« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

20170211_台湾・嘉儀_鹽水蜂炮(爆竹祭り)に行きました(祭り編)

遅くなりましたが、先々週の旅行の続きを。。。

ホテルチェックイン後、いよいよ祭りの会場まで移動します。

台鐡・嘉儀駅に徒歩で移動。

Dsc00739_1

窓口で紙に書いた紙をみせて嘉儀駅から、新営駅までの切符を購入。

Dsc00742

Dsc00744

この電車で15分ほど南下すれば到着です。
ちなみに奥のほうの右側には阿里山鉄道のホームがあります。

電車の中はスカスカです。
祭りに行く人なんて、皆無のよう。

なので、弟と
   「ま、祭りやってなかったら帰ろう」

とか話していました。

新営駅で降りて、改札を出ると、声掛けてくる人がいます。
「祭りに向かう人いないか?」みたいな感じです。

「パンパン●▽□?」  とか言っていて、祭りの事言ってるみたいです。

なんだかやっていそう。よかった!

でも白タクはいやだなぁ、と見廻すとおばちゃん、ずっとついてくる。

もういいや、めんどくさい。

と、うんうん、とうなずいたらこっちだ、と並んでるタクシー(なんだいっぱいあるじゃん)
の奥の人に手招きします。
来たのは普通のタクシー(笑)白タクでないのに呼び込みしてるのか。。。

稼ぎ時の台湾はちと違う(笑)

でもメーターではなく言い値になり、基本300元(1200円)です。

タクシーは15分ほど行くと祭りの会場前に着きます。
それ以上は車は行けないので、ここからまっすぐ歩いていけ!と
教えてくれます。

車の通る大きな道をそのまままっすぐ進むと、小さな祠があり、
ここの奥が車が入れないようになっています。

Dsc00747

Dsc00748

最初は何もないけど、人の通りは多いし、ホコ天だし、ということで
進んでいくと出店がいっぱい見えてきます。

ここが出店の通り。この先にお寺があり、そのお寺の前がメイン会場になります。

Dsc00755

Dsc00756

ところどころで、こんな感じに武装グッツが売られています(笑)

そうしてこの出店が終わるところに、お寺さんがあります。

この付近にはもう人がいっぱいです。

出店の道を出た正面はこんな感じ。

Dsc00771

奥に仁王像(?)があります。

この右側に祠と、その右隣に3階建ての博物館(無料)があります。

その祠の横はこんな感じ。

Dsc00803

カメラ持った人がいっぱい。

実際には博物館のベランダのところにもカメラ持った人がいっぱいでした。

こ、こんな時間から。。。(人の事は言えないですが)

そして、今の時間は(17時ごろ)は、神輿とかであちこちの祠(町中にある)を
廻ることをしているようです。

自分たちが到着した際に来た最初の山車。

Dsc00773

この赤いクリスマスツリーの飾りみたいの、爆竹です。

そして、既にいろいろやった後の残骸が地面に広がっています。

そして、、、点火っ!

Dsc00787

Dsc00790

このまんま、祠の中に入っていきます!

こういうお参りの仕方らしい。。。

そして、この山車のあとについてきた山車が、コレ。

Dsc00777

ポールダンスをするおねぇさん(笑)

この日、意外と寒かったですが、クネクネクネクネしてました(笑)

Dsc00779

結構、アクロバティックにダンスしてました。

いろんなもの奉納するんですね。。。

メイン会場が解ったのでいちおう散策。

Dsc00828

可愛らしい山車ですが、、、

Dsc00829

実は悪魔だったという感じ。ロケット花火が装てんされています。。。

Dsc00836

軒先に展示されている、ロケット花火の棚と、過去の武勇伝(笑)

右のジャンバーはまっ黒焦げです。。。

その奥の家の中にはロケット花火の棚がいくつも格納されています。

これ、日本なら『テロ等準備罪』にでもなりそう(笑)

Dsc00852

そして、このような恰好でないと入っちゃダメ!という案内(らしい)。

一般の旅行客がココまではなかなかできんぞ。。。

 

18時頃にまた、メイン会場まで戻り様子を見ます。
何処で観たらいいのかさっぱりわかりません。

ただ、周りの人たちの重装備をみると、あまり前に行くと
とんでもないことになるのは解ります。
学生運動の方が生易しく見えますよね。。。

Dsc00854

この時点でなるたけお店のあるほう(裏側)へと避難。
これ正解で、いちばん安全なところだったと思いました。

18時30分に、メイン会場へ山車がとおる入口付近で花火が点火されました。

Dsc00862

写真の左の丸く見える屋根が出店のところ。

端から端まで紐で渡された花火が、まるで滝のようです。

下にいたらとんでもない状態だった。。。(昼間、ポールダンスしていたところいらへん)

そして、花火が消えた後ドキドキしていると、
18時50分に新しくやってきた山車に点火されました。
ちょうどさっき滝のような花火があったところです。

Dsc00868

打ち上げ花火です。

そしてそんな花火が上がりながら、ロケット花火は端から順に火がついていくようで。。。

Dsc00894

Dsc00904

花火が結構来てました。

これ、写真が少ない理由は映像も撮っていたからです。

なので、映像もどうぞ。


 

観てもらうと解りますが、次第に近くに飛んできています。

弟は目のところに(まぶたあたり)当たったらしく、次第にカメラが人ごみに
沈んでいくのが解るかと。

近くで自撮りの棒に当たったのではじけるところが写ってます。(左側)

や、やばかったです。。。

結局20時くらいまでいましたが、これ以上は危険、ということで帰りました。

(本当は23時くらいまでしっかりやるみたいなので、本当のすごさは経験出来て
 いないと思いますが、無理しちゃいけないですからね。。。)

帰りはホコ天の入り口まで戻ったらタクシーが居たので、嘉儀のホテルまで
載せてもらったんですが、めちゃくちゃ距離があってびっくりしました。
この時間なら駅まで帰ればよかった。。。

ということで、これ、意外とたのしいお祭りでした。
水戸のお祭りとなんだか参加している人たちの雰囲気が似ている感じも
好きでした。

またいつか行きたいです。武装して。(笑)

あと、2日目の嘉儀観光を次回更新します~♪



| | コメント (2)

2017年2月18日 (土)

20170211_台湾・嘉儀_鹽水蜂炮(爆竹祭り)に行きました(食事編)

先週、台湾にまた行ってきました。今回は台北ではなく台中です。

数年前から土曜日がお祭りになるだろうと予定していました。
(ただ、この日になるかが明確にはかなり直前までは解らないのですが)

そんなに早く予定立てたにも関わらず、準備が結構できておらず、
行き当たりばったりの旅行になりました。

まずはLCC ピーチに乗って台北・桃園空港まで。(入国完了9:00頃)

そこから、バス移動し桃園駅へ行き、さらに高鐵(台湾の新幹線)に乗って、
『嘉儀』まで移動しました。

Dsc00673

自由席でNT$890(3560円くらい)。安いけど、、、高い。
1時間20分ほど掛かりますからね。。。

嘉儀の駅には、11時ちょっと前に到着しました。

高鐵・嘉儀駅は、嘉儀の街からずいぶんと離れています。

台鐡・嘉儀駅は、嘉儀の街にあるため、ここ間違えると悲惨です。
(これも出発の3日前に気が付いた。(笑))

で、ここで早くも失敗。

嘉儀の駅の改札出てまっすぐ行くとバス停があると情報を得て、
慌てて目の前のバスに乗ろうとしたら、バスの運転手さんが「違う」、といいます。
台鐡・嘉儀いかないの?」的に数回アピールしたら、乗れ、という。

心配になりながらも乗ったら、、、、嘉儀の観光箇所をぐるっと廻るバスでした。(笑)
106 故宮南院線で、終着駅は『台鐡・嘉儀駅』。

まぁ、目的地はあってるし、いいか。。。と乗りましたが、

乗車券は153元(これも1日券だと乗り降り自由で100元らしい)

1時間45分乗ってました。。。
 
本当ならばタクシーで2~30分(60元くらい)。
 
まぁ、ガイドにも載っていないところを行けたので面白かったと言えば
面白かったですが、、、ちと酔いそうでした。
  
観光ルートなので、路線はこんな感じ。(詳細はこちら。
  ・始点 高鐵・嘉儀駅
  ・国立故宮博物院南部院区  
  ・蒜頭蔗埕文化園区  さとうきび関連の施設?汽車とかたくさんある。
  ・板陶窯          ここは小さな遊園地化したような汽車の展示などもある。
  ・台鉄民雄駅       ここで電車に乗れば早かった。。。
  ・中正大学        台湾版「花より男子」のロケ地でもあるらしい。
  ・檜意森活村       ここは2日目に台鐡・嘉儀駅から徒歩で観光済み。
                 (近くに阿里山森林鉄路車庫園もある)
  ・終点 台鐡・嘉儀駅
ちなみに高鐵・嘉儀駅でバスに乗る場合はこんな感じです。
(改札出て下りエスカレータから撮った写真)
 

Dsc00686

もし行かれる方はご参考までに。
駅では駅弁も売られてました。
(時間が決まっているので、有った買うのも良いですね。)
 

。。。ふつう、間違えないか。

そして到着した『台鐡・嘉儀駅』。

Dsc00701

少し古い建物が良い味してますね♪

ここからホテルチェックインまで時間があるので、ちょっとだけ観光と
あと食べてなかったお昼にしました。

まずは駅から10分ほど歩くと、噴水の広場に到着です。

Dsc00714

ここはロータリーになっていて、映画『KANO』でパレードをするところです。

『KANO』でピッチャーだった、呉明捷の像です。

そしてこの噴水広場の近くにあるのが、『噴水鶏肉飯』です。(本店)

Dsc00708

これが、嘉儀名物『鶏肉飯』

Dsc00711

この鶏肉は七面鳥だそうです。

なかなか美味しいですが、ちと少ない。小だったからでしょうけど(笑)

食事が終わりさらに散策しますが、なんせ地図とか詳しいのが無いので
手あたり次第適当に散策。

そして、気になったのがこのお店。『沙鍋魚頭』

Dsc00725

ここ、実はかなりの老舗で有名店だそうです。(ここの情報

店前には揚げたデッカイ魚がたくさん山積みになっているんですが、
これ、コクレンというコイ科の魚。
これと、白菜とかを鍋で煮込んで出来た料理だそう。
(小骨が多いそうなので、ちと自分は苦手かも)

次回行ったときは食べてみたいですね~♪

そして15時にホテルへチェックイン。

このあと、_鹽水蜂炮(爆竹祭り)に行きました。

その内容は後日。ここでは食事の話のみ。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

祭りは早々に切り上げて帰ってきてホテルの近くで食事をすることにしました。

すると、こっちの街中でもお祭りやってました。

ただ、デコトラをさらに装飾したようなものが何台も音楽掛けながらゆっくり走ってました。

その横を写真撮りながら歩いていくと偶然、火鍋屋を見つけました。

Dsc00951

ここで食べようか、と弟と相談。

と言ってもどんなお店かよくわからない(笑)

取りあえず、店決めちゃおう!ということで入りました。

「日本人ですか?ちょっとまっていてください。」

若い女の子でしたが、日本語で説明してくれました。

そして外で携帯ゲームしていた男のひとが、話しかけてきました。

「日本人ですか。おー、こんにちわ。」

「メニュー、わかりますか?」

片言だけど、笑顔で接してもらえると嬉しい。

メニューはコレ。

Dsc00952

ここから選んで注文する、ということで、
 1.肉を選択(ビーフ、羊)
 2.野菜を選択(キャベツ)
 3.ライス(有り無し) ひとつづつ。
 4.卵(有り無し)ひとつづつ。

あと追加でビールも注文。瓶ビールでした。

すぐに準備が出来たようでお店に入ると、タレはセルフサービスでした。

Dsc00953

このたれは、右上の味噌をベースに好きなものを入れます。

Dsc00956

こんな感じです。

手前の肉が牛肉なんですが、これが鍋に入るとすっごく柔らかくなります。
霜降り感はんぱねーっす!
『なんだこれ!』っていう柔らかさと、味!

すっごく美味しかったです。

ちなみに卵ですが、、、
生卵の黄身を味噌だれに入れてかき混ぜて食べます。
(日本以外にも生で食べるじゃないか。。。)

そして白身は、生のお肉に絡めた後、鍋に入れて白味付きのお肉にしました。
(このとき、台湾の牛のお肉、サービスしてくれました!)

いやぁ、かなり満足です!!!

そしてお勘定するとき、お店の方が見せてくれたのが、なんと東京メトロの路線図(笑)

そのとき上野に泊まったそうです。

ああ、日本の事好きな人で良かった!

ちと嬉しくなったところにさらに、、、「ビールはサービスします。」

えええっ!ま、まじですか。。。

嬉しすぎる。
また今度絶対に食べに来ます!!!『佳園汕頭火鍋』さん!

Dsc00962
 
ちなみに場所は、『皇爵大飯店』(CHIAYI KING HOTEL)の前の道を
左に5分くらい進んでいくと右側に見えます。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

そして翌日。ホテルでの朝食を終えて、チェックアウト。

散策に行きました。(これはまた後後日に)

そのあと食べたお昼ご飯ですが、台鐡・嘉儀駅の前に『鶏肉飯』のお店が
2件並んでます。

最初、こちらに入る予定でしたが、混んでいたのでやめました。
『嘉儀車頭火雞肉飯 35年老店』

Dsc01176
 

となりのこちら『三雅嘉儀火雞肉飯 50年老店』にしました。

Dsc01177
 
頼んだのは鶏肉飯とタケノコ、味噌汁、です。

Dsc01182

タケノコは台湾のマヨネーズ(甘い)が掛かっていて、、、微妙(笑)

まぁ、周りで注文している人だれもいなかったからなぁ。。。

味噌汁は普通の味。

鶏肉飯は、肉の量がちと少なかった気が。。。
お店によっていろいろ変わるようなので今度はもっと他の店にも行って
食べ比べてみよう。

さて、食事はこんなところ。
あとは空港でカレーを食べたり、、、というレベルです。

で、嘉儀の名物ですが、あともう一つ。

Dsc00973_1

ちときれいな写真ではありませんが、『方塊酥』と書かれています。
これは小腹が減ったときに食べる『玄米ブラン』に似た味です。

これ一袋に45個くらい入ってました。
会社のばらまき菓子にしました(笑)
アーモンド、だと思ったら杏仁だったり、と色によって味が違うらしく面白です。

駅前にあるお土産屋さんみたいなところで買いました。

Dsc00974_1

でも本当はこちらのお店が有名らしい。

Dsc01165
 
このお店のお菓子はセブンイレブンでも売っていて、
なんと空港でも買えたりします。。。
 
以上です。
 
つぎは、いよいよお祭りの内容になります。
これは来週更新できるように頑張ります~♪

| | コメント (6)

2017年2月14日 (火)

20170211_台湾・嘉儀_鹽水蜂炮(爆竹祭り)に行きました(前説)

台湾は、旧暦のお正月をお祝いしたあと、
その次に来る、満月の日を『元宵節(げんしょうせつ)』と言って、
お祭りなどをします。

 
この日は祭りになるわけですが、よくあるのが、ランタン祭り。
 
横浜や長崎でも行われるランタンが灯されるお祭りで、夜に多くのランタンが飾られるので
観て歩いて楽しい祭りです。これは台湾中で行なわれていたりします。
そして期間が元宵節の前後1週間くらい行われています。
 
その中でも、台湾では、『ランタンフェスティバル』という名前で、
毎年場所を移して大きなイベントが開催されています。
多くのランタンが集まって展示されるものです。
 
これは2013年に台北の龍山寺にいったときの映像。
 

P2232222

ランタンはこんな感じで動いたりもします。
 

 
普段の龍山寺にはこんなランタンは置かれていません。
 
 
そして、『新北市平溪天燈節』
 
これは、天燈上げ、を皆で一斉に上げるお祭りです。
満月の夜、1日をメインに行なうものです。
 
ポスターとか見ると、最終メイン祭りの前の土曜日、そのさらに前の土曜日
と2回、別の場所になりますが開催されているようです。
ただ、会場が学校とかなので、外国人が参加できる感じではなさそうです。
 
そしてなんと、今年2017年からは秋にも開催されることになりました(笑)
(2017年10月4日(水)らしい。これは参加できそうな書きっぷりでした。)
 
(詳しくはこちら。http://skylantern.ntpc.gov.tw/jp/
 
ちなみに天燈上げだけならば、お祭りの日以外でも可能で、
お祭りの日でも、勝手に天燈を買ってあげることが出来ます。
 
こんな感じ。(2013年のときの。会場近くの十イ分駅のところ。)

P2242435

そして、よるの上げている映像。(ピンぼけっすが。。。)


 

そして、もう一つ。。。
 
なかなかツアーとか見つけられないのが、『鹽水蜂炮』というお祭りです。
 
(詳しくはこちら。http://www.wumiao.idv.tw/
 
今回はコレに行ってきました。
 
これは爆竹とロケット花火で悪いものを焼き払うお祭りだそうで、
次第に激しくなっていき、いまではロケット花火の中に重装備で入っていく
お祭り(?)になっています。
 
最初は重装備で行こうとしましたが、「遠くから見るならば大丈夫か、」と
軽装備で参加。
 
結果、『やばいやばいやばい!!!』と途中で逃げるように帰ってきました(笑)
 
それまでの映像がこちら。(弟のカメラでの映像。)
 


いやはや無事に帰れてよかったです。
 
詳しくは、後日、ブログに書いていきます。
 
ちなみに、
       今年は、2017年2月11日(土)。
   来年は、2017年3月2日(金) の予定です。(時々変わるので要確認)
 
来年参加も1日休み取ればできそうです~♪

| | コメント (4)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »