« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月13日 (土)

2016/07/16_18 韓国・ウラジオストク旅行⑤ウラジオストク2日目

さて、最終日!(といっても2日目ですが。)
 
午前中11時まで時間があるので朝から散策です。
 
まずはホテルのさらに港から離れた先にある、
「ポクロフスキー教会」です。
 

P7189814

月曜の朝なので、皆通勤で忙しそう。

P7189815

建物はこの時修繕中。

とりあえずくるっとひと回りしてから、ホテルのごはんを食べに戻ります。

でも場所は外の隣のレストラン。

P7189838

本当にここで良いのか心配でしたが、チケットを渡したら受け取ってくれました。

P7189841

ちとここはノスタルギーヤと同様に不愛想系(笑)

食事を終えて今度は「フォンターンナヤ通り」を北へ向かいます。

途中でいきなり声を掛けられました。
で、結果。

P7189851

う~ん、よくわからないですが時々写真撮れ、というひとがどこの国でも
現れます。(日本はあったことないけど)

そしてその先の踏切。

 

P7189853

ここを越えると、また教会がありました。

P7189856

P7189862

わぁ、また教会だよ、と向かって行ったのですが、
この時、まっすぐ歩いているつもりが、90度曲がっていました。(笑)

サッカーのスタジアム前を抜けて進むと、
横に長い道が全て公園になったようなところにぶつかります。

地球の歩き方の見開きマップで黄色く塗られた道でした。

(ここで間違えたことに気が付いた)

この道に入ると、海までいけて、さらに水族館と要塞博物館の場所に着くので
こちらのルートに変更しました。

道を進むと、遊園地がありました。

P7189879

さらに進むと、水族館。

P7189886

そして、この裏にロシアの兵器が展示されている要塞博物館がある、ということで
この周りを何度もぐるぐる、っと廻ったのですが、
結局見つけられず。。。断念。

しかし、後日解ったのですが、なんとこの写真に載ってます。

ココでした。

P7189887

水族館の脇にある登る階段の先。。。

わ、わかるかーっ!!!

このために何度も怪しい脇道に入っちゃったじゃないかっ!!!

こんなとことか。。。

P7189907

まぁ、自分たちの滞在できる時間では開かないので、
行っても入れなかったのですが。。。

まぁ、このときはガッカリしながら、
でも楽しそうな「道の公園」を再度、歩いていきます。

P7189918

ちと車が沢山と待っていますが、なんだかイクスペアリとかショッピングモールとか
歩いているみたいな気分になります。

P7189927

そして途中にあった、キオスクで初買い物!!!

P7189933

あの青い屋根のお店にしました。

P7189935

外から見ると缶に番号があります。

この番号×2 と書いて。

P7189936

こんな感じで小さな窓から見せました。

中には、可愛らしいおばあさんがいました。

中には冷蔵庫とかあり、居心地のよいお店ですね。

日本にもこんな形の駄菓子屋があったらいいのに。

ちなみに大きいお札はほぼ、買い物できません。
 
レストランなどで崩すつもりで行かないと、たくさん困ります。。。
 
ちなみに自販機もありました。
 

P7189893

微妙に日本。。。

P7189893_2

それもホット率高すぎ。。。
そしてロシアでアメリカン珈琲(右奥)。。。

P7189941

あと、こんな絵もたくさん。
そしてウラジオストク、なぜか、鳥が多い。
ハトも多かったけど、ツバメとかびっくりするくらい多かったです。

このままホテルへ戻りチェックアウト。

タクシーも呼んで貰いました。

(これも紙に書いた文字をみせて)

これは待っている間に見せてもらったウラジオストクの古今写真集。

P7189965

昔からの建物に見えなかったけど、歴史的建造物なんだなぁ、、、。

しばらく待ってタクシーが到着。タクシーは今回は線路沿いを進むルートでしたが
早かった。。。
このとき、タクシーは1100ルーブルでしたが、お金がデカいのしかなく、
2000ルーブルでお釣り要らない、にしちゃいました。

かなりお礼言われたけど、、、さ。。。もう、仕方ないよね。

さて空港。

中に入るときは荷物検査など一回通ります。

そのあとは空港内は自由っす。

P7189991

入口の様子。みんな並んでチェック受けています。

そしてその奥には、昨日やっていなかった両替所に人が並んでます。

そしてせっかくなので何か食べることに。

P7189989

2階のお店のおねーさん、すっごくきれいでさらにセクスィーでした(笑)

で購入したのは、ピロシキ。

P7189988

で、食事して、そのあとにビール(笑)

。。。逆ですね。

P7180003

う~ん、満足。

さてチェックインをするにのに大韓航空の窓口に並びましたが、
手続きに時間が掛かる人の多いこと。。。

さらに機械の調子も悪かったようでかなり待たされました。

でも、出国審査はさっくりです。

ただ、中に入るとびっくりするくらいお店が少ないです。。。
3店舗くらいだったかな。。。

お土産は外で買うことがオススメ。

マトリョーシカも中ではほとんど売られていないです。。

外には2個所もお店があったのに。。。

ちなみに自分たちのお土産にコレかいました。
これもお店によっていろいろあるみたいで自分のは手のひらサイズですが、
空港の他のお店のはもっとデカかったです。

P8130052

P8130053

歴代大統領のマトリョーシカです。

■ ロシア大統領
  1.プーチン
  2.メドヴェージェフ
  3.(本当はプーチンがここでも大統領になっている)
  4.エリツィン。。。???

あとだれだかさっぱりわからず。。。

う~ん、、、いらなかったかなぁ。。。
 
まぁ、待っている間は少ない飛行機を観てました。

Dsc02874

これ成田かなんかに飛ぶ飛行機ですね。

そしてなんだかわからない飛行機。。。

Dsc02866

 そしてものすごく重そうな飛行機。
滑走路の端から端まで浮かずに通り抜けました。
(最後には浮かんだ模様)

自分たちのは大韓航空。帰りもまた、ソウル、仁川国際空港に立ち寄り、羽田に帰ります。

そらからのウラジオストク。

Dsc02879

このまっすぐな海を抜ける道が行きで通った道。
帰りはこの左側の湾のほうを通ってきました。

そしてラジオストクの街です。

Dsc02884

大きな橋は「ルースキー橋」。
その手前にもうっすら橋が見えますが、これが「黄金橋」です、
昨日はあのあたりを歩いたんだなぁ、、、と思いました。

ルートはまた同じく迂回ルート。
まぁ仕方ない。。。

あと、仁川からの帰りの飛行機ですが、機内食に韓国のりが出ました。

3人掛けの席の自分の隣が韓国のきれいな女のひとで、
なんか落ち着かなかったのですが、この女性が食事するとき、
この韓国のりをバリバリバリっと細かくしてご飯とおかずの入った容器に入れて
かき混ぜて食べてました。

味付け海苔をそんな風に食べたことが無かったので、かなりショックでした。

ほんとうに混ぜる文化なんだなぁ。

Dsc02904

と、今回の旅行はここまでです。

次の旅も既に予定立てていますが、もうすでに予定外の事が。。。

ふぅ、、、笑えない。。。

| | コメント (8)

2016/07/16_18 韓国・ウラジオストク旅行④ウラジオストクの夜

さて展望台を諦めて、ホテルへ向かいます。
 
ホテルへの行き方は、「地球の歩き方」にも載っていなかったので、

自力であたりを付けました。

hotels.comで予約したんですが、そこに表示される地図は正しくないことが多いんです。

なので、怪しいところは、googleviewを使って写真のホテルがあるところを探しています。
でも今回は写真と合致するところまで見つけられず。
なので、ちと不安抱えたままだったので、展望台とか行かず、
時間に余裕を持たせました。

P7179745

まず、中央広場まで戻ってきます。
中央の像の後ろにまっすぐ進む道が見えます。

この道沿いにあります。

この道の右側を歩いて信号を3つ越えます。
3つ目はちょうど5つの道がまじりあうところ。

その先に、この建物、看板とかが見えます。

P7189809

手前の緑のは銀行です。
そしてその先のゲートがホテルの入り口です。
 
(Google View ではこのゲートに入れないんですよね。私有地らしくて。(笑))
 

P7189808

ここを入ると、こんな感じにホテルが見えます。
 
「シビルスコエ ポドヴォリエ」です。
  Okeanskiy Prospekt 26, Vladivostok, Primorsky Krai, 690091, ロシア
 

P7189806
 
泊まるのはこの右側の薄緑のほう。
でも、受付はこの左側の建物の一階です。
 
ロシアのホテルでは滞在の際に「レギストラーツィア(滞在登録)」という書類を
作ると「地球の歩き方」には書いてありました。
このため、チェックイン時にパスポートを預けておく必要があると
聞いていました。
 
しかし、パスポートのコピーを取ったら返してくれました。
 
そして、チェックアウト時にも特に書類は渡されませんでした。。。
(ゆるくなってきたのか。。。)
 
しかし、このホテルの受付は親切で、さらにきれいな人でした。
(ロシアは美人が多い、と聞いていたのですが、その通りでした。)
 
ホテルは電子ロックのキーです。 
案内は男性従業員のかたでした。(男はカッコいい!)

P7189804

おお、ヨーロッパ風のアパートみたい!!!
 
でもセキュリティはかなりしっかりしていました。
 
右の入り口から入るときも電子ロック。
そして部屋に入るときも電子ロック。
 
丁寧に説明してくれました。英語はお互い片言で、でも伝わるものですね♪
 
明日の朝食は、さっきの入り口の説明写真にあった、ゲートの奥の赤い文字の看板。
そこにチケット持って行くとビュッフェになっていてご飯食べれます。
 
それも必死に教えてくれました。
なんて良いホテルなんだ!
 
あとチェックイン時に料金の支払いをします。

それだけ。
あとはもう夜遅くでも自由です~♪
 
ただ、最初はエアコンが動かず困りました。。。
理由はエアコンにタップを付けて二股にしていたため、ショートして
タップが焦げていたせい。
タップをはずして直差ししたら普通に使えました。
 
これは翌日、チェックアウト時に書いたメモ。

P7189961

あとはテレビが応答がすっごく遅い(笑)
 
そしてトイレが頭ぶつけるくらい狭い(笑)
 
まぁ、ベットは気持ちいいし。
十分満足です。

Dsc02761

シャワーはこんな感じ。なんだかすごい。
(使い方がよくわからなかったけど。(笑))

P7189955

部屋に入って少し休憩後、ちと散策に出かけました。
 
5つの道が交わるところを斜めに降りていきましたが、
「アドミラーラ・フォーキナー通り」の周りが一番賑やかで。
 
線路と交わるあたりがお店いっぱいでした。
(ただ、22時頃には閉まっているどころか、真っ暗でびっくりしましたが)
 
そして夕食は、線路と大通りの近くにある、「ポルト・フランコ」にいきました。
 

Dsc02776

この下に入ります。
 

Dsc02778

お店の中はこんな感じ。

Dsc02786

なな、なんて童話の世界のようなお店なんだーっ!

ここ、かなり気に入りました!
そしてメニューを見ながら定番のボルシチを注文すると
品切れでした。。。残念。

Dsc02782

美味しそうだったのに。。。

ほかこんな感じに注文しました。

Dsc02779

Dsc02780

Dsc02781

Dsc02783

Dsc02784

あと、追加と〆めに頼んだのがコレ。

Dsc02808

Dsc02812

さて、実物ですが、、、こんな感じ!!!

Dsc02793

ビーフストロガノフ!!!
美味い!  美味すぎるっっっ!

Dsc02794

ポテト!!!

Dsc02796

チキンロールベジタブル!!!

Dsc02806

カツレツ!!!

Dsc02801

ビール(蓋は廻すと外せるタイプ)

Dsc02811

パスタ!

そして、〆のアイスクリーム!!!

Dsc02817

このアイスクリームの容器が胡麻と水あめでできています。
アイスにはフルーツがいっぱい!

めちゃくちゃ旨かったです♪

満喫~。お店の店員さんたちも女の子ばかり、きれいな人だらけでした。

(主旨と違うお店に来たような。。。感じ。(あ、相手にされないですが。(笑)))

金額もこんな感じ。

Dsc02823

さて、ご飯食べた後、再度ウラジオストク駅へ向かいます。

Dsc02827

Dsc02834

そして、暗くなって気が付くお店の存在。

Dsc02855

Dsc02858_2

これなんのお店か解りますか?

答えはコレ!

Dsc02858_1

うっすら写真ですが、お花屋さんです。

ウラジオストク、なんだか花屋多いです。

空港にもでっかい花屋がありました。

入国ゲートのところには男の人が花を持って何人も待ってたりしました。

アムールな国なのですな。(笑)

このあと、しばらくコンビニ、もしくはコンビニ代わりの店を探しましたが見つからず。

夜はお店が無い、、、(実際には駅の近くに24時間ストアがあるらしい)と
判断し、ホテルに帰り寝ました。

そして翌日は、午前中の散策と帰国になります♪

 

 

| | コメント (4)

2016/07/16_18 韓国・ウラジオストク旅行③ウラジオストク1日目

さて続き。。。

食事が終わったので、再度、ウラジオストク駅へ向かいます。
ウラジオストク駅舎内は、入らなかったです。
入ればよかった。。。

そのまま端にある港までいける陸橋を渡ります。
 
陸橋からの駅舎。

P7179695_2

そして、陸橋からのホームの写真。
 

P7179696_2

ホームには機関車が置かれていたりします。

そして、奥の電車。赤い線が書かれているのがシベリア鉄道です。

このホーム、陸橋の真ん中なら降りれます。 

P7179704_2

シベリア鉄道の入り口。
階段使って乗り込む感じです。

切符は中で確認するらしく、改札みたいなものはありませんでした。

そして、表示の時間が自分たちの時計とかなり違います。

P7179717


 

写真撮った時間は16時51分。
電車の発車時刻は、10時20分。。。

これロシアが横に長く11個のタイムゾーンにまたがっているそうで、
電車の時間など、モスクワの時間に合わせているらしいです。

その為、16時51分はウラジオストクの時間。
10時20分は、モスクワの時間。(ウラジオストク時間は17時20分)になります。

ちなみに日本の時間は、このとき15時51分です。(1時間の時差)

そしてさっき上から見えていた機関車。

P7179716

なんて書いてあるのか読めません。。。(笑)

P7179708_2

モスクワ駅(起点)から9288Km離れたところ、という意味の
キロポストと呼ばれる標識です。距離標というらしい。

そして、奥に見える電車がウラジオストク空港に向かう電車らしい。。。
「エアロエクスプレス」です。

P7179713

むふふ。。。カッコいい。。。

次回、来た時には空港から電車の移動とか入れてゆっくり数日泊まろう~♪

さて、再度陸橋まで戻り、橋を渡りきると、そこは港です。

港には巨大な旅客船が泊まっていましたが、客室では外に洗濯物が干されていて
まるでマンションみたいでした。

港から海沿いを歩く感じに進んでいきます。
5分くらい歩くと、中央広場があります。

P7179733

廻り込んで歩いていく道での写真。
奥に丘の様な山があって、そこにホテルとかたくさん見えます。

ね、なんか熱海みたいですよね。(笑)

そして、中央広場。

P7179742

広場、というだけあって何もなくただ広い。
そこにこれらの銅像が端っこにあります。

この広場を何に使っているのか、さっぱりわかりません。(笑)
 
   (後で調べたら、朝市とかやっているみたい。。。)

そして広場から階段で降りていくとすぐ線路があり、
港の海岸にそって進んでいます。
この線路と道沿いを進んでいくと、軍港らしい景色と、観光が出来ます。

クラースヌィ・ヴィムペル軍艦の上からロシア軍の船です♪

P7179769_2
 
C-56潜水艦~♪(これも軍艦の上から)

P7179774

潜水艦の前に道がありその手前に線路が通ってます。
 

P7179761

その隣に見えるのが、第二次世界大戦の戦没者を悼む火があり、
その奥に、アンドレイ教会があります。

P7179783

ここは教会が多いですね。

その奥に進むと、凱旋門があります。

P7179789

これが『坂の上の雲』でもちと出てきましたが、
ニコライ二世凱旋門です。

ちと、旅行前に調べた内容をここにも書いておくと、
-----------
ニコライ二世は、「大津事件」で日本でも有名。
「大津事件」とは、明治24年にロシア戦争前、警官が皇太子を斬りつけたもの。
シベリア鉄道の起工式に出席するためウラジオストクの前に、日本に立ち寄った。
ロシア海軍の船で立ち寄り、日本では大歓迎で出迎えていた。
西日本から、横浜、東京に向かう予定であったが、損と中の滋賀で発生した。

このとき、日本は欧米からの植民地支配を逃れたばかり。
ロシアから賠償金・領土の割譲を言われる懸念もあり、日本政府は「厳しく裁くべき」、としていた。
(死刑にするというもの)
しかし、司法での裁判を実施し、外国人は一般市民の扱いで判決を出した。(無期)
これは日本がルールを重んじる国であると世界にアピールしたものになったが、
ニコライ二世は日本人が大嫌いになったそうで。。。(泣)
 
ちなみに、ロシア革命で無くなったニコライ二世の遺骨の判定にこのときのシャツにあった
血液からDNA採取し子供、奥さん(子供のDNAから判定)の遺骨も判明している。
シャツはエルミタージュ美術館が保管していた。

なお、切りつけた警官を取り押さえたのは二人の車夫で、
その後ロシアから勲章と報奨金 2500円(現在の1000万程度)と
終身年金1000円(現在の400万)を貰えることになり国内の英雄となる。
一人は石川県の故郷に戻り地主になるが、日露戦争時にはスパイ扱いされ、送金も止まり、
無実を証明するため兵隊に志願までしている。
これが、映画にもなり、鉄砲安二郎の「がむしゃら鉄砲安」という曲になっている。

-----------

ちと面白いです(笑)
 
そして、あと海岸沿いでの見ごたえのあるものは、いくつもの教会と、
ケーブルカーで登ったところにある、「鷲の巣展望台」。
この展望台へと向かいます。
 
潜水艦のところから、凱旋門くぐってその先の道にでると、
奥の方に、海で見えてた「黄金橋」が見えます。
 
この橋、、、渡ることが出来ないと本で読んでいたのですが
その本実際には古かったらしく、今はもう歩いて渡れるようです。。。
 
これも失敗だ。。。
 

P7179792

橋のところまで行くと、下に道(?)がちょっとだけあり、登っていきます。

P7179793

ちと砂利で、駐車場にでも向かうような道です。
で登り切ると普通の道になります。

少し進むと教会がいくつも見えますが、その左側に、ケーブルカーの乗り口が
見えます。

P7179797

が、なんだかやって無さそう。。。

そして、入口には張り紙が。

P7179798

なんて書いてあるのかさっぱりわかりませんが、やってないことはわかる。。。

ざ、残念。。。

(たぶん歩いても登れると思うけどやめました。宿に行く時間も無くなりそうだったので)

と、そしてカメラの電池もここで切れました。。。

この後は宿へ行き、さらに夜の食事となります~♪

(つづく)


| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

2016/07/16_18 韓国・ウラジオストク旅行②ウラジオストク1日目

いやはや、お久しぶりです。

実は書いていた記事が載せる前に消えてしまいました。

ブログやっている人はわかると思うのですが、消えてしまったときの衝撃の大きいこと。。。

結果、あれから20日ほど経ってしまいました。
すみません。。。

 

さてさて、ロシア旅行です。

韓国ソウルからは本当に近いハズ!のウラジオストクですが、
実際には飛行ルートはこんな感じ。

かなり遠回りします。(帰りも同じ)

P7179596

先日も新潟沖にミサイルが飛んできましたし、そりゃ、避けますよね(笑)
 
結局、2時間ほどでウラジオストク空港に到着します。
 
P7179601
 
空港の隣は、古い機体の展示がされているみたいです。。。
子供が走り回っています。
 
そうそう、通常だと飛んでいる間に入国カードが配られると思うのですが、
今回、特になかったです。
(税関申告書は配られていたみたいですが、申告するもの無いので貰わず)
 
「地球の歩き方」とかみると、書き方とか記入方法とかあるのですが。。。
 
空港につき、入国審査のところに並び、一人づつ、他の国と同様に
パスポートのみを提示します。
 
すると、パスポートのビザを観ながらパソコンに入力作業を始めます。
 
これがちと長い。。。
 
すると、なんと印刷された入国カードが出てきて、2か所にサインするように
言われました。
パスポートと同じサインをして紙を返すと半分だけ返してくれます。
 
そんだけ。。。
 
あれ、、、すっごく簡単。。。
(ちなみに弟はサインするようにも言われなかったそうです。でも問題なし)
 
なんだか厳しいと思ってたんですが、ビザを取るのが少し面倒なだけみたいです。。。
 
そして入国した空港はこんな感じ。
 

P7179603

意外ときれい。
真ん中のエスカレータは、上にあがると、その左側の出国ゲートがあります。
 
食事できるところは一階、二階に少しずつあります。
 
とまずは、大事な両替です。
 
うろうろしていると、白タクの人に声かけられましたが、無視。
 
銀行を探しますが、、、1階にありました。
  

P7179605

閉まってましたが。。。
 
  「えええ!!!! やってないじゃん。。。」
 
もともと、ウラジオストクに両替できるところが無い、噂があり、、、
どうしようか、と悩んでいました。
 
カードで借りちゃうのが一番手っ取り早いし手数料がかからない、と
言う話はあるのですが、カードが機械から出てこなくなったときに、
カード会社への連絡や、機械から離れられないことなど考えると
むやみに使いたくないところです。。。
 
  「でも仕方ない、、、カードで借りるか。。。」
 
そう思ってエスカレータ下に機械がたくさんあるのでそこに行こうとしたら、
白タクの人がまた話しかけてきました。
 
なんでも、、、
 
  「銀行は今日はやってないよ(日曜だから)。明日にならないと。」
そして、
  「どこに行くんだ?」
 
というので、
  
  「ウラジオストク駅」

というと、
 
  「ウラジオストク駅の近くに両替のできる銀行がある。
   タクシーでウラジオストク駅まで送るがその途中で銀行に寄るので、
   両替したらいい。」
 
こんなことを言ってきます。。。
 
  「う~ん、、、このひと、人良さそうだし、そうするか。。。
   で、いくら?」
 
  「。。。2000ルーブル(1ルーブル=1.7円なので3400円か)」
 
  「ええっ!ちと高い。。。空港から駅まで、普通1300くらいのはずだけど、、、
   まぁ、銀行にも案内してくれるし、交渉も面倒だからいいか。」
 
と思って、「OK! OK!」言いました。
 
で、こんなかんじ。
 

P7179609

白タクなのに、なんかの証明書を持っているみたい。
人の良さそうな感じで写真撮ろうとしたら、ポーズも決めてくれました。
(中から弟が「なにやってんの?」と覗きみてます。(笑))
 
そして、ウラジオストク空港の外観。

P7179607

こういうタクシーだと思ってたんだけどなぁ。。。
 
まぁ、完全日本車の中古で説明書がついてましたが日本語でした。
 
ここから一時間、ウラジオストク駅に向かいます。
 
行きと帰りでタクシーに乗ったのですが、ルートは海側をとおるものと、
線路沿いを走るルートがあり、
なぜか、線路沿いの方が早く着きました。
そしてそのときは、料金も1100ルーブル、とかで安かったです。
 
ただ、海側のほうが景色も良い気がします。
観光案内も兼ねてくれたのかなぁ。。。
 
そして、
  「駅の場所はあそこで、先に銀行へ行く」
 
と案内してくれたのが、ここ。
 

P7179633

ロシアっぽい♪
 
木の扉を開けてはいり、順番に小部屋に入り両替します。
(弟にやって貰ったのでそんな感じらしい)
 
今回は1泊2日ですが、1ルーブル=2円(少し多め)で計算し、
4万両替することにしました。

<内訳(予想)>
   ホテル代  5600ルーブル(11,200円)
   タクシー代 1300ルーブル( 2,600円)×2
   一回の食事1500ルーブル( 3,000円)×3~5
   ほか、小遣い(マトリョーシカ代含む。(笑))
 
(注意:両替時お金はなるたけ細かくして貰う。空港でも大きい札は使えなかった)

で戻ってきて、お金を払って、ここで降ろしてもらいました。
駅の場所はわかるし、観光も兼ねて駅まで行きたかったので。
 
(で、日本のお菓子「抹茶のキットカット」もあげました)
 

 
ということで、おじさんとはここでお別れし、早速観光です。
 
ここは、旧日本領事館のあった、「アドミラーラ・フォーキナー通り」で、
この通りが、個人的には一番の観光スポットでした。
(「地球の歩き方」の見開きページにある、黄色い道に繋がる通りです)
 
銀行も旧日本領事館の隣にありました。
 
そして、ロシアで観たかった「キオスク」です♪

P7179636

ショーケースの廻りに商品が並べられてあり、金額やNo.が
書かれています。
中に人がいるので番号伝えるだけで買えます♪
 
このキオスクのうらは橋になってます。
この下には線路があります。
 
橋の上にあった、トイレ(有料)
トイレが有料だと聞いていたので、実は両替も必死でした(笑)
 
まぁ、当然空港内は無料なのですが。
 

P7179637

トイレ前のおばさんがオーナー(笑)のようです。
こんなのもあちこちにあります。
 
橋を越え、大きな道を左側へと曲がり、ウラジオストク駅に向かいます。
 
交差点では地下通路を抜けてまっすぐ坂を上っていくと、
見えました。
   
ウラジオストク駅です。
 

P7179657


P7179652

前にアイスクリーム屋さんもあります。
 
ロシアはアイスクリーム大好き国だそうで、そして美味しいと聞いています。
後で食べなきゃ! なのです。
 
そう、後回しにした理由は、先に食事をするからです。
 
駅の前の交差点を渡ると、「レーニン像」があります。

P7179662

レーニン像側からの駅の写真。

P7179663

う~ん、ヨーロッパっぽい。。。(ヨーロッパですが)
 
そして、交差点に戻ったところから、目的の「ノスタルギーヤ」に向かいます。
 

P7179671

いろんな日本料理店なども入っている建物の一角にあります。
 
なんだか入りにくい感じですが、入ってみると、ますます入りにくい(笑)
 
右側がお土産や。左側が喫茶店みたいな感じ。
喫茶店みたいなところに座るとメニューを持ってきてくれるので、
写真など指さして注文します。
 
1.サラダ。。。

P7179672
2.スープ

P7179673
3.メインディッシュ

P7179674
4.デザート。(結果的にですが)

P7179675

ということで、気がついたらちゃんとコースみたいに選べてました。
一品ずつですが。
 
まず、サラダ。。。あ、あれ、写真と違う。。。

P7179682

そして、、、 
定番のボルシチ。(本当はロシア料理ではないらしい)
  こんなかんじなんだなぁ、というのが感想。
  だって、やっぱり給食っぽいイメージがぬぐえない(笑)

P7179684
 
ビーフストロガノフ

  これ、弟が「メニューの写真にはピクルスと、違うのが乗ってたのに」
  と文句言いつつも、美味しいと喜んでました。
  日本のは赤いのに、白いのが出てきてびっくりした!とも言ってました。
 
  

P7179686

ペリメニ(ロシア風水餃子)
  今回のはチェリーがはいったデザートっぽいもの。
  写真にあったので注文。酸っぱくておいしかったです。

P7179685

こんな感じです。
 
美味しかったですが、ちと店員は冷たい感じに見えて、
ロシアだからこんな感じだよな、きっと、
と納得しつつ、店を出ました。

(つづく)



| | コメント (2)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »