« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月27日 (土)

2017/05/26_MIYAVIのライブ

前から行ってみたかった、MIYAVIのライブに行ってきました。

月曜日にモニタープレゼントのメールがあって、応募したら当たったんです。

それも、一度は観てみたいと思っていた、『氣志團』も出るのです。

18740201_1364979016911695_387382122

今回の公演はMIYAVI 活動15周年記念ということで、
他のバンドさんと共演の形でライブを廻るみたいです。
 
最近は、キムタク主演の映画『無限の住人』の曲にも使われているとか、
話題が多く昨日も朝のエンタメニュースで取り上げられていました。
 
■これは2014年の番組(らしい)

 
今回の公演も、3人体制。
ただ、このころはシンプルなギターキーボード、ドラムの構成だったみたいですが、
昨年くらいからキーボードではなく、EDMが入っちゃいました。

  (EDMはエレクトロニック・ダンス・ミュージックのことで、
   演奏している感じではなく、DJがマックとか使ってクラブで流すような
   やつです。昨年引退発表したアヴィーチーやZEDDなど有名ですね)

ギターはオリジナルのテレキャスだと思います。
 
個人的には、このテレビでやっているシンプルな演奏の方のイメージがあり、
こっちの方が良い気がします。
 
ということで、今回のライヴは『常に進化している』という話もありますが、
以前のが観たかった感じです。
 
今回のライヴの時間はこんな感じ。
  
19:00~19:30 ゆるめもモ! ライヴ
19:50~20:30 氣志團 ライヴ
20:50~21:00 MIYAVI アプリ連動のあいさつ
21:00~22:00 MIYAVI ライヴ
          アンコール2曲(うち一曲はゆるめもモ!、氣志團のダンスコラボ)
 
一応他のバンドさんの話を書くと、
『ゆるめもモ!』 は4人組で活動するアイドル(の割にはダイブ、モッシュありのグループ)
でした。
個人的に一押しは、「あの」さん。
 
今回は客席にダイブしたように見えましたが、、、浮かんでこない。
浮かんできた!と思ったら、再度そこからダイブ、、、浮かんでこない。。。
 
そしたら、Twitter上で「頭われたかとおもったと思うけど大丈夫ですよ」と
コメントが。。。
 
いや、頭から落ちてて、痛くないって一番ダメなやつですから。。。
 
そして、今年6月から放送される『怪獣倶楽部~空想特撮青春期~』
喫茶店のウエイトレス役でも出るそうなので、注目です♪
(このドラマ、「『ウルトラマン』『ウルトラセブン』での実際の話数を
 徹底的に研究する、彼らのマニアックな編集会議を全4話で
 ユニークに描きます。」ということで、当時のマニアの話らしく面白そうです)
 番組の情報はこちら http://m-78.jp/news/n-4712/ 
 
■ゆるめるモ! の、あのちゃん


 ライブは歌っているあの感じのままでした。
 
そして『氣志團』っす。
ネタ満載で、最後は『ワンナイトカーニバル』で定番のネタぶっこんで、
という感じでした。
 
■One Night Carnival

 
こんな感じの、コーラス後のネタの入る感じ(笑)。。。定番なんっすね。

あ、、、DJ OZMA だったのか。。。


| | コメント (2)

2017年5月25日 (木)

『月がきれい』て、アニメ版「中学生日記」を作ろうとしたらしい。

  

川越が舞台らしいので、ちと観てみようかと思います。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

2017/05/21_ブリューゲル「バベルの塔」展を観てきました

ブリューゲル「バベルの塔」展が今、上野で行われていて、
弟とさっくり見てきました。

Dsc_0077

東京都美術館です。

朝少し並びましたが、ほぼ待ちはありません。

今回の展示は、16世紀のネーデルランド(ベルギーとオランダにまたがる地方のこと)の
美術作品の流れから、最終的にブリューゲルがバベルの塔を作成するまでの
美術の流れが解るようになっています。

最初は、家庭に飾られていた絵画、このころはキリスト教の教えを
絵で解るようにして、また毎日祈りをささげられるようにしていた、という点から、
美術品が置かれるようになったことが解ります。

そして、そのうちに絵の中に、多くのメッセージが込められ、
美しい聖者の世界から、さらにソドムとゴモラのような地獄絵図的なものも
生まれてきます。

それでも、これらの絵画は本当に民間に置かれていたのだろうと
思うくらい小さいです。

そして、ここで人気作家になった人物がいます。

ヒエロニムス・ボスです。
王侯貴族からの依頼で絵を描いていたようですが、
主に宗教画になります。

それも奇妙なものばかり。。。

今回は『放浪者』『聖クリストフォロス』の2作品が展示されています。

これらの絵は結構大きい作品になっています。

そして、、、ただただ、気持ち悪い。。。

楳図かずおのような、そして、ハンプティ・ダンプティのような、、、
妖怪の百鬼夜行図のような、変な感じです。(笑)

そして、こういう絵は好きな人は好きなもので、、、
当時も、そして今も固定ファンがいるようです。

そして、ボスの死後もお弟子さんたちがこの奇妙な絵を模写し、
似たような作品をたくさん作っていきます。

そんな世の中で生まれたのがブリューゲルです。

このボスの影響の残る世の中で絵描きとして生きたわけです。

彼は、民間の生活を絵の中に描き表したりもしています。
そのため『農民画家』と言われたりもしています。

それらの絵はまさに、『ウォーリーを探せ』とか、レゴランドっぽい、

たくさんの登場人物のある絵を描いています。
 
それでも、貴族にはボスの絵が好きな人がいて、
それらの依頼を受けて描いた作品も有るようです。
 
そうして、その集大成として出てきたのが、今回の『バベルの塔』です。
 

Dsc_0076

これ、大きさもそんなに大きくないです。
 
他に展示してある、大友克洋の絵など、300%の大きさで描かれたものが
あったりしますが、(入口横に展示)
そもそもその大きさが絵のサイズだと思って観に行くと、
びっくりするくらい小さいです。
 
展示は最終的に『バベルの塔』が出来上がるまでの流れ、そしてそれぞれの
絵の中に描かれている注目すべき点について、大きく紹介されていて、
なかなか良い展示になってます。
 
そして、どうしても絵をじっくり見たい、という人も多くなることを想定し、
前一列を通路にして、「立ち止まらずに観る」専用にして、
後ろに柵を設け、そこからは遠いけどじっくり見れるように、
展示していました。
 
なので後ろから望遠鏡でじっくり見る人も多かったです。
 
自分たちはそんなものもっていないので、何度も前1列をゆっくり歩きながら
絵を観ましたが、人が描かれているところが、
本当に点二しか見えないくらい小さかったです。
 
それでも離れて見ると、人が沢山動いている様子が見えてくるから、
びっくりです。
 
となりの5分間のCG動画も良くできていて面白かったし、
満足でした~♪
 
グッツの絵葉書は大きいものが売り切れ。
6枚で一枚の絵になるものもありました。
 
そして、これ。
 

Dsc_0075

『大きな魚が小さな魚を食う』という版画作品の中で右角に描かれている、
絵ですが、、、足があります。
 
確かに絵の中でも靴を履いていますが、、、こんなに毛深い感じの絵では
ないと思うのですが、、、どう見ても親父足です。。。
 
   き、、、きもかわいい。。。
 
ということで、大満足でした。
 
なお、帰りはハードロックカフェに行き、5/20から発売された、200個限定の
バベル展のピンズを買ってきました。(弟が。)
 
『バベルの塔』バージョン
http://hardrockjapan.com/pins/6010/

『大きな魚が小さな魚を食う』バージョン
http://hardrockjapan.com/pins/6008/
 

展示自体、よく出来ていると思うし、空いていたのでオススメです♪
 
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―
http://babel2017.jp/
会場: 東京都美術館
時間: 9:30~17:30 (金曜日は20:00まで)
期間: 2017年4月18日(火)~7月2日 (日)
チケット:  大人 ¥1,600
 
 
 

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

2017/05/14_「ルパン三世コンサート~LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2017~」

『ルパン三世コンサート~LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2017~』
行ってきました。

大野雄二さんが作曲し、演奏した「ルパン三世」の曲を、
ガッツリ聴いてきました~♪

17:35開演
19:00よりアンコールあり
19:20終演
 
グッツ: タオル、ビアジョッキ、ポーチ
 
「最後にまた来年会いましょう♪」と言ってましたが、
ええーっ! 来年までやらない訳じゃないでしょ???
 
意味がある言葉なのか、、、不明。 2ndアルバム出すって言っていながら。。。
 
ちなみにライヴで演奏された曲は、新曲一曲あったものの、
基本ルパン三世ばかり(スペースコブラもあったけど)でした。
 
こんな曲から
■炎のたからもの

 
こんな曲まで。
 
■ラブスコール

そしてこんな曲まで作っていたんですね。。。
 
■スペースコブラED『シークレットデザイア』(演奏してくれました)


ライブ全体は、MCで笑いも入れつつ、
ノリは手拍子いれてサルサっぽい感じになってました。(笑)
 
楽しいライブになりました。次回、またあるかもしれませんが、オススメします。
 
 
なお、大野雄二さんは、ジャズピアニストであり、多くの作曲をしていますが、
有名なところでは、こんなのもあります。(今回は演奏してません。)

■人間の証明


 

■犬上家の一族



ちなみにこれは大野さんではないので今日のライブではやりませんでしたが、
気になったので載せておきます♪2010年の映像です。



 
こちらも一度は聴いてみたいものです。。。
 

| | コメント (2)

2017/05/14_ミュシャ展で『スラヴ叙事詩』観てきました。

今、六本木・乃木坂の方にある、国立新美術館で、
ミュシャ展が行われていますが、
なかでも、『スラヴ叙事詩』の20作品が全て観られるという事で、人気です。

この展示会、6月5日までなので、ちと慌てて行ってきました。

Dsc_0054

『スラヴ叙事詩』とは、チェコ、スラヴ民族の伝承・神話・歴史を描いたもの、
ということです。
 
今回の展示では、20作品すべてが初国外展示となっており、
そして、その後、中国、韓国、アメリカ、と巡回していくらしいですが、
今の情勢考えると、ちょっと心配です。
 
開場は10時ですが、少し早めにチケット販売は始まり、
その後整列しますので、前売り購入している方はその分早く入れます。
 
今回は9時30分に並んで、10時にはチケット買えましたが、結局30分待ちになりました。
 
中に入るとまずは『スラヴ叙事詩』の20作品から始まり、
その後、ミュシャのリトグラフから油彩、ポスター、切手、お札まで含め、
80作品展示されており、合計100作品になります。
 
『スラヴ叙事詩』ですが、展示は、絵がかなり大きいので展示室もこんな感じになりました。
 
■作品19(左)と、作品17『聖アトス山』(右)

Dsc_0056

見上げる感じです。
 
なお、写真はひとつの部屋だけ撮影可能、となっていて、
100作品近く展示されていましたが、そのうちの『スラヴ叙事詩』5作品程度のみ
一部屋に集められていて、写真撮影できました。
 
作品は、15、17、18、19、20 のみです。

■作品19『ロシアの農奴制廃止』

Dsc_0060

どうしても台形になってしまうので、写真はあまり満足できない感じに
なりますが、なかなか機会が無いので嬉しかったです。
 
なお、『スラヴ叙事詩』は説明文も少なく、内容をここで理解しよう、などと
考えていくと後悔します。
さらに文字を観て、絵を観ようとすると一旦壁に寄ったり離れたりしないと
いけないうえ、絵の順番もバラバラになっていて、かなりイライラっと
します。(観れるだけマシ、ではありますが)
 
また、80作品の展示ですが、
『四つの花「カーネーション」、「ユリ」、「バラ」、「アイリス」』も展示されています。
 
ただ、これらの多くは、堺市にある『堺市立文化館 堺 アルフォンス・ミュシャ館』から
借りているものと、目録にありました。
 
ほか、プラハ市立美術館からの展示物借用と、OGATAコレクションからの
借用展示が大半です。
このOGATAコレクションは、日本人の尾形さんが集めたものだそうで、
日本の美術館と日本人のコレクターの作品で展示が出来ていることが
なんだかすごいことだなぁ、と感じてしまいました。
 
(なお、土井コレクション、OZAWAコレクションもあるみたい。)
 
日本人はミュシャ、好きですね(笑)
 
なお、絵を観た後はかならず、ポストカードを買うのですが、20作品のポストカード買うと
1枚150円なのでそれだけで3000円、と図録の値段を越えるので、
買いませんでした。(なんせあの大きい絵が絵葉書サイズって、、、)
 
いつかチェコに行って、実際の展示が観れたらいいなぁ、と思いました。
 

| | コメント (6)

2017年5月 9日 (火)

明日はZAZのライヴ♪

あすのライブの予習っす♪
弟よ、よく聴いておいてね~♪

■Zaz - Je Veux「私の欲しいもの」


■ZAZ - Les passants

モンマルトルでやったときのものみたい。。。
このお店、探してみよう。。。

ZAZ - Si jamais j'oublie 「もし私が忘れるようなことがあったら」

ドラマ「朝が来る」で使われた曲らしい。。。
ドラマが盛り上がったのか、、、は不明。(観てないから)

あと、エディット・ピアフの再来と言われていますが、どうですかね。
アプローチがちと違う気がします。
 
■Edith Piaf(エディット・ピアフ) Hymne à L'Amour「愛の賛歌」 


 
■Padam Padam「パダム パダム」


 
このパダム パダムとは、自分の後を追いかけてきたり、共にいたりする音。
その音は、昔の恋の記憶、ということで、
『花壇花壇カダン、お花を大切に』は、ある意味、愛の歌かもしれません。
 

| | コメント (4)

2017年5月 8日 (月)

GWのはなし。

ゴミ捨ての話は書きましたが、おかげで体中疲れが溜まってダルダルです。

でも少しづつやりたかったことをやってます。
 
特に、DIYをしようと考えていたのを、弟に手伝ってもらいながら
一通りで来たので大満足です。
 

P5070337

1.外の植木の水遣り用に、蛇口を二股に変えました。

  これで届かなかったところにまで水が届きます。。。
  が、伸びるホースを買ったら、あれ、なんだか使いにくいですね。。。
  軽い点は良いのですが、ホースが伸びてる間は水の勢いが落ちて、
  膨らむとすっごい勢いで水が出るので調整が難しいです。。。
  失敗だったかなぁ。。。
  P5070339

  P5070338

2.藤棚作成。

  昨年買った藤の木、今年は咲かなかったんですが、
  今、一階のところに置いてあります。
  これのツルがすごく伸びてしまうので、
  うまく日影が出来る様に、藤棚を作成しました。
  弟に釘を打ってもらい、ネジでしっかり固定し完成です。
  

  P5060324

3.玄関横の日差し避け作成。

  これも今まで、100円ショップでかったもので作っていたんですが、
  ちゃんと木の板などでしっかりしたものを作成しないと、なんともみすぼらしくて。
  
  これも、弟に枠だけ釘打ちしてもらって、こちらは紐で柵にしっかり固定し
  完成しました。
  今後は強風にどこまで耐えられるか、だけ確認できれば。

  でも、これでさらに蘭がたくさん植えられる(笑)
 
  P5060326

4.屋上の目隠しのすだれの修理

  すだれを屋上の柵に縛り付けてたんですが、
  風が吹くたびに紐が伸びてだらしない状態になってました。
  これを竹の棒を買ってきて横に縛って垣根みたいにしました。
  これですだれの持ちも良くなったはず。
  見た目もきれいで良い感じです。
 
  P5070335

5.水道廻りの水の滴り直し。(未着手)
 
  これはトイレと、洗面所で起きていて、直さないといけないと思いつつ、
  一旦元栓締めて水が出ない様にして回避しているところです。
  
  これは、来週末に、しっかり修そう。
 
6.旅行の準備  
  
  7月の旅行の準備を進めています。
  取りあえず、フランス・パリは初めてで、どう考えても3泊5日でも
  足りないんですが、効率よく廻るために、現地ツアーをちょろちょろ、
  入れました。
  モン・サン ミシェル まる1日ツアーと、
  ルーブルの午前中ツアー、
  ヴェルサイユの午前中ツアー。
  ということで、自由に動けるのは午後の3回のみ。。。
  自由な時間はこれから計画を詰めていきます。
 
  なお、この旅の前勉強として、
  『ダヴィンチ・コード』三部作をGW中に観ました。
  あと、『のだめカンタービレ』の漫画も読み直し♪
 
  ホテルは『アメリ』の撮影場所に近いところなので、
  今度、もう一度アメリを観る予定です。
  
  水曜日はZAZのライブも入れているし~♪
  『旅するフランス語』も今日から見始めました~♪

ちなみに5月、6月はどこにも行かず、部屋掃除と勉強に力を入れて行こうかと。
4月もどこにも行ってないので3か月、まるっと旅行行かない感じです。
(普通ですかね。(笑))

ほか、ギターをもうちっときっちり弾ける様にしようとか、
買ったビジネス書を読もうとか、いろいろあるのですが、
もう少し落ち着いたところで始める予定です。
 
という感じで、出来なかったことも多いのですが、
5月はまだ始まったばかり。
もう少し気合入れて頑張ります~♪
 

| | コメント (4)

2017年5月 7日 (日)

神之木台に行きました

5月5日に、横浜駅乗り換えして、大口駅へ行きました。

神之木台という街なのですが、ここは自分の本籍地だったりします。

そして、昔、じいちゃんばあちゃんの住んでいたアパートが
有ったところでもあります。

P5050289

懐かしい気持ち、思い出したいことなど、まぁ、いろいろあって、
行ってきました。
 
まずは、大口駅 東口。
 
なんとなく階段上がって降りた後、少し長い通路を抜けて、
というこの駅の作りは、少し思えている気がします。
 
そして、駅前にあった、ユニー、、、は、こんな感じに。。。
 

P5050287

ユニーの持ち物みたいですが、ストアではなくなっちゃいましたね。
 
そして、川の方へ向かう道に、たしか焼き鳥屋があったと思うんだけど、
どこだかもうさっぱりわかりません。(笑)
  

P5050290

 
川があったのは覚えてるんですよね。。。
 
そして、幅の広い道を抜けると、鉄工所の鉄さびの匂いとか、
しているところだったんですよね。

P5050291

この蕎麦屋さんもあったような、、、これは記憶うっすら。。。
 
でもこの先にあった、魚屋さんは覚えていて。
 

P5050292

でも連休中だったから、休みでした。
 
たしかこの奥辺りに銭湯があった記憶があるんですが、
もう新しい家がたくさん並んでいて、どこだったか解りません。
 
この先に進むと、床屋があって、その先には、公園がありました。
 

P5050293

今は遊ぶことが出来ない公園、、、
というか滑り台とかも無くなっちゃってました。
残念すぎる。。。
 
この公園を突っ切って左に曲がれれば近道だったんですが、
しかたないのでここを左に。
すぐ十字路を右に曲がります。
 
確かこのあたりに駄菓子屋があったような。。。
 
このあたりは下水道を水がずっと流れていて、
湧き水が流れているようなシャーって言う音が、
今もしていました。
 
そして、到着です。
 

P5050295

右側にある坂道。
 
したの階段は、昔は木の板で崩れないようにしていた段々畑のような
階段で。
砂利ばっかりだったんですよね。
そして途中がアスファルトで、なんだかそれはそのままっぽい。
 
この坂を上って、

P5050297

この壁の上にアパートがありました。
 
ここに昔じいちゃんばあちゃんが住んでいて。
2階の部屋4つのうち、3つ借りて住んでいました。(笑)
 
トイレは、汲み取り式。
 
でも二階にもトイレがあった、ウンコすると、ひゅぅうぅうぅうーっ、って
落ちていくんです。
そしてトイレットペーパーも、この時は四角い紙が置いてあって。
拭いた後、ひらひらっと落ちていくんですよ。
当然下までは筒が通っているんですが、
その筒に引っかからない様にするのが、ちと面白かった記憶があります。
 
な、懐かしい。。。
 
いまはもう家が新しく立っていて、裏の家は更地になってました。
以前裏山で土砂崩れがあって、と聞いて言いましたが、その影響もあるのかな。
 
そしてこのアパートから遊びに行くときは、
さっきの公園か、もしくはグランドのある、山の公園に、
クワガタを採りに行ったりしていました。
 
(クワガタ採りといっても、木の根元のへこみにある落ち葉をどけると、
 コクワガタが隠れていることがあり、それを採るのが楽しかったんです)
 

P5050301

グランドを抜けて裏の山まで。
 

P5050306

山と言ってもこんな感じ。
 
そして降りてくると、駄菓子屋があって、アイスを買ったりしていました。
 

P5050308

そこから、帰るときの道がこれ。
 

P5050302

ポール二本もそのまま。
 
この下は階段になっていてその後緩やかな下り坂。
このあたりも昔のまんまです。
 
なつかしい。。。
 
滞在した時間はちょっとだけでしたが、いろいろ思い出せてよかったです。
 
帰りは新子安駅まで歩いてそこから電車で帰りました。
昔は京急でしたが、今回はJRで帰りました♪ 

GWの旅行は今回はコレだけ。(笑)
 

| | コメント (6)

2017年5月 4日 (木)

渋谷で食事するとき。

最近は、あまり渋谷に出ることが無くなってしまいましたが、
それでも、先月は2回くらい行ってます。

アナストのライブと、ジプシーキングスのライブの時ですね。

ということで、その際に立ち寄るお店を、さっくり紹介します。

■お好み焼き「かわなか」
  https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13052807/

  川中美幸さんのお母さんのお店です。
  15年くらいからこちらにお店を開いているそう。
  (前のところを畳んで移転してきた模様)
  NHKホールも近いので、意外と業界の人が食べに来るらしいです。

  お店の雰囲気はいいですよ。

  「九条ネギ焼き」「モンチッチ焼き」などオススメかな。。。
  ふつうのお好み焼きが食べたい人には良いと思います。

■やんばる 渋谷店
  https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13117786/

  渋谷センター街の靴やABCマート向かいにある、オレンジの看板のお店。
  1階は、ソーキそばのお店で食券を入口で買ってから入るお店。
  地下は、沖縄料理が食べられるお店です。

  地下は入ったことが無いんですが、
  ソーキ蕎麦はここ、美味しいです。
  軟骨もコリコリと食べられる柔らかい肉が本当に美味しい。

  地下の方では、たまにライヴやったりもするそうで、
  雰囲気もよさそうです。
  http://yanbaru-os.jp/honten.html

  新宿が本店です。

■うな鐡
  http://www.unatetsu.com/main.html

  ここはうな重も食べられますが、串焼き食べながらビール飲むのが最高です。

  ただ、やっぱり他の店よりも高くなっちゃうので、ゆとりある時しか
  行きませんが。。。
  でも他に比べたら、安いみたい。

  焼き鳥屋さんみたいな、ウナギ屋さんです。

■ティ・ロランドカフェ
 https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/kakutensublist/?article_seq=8611253

 

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13148254/

 先日、渋谷の西武の地下でトイレを借りたんですが、この地下2階に
 沢山の行ってみたいお店がありました。

 金額もリーズナブルなかんじっぽいので、
 まだ入ったことないですが、オススメしておきます。

 このお店はガレットのお店。

 デパートの閉まる時間には終わってしまうので、夕方とかお昼とかにしか
 入れない感じですが安いけど美味い雰囲気がします。

 前に渋谷にあった本店は閉店して、他のところに出来るようです。

こんなところでしょうか。
ほか、閉店してしまったところとか、多くて。。。
またお店開拓したら載せてみます。


| | コメント (8)

2017年5月 1日 (月)

大掃除中

最近大掃除中ですが、今日は家の近所に良く車で来る廃品回収車に、
テレビを持って行っても貰いました。
「廃品回収車です。壊れていても構いません」ってくるやつです。

一旦車止めて、直接話してみました。
「大体の金額教えてください。」

そしたら、
「大体、多い場合は5000円くらいもあります。
 でも見てみないとはっきり言えません。」
とのこと。

なので、実際に見積もって貰ったら、こんな金額に。

32インチの液晶      5000円
21インチのブラウン管  5000円
17インチの液晶      3000円

合計 13,000円
結構かかるのね。。。

車運転しているのが若いおにーちゃんで、
仕事はじめたばっかりで、一旦どれだけ安くしても良いとは言われているんですけど、
などと言ってました。
そんな若いのにあんまり値切るのも何だし、、、とおもって。
言われた金額で了承しました。

ただ、相場が解らないので、ネットで調べたら、そこそこ相場通りの金額でした。
よかった♪

<調べた金額> 
テレビ(16型以上) 
  リサイクル費  2,916円
  搬送費         500円~3,000円
  搬出費       3,000円~20,000円 (今回はこれ掛からないハズ。)

今度は使わないパソコンがたくさんあるので、
これをHDD抜いて出す予定です。
ただ、以下のような相場らしい。。。

 リサイクルマーク あり  0円 + 回収代
 リサイクルマークなし  3000円~4000円
 自作            5000円

やばい、、、自作ばっかりだよ。。。

あとは壊れた冷蔵庫(冷凍庫)もあるし。。。
これもリサイクル回収なんですよね。。。
これは5000円くらい掛かるみたい。。。

う~ん、、、良い方法考えよう。

あ、あと明日は粗大ごみ(家具とか)の回収です。
洋服ダンス、ソファー、衣装ケース×6個、蛍光灯×2個

すでに玄関前はゴミの山です(笑)

そして筋肉痛。。。
でも明日は見つからない本を意地でも探さねば!

 

| | コメント (8)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »