« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

GNRに行きました。

2017/1/29(日)は、埼玉スーパーアリーナで、ガンズ・アンド・ローゼスを観てきました♪

オープニングアクトは『BABYMETAL』
 
たぶんもう観に行かない、と宣言していましたが、急にオープニングアクトに
なってしまったので、これは仕方ないというか。。。
 
『切っても切れない、という縁!ですよね。』

会場に16時に到着。
グッツ売り場に行くと『BABYMETALのグッツは売り切れました!』

ええっ! どんだけ集まっているんだ???

写真はプロ用でなければOKらしく、
ガッツリ撮るつもりで行ったらすっごく後ろで、ズームでもうまく撮れませんでした。

今回のライブはこんな感じ。

17:00~17:30 BABYMETAL

<セットリスト>(たしかこんな感じ。。。なんか抜けているかも。)

1.BABYMETAL DEATH
2.<神バンドソロ>
3.あわだまフィーバー
4.メギツネ
5.KARATE
6.イジメ、ダメ、ゼッタイ

Dsc00597
 
会場はすっごく盛り上がってました。
その後、休憩に入りますが、これが長い。。。
 
休憩の間、ずっと流れていた映像。。。

Dsc00610
 

Dsc00611
 
今回のライブのタイトルにもなっている「NOT IN THIS LIFETIME」

これ、
「生きているうちにはないね。」とスラッシュとの活動再開について聞かれたときに
返した言葉らしい。
 
その彼らが、今回再合流し、ライブを行っています。
 
そして、 18:30過ぎてやっと始まりました!!!
 


 
18:37~21:00 GNR(~21:30 アンコールあり。)
 
アクセル・ローズ

Dsc00629

スラッシュ

Dsc00632


ダフ・マッケイガン

Dsc00619

Dsc00619_2

写真をアップにするとベースのボディに紫のシンボルが描かれてます。
これ、プリンスの『シンボル』です。
何の関係があるのか、調べたけどよくわからないっす。
ただ、本当に好きだったみたいで、亡くなったことをかなり嘆いていたようです。
なんか嬉しい。。。同じ思いをしている人がいることは。

あと、ガンズはいろんなバンドのカバー曲が結構多いです。
 
これなんかも、ギターでやっていましたね。。。
 
■ピンクフロイド「あなたがここにいてほしい」


意味を勘ぐってしまう(笑)

そして、これも。
■ローリングストーンズ「悲しみのアンジー」 


いろんな曲が聴けたりと、いろんな意味で面白いライブでした。
 
セットリストですが、いろんなところで情報が錯綜しています。
レイラはやってないですよね???
一瞬だけやったように聞こえた気もしましたが、やってないハズ。
もう、これはBURRN!待つしかないっすね。(笑)
 

| | コメント (2)

2017年1月29日 (日)

お土産にフィギュア、という選択肢が。。。

JRが「ラッキードロップ」なるものを売り出しているらしい。。。

http://figure-miyage.com/#wrapper

ちょっと観てみたら、なんだかセンスが良い地域の色を出したグッツが。。。

やばい!集めたくなりそう。。。

でも、ゴミになることは解ってるんだけどなぁ。。。

来月末には長野旅行があります。

そうすると、コレになるわけです。

http://figure-miyage.com/news/#news_771

松本城とスノーモンキーと真田幸村、、、ほしい。。。

GLAYと具志堅も、ちとほしい(笑)





| | コメント (2)

2017年1月26日 (木)

ヒカリノアトリエ

これ、良くできた映像ですね。



 


| | コメント (4)

2017年1月22日 (日)

今日は『KANO』を観ました。家で。

去年に買って観ていなかったDVDを観ました。

『KANO 1931 海の向こうの甲子園』 という台湾の映画です。

スゴイのが、ほとんど日本語でしゃべられている映画ということ。

日本で作ったんじゃないか? と思えるくらい。

長い作品でしたが、昔の日本の良さがやっぱり感じられたし、
台湾の人も日本の人も、同じ思いを共有できていたということが感じられて、
とても幸せになれる映画でした。

台湾って、昔、日清戦争で日本が勝ったときに、
台湾が要らない地域と考えていた清は、日本に台湾を割譲して、
ラッキー、と言ったとか言わないとか。。。

外省人も嫌がるほど原住民とのもめ事が多かったらしいです。
(結婚の儀式の為に、敵を殺さないとだめ、とかあったそうなので。(笑))

まぁ、こんな話は出てきませんが、

このKANOという映画は、台湾人(本省人、原住民)、そして日本人の混合チームが、
甲子園を目指す話です。(いちおう実話をもとに作成。)

先日旅行したときの、鳥来温泉のところの原住民のような
入れ墨が観れたりします。

何もなかった時代の方が、なんでキラキラしてるんだろう。





 

あ、ちなみにこの映画を購入した理由は、
来月、このKANO「嘉儀農業高校」のあった、台南・嘉儀へ行くからです。

そして、その目的は、コレ。『鹽水蜂炮』に参加するという。。。


 

嘉儀から電車で15分ほど行ったところで行なわれる祭りが、
今回は2月11日(土)に行なわれるようなのです。(正確にはよくわかっていませんが)

フルフェイスのヘルメットを向こうで買って、、、中に入るのですが、
そこまでは、、、無理かなぁ。(笑)

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

『この世界の片隅に』観てきました。

『この世界の片隅に』を続けてみてきました。

こちらは、『私の少女時代』を観た後、夜に観てきました。今度は千葉・妙典で(笑)

この映画は、こうの史代さんの原作を映画化したものですが、
ただただ映画にしたのではなく、惚れ込んだ映画監督が、作者に手紙を書いて、という
かなり熱い気持ちで作られているそうです。

そのため、歴史的史実をかなり正確にも取り上げて盛り込んでいるそうです。



映画を観て思ったのは、2時間30分が短く感じた事。
そして、戦争がリアルに描かれていたこと。

いや、実際にはわかりませんよ。戦争の経験ないから。
でも、親から聞いた、親のいつものしゃべりの中で感じた真実は、
この映画にしっかり生きている感じがしました。

この映画を観て、自分の父親が話していた戦争の頃の話を
思い出しました。

精一杯、妹たちの手を引いて焼夷弾から逃げ廻っていたという3歳の頃の記憶が
しっかり消えずに残っていると言っていたこと。
死体だらけだった、ということ。
他人に構っていることなんて出来ない、生きるか死ぬかの時代だった、ということ。
それでも、そんな中にでも笑い話が入ってくる。。。

「防空壕に避難したんだけど、あれはびっくりしたな。
 みんなで隠れていたらバクダンが天井から飛び抜けてきて。
 頭が見えたんだよなぁ。
 不発弾だったから死ななくてすんだけど、あのあと、
 みんなで逃げろーって(笑)一目散に防空壕から出たんだよなぁ(笑)」

って、笑えないけど、みんな戦争の頃の話を笑っていた。

「おじいちゃんが工場勤務で、あのころはエチルアルコールとか、
 こっそり飲んじゃったりしてさ。
 遠くから「よし江ちゃ~ん!」っておばあさん呼びながら上機嫌で
 帰ってくるんだよね。」

とか。

この映画がものすごく面白い! という人はいないでしょう。

この作品が大好きで仕方ない、という人も実際には多くない気がします。

それでも、自分たちが子供のころから今になるまで、
大切にしたりして、『生きてきたこと』が、沢山違う形でも同じきもちで
ここに描かれていると思いました。

だから、たくさんの人に観てもらいたい、と願う映画になりました。

もう一回見る? いや別に。。。
でも観ていない人がいたら、一緒に観に行こうか、言いたくなります。

戦争が生きている世界のすぐ横にあった時代の日常という映画だと
思います。

オススメです♪










| | コメント (0)

『私の少女時代』観てきました。

台湾で2015年に大ヒットした映画『私的少女時代』

やっと、2016年日本での公開になりました。

ただ、劇場はちょっとだけ。いまは横浜・関内で今週金曜までの公開という。
なんだか少ない上映期間です。


 

でも、作品自体は自分の少年時代を思い出すような、なんとも懐かしい気持ちと、
あの頃の純粋な気持ちが溢れていて、こそばい感じ。

もう、たまらない映画でした。

主役のビビアン・ソン(宋芸 樺)も魅力的ですが、ダレン・ワン(王大陸)もかなり良いです。

この予告が、ストーリーを解らない様にまぁ、よくバラバラにしたこと、と
感心するくらいこの予告では話はつかみきれません(笑)。

話自体、特別なものではないです。
ただただ、懐かしく学生の頃を思い出しました。

映画のタイトルどおりなので、きっとそういう映画に作ったんでしょう。
青春を振り返ることをしばらくしていなかった人たち(自分も含めて)に、
是非みてほしい映画です。

きっと、幸せな気持ちになれるから。




| | コメント (0)

2017/01/08_ドバイに行ってきました。(2日目後半)

午前中はヘリに乗りましたが、午後は街中散策です。

ただ、その前にごはんと、翌日の帰りの方法について確認することにしました。

今回泊まったホテルには日本人スタッフが2名、常駐しているんです(金・土以外)。

せっかくなので話をして聞けることは聞いておこうということ。

そこで貰った街の案内を見て、24時間ストアが近くにあること、
ケバブのお店があること、などなど解り、お昼ご飯はそちらにすることにしました。

Dsc00356

24時間ストアの「ジェスコ」(だとおもう)。ジャスコではない。。。

ここは業務用スーパーっぽい感じです。
なので、ビール(といってもアルコール0%)がこんな感じ。

Dsc00360

今回会社のお土産に買ったお菓子もこんな感じ。

Dsc00361

3個入りで一個無料という。。。安くて実際美味しかったです。(1個ずつ個装されている)

そしてケバブのお店。

Dsc00390

奥の方のお店です。
お昼時、外のケバブ屋さん、ものすごい人でいっぱいになりました。
お店の中で注文してお金払って、外のケバブ屋さんで並んで品物受け取る感じです。

自分たちはそのお店の中に入り、普通にメニューで注文しました。

Dsc00366

Dsc00367

Dsc00368

う~ん、、、さっぱりわからない。。。

取りあえず、シシカバブ2種類と、ケバブ、バナナミルクを頼みました。
ちょっと少ないかな。。。そう思ってたら、

「サラダ フリー」 ということで、食べ放題でした。

結果テーブルはこんな感じです。

Dsc00369
 

Dsc00374

Dsc00377


Dsc00381

Dsc00382

も、もう無理、、、なんでさらにパンがついてくるんだ、、、
そして、このシシカバブの下にもパンがひかれている。。。

無理無理無理。。。。

といいながらも食べきりましたが。

このため、この後のラクダバーガーも夕食もまったく食べられない結果に。。。
今回の旅行の外食、、、たったの2回。。。

そしてこの食事もかなり安くなってしまい、ドバイ旅行は高くなるという、
結果にならず。。。

お土産も安かったし。。。

というお土産はこちら。

Dsc00391

20個近く買って、全部リュックに詰めました。いやぁ、入るもんですね(笑)

そして宿の方に進めてもらった、石鹸。アラブのではなくギリシャのものだそうですが、
定番らしいです。

Dsc00392

これでもう帰りの準備は出来たので観光に行きます。

宿を出て目の前の川へ。

Dsc00398

これ、「ダウ船」というもので、夜に運行されるビュッフェで食べ放題!
ダンスショーなどが観れるものです。
木造船で、高級な家具みたいです。

今は昼間なので乗ることも出来ません。

そしてさらに歩いていくと、「アブラ」乗り場が見えてきます。

アブラは相乗り舟で、対岸まで運んでくれる乗り物です。
真ん中に四角い座席があり、皆が背を向けるように座ります。

船に人がいっぱいになると出発。
金額は1DH。(約32円)

Dsc00402

この人たちは、普段行かないところに特別料金で運んで貰ってる人たち。

そして対岸について、降ろしたらすぐにまた対岸へ戻ります。
あくまでも片道しかやってないみたい。

ということで写真撮っていいか、と聞いて構えたら手を振ってくれました♪

Dsc00414

自分たちが降りたのは、「オールドドバイ」

ここから、「パール・ドバイ」までちょっとだけ歩きます。

その道にはやっぱり、スーク(市場)が、、、

Dsc00417

ここを何とか通り抜けて、「パール・ドバイ」到着。

といっても何があるわけではない(笑)

こんどは、ドバイ博物館をめざし、道を少し遠回り気味に戻っていきます。

著と歩けばすぐ到着!「ドバイ・ミュージアム」

 

Dsc00448

Dsc00454

Dsc00457

ココが入口。
お金を払って中に入ると広間になってます。
 

Dsc00461

この奥の掘っ立て小屋。これが昔のドバイの人たちの家だそうです。
前の方に3人くらい、昔の格好した人たちがいて当時の生活を再現、、、というか
ただしゃべっていました(笑)
 

Dsc00464

中に入るとこんな感じ。
なかなか涼しそうで、気持ちよさそう。。。
 
そして博物館は地下にありその中へ入っていきます。
 

Dsc00468

1930年とかそのころはこういう家だったんですね。
 
それが1950年頃になるともうこんな感じ。
 

Dsc00469

な、、、最近なんですね。こういう家になったのって。。。
 
なんだか浦安の話、『青べか物語』(山本周五郎・作)を思い出してしまう。。。
 
そして、この博物館の特徴ですが、、、なんせ、マネキンが多い。
 
それも人が入れるところにもどこかしこにも置いてある。
 

Dsc00470

Dsc00473

Dsc00477

そしてこの中を外人さんが写真撮ろうと入り込んでくるので、
もう、どいつがマネキンでどれが本物か解らなくなって、
ずっとドキドキしてました。
 
結構そういう意味でもここは面白かったです。
 
博物館自体が街並みを再現しているんですよ。
 
説明無くても楽しめます。
 
そしてここを出て次は、「パスタキヤ地区」へ行きます。
 

Dsc00480

これ地図ですが、工場みたいなマークがみんなモスク(お祈りの場所)です。
いっぱいですよね。
 
パキスタヤは黄色いところ全部です。
 
ここはドバイの古い街並みを保管しているところ、らしいですが、
古い建物がただ残っているのではなく、中はホテルだったりレストランだったりします。

Dsc00485

Dsc00492


本当はここでラクダのハンバーガーを食べる予定でしたが、
さっきの話の通りお腹いっぱいで無理でした。

Dsc00503

そして元来た道を戻り、またアブラに乗って、ホテルへ戻しました。
 
夜は何も食べず。
そして、朝は5:30にはチェックアウトして空港へ。
空港は多くの外国人で並んでました。。。なんて荷物が大きいんだろう。。。
自分たちなんてリュック一個ずつなのに。
 
まぁ、それでも取りあえず航空券受け取り、出国手続き完了です。
そして、最後の目的達成の為に向かいます。
 
『ドバイ宝くじ』の購入です。
 
ドバイ宝くじは高いのですが、金額の大半は当選金に使われるので、
当選確率が高いんです!
 
ということで、こんな感じ。

Dsc00552


自分は車のくじにしました。1口 13,900円。
 
これでポルシェが当たるかも!(笑)
 

Dsc00555

当選するとこれがもらえます。

Dsc00557

このくじは購入者が人数に達したら、抽選が行われるシステムなので、
いつ抽選になるのか分かりません(笑)
 
今日、購入連絡のメールが来ていました。
 
こ、こんなに連絡が遅いのか。。。
 
これはかなりゆっくり待つことになりそうだ。。。
 
ということでドバイ旅行は完了です。
 
ちなみに、服装ですが長袖です。
ちょっと昼間は暑いですが、長袖でちょうどいいくらいの気候でした。
冬は寒くなるし、夜も寒くなるところだそうで、
行ってみないと解らないですね。

| | コメント (4)

2017年1月15日 (日)

2017/01/08_ドバイに行ってきました。(2日目前半)

さて、2日目。

ドバイで申し込んだ現地ツアーの2つ目は、『空からのドバイ』です♪

空からのドバイは、3つあります。(ちと高いVELTRAの情報。)

 ・ 気球から朝日の砂漠をみるツアー       300.00 US$ 送迎+165×人数
 ・ 水上飛行機からドバイをみるツアー(25分) 285.95 US$ 送迎+41 ×人数
 ・ ヘリコプターからドバイをみるツアー(22分) 245.00 US$ 送迎+35 ×人数

このなかから、3つ目のヘリを予約しました。

ホテルで迎え付きです。(解りにくい場所、ということだったので)

予約は午前か、午後の指定しか出来ません。
その後予約完了の連絡が来て、初めて乗れる時間が大体わかります。

(単純についた順番でもなく、申し込んだコースと人数とを調整しながら
その場で割り振りを決めていく感じです。遅い人がいると早めになったりします)

ホテルのピックアップ時間は、9時30分でした。

どうしても9時くらいから部屋でソワソワしてしまうのですが、
9時15分くらいに部屋に電話があり、「ドバイヘリ?」ということで
1階に降りるともう待ってました。

さすがに高級車でした。(レクサス)

タクシーに乗って「フェスティバルシティモール」に向かいます。

ここは、昨日行った「HARD ROCK CAFE」があるモールです。
その端っこに「トイザらス」があり、そこから道を挟んで向かいにあるところが
ヘリドバイです。

Dsc00242

クルマから見たトイザらス。

ヘリに乗るときに撮った、受付のプレハブとトイザらス。

Dsc00247

へんなオレンジの登りがあるから、きっとタクシーで直接行くのも
簡単かもしれないですが、その時はトイザらス、とは言わない方が良いかも。
他にもあると変なとこ行ってしまうかもしれないので。。。

クルマは15分程度で着いちゃいました。

ちなみに上の写真の色の付いた箱。
これは荷物入れです。パスポートとか持っていくのにウエストバックつけて
持ち歩いてますが、これもヘリには持っていけないので、乗る直前で荷物預けます。

まず受付で書類とパスポートを渡します。
ソファーに案内され、そこでコーヒーをのんで待ってます。

Dsc00245

するとこんなの渡されます。

Dsc00244

ここに書かれている「B-HBB」とかがグループの番号とかになります。

最初呼ばれて、体重計ります。

そして講習をスクリーンの映像観ながら教わります。

要点は
 1.救命用具の付け方、シートベルトの外し方
 2.乗り物酔い時の対応
 3.乗り込むときの足の掛けるところ
 4.機体の後ろ半分は立ち入り禁止(熱風が出ているため)
 5.ヘッドフォンをします。

などです。英語での説明ですが、何を言っているのか、
なんとなくわかるのと、「日本人には返事まで求めなくて大丈夫」という
雰囲気でなんとかなりました。

ただ、注意すべきはトイレです。
このプレハブ、、、トイレ無いです。
トイザらスに行かないと無いらしい。。。

いやぁ、緊張してトイレ行きたくなるじゃないですか。。。
だのに、トイザらス、って言われて、じゃあいいや、って断ったら、
スタッフがなんども心配して声かけてくれました(笑)

いや、ありがたいけどそれこそ緊張するからやめて(笑)

その後も人は沢山やってきます。
日本人も何人か来ててました。

避難用のジャケットを着てヘリが来るのを待ちます。

ヘリは何台かで廻っているようです。
前の人たちが降りると代わりに乗り込む形です。

ヘリは空港の滑走路と同じで、人が歩いてよいところと
悪いところ、ヘリの着陸場所、発進場所が線で描かれています。

ちなみに滑走路の中では写真撮影NGです。

乗り込む順番は指示された通り。
(バランスを考えたもので小さい飛行機ではよくある対応)

シートベルトは自分ではほぼ締められないのでやって貰う。

そしてドアも向こうで閉めてくれるので特に心配は無し。

そして離陸の映像がこちら。



 

離陸後、「ザ・ワールド」の近くを飛行します。世界地図の形をした島ですね。

一番上右側が日本とかのある太平洋側。
真ん中右の方はオーストラリアかと。
下の横二本並んだ島は、南極のようです。

Dsc00275

さらにもう一枚。

Dsc00278

真ん中がアフリカ大陸。
左側はアメリカ大陸。

ということで、この世界地図は、アラブが地図の中心であることが解ります。

次に「パーム・ジュメイラ」です。こちらは映像で。



 

真ん中に穴の空いたホテルが、「アトランティス・ザ・パーム」です。 
ここは水族館とかあって、泊まった人はこの中でかなり楽しめるようです。

Dsc00294

「バージュ・アル・アラブ」
横浜桜木町にある似たような建物とは違います。
(まぁ、横浜グランドインターコンチネンタルもホテルですけどね。(笑))

このホテルですが、ここは一泊15万円だそうで、、、
これだけあればもう一回ドバイ来れます。

自分たちのホテルは一泊1万くらいでしたから。。。恐ろしい。。。

さっきの穴の空いたホテルは5万だというので、どれだけ高いか解りますね。。。

Dsc00298
 
そして昨日展望台に行った「バージュ・カリファ」
他のビルよりも倍くらい高い。。。

Dsc00315
 
そしてかなりある工事中のエリア。
さっきの「パーム・ジュメイラ」にも写っていたように、工事だらけです。
 
なので、工事に来ているインド系の人たちが多く、
ドバイはアラビア語の国のはずですが、基本、英語です。
(指さし会話帳もドバイのを購入すると、『ドバイ英語』の本になっていて
 アラビア語の記載がありません。。。)

Dsc00307

しかし、、、砂漠というより、海の埋立地、、、なんだよなぁ、、、どう見ても。

そしてすぐに22分経ってしまい、着陸します。こちらも映像で。
トイザらスの近くにあるというのがよくわかりますよ。

あと映像がこちらの方になるとくっきりしていますが、
ドバイの陸地は砂埃なのか、霧なのかではっきり見えない事が
多かったです。
行く日にち間違えたかなぁ。。。


こんな感じで着陸し戻ってくるときには写真撮られて歓迎されます。

でこの写真がその場で販売されて、

2枚組 300DH
4枚組 400DH
4枚+メモリスティックに映像  500DH

という値段。。。1DH(ディルハム)=32円なので500DHは、約1万5千円。。。

た、高い、、、でも買いました♪

その一部がこれ。

12

こんな降りてきた感いっぱいの写真なんて、自分じゃ撮れないし。
結構気に入ってしまったので。

そんなところでホテルへ戻ります。

午後からはご飯と、ドバイの旧市街を歩いたのでその情報を後半に。。。

(つづく)












 

| | コメント (0)

2017年1月11日 (水)

2017/01/07_ドバイに行ってきました。(1日目)

さっくり、ドバイに行ってきました。

そう、あのドバイっす。

今回はさっくりと旅行記を書いて、あとで細かい話も書いてみます。
 
出発は 夜0:30 羽田発。到着は現地時間、07:20になります。

飛行機は11時間50分乗ってることになります。
 
今回はエミレーツ航空だったので、食事も2回出て、飲み放題(飲まないけど)でした。
映画も観れたし♪
 
でも飛行機から降りたらバスに乗って20分くらい揺られてやっと入国手続きの場所へ。
 
かなりきつかったです。。。
 
入国審査終えて、今度はドルからディルハム(ドバイのお金)に両替します。
 
空港内は手数料が高いということで、免税店でドルで買い物し、ディルハムで
お釣りをもらおうとしましたが、大半をドルで返されてしまいました。

 
仕方ないので200ドルほど両替しました。2万円が、6500ディルハムくらいです。
 
ここからまずはタクシーで皆あまり行かないであろう、
「ドバイ・フェスティバル・シティ・モール」へ向かいます。
ここはIKEAや、トイザらスのある大型ショッピングモールです。
 
なおタクシー代は50ディルハム。(約1500円くらい。)
 
た、高い。。。
 
それもそのはず。空港でタクシー乗り場から乗ったら高い車に乗せられたから
(レクサス)
 
帰りは20ディルハム(700円くらい)でしたよ。
 
9:00くらいに「ドバイ・フェスティバル・シティ・モール」に到着しました。
 
そして、お目当てのこちら♪

Dsc00040

HARD ROCK CAFE です♪
 
でも10時開店なので入れません。。。
 
まずは、このハードロックカフェの左の入り口からモールに入り、
両替をしました。

そしたら、手数料掛からず。レシートも貰えず。
 
本当に買い物してくれ!っていう感じでやってくれました。
 
こりゃ安い!(まぁ空港で取られているけど仕方ない。。。)
 
その次に朝早くからやっている、
UAE(アラブ)料理のお店『アル・ファナール・レストラン・カフェ』へ行きました。
 

Dsc00043

ちょっと演出があって、微妙な感じが。。。
でもかなり評判が良いお店と聞いてたんだけど。。。
 
(ちなみに上からの写真になった理由は、場所が解らず3階まで行ったところ、
 結局1階にあったという。。。)
 
中にはいると日本語メニューがあると聞いてたんですが、どうもお昼は無いらしい。。。
 
でも、こんなおいしそうなメニューです。
 

Dsc00045

Dsc00046
 
あ、でも、コースにしちゃいました。
パン2個、マメ、カレーみたいなの、と。

Dsc00055

そして、これ。
メインのカレーみたいのは香辛料(胡椒?)が効いてピリ辛です。
 
マカオで食べた料理にもちと似ている気がします。
向こうはポルトガル料理ですが糊料などの香辛料を、
アフリカ、中東から運んでいたのでそういう味になったみたいです。
 
こちらがある意味本場なんでしょうね。

Dsc00053

ジェシードとかいうサメのケバブみたいになったの。ですね。
 
味はかまぼこが刻まれて入っている感じですが、
これがなかなか美味い。
 
で、一人当たり100DHa(3300円くらい)×2人、、、と計算していましたが。
 
セット35DHa×2個、サメ2個29DHa(たしか。。。) 合計半分の1650円くらい。。。
 
や、安すぎる。。。(お酒飲めないというのも理由かも)
 

Dsc00060

そしてハードロックカフェへ移動。
PINS購入後、再度駅に戻ります。
 
ハードロックカフェ前にはタクシーが並んで待っているので
すぐ戻れました。
 
そしてここから宝くじ売り場を探します。
 
ドバイ宝くじは、当選確率が高いので、実はこれを楽しみに来たのでした~♪
 
が、ない!ない!ない!
 
ど、どこにあるんだ???
 
探しまくって見つからず、電車の切符(1日乗り放題 22DHa)を買って、
1駅となりのターミナル1に移動しても見つからない。
諦めて、観光に行きました。
  
(これ、あとでホテルの方に聞いたら出国手続き後、免税店で売ってるそう。。。)
 
さて、ドバイの地下鉄。
ここはご飯食べたりだけでなく、水飲んだり、飴舐めたりしただけで罰金らしく、
見ていた人が切符取り上げ駅員に渡したりすることがあるそうです。
さらに寝たりすると罰金だそうで、、、。
 
やばいやばいやばい!!!
 
まぁ、でも8分間隔ではしってるメトロは結構便利でした。
 
ユニオン駅で乗り換えて、
バージュ・ハリファ/ドバイモール駅へ
 
ここからなるたけ裏に入るように地図的にあるであろう、ゴールドスーク(金の市場)へ
向かいます。
 

Dsc00082

進んでいくと屋根付きの商店街みたいのが見えてきます。
ここがゴールド・スークです。
なんでも金の価格がその日の相場で取引するように国で決められているそうで、
あとはネックレス買うならば加工費が追加される、という感じみたいです。
 

Dsc00089

Dsc00091

Dsc00093

そして、一旦抜けた後、今度はスパイススーク(スパイス市場)に向かいます。
 
で、途中でお祈りの時間がきたらしく音楽が大音量で流れます。
 
あっちこっちからお祈りの音楽が放送されるとモスクに人がパラパラと
集まったりします。
 
こんな感じ。

Dsc00087

人は写せないので、靴だけ(笑)
 

そしてスパイス・スーク。
 

Dsc00104

スパイス以外に、シルクとか売っていて、左側の人。。。
 
ああやって近くに来た人の首にシルクを掛けて、逃げられない様に締め付けたうえで
「ほら、シルク、良いでしょ。買わないとモッタイナイよ!」とか言ってきます。
 
いやぁ、あんなに肌触りのわるいシルクは初めてだ(笑)
 
言いたかった一言。
 
『投網かよっ!』

あ、でもスパイスもありましたよ。
 

Dsc00105

そんな観光をした後、そのままホテルへ向かいます。
 
ホテルはこちら、リビエラです。
 

Dsc00394

ホテルのチェックインは14:00から。
 

Dsc00130

Dsc00232

河口側で、とおくに「ブルジュ(バージ)・カリファ」も見えます。(世界一高いビル)
 
でも、なんでも2020年にはもっと高いタワーが出来るとか。。。
 
アホですな。。。
 
でもそんなアホにこれから登ったりします。(笑)
 
少しホテルで休んだ後、ホテル裏1分ほどのところにある公園(駅)から
先ほどの地下鉄に乗り、「バージュ・ハリファ/ドバイモール駅」へ向かいます。
 
ここから、ドバイモールへ専用通路を歩いて向かいます。
 
通路から見える「ブルジュ(バージ)・カリファ」

Dsc00145

そしてドバイモールは、世界一のアクリル板の大きさを使った水族館があります。
まずはジョジョに下へ降りて行って、この水族館に向かいます。
 
(そうでないと一番下(LG階)に降りるエスカレータがよくわからなかったです。)

Dsc00211

ここまで来ればすぐ近くに降りるエスカレータがあるので入口に到着します。
 
入り口ではもうすでに「SOLDOUT」が表示されています。
 
ネットで購入したチケットを持って窓口に行くと、チケットを渡されて、
もう入り口に入るように言われました。

Dsc00151


17時予約で20分前だったんですが、、、とおもったら、中で並ばされました。
 
そして、一旦小部屋に通されて、お茶とナツメヤシがふるまわれます。

Dsc00154


 
英語で説明受けますが、さっぱりわかりません。
 
なんでも持ち込めるものに制限があり、ライターはダメ!バッテリーもだめ。
 
カメラ、スマホはOKそんな話でした。
 
で説明終わると、空港みたいにセキュリティチェック。荷物もチェックされました。
 
そのうえでエレベータに2度ほど乗ると到着です。
 
ここからは自由行動。
基本30分という話ですが、特に何か言われることもありません。
 
あ、ここでもジュースとナツメヤシでました。
 
で、外ですが、なんだか霧が出てるんだかあまりよく見えません、、、
 
こんな感じ。
 

Dsc00165

う、埋立地。。。?
 
地元だ、、、これ。
 
なんだか、、、なんだか、、、なんだか。。。
 
この下ゴミが埋まっている気がしてくる。。。

江東とか、浦安とかっていう感じですよ。。。まさに砂で埋めている感じ(笑)
そして、18時近くにやっとこの光景が。。。

Dsc00185

椰子の島が見えますかね?
 

Dsc00197

でも、タワーからの景色と言ってもなんだか周りも高いビルあるし、
よくわからなかったです。。。
 
このあと、タワーを降りて、噴水のショーとかも少しだけ見て(ちらっと)、
ご飯に行きましたが、注文方法が解らず断念。。。
 
戻ってコンビニでサンドイッチ買って食べて寝ました(笑)
 
これは帰りに撮った写真。

Dsc00221

これだけ写真が撮れれば目的達成!
 
登らなくても良かったか、、、。いや、でも登らなければそれはそれで、後悔するしな。。。
 
だって、最上階までのチケット2人分で27,522円ですからね。。。(1400円ほど割引あり)
 
高い。。。

(2日目につづく)

| | コメント (0)

2017年1月 6日 (金)

ちと旅してきます。

週末はちと旅してきます。

帰ったら更新します。

でわでわ。

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

椿とさざんか。

家に昨年買ってきた木の花が数輪だけ咲いて。

今の時期に咲く花だから椿だと勝手に思ってんですが、
注文履歴調べたら、サザンカでした。

違いはそうないみたいで。
なんでも花がぼとっ、って落ちるのが椿。
散っていくのがサザンカらしいです。

そして、勘違いだったことが1つ。

花が12月くらいに咲くのがサザンカ。
1月~2、3月に咲くのが椿。
そのあと、3~4月に咲くのが遅咲きのサザンカらしい、、、と考えていましたが、
なんでも椿も早めに咲くのがあるみたいで、やっぱり花の散り方とかを
見て判断するのが一番のようです。

なお、大島の椿まつりは2月の前後くらいにあるようです。

咲いた花の写真載せたかったんですが、3つくらいしか咲かず、
もう終わってました。。。残念。
白い花で綺麗だったんですけどねぇ。。。

| | コメント (2)

LEDの室内灯のこと。

家の部屋のあかりが暗くなってきて、本を読むにもちと辛くなったので、
年末にLED化しました。

でも和室だけは、3.5畳の部屋でそれに合った長細い明りをLEDで探したんですが
見つからないんです。
(今は細長い木枠の付いた和室っぽい蛍光灯です。)

それで蛍光灯のところに細長い蛍光灯の代わりのLEDを差せないか、とか
いろいろ調べてみたら、けっこう面倒であることが解りました。

1.電球の代わりにLED電球を使うのは全く問題ない。
  電気を供給するところに電球、電球型蛍光灯、電球型LEDを差しても、
  特に意識するところはなく、一般的な以下の点、+ 放射角度くらいです。
   ・ クチが合うかどうか(電球買うときと同じ)
   ・ 明るさが設置場所に合っているか(電球買うときと同じ)
   ・ 色が白か暖色系か(電球買うときと同じ)
   ・ 光の放射角度が適切か。

  この放射角度は、LEDが電球の様に光を放射状に出すものではないので、
  単純に安いものだと、光の広がりが少なく、一部がすごく暗くなってしまうといった
  ことが起きます。
  なので、ここだけ注意が必要です。

2.LEDシーリングライトは、電球だけ交換が出来ない。
  LEDシーリングライト(室内の天井に設置する明り)は、一体型です。
  それぞれのデザイン、性能にあったLEDの配置がなされているので、
  壊れたと言って一部だけ交換、ということが出来ないと思われます。
  (修理すれば大丈夫かもしれないですが。。。本当に可能か不明。)

  そもそもLEDは10年くらい持つと言われているので、
  10年後にはどんな明りが主流になっているか解りませんので、
  古くなったらまるっと買い替えでも良いと思いますが、ちと高くなりますね。。。

3.蛍光灯のシーリングライトに蛍光灯型のLEDをさして使う方法。
  これは確かに販売されているので可能ですが、蛍光灯の種類によって
  購入するLEDが変わってきます。(安定器の種類によるものらしい)

  

そして間違ったLEDをセットすると火災とかにもつながる危険性が
  あるそうです。

  そのため、どんなパターンにも対応している製品も出ていますが、
  ちと高い。
  そしてそれでも、安定器が故障した際に安定器自体を使っていないLEDは
  点灯続けてしまうそうで。。。
  結果、壊れた安定器を使い続け、火災が起きることも考えられるようです。

  なので、あまりお勧めできない感じですね。

そして最後にここが重要。。。

4.じつは最近の蛍光灯は高性能で低燃費であった。
  LED化で電球の生産とか終わったという話が流れていますが、
  実際には蛍光灯はまだまだ残っています。
  そして、LEDの明りよりも蛍光灯の方が明るい場合があるようです。
  (LEDの玉の数が少なかったり、反射が上手くできていないと、当然暗くなる)
  さらに電気代もわずかしか違わないようです。

  そして耐久年数もLEDの半分程度のようですが、金額で考えると、
  蛍光灯の方が割りが良い、という話にもなりそうです。

  そして問題はLEDの特性で、スイッチのONOFFが多いとLEDの寿命が
  短くなるそうで、そうなると一体型のLEDシーリングライトはまるっと買い替えに
  なるので、かなり高い買い物になる可能性があるという事。

なので結論ですが、LEDライトにするならば、まるっと買い替えしないと
いろいろと面倒、そして危険です。
そして、いろんな機能を使いたい(明りの色を変えたり)など、興味がなければ、
今はまだ、蛍光灯でも十分かもしれない、という事です。

なので、家の和室の明かりは、しばらく蛍光灯で行こうと思います~♪

(和室用のLEDシーリングライトは、ほんとに高いので慌てないことにしました)

 
なので、皆さんもLEDは明るい!安い!ということは鵜呑みにしちゃうと
損なので蛍光灯が古くなってまるっと交換したいと思ったら、
初めてLEDにすればいいのかもしれません。
 

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

昨年末からの大掃除などで今まさに筋肉痛、というか首が痛い。。。

1日は何をやってたんだか覚えが。。。初詣に夜になって出かけたくらい。
叔母から頂いた『おせち料理』を肴に日本酒をぽんぽんっ!と開けて。

2日は、ああ、そうだ。『真田丸』の総集編を1時間だけ観て。

お昼から、『一般参賀』に行きました。
すっごい人で、昨年のニュースでも
「ツアー申し込みが増えていてバスも多めに用意しています」と
旅行会社の人が言ってたので、やばいかなぁ、と思ってましたが、
並んでさらに待たされて入場したのは初めてでした。

その後は、『靖国神社』でお参り。
靖国神社で甘酒の振舞い酒と、日本酒の振舞い酒を頂いてきました。

あ、靖国神社、今年は出店が一件もありませんでした。
なんか、すっからかん。
人の数は変わらなかったけど、なんだか正月っぽくないかんじでした。

 

その後は地元のケンちゃんと新年会でした。

一昨年は『酔ってば』で、昨年は『中華』と、毎回安いところで飲んでいるので、
まぁ今年も中華かな、とお腹減らして出かけたんですが、
今回は立ち飲み屋。

そいえば『良いお店見つけた』と言ってたんだっけ。

生ビール頼んだら『金麦』 出てきます。。。(発泡酒だよね。。。)

( これが一番のお気に入りのところらしい。。。)

おつまみも100円~150円くらいの頼んで、ガッツリ飲んでも一人1500円弱。。。
安くし過ぎだよね。。。

ただ店員さんは親切な人で悪い気はしない。

1月1日から注文方法がタブレットでの注文に変ってしまったそうで、
それまではザルに予算のお金を入れておくと注文の度にそこから
お金を取っていくシステムだったそう。

ということで、2日しか経っていないために、注文が来ていることに店員が
全然気が付かないという致命的な事象が多発。

毎回様子みて、、、「焼き鳥焼いてる素振り無いよね?言ってくる。」って
繰り返していました。

そして、3日目。

今日は昨年末に購入したLEDのシーリング(っていうんですかね)に交換しました。
部屋の明かりが暗くなってたので新しくしようとしたのですが、
せっかくならLEDの方が良いかと。

この話はまたあとで別に書きますね。。。
そうそう、1日はこれのことを調べていたりしたんだっけ。。。

ほかにも何かしてたんだけど、、、なんだっけ。。。

ということでお正月も終わり。。。明日からまた仕事っす。

3連休の旅行の準備もしてない。。。

これからも少しバタバタします~♪

| | コメント (4)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »