするのですが、
密輸でいっぱい入ってきます。
ということで、アヘンの輸入と同時期に清に入ってきた『ベロ藍』。
銀も余っちゃうくらい清に入ってきていたので、『ベロ藍』だって余っちゃいます。

(アヘンの密輸の影響でその後アヘン戦争前には逆に銀不足になるのですが)

余った『ベロ藍』。。。

これが1826年ごろから清から日本へ、と大量に入ってきます。
そんなことがあったら、価格暴落が発生しますって。(笑)

これにより、1830年代は青い浮世絵が大流行したそうです。

ということで、『イギリス人のお茶好きが、葛飾北斎の絵を生んだ』といっても
良いのかもしれません。

さらに、清国でも『ベロ藍』は生産されたそうで、、、
まさに『江戸後期のユニクロ』って感じです!

という話が歴史秘話ヒストリアで放送するのか、さっぱり解りませんが、
テレビではドラマティックに話が進むので必見です♪

みな小布施に行きたくなりますよ~♪



続きを読む "歴史秘話ヒストリア!再放送見なくちゃ!"

| | コメント (14)

2017年9月22日 (金)

2017/09/20_アゲインスト・ザ・カレントのライヴ

アゲインスト・ザ・カレントのライヴに行ってきました。
(Against The Current)

Dsc_0250

ライヴ開始は19:30少し遅れて始まって、
一旦20:15に終了。
直ぐにアンコールで一曲歌って20:30には終了。

って、早すぎでしょ(笑)

ただ、ヴォーカルの女の子のパワフルな歌い方は気持ちいいです。

歌っているのはこんな曲ですよ。(ワンオクのTakaはライヴには出てきてないです。(笑))

■Dreaming Alone - Against The Current



ちなみにライヴはこんな感じ。


 

服も似た感じでこんな感じにステージで飛び回ってました。
可愛いんですよね~♪

今回、顔ペイントはしていなかったですが。。。

一番好きな曲はこれ♪


今回のツアーは、 
名古屋、大阪と廻って、中国、マレーシアと廻っていくみたいで。
次回はゆっくり来てほしいですね♪

有料のミート&グリートでは、個別の演奏と一緒の写真が撮れたそうで、
ただ、ライヴの開始前にやったそうで、、、
ライヴ開始前から疲れてんじゃないか(笑)

ゆっくり来てほしいなぁ。。。

| | コメント (0)

2017/09/17_「超時空管弦楽」に行ってきました

「超時空管弦楽」に行ってきました。

副題は『マクロス35周年 × 羽田健太郎 10th Memorial』です。

Dsc_0242

アニメの『超時空要塞マクロス』の作曲家である羽田健太郎さん。

以前は、『題名のない音楽会』で司会も務めていた方で、
この時は時折、ピアノを演奏して説明をしていました。

羽田さんが亡くなってもう10年。

そして、アニメが放送されて35周年ということで、
『超時空要塞マクロス』の曲をオーケストラで演奏するイベントが開催されました。

この『超時空要塞マクロス』が放送されていた時は、中学3年生でした。

なので思い出の濃いアニメです。

お小遣いを貯めて、レコードを新星堂で予約して買いました。
ポスターも天井にずーーーっと貼ってましたから。

そして毎週、友達の家に行って、ビデオで見せて貰っていました。

このアニメで流れる音楽が大好きで。

「羽田健太郎!すっげー!」って思っていました。
オープニングがカッコいいんです。


 

このマクロス以外にも、『宝島』『キャプテン・ハーロック』
『西部警察』『渡る世間は鬼ばかり』などなど、作曲されているそうです。

こんだけ曲が好きな思い出深い番組で、その曲ががっつり聴ける、と聞けば
もう自分は、テンション上がりっぱなしです!

今回は弟と、高校の友達誘って行ったんですが、
なんだかテンション高いの自分だけっぽくて、、、。

ただ、ライブが終わって帰るときは、かなりいろんなことを曲を聴きながら
皆、思い出したみたいで(笑)

普段話さない思い出話になりました♪
 
グッツはこんな感じ。

Dsc_0241

この中の、『マクロ酒(マクロしゅ)』を弟が買ってました。。。
オマケについてきた升は、小さくて、サイコロキャラメルか!って感じでした(笑)

 

コンサートは2部構成。

最初はオーケストラで演奏して、途中、飯島真理さんが出てきて曲を歌いました。

レコードに入っていた曲をすべて歌うことはありませんでしたが、結構歌ってくれました。

昔ベストテンに出てきて映画版のマクロスの歌を歌う時、コメントで
高音部分が苦手で声が出ず、いつも歌うときは「来る来る!」とドキドキしていた、
と語っていたので、以前から声はあまり出ないです。

だから今回歌う時、自分の方もドキドキしていました。

だって、ライブではキーを変えて歌っていると思うのですが、
今回はオーケストラなので、アレンジって難しいですものね。。。

ところが、ちゃんと高音部分ではオケが音量を下げて演奏し、
飯島真理さんも頑張って歌ってました。

2部は制作に関わった人たちが出てきて色々思い出話を話していましたが、
舞台裏で結構話しているみたいで(笑)

「もう結構話したよね」という空気が(笑)
 
今回のMCは、

  速水奬 (マクシミリアン・ジーナス役)

  竹田えり(みり愛・ファリーナ・ジーナス役)

のお二人。この二人がなかなか面白い。
 
竹田さんの思い出話で、
  『映画版の撮影で一生懸命セリフ覚えていったら、
   いざ録音となったときに、全てゼントラーディ語に変わっていた。』

という話。

傍で見ていた速水さんは、「地球人で良かった」、と思ったらしいですが、
これ若かった劇場版監督の河森さんが、現場の苦労を考えずにやっちゃったらしく(笑)
 
などなど裏話も結構面白かったです。

(ちなみに女性なので本当はメルトランディ語?)

 
その後演奏が再度、映像と共に演奏されました。
 
最後は、この映像が流れ、映像と併せて演奏されました!!!!
 

 
なかなか見ごたえありましたよ。

アンコールは『ランナー』を1番を飯島真理さんが。
2番を2002年に亡くなった藤原誠さんのボーカルを載せて、演奏してくれました。

最終回のときのようですね。
 

今回の公演の中で、多くの亡くなった方の話もしていました。
こういうイベントが年月が経てばどんどん難しくなる。
いろんな意味で残念です。
  

「次回は70周年やりましょう」とMCで言ってましたが、出演者もそうだけど
、、、さすがに参加無理そう(笑)
 

| | コメント (4)

2017年9月 9日 (土)

2017/09/09_高尾山のビアガーデン

今日は高尾山のビアガーデンに行ってみました。

弟と行こう行こうと何度も言っては中止していたので、
今回は約束を守りました。

といっても普通のお店みたいに到着時間もはっきりわからないし、予約しにくいです。
(人数も4名から予約可能らしい)

とりあえず、一回行ってみよう!というノリで行ってきました。

家は10時頃出発。
高尾山口駅に着いたのは12時過ぎでした。

Dsc04193

ここから「1号路」を辿って、ケーブルカーの山の上の駅まで向かいます。

ケーブルカーの乗り場とかの前、蕎麦の高橋家さんのところから登ります。

Dsc04196

右側の上り坂です。

Dsc04197

山頂まで3.8Kmとありますが、実際には山頂前がビアガーデンゴールです。
2Kmくらいでしょうか。

今日はもう9月だったので、電車も混んでおらず、ケーブルカーも
空いていたみたいです。

ただ、往復930円ですからね。。。ちとモッタイナイ気分が。。。

ということでガッツリ登りました。

結果30分ほどでビアガーデンに到着しました!

途中、こんな坂をガツガツと登って。

Dsc04203
 
やっと見えた! とおもったら、リフトの駅で、すこし時間を取られ。

Dsc04204

その後さらに進んで、到着です。

Dsc04206

そうそう、この丸い感じの建物ですね。

入口のところにケーブルカーの乗り場があります。

で、到着後、、、、まさかの人の列。。。

Dsc04210

な、ならんでる。。。最後尾。。。。すっげ―長いんですけど。

ただ、係の人が言うには、
  「これでもまだ300人くらいなので全然大丈夫です。
   ただ、入るのに時間が掛かるので開店してから30分くらい待ちますけど。」

とのこと。
確かにポスターはこんな感じ。

Dsc04236

ゆったり800席。

13時オープン!

ということで、待ちます。。。

Dsc04212

これでも進んだところ。人の列が上にまで登ってます。

でも余裕で入れました。12時45分くらいに到着でも余裕。

Dsc04223

チケットはこんな感じ。

このチケットを持ってビール売っているところに行くと、
パンチャーで穴をあけてその引き換えでジョッキにビールを入れて受け取れます。

おかわりは売り場でジョッキを渡せば注いでくれるシステムです。

そして食べ物は、これもお皿を受け取るところで穴をあけられます。

後は適当に取ってきます。

席も自由。(予約席もあるみたいです)

Dsc04216

自分たちが入った直後はまだガラガラです。

Dsc04225

Dsc04226

とまぁ、こんな感じで料理を食べます。

う~ん、、、あぶらっこい(笑)

ビールはジョッキで3杯のんでもうお腹いっぱい。

Dsc04231

1時間立つか立たないかでもう席の空きがほとんどない状態。

はい。1時間で終了~♪

席を他に譲って出ました。

いちおう、奥の方の展望席の方も行ってみました。
ただ、2階は暑いです。。。1階の木陰が一番かも。

でも、夜はまた別だと思います。

21時までやっていて、21:45までケーブルカーもあるので安心です。
ただ、そこから2時間かけて帰るのが厳しい(笑)

ちなみに出るときもチケットをみせます。
(時間が越えていた場合、追加料金が取られます。)

ビールは、キリン一番搾り、アサヒDRY、ほかいろいろありました。
料理も色々あるのですが、結構混んでいて(笑)

Dsc04259

なんとなく、高尾山にいる感じはしないです(笑)

正直、ビアガーデンじゃないところで普通にビール飲んでも良い気がしました。

今度は上野とか、東京駅あたりが良いなぁ。。。

なお、自分たちが出たとき、ビアガーデンは満席、とアナウンスされていました。
800席すべて埋まらなくても状況みて調整しているみたいです。

ただ、2時間制なので、夕方は空いてるのかもしれないです。
(予約入ってるのかもしれないですが。。。)

 

そして、自分たちはこれから山頂に向かいます。。。

正直飲んだ後の高尾山と言えども登山。。。舐めてました。

足が上がりません。(笑)

それでも何とか、山頂へ向かいます。

Dsc04244
 
参拝して。

Dsc04246
 
参拝して。。。

Dsc04249

参拝して。。。。。

Dsc04251

山頂到着。
ここでもビールがジョッキで飲めるという。。。ここの方が良くね?
 
と思いつつ、、、その考えが間違いだと、このあと気が付きます。
 
山頂で写真を撮り、一旦トイレに入ってから山を下ります。
 
帰り道は、6号行きたかったんですが、落石があったとかで通行止め。
なので、3号で戻ることにします。

Dsc04253

ただ、実は3号は降りるためのルートではなく、さっきのビアガーデンのところまで
山道で歩けるルートでした。
 
歩いて少しすると、ビールの影響でもうトイレに行きたくなります。
ただ、下りだし、すぐに駅に着くだろう、と軽い気持ちで進んでいきます。
 
そして我慢できなくなりかけた時、聞こえてきたのはケーブルカーのアナウンスです。
 
「ええっ!まだケーブルカーのところ?」
 
ここで間違いに気が付いていたら、一旦ケーブルカーのところでトイレに入れたんです。
 
でも、酔っているせいなのか「早く進もう!」モードになってしまって。。。
 
結果、登山ルートにない道を歩くことになりました。
 
何処を進めば帰れるのか、いまいちわからないルート。。。

でも45分で降りれました。あ、あぶなかった。。。トイレが。

ビール飲んでからは、やっぱりケーブルカーがオススメです。
ホント。。。

そしてそのあと、いちおう最近できた「高尾599ミュージアム」へ。

山の高さ599mを名前に付けた建物で、中では昆虫、植物の標本が観れます。
なかなか面白いです。

登山口の近くなので山で観てきた植物の名前とか確認できますよ。
 

Dsc04262

その後、駅までもどりましたが、全然混んでませんでした。

Dsc04263
駅の改札近くから温泉への通路があります。

Dsc04264

これを抜けて線路のしたをくぐると、先には。
Dsc04265

高尾山温泉です。

いやーお湯の質はヌルヌルしていて、秋川渓谷に行ったときのお湯と同じ感じ
でしたが、、、なんせ人が多すぎだし、お湯がなんとなく汚い気がして。。。
(ワイン風呂とかあるので、他の湯がキレイな気がしない・・・)

ということで、ちと残念。。。

さっと入ってさっと出てしまいました。

そのあと、三鷹駅まで行って酒屋で日本酒買って帰りました♪

弟は何が嬉しいって、日本酒が買えたことだったみたいで(笑)
19時には家に着きましたが、忙しい一日になりました♪
ブログは今日、更新できましたが、明日は筋肉痛で動ける自信がありません(笑)

| | コメント (9)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »