« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

20170715_19_フランス・パリに行きました③2日目~モンサンミシェル

2日目の旅行っす。

前日に集合場所の確認も完了してますから、朝も早くから集合場所に到着。

モンサンミッシェルに行く前に、ちとルーブルで時間つぶしです。

Dsc03087
 
朝早すぎて誰もいない~♪
ピラミッドです!

Dsc03094
 
入口の通りにも車も人もいません!

Dsc03096

なのでこんな落書きも良く見れます。なかなか良いっす。

さて、モンサンミッシェルはツアーなので、バスに乗って移動。

7:00に出発して、10:30にやっと一つ目の目的地です。

最初は、「ノルマンディの美しい村を訪問」ってやつでした。

ツアーでは日にちによって行く村が変わります。 
ここは、「ディーヴ・シュール・メール村」です。

といってもそんなに田舎、って感じではないです。「小布施」に近い感じでしょうか。

まずは教会。

Dsc03121

昔の家だそう。。。
Dsc03141

でもそれよりも、小さな村でパン買ったりが楽しいンデスヨネ。

Dsc03124

Dsc03150

ココでマドレーヌ買って食べました。

そして、ここから2時間ほど移動して、いよいよモンサンミッシェル。
13時頃にやっと到着です。

牧場から見えるモンサンミッシェル。

Dsc03165

バスは直接は行けないので、手前で降ろされます。

Dsc03168

ここで待ち合わせ。お土産屋さんではトイレも入れます。
そしてここにモンサンミッシェルに向かうシャトルバスにのります。
(乗らなくても歩いていけますが、時間が掛かるので皆乗ります)

Dsc03172

橋の途中で降ろされると良い感じにモンサンミッシェルが見えます。

Dsc03173

写真撮りまくる弟(笑)

Dsc03179

ただ、潮が引いてしまって、島のようには見えない(泣)

渡り切って入口に向かいます。

Dsc03185
 
入口入るとその先はさらに架け橋型の門があります。

Dsc03188

その先にあるのが郵便局、その隣がホテルもやっている料理屋さん。

Dsc03191


今回の食事のお店です。

ツアーで配られるチケットと簡単メニューで注文します。
 

Dsc03110

これ、お店混みすぎで、こういったのが無いと注文厳しいかもしれない。。。
 
すでにカルパッチョは売り切れ。テリーヌ2個に変更となりました。

Dsc03195

リンゴのお酒

Dsc03197

テリーヌ。。。美味い♪
 

Dsc03198

これはまあ、普通。。。というか軽い食事っす。

Dsc03199

フワフワオムレツも、、なんだか物足りない感じらしい。名物だけど(笑)
 

Dsc03202

Dsc03203

まぁ量は少ないけどイイ感じにお腹に入りました。
 
なお、フランスのお店は、、、犬が入ってきます。
フツーに犬連れた人が入ってきてご飯食べてます。
そして、なぜか皆、犬がおとなしい。。。しつけが良すぎる。。。
 
さて観光を続けます。
 
モンサンミッシェルは、まるで江の島のようです。
細い坂道を上がっていくと両脇にはお店がいっぱいある感じ。

Dsc03205

Dsc03207

そして途中にあった教会。

Dsc03220

ジャンヌダルクの像があります。
中は凄くステキな建物でした。

Dsc03217

そして、さらに進んでいくとモンサンミッシェルの教会の中に入れます。

Dsc03223

この上に、入口が。

Dsc03228

ココが入口。
 

Dsc03234

なぜか鳥の顔が(笑)
この近くにトイレがあるのでそこは入っておきます。

Dsc03237

この高さ。。。まだ少しだけ登っただけ、のはずなのに。
 

Dsc03265

中は教会ですね。
 
そして、迷路の様に増設された感があります。
 
その時に使った石を釣り上げた滑車も残っています。
まるでバベルの絵のようです。

Dsc03348

Dsc03343

そして順番逆になりましたが、有名な廻廊。
 
残念なことに工事中でした。

Dsc03290

本当はこんな感じらしい。

Dsc03286

でも綺麗に感じました。

Dsc03292

ぐるーっと廻って教会内を順にみて出てくる感じです。

1時間くらいで見終わりました。
 
そのあと、元の道を戻っていくのですが、途中にいろいろ裏路地があって楽しいです。
(ただし、登り階段が多いですけど)
 

Dsc03387

城壁のところにも上がれるのでそこからさっき歩いた道の写真も撮れます。
 
ね、江の島みたいですよね。
 
ここに泊まれるツアーもあるのですが、それも楽しそうです。
帰りのバス乗り場までは歩いて戻りました。
 

Dsc03407

そして、また数時間かけて戻るのですが、、、
渋滞に嵌りました。。。
 
21:00に到着予定が、22:30過ぎ。。。つ、疲れた。。。
 
おかげで観れた綺麗に光るエッフェル。(バスの中)

Dsc03431

ちょうど、ダイアナさんが事故で亡くなったのがこのあたり、と
トンネルの中で説明もありました。
 
パリは意外に悲しい話が多い。。。
  
バスを降りて、ちとトイレに行きたい感じでしたが、少し我慢。
 
夜のルーブルは観たかったので、再度ルーブルへ。
 

Dsc03438

おおおっ!『ダビンチ・コード』っぽい!

23:00になり、エッフェル塔もシャンパンフラッシュ始まりました。
この時間になると、そこそこに真っ暗ですね。
 

Dsc03464

しゅわしゅわっと光ってます。
 

Dsc03472

ルーブルのところにある、移動遊園地らしい。
観覧車ですが、すっごいスピードで廻ってました。。。
 
パリはこういう乗り物が以外に高速らしいです。。。おそろしい。。。
 
そして、24時くらいまでは地下鉄も動いているらしく、普通に電車で帰りました。
 
(つづく)

| | コメント (6)

2017年7月29日 (土)

20170715_19_フランス・パリに行きました②1日目~パリの街散策

さて、ホテルのチェックインが完了してサンマルタン運河廻りを散策後、
パリの街に出かけました。

目的は3つ
  ①.パリのツアーを入れていない主要観光地を観て歩く。
  ②.明日のツアーの待ち合わせ場所への行き方を確認する。
  ③.ハードロックカフェで買い物する。

このうち重要なのが②、で。。。
朝早いので(7時集合)、道や待ち合わせ場所を先に見ておこうと。

まずは、パリ東駅から、ツアー待ち合わせ場所のピラミッド駅へ。
 
■パリ東駅。
この中から地下鉄の乗り場へ移動します。

Dsc02901
 
地下鉄の電車。

Dsc03075

この電車はドアにスイッチがあり、押すと開きます。(寒い地方によくあるやつ)

ただ、電車が止る前、駅のホームが見えて停止する2、3秒前には
ロックが解除されるみたいで、現地の人はずっと、「開く」ボタンをガチガチ
押して、開くと停車する前に降りていきます。
 

Dsc03058

これ、最初びっくりですが、自分が降りるときも同じようにしないと、
後ろでイライラしている人もいるかと思うと、赤く染まれ!てやつです。(笑)
 

なので電車も駅で停まっている時間は短く、予想よりも早い時間に
到着です。

『ピラミッド駅』。乗り換えなし。7分くらいで到着。

これはルーブル美術館にかなり近いところです。
駅のホームを進行方向に出て、改札を出たら右へ。
外の出口も右の階段を上がると、下の地図のとおり。
2つ目の信号の角からツアーのEMIの看板がみえました。

②の目的、終了~♪

Dsc02910_2

ちなみに付近の説明をすると。。。
パレ・ロワイヤルは、枢機卿リシュリューが建てたものを亡くなった後に
王家に寄贈したもの、だそうで、パレ・ロワイヤルは「王宮」という意味だそうです。

今は行政施設が入っているそうで美術館でもなんでもないです。

ただ、メトロ入り口はなかなか面白いです。

Dsc03945

■パレ・ロワイヤル駅
「ジャン=ミッシェル・オトニエルの作品「夜遊びをする人の東屋」」
現在美術作品です。1985年 パリ・地下鉄100周年記念。

そして、他にもこんな駅が。

Dsc03950

アール・ヌーヴォー調の地下鉄駅。

そして近くにルーブル美術館もありますが、1日目は先に見るべきものが
あるので移動します。

ここから15分ほどあるくと、ここに到着です。

■パレ・ガルニエ(オペラ座)

Dsc02921

ここは、バレエの漫画とかで必ず出てくるところですね。

ただ、、、中には入らなかったっす。。。時間的に無理そうだったから、
なんですが、、、失敗した。見るべきでしたね。。。

そして、建物の写真ですが、真正面から撮るのが良くある構図。
でも撮れない訳が。。。

それはコレ。

Dsc02925_1

真正面。さっきいたピラミッド駅の方ですが、、、真ん中に人だかりが。

アップしてみると。。。

Dsc02925_2

あ、それでも解りにくいか。。。

銃を持った人たちが、たくさん集まっています。
アフリカ系黒人がデモをやっているみたいで、それらを囲んでいるのです。

銃と言ってもライフルっぽいのとか持ってます。

いや、実際かなりの警備でした。

このおかげで通れない道、渋滞があちこちあって。。。ちと不安。

さて、封鎖された道を避けてきたので、ちょっと歩きましたが、
10分ほどでココに到着!

Dsc02933

ハードロックカフェ パリ店です。

PINSの購入に立ち寄りました~♪

そしてここから、さらに歩いて、コンコルド広場を目指します。
ちと遠回りして20分くらいですか。

■マドレーヌ教会(マドレーヌ寺院) 

Dsc02947
 
なんでも教会を作ろうとしていたらしいんですが、
設計者が亡くなって、、、とか延び延びになっていたらフランス革命。
 
ナポレオンが、教会ではなく
「フランス陸軍の栄光を称える建物を作ろう」としたみたい。
そして、「アテネのパルテノン神殿みたいなのがいい」、と言ったらしく
こんなデザインに。
 
でも完成する前にナポレオンも亡くなっちゃうし、結局教会になったみたいです。
 
そして、マドレーヌ寺院の正面に見えてくるのが、コンコルド広場です。
徒歩5分で到着です。
 
■コンコルド広場

Dsc02952

目の前の塔は、「オベリスク」。

これはエジプトの「ルクソール神殿」から運ばれた「クレオパトラの針」と
言われるもの。
オベリスクは対になっているそうで、パリのものは、エジプトにも片割れがあるそう。

そして、このオベリスクは他にもロンドンとニューヨークにもあり、
この2つが対になっているそう。

これらはエジプト側から送られたものだそうで、略奪、とかではないらしい。
そもそも輸送して、建てるまでが大変らしく、贈られた方も堪らないでしょうね。。。

そもそも、この広場は、フランス革命時にギロチン台が置かれ、
マリー・アントワネットもここで亡くなっているそうです。

その死刑執行をしたのが、「シャルル=アンリ・サンソン」という人で、
漫画「イノサン」の主人公です。
死刑執行人の一族「サンソン家」の4代目で、死刑廃止論者だったそう。
(何度も嘆願書を出したらしい)

詳しくはWikiに載っているので、この名前で検索すると、本になる理由もわかるくらい、
人間らしい一族だったことがわかります。

漫画、読みたくなったな。。。

このコンコルド広場から、凱旋門まで続く道が、「シャンゼリゼ通り」です。

Dsc02973

ただ、右側の柵らしきものが見えると思います。
さっきのコンコルド広場にもクレーンが何台もありました。

これ、前日に行われたフランス祭のパレードを行なうための席があったり、
と普段と違う状態なのでした。。。

ざ、残念。。。

Dsc02975

でも凱旋門近くになるとお店もやっているし、柵はあってもイイ感じでした。
(人が多すぎですが)

Dsc02981

そして凱旋門に到着。

Dsc02988

 

凱旋門は、車道のロータリーなので、真ん中に行くには地下通路から行きます。

Dsc02992

上にも登れますが、有料なのと並んでいるのでここも入らず。

そうして、凱旋門の真下へ。
真上はこんな感じ。

Dsc02999

真下はこんな感じ。

Dsc03014

旗を固定しているんです。

そして、ここからエッフェル塔を目指します。

Dsc03031

凱旋門から行くと、セーヌ川の先にエッフェル塔が見えてきます。
ココまで来ると物売りが多い。。。

Dsc03042

近くまで来ました。

そして、、、すっげー並んでる。。。

Dsc03039

チケット買ってなかったし。。。ということで登らず。

公園の方まで移動するころにやっと暗くなってきました。
そしてライトが!!!

Dsc03049

エッフェル塔、、、ライトアップが、、、しょぼい。
 
なんせ23時まで明るい状態なのでこんな感じにしか見えなかったです。

そして帰り。くらい外のお店を写真で撮っても、空はなんとなく明るい(笑)

Dsc03063

そして、ご飯も食べずに明日のツアー「モンサンミッシェルツアー」に備えて寝ました♪
(③へつづく)



| | コメント (4)

2017年7月23日 (日)

20170715_19_フランス・パリに行きました(3泊5日)①ホテルまで

7月15日~19日まで3連休+2日有給つかって、フランス・パリに行きました。

5日間ですが、1泊は帰りの飛行機(トランジットでカタール空港)で過ごしましたので、
実際には3泊5日の旅、となります。

飛行機はこんな感じ。

 00:01 羽田発
 |    所要時間合計 11h 9m
 05:31 ドーハ, ハマド国際空港(カタール)
      (乗り継ぎ時間 : 2h 20m)
 07:30 ドーハ, ハマド国際空港(カタール)
 |    所要時間合計 7h 5m
 13:35 パリ, シャルル・ド・ゴール空港(フランス)ターミナル1
 
20時間ほどの移動でした。。。辛い。
 
でもこの時間(13:35)に到着ならば散策できますよね。
 
空港で入国審査終了(入国カード無し)し、移動のための鉄道を探します。
 
ターミナルは円柱型なので入国審査の後、出口に行くには円柱の間を抜けていきます。

Dsc02792

Dsc02793

なんかデザインも洒落てますよね。丸いマメのような形が多いです。
荷物はいつもの様に預けていないのでそのまま出口外にでます。
 
空港には3つのターミナルがあり、RER(パリ高速鉄道)の乗り場は
ターミナル3(T3)の近くです。
 
なので、自分たちの到着した(T1)から、(T3)に、 
無料モノレール「CDGVAL(Airport Shuttle)」に載って移動します。
(T1)から2駅目です。
 
(T1)---(パーキング)---(T3)---(パーキング)---(T2)
 

Dsc02797

まずはエレベータで2階まで移動。(階段などは見つけられず)
 

Dsc02798

矢印(↓)はまっすぐの意味。
別の建屋にエスカレータで移動します。
 
無料だし、ココ終点なので来てるのに乗り込みます。
 
2駅目のターミナル3駅で降りると、すぐにRER(パリ高速鉄道)の乗り場が
あります。
自販機もあります。
 
ここから、RER(パリ高速鉄道)に乗るのですが、切符の自販機が一台しかありません。
そして、、、なんと、紙幣が使えない。コインか、カードのみです。
 
両替はユーロとドルは日本国内でやった方が安いと聞くので
羽田空港で両替しました。
両替したときはふつう、コインはくれないです。お札のみです。
 
なので、今回はカードを使って買うしかなかったです。
買うところには係の人がいて、目的地と枚数伝えるとボタンをさっさと選んでくれて
購入できました。パリ市内までひとり10ユーロです。(1300円くらい)
 

Dsc02802

Dsc02801

22番、24番が円のなかのパリ市内へ向かう電車です。
 
ちなみに、ここの駅の名前は「シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1駅」
もしくは、「シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1・ターミナル3」とも書かれています。
 
理由は、ターミナル3が、実はLCC用のターミナルだそうで、後からできたから。
 
そして、ターミナル1駅の隣にはターミナル2駅がある、ということで、
昔からの名前のままか、新しくターミナル3が追加されたか、ということです。
ある意味解りやすい。
(ただ、CDGVAL(モノレール)の駅名がターミナル3、というのが解りにくいですね)
 

Dsc02805_1

ホームにはこんな次の電車情報がでっかく表示されています。
 
一番上には行き先。「Saint-Remy les Chevreuse駅」と書かれています。
そして青い部分に停車する駅名が標示されています。
目的の駅「Paris Nord(パリ北駅)」が2列目(右側)に標示されています。
 
そして、時刻表らしいモノを探しましたが見つけられません。
「次の電車が何分後に到着するか」(2minなど)の表示しかないです。
 
ある意味、これも解りやすい。
 
電車は40分ほどで「パリ北駅」につきました。
 
パリ北駅はこんな感じに温室みたいです。階段が入り組んでます。

Dsc02812

駅の外に出るとなぜか小さな家が斜めに。。。
 

Dsc02813

そして、皆腰かけたりしてる。。。椅子ではないと思いますが。
 
そしてこの駅から、近くの「パリ東駅」(Gare de l’Est)へ向かいます。
今回の宿はパリ東駅近くなのです。
 
駅を出て左側へ。このまままっすぐ行くと線路にぶつかりパリ東駅に近いんですが、
このあたりは治安が良くないという事で、なるたけ大きな通りを歩いていきます。
 
途中で南側(右側)に進んでいき、看板と地図見ながら東駅を目指します。
 

Dsc02824

パリ東駅に着きました。
 
この駅前を通り過ぎたところから、さらに南(右側)に曲がっていきます。
 

Dsc02836

「サン・ローラン教会」
駅の真正面の道から南に下るとこの教会の正面に出るのですが、
東側の道を南に下ったので、裏側から。
 
http://paris.navi.com/miru/295/
このまま進んでいくと左側にアーチ状の入り口があり、そこを入っていきます。
 
Dsc02839
 

Dsc02900

ここを入ってきました。
そして振り返るとこんな落書きが。。。上手すぎる。
 

Dsc02899

ただ、じつはこの目の先には浮浪者が寝袋でいつも寝ていました。
 
そしてこの角を曲がると、こんな感じ。

Dsc02840

黄色い看板のホテルが今回の宿泊先です。(先にもアーチがあり路がつながってます)

ステイシティ アパートホテルズ ガール ドゥ レスト (Staycity Aparthotels Gare de l’Est)
 
チェックインは名前伝えてパスポートだけで伝わりました。
このとき、パリでの宿泊では税金の支払いが必要で、
9ユーロ(3泊2人分)支払いました。
 
今回は4階。(実際には5階。2階からフロア1と数えるので)
 
部屋に入ると予約のとおり、シングルベット2個ですが、、、、くっついてました。

Dsc02845

このホテルは、いちおうアパートメントホテルです。
 
ちと違いを書くと。
 
1.アパート
   スタッフが普段いない。チェックインという感じではなく、
   待ち合わせして別のところでカギを渡す。
   シャンプーとかもない可能性あり。朝食も当然ない。
   普通の民家を貸し出しているもの。
   アパートの部屋は2部屋あって、
    くつろぐソファーのある部屋、寝室、と別になってます。
2.アパートメントホテル
   アパート機能付きのホテル。キッチンがあり、お皿とか食器類もそろっている。
   アパートみたいに利用できるけど、受付カウンターもあるので、
   カギの受け渡しもその場でできて、ホテルと同じです。
   部屋はやっぱり2つはあります。
3.スタジオ
   アパートメントホテルと同じ。ですが、部屋はひとつ。
   ベットがある部屋しかありません。
   というか、日本人の独り住まいって、このイメージですよね。。。
  
今回泊まったのは、スタジオ。
滞在の時間が少ないときはスタジオが一番です。
 
なので、キッチンあります♪冷蔵庫もそこそこデカい!
 

Dsc02846

そしてトイレ。風呂は普通。綺麗です。

Dsc02850

アパートメントなので普通に窓が開きます。
  

Dsc02855

Dsc03942


というか、、、この部屋、冷風機はありましたが、エアコンがありません。
 
でもパリは湿気が無く、暑くても風が入ってくると涼しくて気持ちいいです。
 
なので夜は窓開けて寝ました(虫も飛んでこないです)
 
たしかに、室外機のある建物があまり無かった気もします。

他の建物をみても、窓には花が植えられていて、綺麗に飾られています。
エアコンの室外機は置きたくないかもしれません。
 
ここが今回の起点となり、いろいろ動き回ることになります。
 
ちなみにこの後は、パリ観光に行くのですが、
その前に付近を散策しました。
 
ホテルでて、すぐ右に進み、ゲートを出てすぐに左に進みます。
 

Dsc03906

この路にはカフェ、ビストロ、スーパーがあって、
その先には、サンマルタン運河があります。かなり便利でした。

Dsc02869

サンマルタン運河。
 
多くの人が木陰で休んでます。
日差しは暑いのですが、木陰に入ると涼しくて気持ちいいです。
 

Dsc02873

サンマルタン運河の周りにあるカフェ。
 

Dsc02860

近くの地下鉄の駅。
ただ、この周りが一番治安が悪そうでした。
でも、酔っ払い(たぶん)と浮浪者が多い、という程度です。
で、深夜、路上に寝ている人に「ヘイ、ユー!」と声掛けられて、
無視しているとタバコを投げられました。
 
(大麻ではないと思うんだけど、ちと微妙。。。)
 
朝も寝ている人に声掛けられたり、とかありました。
 
昼間は大丈夫です。
 
で、この前にあるパン屋さんで、キッチュやフランスパンとか買って食べました。
(それは別にお話しします。)
 

Dsc02889

こんな感じで観光後に、パリの有名どころへの観光に向かいましたが、
それは②で
 










| | コメント (6)

2017年7月22日 (土)

リンキン・パークのボーカルが亡くなってしまった

Linkin Parkのボーカル、チェスター・ベニントンが亡くなってしまった。

色々なニュースが流れているけど、気になるのは
サウンドガーデンのボーカル、クリス・コーネルが今年5月に自殺しているが、
チェスターにとっての大親友であったということ。
そして、クリスの誕生日が7月20日だった、ということです。

もしもこれが本当だとしても、大親友でなくても、ほかにも親友は沢山いただろうに。
同じように悲しい思いにさせてしまうなんて。。。

悲しい流れはここで終わらせてほしい。

今年11月に来日予定があって、だけど旅行の日に重なるので追加公演を
狙ってたんですがもうライヴ自体、中止せざるを得ない。

取っておいたチラシ、大事にしまおう。

初めて行った『METEORA』のツアー。
 
その時に買ったTシャツ。
弟は無防備に3枚のTシャツを着まわしているが色も落ちてきている。
先日のパリ旅行の時も、ZAZのTシャツと一緒に持って行ったよね。
これも大事にしないとね。。。

『METEORA』。
このアルバムが一番の最高傑作で、今更ながらフルで聴いても捨て曲が無いと思う。
まるで映画でも観ているようなドラマティックな展開。

あの当時、秋葉原に行くと、自作PCからよく流れていました。


 
ガンダムプラモ(リンキン仕様)付きのアルバムを以前買ったんだけど、
youtube観てたら組み立てたくなった。
 
セメダインとか買わないとダメかな。。。
 

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

梅雨明けだそうですが。

梅雨が明けたそうですが、雨の量がやっぱり少なかったみたい。(東京)

荒川水系の取水制限が10%から20%に引き上げられたそうです。

ただね、、、荒川水系のダムの下流。。。金町浄水場など、本当に河口にかなり近く、
汽水域(海水の混じるところ)に住む魚も釣れたりするところなわけです。

(たまに、だとおもうけど。。。鯉やうなぎのほうが釣れるみたいだけど)

そんなところで、水不足???

なんで???

と、同じことを疑問に思う人は世の中にいるんですね。(知恵袋のコト)

調べてみたら、ダムは下流に水を流しているので、下流では、
その水を自由に取れるのではなく、許可を貰っているそう。

なので、水を流している量が少なくなった場合、いろいろな影響も考えて
(塩分濃度も1つにはあると思うけど)
取水率を決めるそうです。

だから、浄水場の目の前に水がたっぷりあっても、
ダメなんだそう。

だったら、ダムの周りに杉の木なんて植えずに広葉樹にすれば
山全体が巨大なダムにもなるのに。。。
水不足は、人間が、政治が、招いている気がします。。。ね。

残念。。。




| | コメント (2)

2017年7月13日 (木)

連休中、パリに行ってきます。

タイトルに書きました通り、明日の夜中からパリに行く予定です。

今回は、弟にも有給を2日取って貰って、、、

弟は会社に旅行行くことは言いたくなかったみたいですが、
初めて2日の有給をとったことになり、
今後、少しずつ多く取れるようになっていくと思います。

弟の都合はよくわかりませんが、少しずつ変えていってよいと思うので、
これからも弟に、「有給取ってくれ~!」とお願いする予定です(笑)

 
 

パリ旅行ですが、出発の前日はパリのお祭りの日。
本当はそこに重ねて軍事パレードやら花火やら、観ようかとも思ったんですが、
旅費が高くなっていて。。。少し安い金額にするため、敢えてお祭りの日をはずしました。

そして、効率よく回るために現地ツアーを3つ入れました。
説明を受けたほうが面白いですからね。

  
到着2日目 モンサンミシェル(1日)
   3日目 ルーブル美術館&ノートルダム大聖堂(半日)
   4日目 ヴェルサイユ宮殿(半日)

そして、4日目の午後はすぐ帰りになってます。
 
午後の散策が1日目と3日目だけ。。。
 
本当は4日目、午後夜遅い便を予約していたのです。
いろいろ散策する予定でしたが、先日、飛行機の便の時間が変わったと連絡があり、
早い便になってしまいました。。。
 
ツアー終了後には空港に行かないといけなくなりました。。。残念。
 
1日目、3日目の半日を使って、凱旋門とエッフェル塔、ほか
散策しながら、と考えればそこそこ歩き廻れそうですが、
まだ計画未定で、、、。
 
やばいっす。。。いまのところ、ご飯は毎日フランスパンになりそうです。。。
 
■料金内訳(2人分)
 航空券(カタール航空)ドーハ乗り継ぎ (172,380円)+保険
 宿(3泊分) (24,911円)
 ツアー①(ヴェルサイユ半日)(12,972円)
 ツアー②(ルーブル美術館、ノートルダム見学)(13,736円)
 ツアー③(32,986円)
 合計:264,325円  (ひとり当たり約132,160円)
 
これに両替分(食事、交通費)を追加して、、、
ひとり当たり15万くらいの旅行でしょうか。。。た、高い。。。
 
いつもの倍の海外旅行金額っす。。。
 
先日の台湾旅行なんて、2人で5万くらいなので5倍。。。
 
ちと、マリッジブルーっぽい感じっす(笑)
 
ううう、また重いネタになってしまった。。。

| | コメント (4)

2017年7月 9日 (日)

家の機器をいろいろと

家のネットワークの調子が悪かったので、今日は午前中使って直しました。

以下、昔かった機器類です。

P7090448

家庭内LANを組みたくて、電話口のところにLANポートを各部屋につけています。
ただ、このケーブル、10Base-Tなんですよね。。。
 
頑張れば、100M/bpsくらい出るかもしれませんが。
 
ということで、無理にケーブルでつなげずに、Wi-Fiにしています。
ポートにWi-Fiルータをつなげて中継点を2階に置いています。
(外部ネットワークは1階の洗面所にあったりしますのでそこにはWi-Fiルータ置いても
電波が届かないんですよ。。。昔のは)

ただ、うちのテレビとか、LANの口が遠く、そしてWi-Fiが使えない機器なので
それらはどうするか、というと、Wi-Fiルータの子機を使って繋いだりしていました。
 
これが、数年前に接続できなくなってからそのまま放置していたんですね。
 
それを今日直しました。(一瞬で直せたので、もっと早くにやればよかった)
 
そして、LAN環境が復活したおかげで、
年末に構築したNASにもアクセスできるようになりました。
 
これで、仕事で作成した資料など、重要なデータを安心して保管できます。
 
それも各PCから保管・共有できるという。
 
さらに、このNAS上に写真とか入れておくと。
なんとテレビから、写真を参照することも出来るんですね。
 
これ、なかなか便利です。
 
そして、先日対応したのがコレ。

P7090443

液晶テレビの裏にHDDを取り付ける機器があり、それを使って綺麗に裏側に
貼りつけちゃいました。

以前はHDDを2台重ねていたので、熱とか微妙に心配でしたが、
いまはバラバラに配置して、金属の板で熱を逃がしているので、
長く持たせられそうです。

そして最初の写真にある、AROMAと書かれた箱。

これは、実はギターのアンプだったりします。

ギターを繋げて、モード切替でSDカードに録音も出来たりします。
最初使い方がさっぱりわかりませんでしたが、この内容みてやっと使えました。
http://inst-seachicken.seesaa.net/article/408199336.html
 


 

もう一台買うときは下倉さんで買いますね♪

ちなみに値段は2,796円で買えました。安いくせに、なかなか良いです♪
(しかし、録音するというだけで緊張して演奏がさらにボロボロになるという、、、
どんだけ小心者なんだか。。。)

ということで色々となんだかんだ忙しい一日になりました(笑)


続きを読む "家の機器をいろいろと"

| | コメント (6)

7月初旬の花

今の時期に咲き始めた家の花を。

P7090436

デントロビューム、、、本当はファイヤーバードというオレンジ色の花だったもの。
今は全部ピンクに咲いています。。。なぜだ。。。

ただ、あっちこっちで咲いていて見ごたえが無い状態。
今度纏めて一鉢に植えこんじゃおうかなぁ。

P7090439

今年の2月に買っていた、「デントロビューム パリシ―」です。
5度くらいの低温まで耐えられるそうで、冬は室内で育てないとだめみたいですが、
葉が落ちた茎に花がタンマリ着きました。

これは大事に育てたい!

P7090442

「夏エビネ」

花が咲き始めました。

完全に咲くには、もうしばらく時間が掛かりそうです。

P7020432

屋上の「ヒツジクサ」

先週、つぼみがあったんですが、今日は見つけられず。
花を観ることが出来なかったっす。。。残念。

日本固有のスイレンで、未の刻に花が咲く、と言われているのでこの名前なのです。

あと、イワタバコも咲いてますが、写真撮り忘れました。

そして、今の時期のいろんな花の状態ですが、、、

P7090435

「シコウラン」はつぼみが伸び始めました。

P7090437

フウランもつぼみが伸び始めました。

P7010430

これが、ヒメホテイランの今の状態。

状態は悪くないと思いたい。。。

P7010431

イチヨウランの状態。
芽は出てきているんだけど、、、ちと心配。

今年は特に熱くなりそうだしなぁ。。。






続きを読む "7月初旬の花"

| | コメント (2)

2017年7月 2日 (日)

選挙行きました。

今日は都議会議員選挙があったので、投票に行きました。

いつもは住所の何丁目を伝えて、名前を探してもらうんですが、
今回は、バーコードでした。
一瞬で投票して、完了。

投票率が低いとか、毎回言われるけど、今回は少し上がったみたいですね。

それでも、こんなに一瞬なんだから、みんな、買い物ついでに行けばいいのに、と
思います。
子供に、「学校行きなさい!」という親は、
子供に「選挙に行きなさい!」と言われない様にしないと。。。

今回の都民ファーストが大勝、という結果は悪くはないとおもいます。
いままでドンが居て意見が通らないところに、やっと手が入る。

ただ、不正を暴いたり、公開したり、、、ってのも大切かもしれないけれど、
泥臭いところもありながら、都民が夢見れる仕事をしてほしいものです。

夢を語れない政治家、夢を語れない大人、自分としては夢(目標)があるから、
辿り着くんじゃねーの、と思うので、
夢のある議員さんがたくさん生まれてくれたら嬉しいです。

 










| | コメント (4)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »