« 『この世界の片隅に』観てきました。 | トップページ | ヒカリノアトリエ »

2017年1月22日 (日)

今日は『KANO』を観ました。家で。

去年に買って観ていなかったDVDを観ました。

『KANO 1931 海の向こうの甲子園』 という台湾の映画です。

スゴイのが、ほとんど日本語でしゃべられている映画ということ。

日本で作ったんじゃないか? と思えるくらい。

長い作品でしたが、昔の日本の良さがやっぱり感じられたし、
台湾の人も日本の人も、同じ思いを共有できていたということが感じられて、
とても幸せになれる映画でした。

台湾って、昔、日清戦争で日本が勝ったときに、
台湾が要らない地域と考えていた清は、日本に台湾を割譲して、
ラッキー、と言ったとか言わないとか。。。

外省人も嫌がるほど原住民とのもめ事が多かったらしいです。
(結婚の儀式の為に、敵を殺さないとだめ、とかあったそうなので。(笑))

まぁ、こんな話は出てきませんが、

このKANOという映画は、台湾人(本省人、原住民)、そして日本人の混合チームが、
甲子園を目指す話です。(いちおう実話をもとに作成。)

先日旅行したときの、鳥来温泉のところの原住民のような
入れ墨が観れたりします。

何もなかった時代の方が、なんでキラキラしてるんだろう。





 

あ、ちなみにこの映画を購入した理由は、
来月、このKANO「嘉儀農業高校」のあった、台南・嘉儀へ行くからです。

そして、その目的は、コレ。『鹽水蜂炮』に参加するという。。。


 

嘉儀から電車で15分ほど行ったところで行なわれる祭りが、
今回は2月11日(土)に行なわれるようなのです。(正確にはよくわかっていませんが)

フルフェイスのヘルメットを向こうで買って、、、中に入るのですが、
そこまでは、、、無理かなぁ。(笑)

|

« 『この世界の片隅に』観てきました。 | トップページ | ヒカリノアトリエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『この世界の片隅に』観てきました。 | トップページ | ヒカリノアトリエ »