« ニュース女子、解りやすいですよね。 | トップページ | 20170715_19_フランス・パリに行きました⑤3日目~『アメリ』ロケ地 »

2017年8月 8日 (火)

20170715_19_フランス・パリに行きました④3日目~ルーブル・ノートルダム

さて、3日目。

午前中はツアーを入れました。

朝はお腹空いていたので、パン屋でパンを購入。
この話は別途。。。

そして、また電車でピラミッド駅へ移動。

今回のツアーは、こんな感じです。

  ・ バスに乗って移動。
  ・ ノートルダム寺院
  ・ バスに乗って移動。
  ・ ルーブル美術館見学

朝のスタートはゆっくりだったので、到着後はまたルーブル界隈を散策です。

Dsc03494

ルーブル美術館を外側から、右に見ながらノートルダムのある方へ
進んでいきます。

Dsc03496

よくわからないビルを左に見ながら進み、途中でルーブル寄りに
移動すると、

Dsc03503

あの、アール・ヌーヴォのメトロの入り口が有りました。
右側に見える白い建物は、ルーブル美術館です。

この先に進んでいくと、こんなタワーがありました。

Dsc03510

この鐘タワーの右には「サン・バルテルミの大虐殺」の合図となった鐘が
ある教会がありました。

「サン・バルテルミの大虐殺」は、カトリック(旧教)が、カトリックから分離した
プロテスタント(新教)を大量虐殺した事件だそうです。

ここはルーブル美術館の裏と言われるところ。
ココから再度、ルーブルの横のツアー待ち合わせ場所に移動します。

ツアー待ち合わせ場所から、徒歩で、ルーブルに行きます。

Dsc03521

もう人がいっぱいです。

ここを通り過ぎて、セーヌ川に出て市内バスに乗ります。

Dsc03528

Dsc03532

そして着いたところが、ココ。

Dsc03542

ノートルダム寺院です。

ここもすごい列が。。。でも普通に並びます。

近くから見るとこんな感じ。

Dsc03559

中に入るとこんな感じ。

Dsc03564

天井が高い!

そしてステンドグラスが、すごく綺麗でした。

Dsc03580

本当は上にあがって鐘を観れるのだと思っていましたが、
それは行かないそうで、、、なんだかちと物足りない。
(まぁ、時間が足りないんでしょうけど、、、)

ノートルダム寺院に登れないとは。。。
 
あ、でもパリの中心地を足で踏む。。。

Dsc03634

そしてまたバスで移動。

今度はルーブル美術館です。

Dsc03649

ピラミッドの入り口ではなく、ツアーなので、
6名までならば優先して入れたりする地下から入ります。

ここから、順に有名どころの展示品を観ていきます。

まずは、地下通路。これは地下にあったルーブルの遺跡です。
お堀みたいなのがあった跡らしいです。

Dsc03654

そこを抜けて遺跡や像を観ていきます。

いくつか見た後にたどり着いたのは、『ミロのヴィーナス』です。

Dsc03681

そのあと、なんだか布団の作りがすごいのを観て(笑)

Dsc03697

 

Dsc03722

こんな美術品の並ぶ広場を抜けて、
宝石の展示を。

Dsc03727

すっげ―デッカイダイアモンド。

Dsc03727_1

ルパン三世で観たような気がしますが、触ったりすると中の台ごと地下に隠される
仕組みになっているそうです。

Dsc03730
 
そして通路にある、『サモトラケのニケ』です。

Dsc03733

これは展示の仕方もすばらしい!

Dsc03736
そして、いよいよ、『モナ・リザ』です。

Dsc03750

これ、奥の扉みたいなところにある(真ん中左寄り)のが、モナリザです。
すっごい混んでいる。

やっととれた写真がコレ。
『モナリザ』 レオナルド・ダ・ヴィンチの作品です。

Dsc03757

前はこんな展示していなかったみたいですが、
今は近くに寄れない展示になってしまいました。

モナリザを前で観たら絵の裏側が通路になっていて、
そちらに回り込んで出ていきます。

Dsc03765

『ナポレオン1世の戴冠式』 ダヴィッド
歴史の教科書に出てきたような。。。 

Dsc03773

『民衆を導く自由の女神』 ドラクロワ
 

Dsc03767

『オダリスク』 オーギュストの作品です。

人の体が不自然と指摘を受けていますが、絵が写真ではない
不自然でも伝わる美しさがありますね♪

Dsc03775

こわい絵とか言われていた作品ですね。
『ロンドン塔の若き王と王子』 ドラローシュの作品。

Dsc03777

これもナポレオンの絵ですが、教科書で観ましたよね~♪

という感じで、ツアーはルーヴル美術館内で解散です。

そのあと、観れなかったものとして、これだけ観てきました。

Dsc03788

『ハムラビ法典』っす。

この展示を探すのが本当に大変でした。
広いし、各部屋に展示されているのでもうどこに何があるのか、
どこのドアがどの部屋に繋がっているのか、もうさっぱりわからないです。

ルーヴルは広いだけでなく、元々住まいであったところに、
渋谷並の人がいることが、辛いです。

このあと午前中にいちおう観終わって一旦ホテルに戻りました。

最後に『ダヴィンチ・コード』でやっていたピラミッド、そして逆ピラミッド。

午後は次回。。。(つづく)

Dsc03793

Dsc03798

|

« ニュース女子、解りやすいですよね。 | トップページ | 20170715_19_フランス・パリに行きました⑤3日目~『アメリ』ロケ地 »

コメント

すごい!!!

写真でしか観たことない!!

タイムスリップしますね(笑)

投稿: グランマ | 2017年8月 8日 (火) 09時33分

グランマさん!

はい!有名な絵が沢山、屋敷に飾られているので、
美術館というより、お店に行って絵を観ている感じに近いです。
何故かというと、普通は平ならべで飾られるものですが、
小さいものは壁一面に沢山の絵を並べてるんです。
なので一枚ずつ写真撮ると自然と下から見上げる形になるので
台形になってしまいます。

絵を観るというよりも、
たぶん、保管庫なんですね(笑)

投稿: たる。 | 2017年8月 8日 (火) 11時21分

ルーブル美術館、いいですね。
大英博物館もそうですが、略奪品はなんとかしてもらいたいものです。

投稿: yhino | 2017年8月 8日 (火) 23時07分

yhinoさん!

そうですね。東京上野国立美術館は、
松方コレクションを展示するために作られた美術館ですが、
第二次世界大戦時には、フランスにも留め置いていた
コレクションがあったそうです。
終戦後、それは直ぐには返してくれず、
「寄贈返還」とか
訳の分からない名前を付けて返還しています。

モナリザですが、レオナルド・ダ・ヴィンチは元々
イタリアにいましたが、その後フランスに渡ってきているそうで。
なのでフランスで王様が購入したらしいです。

ちなみにモナリザは盗まれたことがありましたが、
イタリア人に盗まれて、イタリア運ばれたあとに発見されたそうで。
盗んだ人も、「もともとイタリアの絵だから」という
理由があったみたいです。
(このあとイタリア巡回展で展示されたあと、フランスに返されたそうです。)

外国の人は「盗む」って特別なことではないのかも
しれないですね(笑)
すぐ返さないって日本人ではありえないですよね。(笑)

投稿: たる。 | 2017年8月 9日 (水) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュース女子、解りやすいですよね。 | トップページ | 20170715_19_フランス・パリに行きました⑤3日目~『アメリ』ロケ地 »