« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月21日 (金)

東京オリンピックの前に平昌冬季オリンピックがあるはず。。。

東京オリンピックの話で、いろいろと揉めていますが、
森さんさえ居なくなれば、まともに話が進む気がします。

なので、なんとか大丈夫そうです。

しかし、その前に韓国で平昌冬季オリンピックがあるはず。。。

でもあまりにも大きく問題がありすぎて、
開催が難しいという話が出ています。

そこで、また、いつものように、『日本と共同で』という話が
出てくるのですが、日本人はこれが嫌で嫌でたまらんのです。。。

この状況、、、実はかなり昔にもあるんですよね。。。

それは『韓国併合』ってやつです。

 

元々朝鮮は、清(中国)の属国という状況。

でも、清は江戸時代のころから、上海とか、イギリスやアメリカに租借されて、
もう白アリの住む家状態だったかと。
それでも、朝鮮の王様は清国だったわけです。。。

 

そんな折に日本は明治政府を樹立。

『今度、明治政府が出来ましたので宜しく! 良い付き合いしましょ!』と
文書を持って行ったんですがね。。。

受け取って貰えないは、見下されるは、、、って、

あ、、、いまの日本に対して色々言ってくる韓国が
もうここには存在するんですね。。。

『うちらは清国に良くして貰ってるんや!何、とか自分たちのこと言ってんの?
 おまえらがヒザマズケ!』

ってな感じ。

いやもう、もっとひどいことされた話はいろいろあるみたいで、
日本としては5年間もずっと耐えて、耐えて、、、もういい加減にしろ!
と文句を言いに行った帰りの船で、朝鮮から攻撃を受けた。

こんなことがあったが、国としてお互いに戦争になったのではなく、
あくまでも一部の人間の起こしたこと、という話で
オチを付けたわけですが、そもそも、国交がきちんと取れてないのが
まずいし、あなたの対応も酷いでしょ。と朝鮮に開国を迫り、受け入れられた、
というのが最初の始まり。

ここまではちゃんと話し合いできまりました。。。

そして、日本は朝鮮を国として認めて対応しようとしていました。

日本は『メリケンの属国になったらいかんぜよ!』って言って、
明治政府が生まれたはずなので。
朝鮮にも同じようにしっかり独立して清国や、ロシアの属国にならないよう
頑張って!とエールを送ってたはずなのに。。。

 

『清国、もしくはロシアの属国キボンヌ!!!』とか言っちゃって。
なのに、

『日本だけは格下だから、仲良くなるの、アリエマセ~ン』
とか言っちゃってるんすよ。。。
 
なので、朝鮮は何かあるごとに、清国に頼るので、
日本は清国と喧嘩(戦争)になります。
 
そしたら、日本が勝っちゃったわけです。
 
日本は、『清国もさ、朝鮮の事、もう、ひとりの男として、みてやろうぜ!』
 
って言ったはずなんですが、
 
『いや、おれ、それ望んでねーし。。。』とか朝鮮は思っていて。
 
なので、ロシアが『朝鮮も困ってそうだね。うちデッカイよ。日本、ヤナヤツダヨネ!』
とか言って。 

朝鮮も、
『俺、一人で生きていきたいんですよ。それを日本がなんだかんだ言ってきて。
 うるさいったらありゃしない。ロシアさんのこと、頼ってもいいのかな(独り立ちしてない)』
 
なんて言って、『勘違いラブ』するもんだから、
また日本とロシアが戦争になっちゃった。
 
で、ここでも日本はなんとかかろうじてロシアに勝つのですが、
 
『もう、朝鮮をそのまんまプラプラさせてると、日本を貶めるためにまたどこかの国と
 結びつこうとするよ。。。どうすんべ。』
 
という話になります。
 
もう朝鮮は『パンドラの箱』っす。開けちゃいけなかった。
箱の隅には『恨』しか残ってなかった。。。もう失敗。
 
でも日本は、放っておくことはしなかった。。。コレ失敗。
 
『しかたねーから、うちらの家族にするか。そうやって面倒見よっか』
 
そんな話が出てきます。
 
ただ、日本でもこれは反対派も多かったらしい。
 
その一人が伊藤博文だったりもしたんだけど、朝鮮で暗殺されてしまい、
ほらみたことか、きちんと教えないとまた悪さする、って話になって、
日韓併合となったわけです。
 
このとき、日本は朝鮮で一般的に行われていた奴隷制度を使っても良い立場で
あったわけですが、同じ立場で同じ生活をしよう、という風に
奴隷制度も無くしちゃった。。。
 
そして、日本以上に朝鮮を住みやすくしてやろう、といろんな生活基盤の向上を
やってあげたら、自尊心を傷つける結果になってしまった、ということで、
開放してあげた階級の低い人たちからも恨まれる結果になってしまった。
 
朝鮮の教育はちゃんとやってね。というのは、アメリカから言われていたこともあって。
日本が勝手にやってた話ではないそうで、、、
 
なので、朝鮮と政治的にかかわってはいけないんですね。
 
何やっても感謝されることのない国なので。
 
ということで、冬季オリンピック、あとスワップについてもだけど、
こちらは助けてあげよう、という気持ちでも、恨まれてしまうので、
やめた方が良いし、関わらないで遠くから見守ってあげるのが、
一番いいことになるわけです。
 
しっかり見守ってあげましょう。お金の届かない、かなり遠くから(笑)

| | コメント (6)

2016年10月17日 (月)

3ねんDぐみガラスの仮面

こんなのもありました。

http://www.garasunokamen3d.com/



こんなのもありました~♪

| | コメント (6)

最近のお気に入り「これでわかった!世界のいま」

最近毎週楽しみにしている番組があります。

それはこれ!

『これでわかった! 世界のいま!』

http://www4.nhk.or.jp/sekaima/

NHK 毎週日曜日 夕方6時10分から放送している30分の番組です。

これ、キャスターの井上裕貴さんと、坂下千里子さんの掛け合いというか、
ツッコミが面白い。

そして、世界の国々にスポットを当てて30分間で今どんなことが起きているのか
さっくり教えてくれます。

先日は韓国の財閥の話をしていました。

ビジネス雑誌系でがっちり書いている内容に比べたら、
浅い、と言われるかもしれません。

韓国の財閥って、
実際には日本が支払ったお金で財閥が生まれた、という話は
全くされなかった点も、情報として不足している点に感じます。

でも、30分くらいでさっくり、世界の話が入ってくるのは嬉しいです。

ネットで見るといろいろと評判が悪かったりもするんですが、
それならば見なければいいのになぁ、と思ったりします。

未来世紀ジパングとかだと、世界のビジネス寄りの話になるし。

もうちょっと世界のニュースを一旦おさらいしたいときの番組としては
個人的には満足です。

他には『世界の街道をゆく』がちと嵌ってます。
http://www.tv-asahi.co.jp/road/contents/backnumber/201610.html

いまちょうど、大連とか、満州の話をやっていて、行きたくなります♪

「君死に給ふことなかれ」
与謝野晶子が日露戦争で旅順に行った弟を思い、歌ったものだそうで。
『坂の上の雲』の世界を観てみたくなります。


 

| | コメント (4)

2016年10月12日 (水)

『3月のライオン』

いま、NHKで放送されている、『3月のライオン』。

将棋の話も熱くなってくるのですが、
それよりも下町の、門前仲町付近の街の空気が、もうすごいです。
 
日本のいいところ、いっぱいです。。。

アニメ、まだ実は観れていません。

再放送が、10月15日(土) 5時5分から流れるので、自分も観てみます。
(もう原作の漫画は読んじゃってるんですが)


 

急に将棋打ちたくなりました♪

ぜひ、観てみてください~♪



| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

『逃げるは恥だが役に立つ』

『逃げるは恥だが役に立つ』という漫画、最近読んだのですが、これがなかなか面白い。

火曜日からドラマでも始まりますが、
自分の想像のキャラとキャスティングが合っていないので、
どうにも期待感が低い状況っす。

家事とか、ついつい一生懸命やって。
でも苦でなく普通に自己満足できるキャラ、って
一瞬受け身のようで、でもしっかり自分を持っている、そんなキャラでないと
ダメだと思うし、
相手役も完全無表情が基本で。そこからこぼれる嬉しいときの
笑顔が見れなきゃ、楽しくないっ!!!

そんなスーパー難しい演技が許されるシナリオが出来ているのか、、、
キャスティング以上にシナリオが、解った人でないと作れない気もするし。

 
いやぁ、ジョジョの実写版以上にじつは難しいドラマの気もします。
 
まぁ、なんだかんだ言ってもビデオに撮ってみてみるのですが(笑)
 
漫画版の原作は、いろいろ世の中に対しての意見が、この前終了した両さんの
ように語られるところがあったりして、面白いです。
 
これだけいろいろ書いても解りにくいと思うので、是非、読んでみてくださいね♪
 




| | コメント (2)

2016年10月10日 (月)

2016/09/20_BABYMETALのライヴに行きました

BABYMETALの追加公演があったので行ってきました!

東京ドームです。

外国の人もいっぱいでしたよ。

20160920
 
これなんか、中島みゆきみたいですよね~♪

ちなみに曲の始まりにはメタルなので、コンセプト的なものがちとついてたりします。
(一部のメタルはドラマ性があったりするんですね。)



 
カラオケでも歌いたくなるのですが、声が出ない。。。 
 
あ、あと、
『紅月(アカツキ)』 も聴けました~♪


良い曲ですし、声の良さが解りやすいです♪
 
なお、ギターもベースも、ドラムも、日本のメタルの世界では
かなり有名な人たちだったりします。
 
なんでも今度、アメリカでアニメになるそうです(笑)
 
アメリカでアニメになるというとかなり、マジ人気なことが伝わってきます♪
 
それも制作に日本のベビーメタル制作側の人間も入るらしく、
ちと期待できそう。
 
そして、
映画化、、、ありそうだなぁ。。。

| | コメント (4)

2016/09/17_19_ミャンマーに行きました。(4)

さて、ラストの更新っす。
 
嫌な思いを引きずりながら、それでも目的の場所へ行きました。

今回の旅行の目的は、スー・チーさんグッツ購入もありましたが、
ヤンゴン市内を片っ端から歩こう!という、
いつもの旅もきちんと楽しむことも、そりゃ当然あるので、
一番賑やかな駅のある街、市場のある街へ15時近くになってから、
ご飯も兼ねて歩いていきました。
 
宿泊していたホテル、『サミット パークビュー (Summit Parkview)』から、
西に進み、
ちょうど嫌な思いをした『シュエダゴォン・パヤー(Shwedagon Paya)』と、
よくわからない『ハッピーワールド(遊園地らしい)』のある交差点(ロータリー)を
南へと進んでいきます。
 
ほぼほぼ、まっすぐ進んでいくと、陸橋があり、
下を電車が通っています。
(踏切が無い、と聞いていたけど、陸橋があるんじゃ、、、あるわけないよなぁ)

そして、陸橋を越えてすぐ左側に教会が。
その横に、『ボーヂヨーアウンサン・マーケット』があります。
 

P9181162
これ、教会。 

P9181164

そして、マーケット。

ここで、ちとだけ中を散策、、、と入ろうとしたところで、さっそく日本語で話しかけられます。

 
なんだか、「あれはいらないか、これはいらないか」、話しかけられるんだけど、
ちゃんと断りました。
 
一人目は。
 
つぎの人は、変にしつこいインド系の人で。
 
日本語片言なのに大きな声でずーーーっと
付いて廻り、『日本人良い人ね!優しい!』とかずっと言ってる。
そして『中国人、韓国人悪い人ね。なんでだか知ってる?』とか言ってくる。
 
もう、、、勘弁してほしい。
 
で、『日本語はなすの好きだから』、、、と言いながら最後には、
服買わないか、要らないか、言ってきました。
 
やっぱり、それが目的じゃん。
 
『要らない。じゃあね!』
 
っていったら、『日本人、馬鹿だよ!』だって。。。
 
酷い。。。
 
弟は、すっかり嫌な気分になっていてめんどくさい状態になってるし。。。
う~ん、、、これじゃ、インド行ったら大変そうだなぁ。。。
 
そんなやり取りばっかりでマーケット内の写真撮れず。。。

ただ、近くに陸橋があり、そこからの写真はこれ。

P9181173

P9181182

ミャンマーの鉄道。
 
びっくりするくらいゆっくり走ってました。
 
人が走って乗れちゃうくらい。。。駅が近かったからなのかなぁ。。。
 
でも線路上に人いっぱいでした。
 

 
さて、マーケットから、さらに南に下っていくと、
有名な、『スーレー・パヤー(Sule Paya)』が見えてきます。
 

P9181189

道路の真ん中に、でんっ! とある建物です。
 
寺院です。

この周りはバスとかのターミナルのようでもあり、人がいっぱい。
乞食もいっぱい。
 
それも小さな女の子とか手を出してくる。。。かなりきつい。
 
信号待ちのところにいる物売りの子どもたちも、
本当に可愛らしいくて、目とか見ると純粋そうな綺麗な目してて。
なんでこんなにも大変そうなんだろう、って考えたら
楽しむ気持ちも減ってしまいます。
 
でも一人にでも施ししちゃうと、大変なことになりそうだから、
そのまま無視します。
 
(これ、家に帰ってからも、今でも。
 何が正しいのか、もうさっぱりわからなくなります。。。)
 
とりあえず、観光はしっかり続けました。
 
この寺院はまあるいので、車のロータリーみたいになってます。
この周りには、昔、イギリスの植民地だったときの建物がかなり残っているんです。

P9181193

これらの歴史的建造物が、観光の目玉にもなってます。
 
ビルマの竪琴は、このミャンマーが舞台です。
ビルマはイギリスがつけた名前だったので、ミャンマーに変わったんですが、
なので、あの映画の時代にはあった建物なのです。

そんな建物はちとだけ観る程度で(笑)
 
早速、寺院の中に入ります。
ここの中は、やっぱり靴を脱いで入ります。
 

P9181195

この正面が入口。
 
ちなみに写真のバスですが、入口に立っている人は、呼子らしく、
バスが停留所(?)に止るたびに、行先言いながら乗らないか乗らないか言ってます。
 
バスの利用客は結構多くて慣れると結構便利らしいっす。
(さすがに自分たちは乗らなかったですが) 
 
寺院の中に入るとこんな感じ。
 

P9181198

P9181206

達磨だそう。。。
 
ちと夢に見そう。。。
 

P9181205

これ、金箔を奉納するとこの船に乗せて真ん中の塔の上まで
届けてくれるシステム、だそうで。
 
ちょうど戻ってきたところを写真に(意味なし。。。)
 
なんだか、大きな寺院に見えたけど中は結構、あれ?こんなもん?って
くらい狭かったです。
 
そして、このあと、丸い寺院の為に道が放射状になっていることに気が付かず。
 
北へ戻るべきを、東に進んでしまうというアクシデント。
 
いや、迷子ですね。。。
 
途中で、そろそろ線路にぶつかるはずがいつまでもつかない???と
地図をみなおして、曲がった道とかから気が付きました。
 
一時間ロス!
 
疲れたし。。。
 
でも、面白い光景が見れました。(写真がちと撮れなかったんですが)
 
雨季なので、水びだしになるところがある、と、ミャンマー大使館に行ったときに
ハザードマップを貰ってたんですが、そんな酷いところはなかったんですよ。
観光メインの通りには。
 
しかし、迷子になったところには、でっかい水たまりの中にお店が。
 
最初、釣り堀でもやってるのか?と思うくらい椅子が水の中にあって。
でもそこに腰かけて
水の中に足突っ込んでご飯だべてる人が。
 
そう、お店出す場所が水たまりになっていても、いつものように店を出している。
そんな光景でした。(お客も普通にいるという)
 
ちとびっくりしました。
 
そして、インド人街(ヒンズー教の寺院)や、
前に西安に行ったときにあった、回族(イスラム教)の寺院(モスク)とか、
そういう民族街が結構できていました。
 
仏教国と聞いていたので他宗教の街があること自体がびっくりしたのと、
軍事政権下でも、となりのインドから人がいっぱい入ってきて街を作っていた、
ということがびっくりでした。
 

P9181185

これはヒンズー教の寺院ですね。
 
そして、帰り道、駅近くの建物はボロボロの家(平屋)に沢山の人が住んでいて、
ゴミのニオイとかもすごくて、びっくりしました。
 
寺院の近く、ホテルの近くはきれいになっているのに。
ちょっと街の中心に近くなると、様子ががらっと変わります。
 
この理由はわかりません。
 
寺院の近くのほうが、裕福なのか。
人が住める場所が限られているのか。
外国人が多いから、なのか。
 
ただ、ミャンマーのホテルやお店の人は女性ならば丸顔の人が多くて。
 
あの達磨のような顔です。
 
ただ、路上でモノを売ったり遊んでる人たちは、
みな綺麗な顔立ちしていて。
 
民族の違いがあるのかもしれません。
(ミャンマーは隣がタイで、少数民族が入り混じった他民族国家ではあります。)
 
ミャンマー=仏教国、というひとつの国、としてみると正解ではなくて。
きっと、いろんな問題がまだまだいっぱいの国なのだろうとおもいました。
 
いろいろ考えさせられます。
 
このあとは、道間違えたこともあり、いそいでホテル方面に戻ります。
 
ホテルに着く前に道は真っ暗です。
 

P9181214

空は一部明るく見えますが、曇っていることもあり、真っ暗です。
 
写真の先には寺院が見えます。
看板とか見ると、学校とありました。
 

P9181217

歩道が無いところで街灯が少ないところなのに、車だけは多い。。。

もう、たぶん、ここ! と感で道を曲がっていきます。
 
ミャンマーは野良犬が多いのですが、不思議とどの国も野良犬はおとなしい。
でも苦手なので避けながら歩いていくと。。。
 
こんどは予想通りありました。
 

P9181220

目的のお店『フィール(ミャンマーフード)6:00~20:30』。
 
ここが今回のホテルの裏にある有名なミャンマー料理が食べられるお店。
 
という事だったんですが、普通にチャーハンと焼きそば頼んでしまいました。
 
あ、でも美味しかったです。
 

P9181228

写真ボケボケですみません。
 
量は半端なく多かったです。。。いくつか頼もうとしてたんですが、
上手く頼めなくて2品だけになっていました。
 
あぶなかった、、、。
これで一品200円くらい。。。安すぎる。。。
 
そしてこのままホテルに戻りました。
 
これで2日目の旅程は完了です。
 
このあと、3日目。帰りなのですが、

6:00 チェックアウト(タクシーで1時間)
7:00 空港着
9:50 ミャンマー空港 発
 
というスケジュールでした。
 
朝の食事は、6時から。
なので、帰りは食べずに帰る予定でした。
 
しかし、弟が、「スイカジュース飲みたい、あの朝食を食べたい」と
あまりにも言うので、30分遅らせても大丈夫か、、、と
30分で食事を終えて、6時30分にチェックアウトすることにしました。
 
ホテルの食事は6時ぴったしに開いてくれたのですぐに食事に入りました。
 
弟はスイカジュースを2杯飲めて大満足です。

このあと、チェックアウトもスムーズに行なえて、

タクシーもすぐに呼んでくれて、全く問題なく、予定の時間通り7時くらいに
空港に着いちゃいました。
 
(タクシーがめちゃくちゃ飛ばしてくれるので朝のためか、早く着きました。)
 
ただ、タイ航空のターミナルはT2でした。。。タクシーの運ちゃんにそこ伝え忘れて、
慌てて移動することに。
 
でも、7時30分くらいまでチェックイン窓口が開かず、朝ごはん、もうすこしゆっくり食べても
全然大丈夫でした。
 
それよりも、失敗は慌てて出国手続きして入ったら、、、なんと食べ物のお土産やが
全くなかったという事。
 
食事できるところは2店あったけど、あとは貴金属と服と置物ばっかり。
 
売られていたお菓子はポテトのみ。。。
 
じ、時間潰すのがきつい、、、。
 
ただ、ミャンマーのお金がすごく余ったので、ドルに戻しました。
いちおう200ドルほど。
 
跡の残りのお金は、いつか来た時にまた使うかも、で取っておきます。
ということで、今回のミャンマー旅行、無事終了しました~♪

 
あ、そうそう。
飛行機ですが、ギャラクシーのスマホの持ち込み禁止アナウンスが
タイ航空の飛行機でも流れていました!
 
これですね。。。(笑)


 
スマホ持ち込み禁止って、きついですね。。。
 
 

| | コメント (6)

2016年10月 9日 (日)

2016/09/17_19_ミャンマーに行きました。(3)

さて続きっす。

アウンサン将軍の元屋敷を観て、『カンドーヂ湖 』の、
『カラウェイ パレス』(鳥の船のレストラン)の写真を撮って。。。

そこからです。

下の写真はさっきのタワーの屋上から見えたホテル。
『ホテル日航ロイヤルレイク』です。

P9181037

この白いL字型のホテルの、
その手前の道から北へ上がっていきます。

途中に日本の商品が購入できる『王様』というお店がありました。

やっと飲物にありつけました。

P9181046

ミャンマー、びっくりするくらい湿気が多くて暑かったです。
9月くらいまで梅雨なので、湿気が高いのです。
 でも、時々雨がさっと降ってすぐ止む感じ

ここを過ぎてクネクネと歩いていくと大きな道にぶつかります。

その角からさらに少し歩くとこんなお店が。

P9181050

オープンな感じでおいしそう。人がいっぱいいました。

このあたりは雰囲気も良くて、人がいっぱい。
観光客も結構歩いていて、ちょっと現地っぽくない、居心地のいいところ
なのかもしれません。

さらに進んでいくと、陸橋があり、
ここを右に曲がります。

P9181054

この角にはショッピングモールがあって、回転すし屋とかもありました。
ここで再度ジュースを飲みました。

そのまま少し進むと、道の反対側にお寺さんがいくつか見えました。

P9181058

最初は目的のところと違うと思ってました。
(ちと距離が近く感じたので)

でもミャンマーの言葉とか、全く読めないので、どこだかさっぱりわかりません。

いったん通り過ぎましたが、やっぱり覗いてみよう、と道の反対にわたりました。

ただ、この写真のとおり、まぁ、車が多くて信号が無い。

なので、無理無理横断するのですが、
自分たち二人が躊躇していると、ミャンマーのおじさんが渡りはじめて「さあ渡れ渡れ」
と手招きしてくれます。

慌てて一緒に渡りましたが、そう、ミャンマーのひとは親切にしてくれることが
多いのです。

さすが仏教国!!!

で、取りあえずここの入り口を入りました。

P9181060

入り口前の階段。
あそこの前で靴を脱ぎます。
(なので、サンダルとかが本当は良いです。)

そして中を通っていきます。

ちなみに、緑の敷物は、プラスチックの板で、雨のための滑り止めです。

P9181076

中には道の両脇に売店、占い、などなどいろいろとありました。

その中を通っていくと、仏像が見えてきます。
 
そう、ここが、『チャウッターヂー・パヤー(Chauck Htat Gyee Paya)』です。
(拝観料無料)
 
その手前では靴を預けないといけないので、預かり屋さん(?)が声かけてきます。

でも、空港免税店でお菓子を買ったときの袋があったので、それに靴を入れていたので。
「これこれ、大丈夫」って見せたら、「ああ、OKOK」って大丈夫でした。

そうして観てきたのがこの仏像♪

P9181068

で、でかい!まつ毛長い!

涅槃像っす。(なんでも70mあるらしい。タイのワット・ポーが46mらしいっす)

涅槃像で観なくてはいけないところは! そう。
足の裏。

P9181064

この足の裏には、宇宙観が描かれていると言われています。
(なにがなんだかわかりませんが)

まぁ、みな写真撮るのはこの足の裏っす。
人も写っているので大きさ解りますよね。
 
なんだか、まわりの建物も鉄筋むき出しなので、ジャイアントロボみたいです。

    「無限の大宇宙の彼方から」、、、このセリフ、イイデスネ~♪

    しかしギロチン帝王って。。。(笑)

    でも口笛、かっこいー!

ちなみに、仏像とかの写真にちょっと変な加工したりすると、
禁固刑などの処罰対象になるので、注意が必要です。
先日、スピーカから流れるお経を「うるさい」、とケーブル抜いちゃった外国人が
大変なことになったばかりです。
  http://www.asahi.com/articles/ASJB7011RJB6UHBI02R.html

でもね。。。

これは許されるそうです。

P9181071

パチンコ台みたいですよね。。。これ。
でもきれいに輝いているイメージに近づけよう、という意味らしく、
これは良いことのようです。

そして、この仏像。新しいですが、そもそも作った像がインド風のもので
不評だったので作り直したらしいです。
これが、1907年のもともとの像。

P9181072

なんで飾ってあるのか分かりませんが、これは確かに、、、近づきたくないかも。
 
そして、今思えばこれがいけなかったのかもしれません。
近くに募金箱があったので、変な汚れたしおしおのお札が一枚あって。
『これ、どのお店に持って行っても使えないなぁ』と思い、
この募金箱に入れました。
(中国では元の偽札が多いらしく、汚いお札や切れているお札を返されるんです)
 
なので、こういう募金という使い方をしました。

そういて、軽く建物の中(体育館みたいだけど)を散策して、
この建物を後にしました。

そしてここから向かったのが、NLD(国民民主連盟)です。
この前の通りを進んでいくとあるはず、、、だったのですが、
見つけられません。。。

アウン・サン・スー・チーさんのグッツがたくさん売られている、という話を
聞いて今回、行かねば!と来たハズで、お金もそのためにたくさん両替したはずで。

なのに、建物とか、全く見つけられません。

ひとつ、大きな理由がありました。

それは、『土日がお休み』ということでした。

これ、後から気が付きました。。。ダメダメです。

仕方がないので、ここから食事に向かいます。

ここでも軽い迷子に。
お店が地図にある位置にありません。。。
なぜなんだか。。。

途中から雨が降ってきました。
折り畳み傘を持って行ったのでそれを指しながら店を探して、ちょっと離れたところに
ありました。

P9181103

『アウン・トゥ・カ』(9:00~21:00)です。地図の位置とちと違う。。。
が、ここ、ものすっごく混んでいて入れませんでした。。。

なので、そのまま何も食べずにお店探しましたが、見つけられず、そのまま寺院まで。

そして、またやってきました。『シュエダゴォン・パヤー(Shwedagon Paya)』

こんどは中に入ってきます。すきっ腹状態で、寺院内巡りです。

しかし、、、 
NLDは見つからないわ、雨には降られるは。お店にも入れずすきっ腹だわ。

なんだか危険な空気が。。。

さて、靴を脱ぎ、中に入ります。

P9180896

そしてまたお店とかが並ぶなかを抜けていきます。

P9181108

この奥ですが、よーくみると、、、わかりますか?

アップにした写真がこちら。

P9181108_2_2

う~ん解りにくいか。。。

実は寺院の中にエスカレータがあります。

なので、結果こんなことに。

P9181110

裸足でエスカレータ。。。初めてです。

そして、上がったところでお金を払い、観光スタートです。

P9181141

人がいっぱい。

P9181113

で、歩きはじめると、英語で話しかけてくる人がいます。

でも何言ってるかわかりません。
何処から来た、生まれ年は何だ、とかなんとなくわかる程度。
で、「やばい、絶対お金とられる」って思い、
「英語解らないからゴメンノーサンキューっす」っと言って逃げ切りました。

そして、写真を撮って歩いていましたが、
あの滑り止めのマット、硬くて足の裏が物凄く痛い状態になりました。

なので、つるつるの石の上を歩いていたのですが、
前を歩くひとがいきなり振り向いて、
「そこ歩くと滑るからこっちのマットのうえ歩いたほうがいいよ」
と、日本語で声掛けてきたんです。二人組に。
で、つい「あ、そうですか」
と答えてその人たちの後ろを歩く様になったんですが、
そのうち時々振り向きながら、にほんじんですか?
いつ来たんですか?と声かけてくるんです。

で、「や、やばいなー」と思ったんですが、親切に言ってくれた仏教関連の人の
ようにも見えたので、ちと無下にも出来ず、、、で、なんだか気がつけば
あちこちに連れて行かれている状態になって、
もういいから、と断ると、これで最後だ、と言われて、「お金くれ」といわないんです。
「いくらかのお寺へのお布施をお願いします」だそうで。。。

5000チャット札一枚だしたら、「№~!それは子供のお小遣い~!」
「30000チャットね。」だそうで、仕方なく出したら、「No~!これは一人分ね。彼のも、」
って、オイオイ、お布施じゃねーのかよ!!!

「あ?、そんなにねーよ。(少しあったお金出して)これで残り全部だよ。もー飯も食えねーよ!」
「あなたは持ってないんですか?」
「俺はこいつに預けてるの、2人で全財産。あとはカードだよ。」
「コレ全財産だよ!」って言って、財布の金全部渡したら、笑顔でありがと言いながら
いっちゃいました。

く~!!!!

騙されたことも腹たつし、わかっていながら最初から断れていないのも腹立つし!
なんせ、何よりも日本に帰って旅慣れたケンちゃんから、
「やっぱり、お前は騙されやすいから。」と馬鹿にされるのが、むっしょ―に腹立つっ!!!

だーーー!こんちくしょう!!!(旅から数週間経過しているのにもいまだに。(笑))

もう、観光どころではないくらい、イライライラ~!として、写真撮ってすぐにホテルに帰りました。

よくよく考えてみれば、綺麗なお札でお布施出さなかったから、
綺麗なお札の全財産、全て持っていかれるという、、、。

こういうこと、あるんでしょうね。。。きっと。

あ、ちなみに全財産は弟の財布のなかの話のみ。

昨日のうちに別のところに保管してあったので、困らないくらいに大丈夫でした。

そして再度、このあとにまた観光に向かいます♪

次はヤンゴン駅の近くへ向かいます。 (つづく) 


 

| | コメント (2)

2016年10月 4日 (火)

2016/09/17_19_ミャンマーに行きました。(2)

では2日目。

この日は朝早くから外出しました。
理由は、ミャンマーは仏教国なので、朝が早いみたいなのです。
美味しい食事が出来るお店の開店時間が4時、とかなっていて。

午前中には閉まるとか閉まらないとか、言う話もあったので、
朝から食事して、散策後、ホテルに戻って朝食を取ろう! という計画です。

5時には部屋を出ました。
さすがに真っ暗です。

P9180849

ホテルの前の道を『シュエダゴォン・パヤー(Shwedagon Paya)』の方へ向かい、そのまま通り過ぎていくと、道のパゴダの反対側に『ハッピーワールド』というお店のある
公園施設が見えてきます。

でもそのままパゴダの廻りを廻るように進んでいくと、
以外にもお店や、人がいっぱい出ています。

P9180865

そんな中で、探していたお店発見!

P9180867

『ミャウンミャ・ドーチョー』(営業時間: 4:00~11:00)です。
 
モヒンガー 500K(約50円)が有名です。

ここで働いてたのは小学生くらいの子供たちでした。

麺と載せる具を指さしで伝えると、具のテンプラを手でバリバリっと、
麺の入った器にいれて、スープを掛けて渡してくれます。
値段が解らないので紙に書いてもらって支払いました。

B級グルメですね。
なかなか美味しかったです。
朝一はお客さんも少ないから、注文しやすくてオススメです。

P9180869

(ちとピントが合ってなかったです。。。)

食べ終わることには外が明るくなってきてました。

歩いていくと、みなさん掃除しています。

そしてお坊さんが沢山集まってきます。

お坊さんは裸足の人が多いです。(全員ではなかったので、ルールがあるのかも)

ぐるーっと廻ってNLDがあるところを探しますが、見つけられず。

そのまま、『シュエダゴォン・パヤー』の前をとおり、一周。
 
ホテルに戻り朝ごはんを再度食べました♪

P9180899

ホテルの食事は、かなり旨かったです。

弟が、スイカジュースに嵌ってしまいました(笑)

P9191238

かなり濃い味のスイカジュースで確かに美味しく感じました。

部屋で休んだら、再度散策です。

さっき通った、「HAPPY WORLD」も明るくなって良く見えます。

P9180917

このまま前を通り過ぎて進むと、湖が見えます。

P9180938

そのままだと道を渡れないので、北側に見える歩道を渡ります。

あ、そうそう。

ミャンマーはほぼ、信号有りません。

十字路にはロータリーが出来ていて信号なくても曲がれるようになっています。

たまにぽつ、っとありますが、歩行者用は無いです。

そして車が止るところには子供やオジサンんの物売りがいて、
なんかの食べ物や仏さまにあげるお花など持ちながら、停車中の
来るもの横を通り抜けて声かけていきます。(結構危ない)

そして写真にも写っていますがお坊さんは子供が多く、
裸足です。

そんなこんなで歩いて、湖の公園の北側を沿って歩くと、
日本大使館前に到着します。
ここで写真撮ってたら、警備のカッコイイお兄さんが
「写真撮りますか?写真撮っていいか確認してきます。」とか日本語で言ってきました。

「あ、いえいえ、許可要るなら、写真撮らなくて大丈夫です。」
と言って断りました。

が、すっごく日本語上手でびっくりしました。

ある意味、観光スポットにしたいくらいだ。

で、そのまま進んでいくと、『アウンサン将軍の家』はこちら!という看板が!
(実際にはミュージアム、と書いてあるはず。)

P9180960

この横の細い道を入っていくと、ちょっと路地のお店が次第に増えてきて
アウンサンミュージアムが見えてきます。

ここは、アウンサン将軍の元住まいで、今は博物館になっています。

P9180969

ココが入口。
中に入ると右側に小屋があり、ここで荷物検査が行われます。
「鞄の中を見せてくれ」と笑顔で声かけてきます。

そして、邸宅へと進んでいき、一階の入り口で記帳と、お金を支払います。
記帳の内容みると、日本人が結構来てました。

中は写真撮っても大丈夫でした。

2階は裸足であがります。

P9180974

P9180983

妙にリアルなアウンサン将軍の人形(笑)

なお、軟禁状態になったスーチーさんがいた邸宅は、ここではなく、
ここから北にすすんだところにある、インヤー湖の南側にあるようです。

ここでの散策はすぐに終了。

昔のミャンマーの建物がこうだったんだなぁ、と感じることのできるミュージアム
でした。(歴史の細かい話は英語読めないので解らなかったっす)

さて来た道を戻り、また湖の公園沿いを歩いていくと、
アウンサン将軍の銅像がありました。

P9180991

ここを過ぎるとすぐに公園の入り口があるので中に入っていくと、
カンドーヂ湖も見えてきますが、
ミャンマーと言えば、コレ、というものが見えてきます。

P9181001

これ、『カラウェイ パレス』という、実際は踊りとか観れるレストランです。

ここではこの船の写真だけ撮影~♪

そして、タワーからの景色が良い!ということでタワーに乗ろうとしたら、
あったのはコレ。

P9181020
 
『ユートピア タワー』
 
階段上がった入り口から入り、中のエレベータで最上階へ。
エレベータの扉開いたところでお金支払います。
 
ちなみに降りるときは1階ではなく、「G」と書かれたボタンです。
 
途中で降りると飲み屋やカラオケ店が入っていて、気まずい雰囲気の中
歓談降りることになります。(経験済)

で屋上からの景色はこんな感じ。

P9181032

このあと北側にあるホテルの手前の道を入り、
北側を廻り、
大きな涅槃像がある、『チャウッターヂー・パヤー(Chauck Htat Gyee Paya)』
そして、『NLD』でスーチーさんグッツを購入し、
アウン・トゥ・カ(9:00~21:00)で食事、
その後、シュエダゴォン・パヤー(Shwedagon Paya)に入り、午前は終了の予定で
進んでいきます。

(つづく)

 

| | コメント (3)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »