« 2017/04/02_大英自然史博物館展の始祖鳥を観てきました。 | トップページ | 今年のラウパー、やばすぎる!!! »

2017年4月19日 (水)

2017/04/05 劇団新感線『髑髏城の七人 season花』観てきました。

既に2週間前の話ですが、
劇団新感線の舞台、『髑髏城の七人 season花』 を観てきました。


 

劇団新感線の舞台は久しぶりです。
と言っても、2015年の舞台以来ですが(笑)

演目は『髑髏城の七人』という、劇団新感線の定番のですね。

ただ、最近は新感線の劇団員よりも、外の役者さん使うことが多いです。

そして、その度に演出を変えて公演されています。

今回は、なんと!
新しくできた、円形座席回転型劇場『STAGE AROUND TOKYO』のこけら落としで、
1年間借り切り、季節ごとに違った4つの髑髏城をみせるという。
 
   『劇団四季かぁぁぁ!!!』
 
今回はseason花 ということで、昔ながらっぽい感じに纏まっています。
次のseason鳥 は、かなり踊りとかに力入れた舞台になるようです。

この円形劇場ですが、良く舞台がくるくる回るのは青山劇場など、
有ったと思うのですが、こちらは逆に、ぐるり、と座席を囲んでいます。

座席が動いた瞬間、『ディズニーランドかぁぁぁ!!!』
って思いますよ。本当に。

座席が丸くなっていてその周りを囲むように舞台がありますので、
舞台がくるくると回りながら、ライトの当て方を変えて、幕が開くかのように
扉を左右に開けると、まるで山に分け入ったように、その世界にどっぷりとつかります。

言葉では伝わりにくいので、それが少しわかるかもしれない映像を。


 
劇団新感線のスピード感ある演出にはばっちりな舞台装置です。
 
ただ、、、この舞台装置の問題がひとつ。。。
 
それは、「入口が回転した状況によって移動してしまう」事。
 
「トイレ行ってきます」と休憩に行こうとすると、
 
「あれ、どこ???」となりますし、
 
帰りの退場でも、出口は一か所しかなく、これもほぼ皆、迷いました。
 
これから行く人は気を付けてほしいです。(前から退場です)
 
 
そして感想。。。
 
舞台の感想は、古田新太の存在感がやっぱりすごい、ということと、
清野菜名さんの声、アクション、がぴか一でした。
 
ちなみに、古田新太にさん付けをしていない事に先ほど気づいたのですが、
これは自分の中で、古田新太を舐めているのでもなく、
ただただ、自分の中で、「さん付け」する対象から完全に外れた存在に
なってしまったのだなぁ、と良い意味で思いました。
 
そう。言い換えれば、『パンダにさん付けなんてするかよっ!』です。

パンダといえば大スターですよ。
 
でも、パンダにさん付けするのは子供だけ。
 
パンダ、という存在感にはさん付けは不要で。
 
これと同じことが、古田新太にも発生している、という訳です。
 
(古田新太がパンダの様になってしまった、という事ではない。)

他は、、、う~ん、も少しかなぁ。。。
はなしの呼吸の置き方、間の作り方がもう少し、という感じで。
 
だからこそ、古田新太の存在感が大きくなってしまった、という感じです。
 
 
と言っても開幕したばかりだから、これからかもしれませんが。
 
演出も、、、影の使い方が秀逸だとおもいましたが、
個人的にはもっともっと、できるだろう、と期待感のほうがつよくなってしまい。
点数が低くなってしまいました。
 
次回作は阿部サダオに、池田成志、と濃い連中が集まっているので、
楽しみです。(でも、お金ないので我慢ですが。(笑))
 
追:
今回も行かないつもりが急きょチケット取ったのは、
殿さんたちが観に行く、と言ってたの聞いて急に行きたくなったのと、
この劇場が、弟の会社から徒歩で行けちゃう距離、ということで、
せっかくだから、という気持ちで行ったのでした。
 
場所はゆりかもめの市場前駅。
 
市場は警備員一人だけ、という閑散さ(笑)
 
う~ん、、、、がんばれ!(笑)

|

« 2017/04/02_大英自然史博物館展の始祖鳥を観てきました。 | トップページ | 今年のラウパー、やばすぎる!!! »

コメント

前宣伝で観ましたね(笑)
客席が回転するとのこと
話題になってました

古田新太
個性的で大好きです(笑)
阿部サダオもいいですねえ!

投稿: グランマ | 2017年4月23日 (日) 11時14分

グランマさん。

前宣伝でやってたんですね。
舞台装置、観客席で酔う人もいるかな、と思いました。

古田新太も昔は流し目の似合う感じでしたが、
完全にお笑いのひと、の位置に移動していますね。。。(笑)

投稿: たる。 | 2017年4月23日 (日) 16時14分

あまちゃんで固定された感(笑)
クドカンメンバ-だから(笑)

投稿: グランマ | 2017年4月25日 (火) 13時44分

グランマさん。

そう、清野菜名さんという女優さんも、
「TO YOUNG TO DIE!」というクドカンの映画で、
バンドメンバーとして出ていました。

舞台つながりは濃いですね(笑)

投稿: たる。 | 2017年4月25日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017/04/02_大英自然史博物館展の始祖鳥を観てきました。 | トップページ | 今年のラウパー、やばすぎる!!! »