« 2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_①金沙遺跡博物館 | トップページ | 2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_③都江堰パンダ基地 »

2017年4月 1日 (土)

2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_②錦里と陳麻婆豆腐

春はいろいろ忙しく、気が付くともう2週間たってます。

早い、、、。(というか、自分の対応が遅いのか。(笑))

ということで、ここは頑張ろう!

さて、旅行の続き。

金沙遺跡博物館から、タクシーで以外に時間が掛かったものの、
日本円で1000円程度で宿のあるところに着きました。

Dsc02141

『錦里』です。

昔の建物風の街並みが再現されたところです。

隣は三国志ゆかりの『武候祠』があり、実際には、この武候祠の周りに
古い建物の街を再現させた、という感じです。

京都の清水寺に行く道に古風な日本の建物が沢山建っている、
そう考えると解りやすいかと。

なので、雰囲気味わいながら、美味しいものが食べられる観光地です。

Dsc02144

観光客もいっぱいです。

ちなみに夜はこんな感じ。

Dsc02222

なんか、良い感じですよね~♪

ということで泊まったのがこちらの宿。

Dsc02148

『錦里客桟』というところです。

すっげ―古い建物! っておもうと実はそうではない(笑)

入口は写真の通り、自動ドア。

入ると受付の方が居て、すぐチェックインできます。
そこには自販機があり飲物もすぐ買えます。
24時間誰かしらいるみたいで、夜は入口近くにソファーを動かして
そこにスタッフが寝ています。(このため夜自販機で買い物が出来ない)

部屋はカードキー。
そして意外にきれいで新しい。

ただし、冷蔵庫は無し。テレビはある。

部屋にはトイレ、シャワー付き。ただし、トイレに窓があるがガラスが透明。

という、微妙にいいんだか、悪いんだかの宿でした。

ただ、立地は最高です。スタッフも気持ち良い方たちで居心地は良かったですよ♪

今回泊まったのは2階。窓付きの部屋です。(あまり意味はなかった)
奥で弟が部屋を開けようとしています。

Dsc02153

Dsc02157

窓がある分あかるいかな。

Dsc02160

トイレとシャワー。

そして、透明な窓。裏にはなんかの建物があり、、、覗かれそう。

Dsc02161

外から見た自分たちの泊まった部屋。

窓が開いているところ辺りです。

Dsc02226

部屋はこんな感じにならんでいるそう。

なお、宿の予約は基本、『hotels.com』を使っていますが、
ここの宿の予約は『hotels.com』では出てこなくて、ctripで行ないました。

(最初は昨年の10月に予約しようとしたら
 『まだ来年の予約開始していないので、11月末~12月になったら
 再度予約してください』とのこと。)

で二泊二人分で、11,896円という。まぁ、朝食はあるけどほぼ素泊まりなので
こんなもんでしょうかね。

安いです。(笑)

最後に朝食ですが、朝、フロントに連絡(といっても直接『ブレックファースト、プリーズ』
言いに行きましたが)で部屋に持ってきてくれます。

こんな感じ。

Dsc02227

Dsc02228

牛乳以外、蒸されてなのか、温められています。

少ないですがなかなか美味しい。(トウモロコシ以外は。(笑))

ということで宿に荷物を置いてさっそく、目的地『陳麻婆豆腐』に向かいます。

お店は先ほど金沙遺跡からのタクシーで店の前を通りましたので、
歩いていける距離ではない事はわかりました。

また、タクシーで店の名前を言えば連れて行ってくれる、ということで、
紙に漢字で店の名前を書いて、外でタクシーを止めることにしました。

が、、、全然来ない。

待っているところが悪いのか、
そして、タイミングが悪いのか。。。

来たと思うと、他の人に取られて乗ることが出来ない、、、ま、まずい。

このまま時間すぎちゃったら、、、そう考えていたら、
成都名物『三輪タクシー』が通りました。(こんな感じの乗り物です)

Dsc02634


 

一瞬迷ったんです。タクシーでもお店が結構遠い距離だったんで、
そこまで移動してくれるのかなぁ、と。

でも、もうタクシー来そうもないので、『コレに乗ろう!』 と 

取りあえず手を上げて止めました。

なかにはおばちゃん載っていて、
メモをみせたらなんだか、大きな声で言ってますが、さっぱりわかりません。

コチラが解ってないことを理解したみたいで、『乗りな!』風のしぐさしました。

やったー!のれた!

そして三輪タクシーが走り出します。

これ、バイクを改造した乗り物で、中国はバイクは歩行者とほぼ同じなので、
自転車の様に歩行者の歩くところも入っていきます。

載っているところから撮った写真がコレ。

Dsc02167

乗り心地はなかなか良いです。

まぁ、まだ3月だから時期もよかったんでしょうね。

ただ、乗ってる途中で金額言われて、渡したのがタクシーの半分くらいの値段。
(500円近い金額)ちと高い。。。

距離が遠いところだからその位かなぁ、と思っていたら、想定外のところで降りろ、と
言います。

行きたかったお店は本店。

もしかしたら、支店に連れていいかれたのかも!

そんな心配をしていたら、おばさん他の三輪タクシーの運転手と話をしはじめ、
こちらを振り向いたとおもったら、『こっちに乗れ!』というジェスチャー。

『え、え、えーっ!』

乗り込んだ三輪バイクのおじさんは、また大きな声でおばさんに怒鳴ってます。

う、売られた。。。

や、厄介者扱いされた。。。

意外とショック。。。

でもお金はそのまま渡していたみたいなので、ちゃんとやってくれていたのかも
しれません。

新しく乗り込んだ三輪タクシー。

Dsc02169

こんどのは扇風機も何もない。。。ある意味骨太でカッコいい(笑)

これもやっぱり横断歩道をとおったりしながら、
さっきのタクシーで来た道ではないtころに入っていきます。
そして、
急に裏道で止り、『ココだ!ここが豆腐屋だ!』みたいな素振りします。

Dsc02171

走り去るさっき乗ってた三輪バイク。

お店がコレ。

Dsc02172

あ、たしかにお店の名前が同じだ。

でもさっき見た時は、こんな感じでは無かったんだけど。。。

中に入っていくとお店の人があっちに行って、と指さします。

そちらに向かっていくと、、、たくさんの人たちが待ち構えています。

そう、こちらは裏口。

表には何人もの人たちが順番待ちしていました。

Dsc02176

女性二人が整理番号の紙渡して呼び出しとかしています。

その女性たち、、、かなり疲れ切っていました(笑)

整理番号貰って、番号呼ばれるのを待ってました。

番号は中国語なので、弟は急ぎ中国語の本を開いて、『いま、XXX番っていったよね』
とか確認してくれます。
でもなかなか聞き取れないんですが。。。

何度か番号の書かれた紙をみせたりして待ってたら、番号呼ばれてたらしい、
指さされたので紙をみせると、『上に行け』と言われました。

じつは上にも同じお店のフロアーがあるとのこと。

外の階段を上がると、ちと高級なお店っぽい感じの入り口がありました。

Dsc02203

ほ、ほんとうに同じ店???

でも同じお店でした(翌日の現地ツアーの添乗員さんに聞いたら
そうだって言ってました。)

そして中に入り案内されメニューをみると、確かに陳麻婆 と書いてありました。

そして注文し出てきたのがこれ。

Dsc02184

ぐつぐつに煮えたぎった麻婆豆腐が出てきました。

こ、これは美味い!

山椒がかなり効いていて清涼感のある辛さです!

辛かったけど食べやすかったです。

そしてほか、いろいろ頼みましたが、、、あまり大したことがなく、、、。
炒飯が美味しい話が有り、頼もうとしたらメニューになかったです。
しかたなく口頭で伝えたら、なんか言ってるんですがよくわからず。
結局注文できなかったです。

『五目とか肉とか聞いてるんじゃね?』とか話していました、、、
が、違いました。

あとでこれも添乗員さんに聞いたら、

 『炒飯はメニューには載っていない。聞かれていたのは大きさだろう』

とのこと。ジェ、ジェスチャーでそれくらい言ってくれ、、、。

Dsc02186

Dsc02201

Dsc02187

餃子は美味しかったのですが、ほかはあまり大したことなく。。。

そして、さらにビールを頼んで出てきたコップが濡れていて。
弟がそれに気づいて紙で拭いてコップのにおいを嗅いだら、
物凄いにおいがしたそうで、『や、やばい』って。

自分も嗅がせて貰ったら、ワインを飲んでそのまま放置したコップのような、
お酒が腐った匂いがしました。

お店の方を呼んでニオイを嗅がせたら、びっくりしてました(すっごい顔して)。
すぐに交換してくれました。

ちと危険なところはありますね(笑)

なお、お店の従業員でひとり、なんだかかっこつけてばかりの人がいて。
女性と話してばかりで、他の女性の従業員から怒鳴られても平気、という
自分たちの悪い中国人のイメージそのものな、ひと。
(良い中国人もいるので、悪い中国の人のイメージそのままのひと)

そんな人が、さっきのコップを持ってきてました。

なので、『使えない人ってどこにでもいるねぇ』という見解で
弟と一致しました(笑)

ということで、麻婆豆腐は美味しいですが、
ううう、、、きっと二度は行かないです。(笑)

そして、陳健一さんの親戚のお店らしく、この麻婆豆腐は、陳健一さんの
お店でも食べられるみたいなので、そちらで食べます。
そちらは『陳健一麻婆豆腐』『赤坂 四川飯店』ですね。

そして、店を出ると1時間経っていないくらいなのにもう待っている人は
居ませんでした。

Dsc02204

右横に階段があります。

さて、お店を出た後、少し散策することにしました。
いろいろ夜の街並みを観たかったんです。

し、しかし、、、実はお店の位置、ネットとかで調べたりした記憶の通りではなく、
店を出て左に行ったらじつは宿と反対方向だと知らず、
すっごく歩いてしまいました。。。

行く予定のなかったこんなところまで。。。

Dsc02210

ということで、散策は諦めてタクシーで宿まで帰りました。(笑)

(つづく)

|

« 2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_①金沙遺跡博物館 | トップページ | 2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_③都江堰パンダ基地 »

コメント

続きまーーーだーーー?

投稿: ペタシ | 2017年4月 2日 (日) 12時26分

グラスとか洗ってないんですかねー。
さすがですな。

投稿: yhino | 2017年4月 2日 (日) 21時07分

ペタシさん。。。もうちっと待ってください。

も、も、も、も、も少しっす。

投稿: たる。 | 2017年4月 2日 (日) 23時13分

yhinoさん♪

いえ、今回はなんかの手違いだと思います。
女性店員が本気でびっくりしていたので。(笑)

ただ、男性従業員はほんとうに働いてない感じで
イライラしました。(笑)

中国の人は良い人はほんとうに親切。
でも手を抜く人は、びっくりするくらい不親切っす。

四川とか、中国の都市部から離れると、笑顔が多くなり、
居心地良いです。
騙そうとした人が居たのは、上海でした。

花見の場所取りもそうですが、まだまだ良く解らない国っす(笑)

投稿: たる。 | 2017年4月 2日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_①金沙遺跡博物館 | トップページ | 2017/03/18_20_中国・成都に行ってきました_③都江堰パンダ基地 »