« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月30日 (月)

エアコンを購入中。。。

今年はかなり暑くなるのでは、と警戒して、
いまからエアコン購入しようと、手続きしました。

まずはお店選び。
以前に購入したジャパネット。
どうしても、型落ち製品が多いのと、購入しようと考えてたパナソニックが無いので
今回は対象外。ちょっと高いンデスヨネ。。。

で、地元のヨーカドーにはいってる電気屋さん。
こちらで購入しようと最初決めてたんですが、やっぱりちと高いので、、、。

結局、ビックカメラが安いか、、、と、こちらで購入しました。

いちおうどこで購入しても設置工事は大きいところであれば
完全に下請け業者がやっているので、
どこで購入しても変わらない気がします。

そして購入したのはこれ。

====================================================
  エアコン (冷房時6~9畳/暖房時5~6畳)
  「Jシリーズ」 CS-J226C-W(CUJ226C)      84,218円
  長期保証: 5年
  ルームエアコン標準設置工事 希望する         10,584円
  エアコン標準取り外し工事 取り外し         4,320円
  エアコンリサイクル エアコン 大小区分なし    2,592円
  ----------------------------------------------
  合計 101,714円  内、消費税等     :(7,534円)
====================================================

パナソニックは結構値段高めです。
エアコンは、本当はダイキンが一番良いらしい。

冷媒のガスは基本、ダイキンが開発しているのと、
工事の楽さがなんといってもダイキン、次がパナソニックらしい。
他のメーカーは作業員泣かせ、と聞きました。
 
まぁ、そんな話も気にしながらですが、実際にパナソニックにした理由は、
花粉対策のナノeがついてるからなのですが。

で、ビックカメラは店頭で購入すればお店の人が色々と
説明してくれるので大丈夫だと思いますが。
ネットで購入すると、以下の順でやり取りが発生します。
(うちは隠蔽配管なので④⑤⑥が必要になった。)
 
  ①会員登録 (5月22日)
  ②購入
  ③工事環境入力フォームからの情報登録
    (ご注文ありがとうメールにURL記載アリ)
  ④「工事無料お見積り訪問日をお知らせください」メールが来るので
    希望日を選択。
  ⑤当日朝一に連絡あり、訪問時間を伝えられ、待つ。
  ⑥工事の見積もりや作業の内容を確認し、見積書にサイン。(5月29日)
  ⑦工事の日を決める。
   (ここからがまだ。。。工事はきっと2週間後かな。。。)
 
結果、隠蔽配管をやめて壁に再度穴をあけてもらうことに
したら、安くなりました。
上記金額に追加料金がほぼ不要でした。
(二段装置に据え付け、穴開け、穴閉じ、配管の外カバーということで
 25000円くらい支払うことになりましたが、前回よりは安い!)
 
なので、我が家の1階の畳の部屋は基本仕事で利用しているのですが、
お客様も呼べる部屋にあとちっとでなります。
 
そして、麻利子姉へ。
 
84,218円くらいのエアコン購入の場合、
101,714円で大体買えるけど、追加で2万くらい用意しておけば安心だよ。
他のお店でももっと安いところはあります。
 
購入するなら早い方が良いので、お店付き合います♪
 
エアコン購入は以下の順に検討しましょう。

①メーカー毎の利点で考えて、
  カタログとWEBの口コミで、まずはメーカーを選択しましょう。
②型落ちでも良いので最新の冷媒を選択します。
  (ダイキンの最新機種と同じ冷媒ならば、安心)
③エアコンが壁をまっすぐ抜けている場合は
 どの機種も問題ないですが、隠蔽配管の場合、
 自動おそうじ機能が使えない場合アリ(買っても設置不可)

 なお、壁をまっすぐ抜けている場合は基本設置費のみ。
 壁の中をくねくねと隠れて配管されている場合は隠蔽配管なので、
 3万くらい余分にかかると考えた方が良い。
 (この場合も隠蔽ではなく通常の配管に変えると安くなる)
 (見た目、ちと悪くなるけど、、、)
 
以上っす。(情報変わったら更新します)
 
 

| | コメント (6)

2016年5月21日 (土)

20160503_05_中国の西安に行きました。(食事編)

では、食事の話を纏めて~♪

西安で食事するのであれば、みな、『鐘楼』の西側すぐにある、
ちょうど、『鼓楼』の北側からスタートする『回坊風情街』に行くことに
なると思います。

P5038641

こんな感じの通りです。

『回族』=漢民族のイスラム信者の街のため、
帽子もイスラムの人たちの帽子をしています。

当然、ここでの食事は、基本、ハラルマークがついているものになるそうですが、
ハラルマークがついていないものが多いそうです。
理由は、基本ハラルなので、逆にマークは不要、という考えだそうです。

では順に食事の場所を。

 
地図、見えますかね~?
 
基本は、この『鼓楼』から北へと進む道を行ったり来たりするだけで、
必要なお店には行けるはずです。
(というか、そこでしか食べませんでした。(笑))

さて振り返りながら。。。
まず、1日目は『買三灌湯包子』(漢字の”買”の四は正しくは西)へ

P5038642

ここは入って人数を伝えると何階に行くのか指示されます。

1階で食べれない場合、2階へ行くように言われます。

ここで、空いてる席に座ると、たれのお皿を置いていきます。

P5038615

そうしたら各買いにある注文受付のところへ行って注文、お金を払います。

P5038614

弟が注文に行きましたが、紙に書いて合計金額支払いました。

今回注文したのは、これ。

P5038617

『羊肉灌湯包(17元=340円)』と、『牛肉灌湯包(16元=320円)』

 
そしてこのレシートを机の上に置いておくと、料理を置くたびに
ここの文字をひっかいてチェックマーク付けていきます。
 
出てきた料理はコレ!
 

P5038622

これ、中に肉汁たっぷりで美味しかったっす~♪
羊のが一番おいしいっす。
 
ここの西安は、辣油も有名らしいので、そこも意識しながら食べます。
 
食べ終わったらそのまま何もせずに帰ります。
 
次に、ビャンビャン麺のお店です。
『老李家ビャンビャン麺』です。
 

P5038625

お店は店前で麺を捏ねています。

表でこねているお店はいっぱいありました。
刀削麺のお店も、離れたところで結構見えたので、
変わった手打ち麺のお店が多いのかもしれないです。
 
で、ここのお店は入ると右横にレジがあり、ここで先に注文します。
でも上手く伝えられないし、メニューも手元になく、壁に掛けられたものから
選ばなくてはいけません。
なので、まずはメニューを写真で撮りました。
 

P5038627

そして再生して、今回注文する『羊肉びゃんびゃん麺』のみを拡大表示。
これを店員に見せたら、すぐわかって貰えました。
 
先にお金を払って席で待ちます。
 
そして出てきたのがこちら。『羊肉びゃんびゃん麺(普通:25元=500円)』
 

P5038635

なんでも本当は、自家製辣油をいれて食べたりするようですが、
今回2階席に行くよう言われたのでそちらの席に行くと、
辣油とか、なにも置いておらず、試せず。。。残念。
  
味は、ホウトウと学校給食に近い味でした。
 
そして2日目の食事です。
『老劉家ビャンビャン麺』に行きました。 
 

P5049055

こちらは店中に入り、二人と人数伝えると、席を指さし指示されます。
 
底に座るとメニューがあり、ここで指さし注文しました。
その場(席)でお金を支払います。
 
これがメニュー。

P5049056

『油●辣子ビャンビャン麺(20元=400円)』
 
レシートは席に置いておきます。

P5049057
 
そして出てきたのがこれ。
 

P5049058

これは美味かった~!
 
でもちと辛い(笑)
 
お店を出て、次は、何か飲もう! という話になり、
気になっていたコレ、飲むことにしました。
 

P5038650

なんだか小さい瓶が売られているんですが、なんだかさっぱりわからず。
でも飲物っぽいので買ってみることに。
 
かったのはこちらの店。

P5049064

飲んだのはコレ。
 

P5049065

『希木酸奶』
 
これ、ヨーグルトでした。
美味しかった~♪
 
このあと、シシカバブも食べたのですが、そのあと、
辛くなった口の中を癒すべく、もう一回、違うお店ので
飲みました。
 

P5049073

P5049075

このとき、自分のは外れだったようで、ヨーグルトの乾燥した固形物が
底の方にたくさん入ってました。。。
 
ざ、残念すぎる。。。
 
で、シシカバブですよね。
 
食べました!
 

P5049067

P5049070

これは、北朝鮮と中国の国境ちかくにある、「延辺料理(えんぺん料理)」にも
近いです。
スパイスぶっかけながら焼いてます。
 
ただ、味は「延辺料理」は、唐辛子がいっぱいだったと思いますが、
こちらの「シシカバブ」は、山椒の味が濃いと思います。
麻婆豆腐に近い辛さですかね。
 
ただ、焼き過ぎで肉が硬かった(笑)
 
ちなみにお店で買うとき、指さし、二本、と指で示し、金額を紙に書いてもらう、
という買い方しています。
 
この時、別の人が、「どこの人だ。田舎か」みたいな文字を書いてきたので、
弟が「日本(JAPANだったか)」と書いたら、みんな大笑いして、
自分たち指さしながら、『ばかー!』、『ばかー!』、言い出しました。
 
あああ、、、誰かしら観光客がまた、適当な日本語を教えたんだな、、、。
 
こういうの、こっちの対応が困るんだって。。。
 
で、笑顔でおにいさん、肉渡してくれたのがこの写真。
 
そして、お金を弟が払ったとき、そこのおねーさんが、弟にいった一言が。
 
『よしよし』
 
(自分は聞こえなかったんですが。。。)

に、日本人めぇ~!!! 

さて、他もうこれ以上食べれなかったんですが、
この西安での有名な食べ物にはこんなのがあります。
 

P5038638

「涼鍋糖」(涼は王京と書く)

作り方は、こんな風に練って、餅つきの様にどっかんどっかん叩いて
平たくしたものを写真の様に切って売ります。
 
空港のお土産コーナーにもありました。
個装しているので、良いかもです。(62元=1240円)
 
味は胡麻の雷おこし みたいなものです。
 
あまりというか、全然甘くない、日本の昔のお菓子みたい。
胡麻の風味がよく、そんなに硬くなく、なんとなく食べてしまう味です。
 

P5059124

(ちと訂正。味にはちとばらつきがあり、硬いのにあたったり、甘いのにあたったり。(笑))
 
そして、良く行列があったのが、肉を挟んだバーガーのようなもの。
 
『肉夹馍(ロオジャーモー)』というらしい。
 
これは並んでいたので食べなかったんですが、
帰りの空港でも売られていたので購入。
 

P5059135

うどんみたいなのは、ビャンビャン麺じゃない普通の麺を注文すると出てくるものらしい。
ほぼ、うどんっす。
 
そして気になってしょうがなかった、コレ。

P5038652

店先にある、まるいピザのようなもの。
 
なんだか上に香辛料が乗っているみたいで美味しそうなんです。
 
でも買わなかった。。。いまさらですがすっげー後悔してる。
 
現地ツアーの方に、「あれ、なんですか?まるいの」と聞いたんですが、
 
「あ、あれは干し柿ですよ」って。。。
 
???
 
絶対通じてないなぁ、、、と思ってあとで調べたら、「ナン」と
出てきました。
 
でもね。。。こんな写真、撮ってたんです。。。
 

P5038639

ナンが置かれている後ろのポスターには、、、なっ、なっ、なんと!
 
『柿子餅』と書かれてます。。。
ネットで調べたら、これも名物で、柿の果実と小麦粉の餡がはいったお菓子
だそう。
だけど、さらによく調べたら『おやき』を油で揚げたようなアンパンみたいなのが
出てきました。
 
た、たしかに丸い。。。
 
こっちが干し柿、といってたもので、やっぱり『ナン』が正しかったみたい。。。
 
う~ん、、、もう一回行くぞ!  (直行便で。(笑))
 
あと載せていませんでしたが、お昼は現地ツアーの方に連れて行って貰ったお店で
食べました。

「餃子を追加しませんか。西安は餃子が有名ですから」と
言うので、追加してもらったのがこちら。
 

P5048930

なかなか美味しかったです。
他の中華料理も日本人好みで美味しい。
 
で、普通ならばビールですが、『ザクロ』が有名、ということで、
ザクロジュースに。
 

P5048921

これはプルーンのような味で、、、すみません。苦手(笑)
 
最初は、普通に中華食べた感じだったので、写真も載せなくていいか、と
思ってたんですが。
なんだか、これも『餃子宴』といって名物になるらしい。

なので、載せておきますね。
 
もしこれから西安に行かれる方には参考になりましたかね?
 
良いところでしたよ。車だけは気を付けてほしいですが。

詳細はこちらのHPの方が詳しいので是非。
http://www.arachina.com/xian/food.htm
 

| | コメント (6)

2016年5月15日 (日)

20160503_05_中国の西安に行きました。(2日目)

さて、西安2日目です。

この日はまる一日、観光に使える日で、弾丸旅行なのでこの日しかありません。

行先に迷って失敗して、翌日、、、はありえないので、ツアーに申し込みました。
『兵馬俑』あたりの観光のみで、
現地にいる日本人が手配するツアーです。

いろいろ調整してもらえるということで、朝一から、午後早めに切り上げて、その後自由に
観光する予定にしました。

7:30にホテルロビーに集合!
そこから、一時間かけて兵馬俑のある、西安の北東側へ移動です。

P5048703

これは途中の風景。『麦畑』っす。

ツアーのかたの説明をそのまま書くと。

   シルクロードは、長安からは、絹を輸出し、
   その代りヨーロッパからは、とか、ザクロとか、果実や穀物などが
   入ってきた。
   そのため、麦の栽培、フルーツの栽培が多い地域です。

だそうで、あちこちに麦畑や、ザクロの木がありました。

P5049025

これ、ザクロの花っす。綺麗ですよね~♪

そして、出発後、一時間かけて兵馬俑の入り口の入口に到着。
でも、なんとチケット売り場が開いてない(笑)

平日なので渋滞も取りあえず無く到着したため、です。

8時チョイ過ぎくらいに開きました。
チケットはツアーの方が購入してくれたので値段など不明。

P5048715

今回はツアーで行ったけど、次回はタクシー使ってでも個人で来たいですね。
まぁ、いま地下鉄を2020年までに兵馬俑まで伸ばす計画があるそうで、
そのあとでも良いのですが。

チケット購入後、カート乗り場でカートに乗って移動する話になりましたが、
カートも人がいっぱいになるまで出発しないので
そのまま一号抗まで移動しました。
(実際10分程度で到着します。)

P5048717

そして建屋の中に入るとこんな感じです。


 

しばらく真正面から写真とか撮り続けました♪

P5048734

奥の方には、まだ復元前の像がたくさん倒れています。

そう。このままの形で出てきたのではないんですね。

横から見たところ。

P5048737
 
復元作業中のところ。

P5048759

この1号抗は、発見後に建物を作ったもので体育館のように広く、
天井も高く、明るくできています。
屋根だけの建物に近いです。

そして、次は2号抗へ行きます。
 

P5048766

こちらは、発掘の様子など展示しているところで、
小さい部屋に遺跡があり、さらに壁に写真が展示され、
遺跡が発掘された際の状況など説明がされています。
 

P5048769

P5048771

博物館の意味合いが強いです。

つぎに3号抗に向かいますが、その前にツアー定番「お土産屋さん」(笑)

P5048786

これ、兵馬俑の発見されたところの土で作られたもので、
焼き物とのこと。

でも、兵馬俑の人形と同じ土、、、という訳ではないんですよね。。。

いちおう、日本語のパンフとDVDがセットになったものがあったので、
購入。。。これも想定外の出費でしたが。。。

さてその次に、3号抗です。

3号抗は、その大きさを展示している、らしく、
実際の発掘現場、と、発掘された像の代表選手を展示しています。

P5048822

広い。。。

P5048804

『兵』っす。

P5048812

『馬』っす。
 

P5048808

『俑』っす。

これで、『兵馬俑』ということです。

P5048821

中ではまだ発掘作業中。(平日なので仕事中~♪)

そして、ここを出た後、併設された博物館へ行きます。

P5048826

ココには、これがあります!!!

P5048831

これ本物♪

馬車です。

これを見なくちゃ、ダメですよね!!!

ほか、いろいろとちょっとだけ展示してあり、まぁ、一瞬で見学終わりです。

さて、ここから車で移動します。

このとき、ツアーの方にこう言われました。

「このあと、始皇帝のお墓を観に行きます。これは車の中から見学します。」

ああ、なんだか、そんなに見るところは無い、とネットでも書かれていたしなぁ。

そんなことを考えていましたが、、、。

「はい、あれが始皇帝のお墓です。写真撮るならどうぞ。」

こう言われて見えたのがこちら。

P5048848

え、ええ???? 

たしか、案内では始皇帝の墓とわかる石碑とかあったはず、、、なのにこんな見学とは。

「ただの盛り土です。」

いや、そうだけど、石碑があれば見てきた感でるんだけど。

遠くから「あれです」言われてもなぁ。。。

ここはちとがっかりでした。

このあと、『華清池(かせいち)』に行きました。

ここは楊貴妃が入っていた温泉があるところで、現在でもお湯が沸いています。

P5048873




P5048882

P5048908

このあたり、温泉施設がいっぱいあって、実際に入れるらしい。

ここの温泉目当てに、またくるのもイイかも!

P5048914

入口にあった像。。。楊貴妃ですね。

このあと、食事もツアーのセットになっているので、これを頂きます。

P5048927

う~ん、至って普通。。。

これでツアーは終了♪

ホテルに帰って2時間くらいゆったりした後、いよいよ城壁にのぼり、
自由観光に向かいます。

P5048942

P5048945

P5048948

P5048959

と、まぁ、チケット購入し、城壁の上にあがりました!!!

あ、、、あつい。。。

ですが、この城壁、いたせりつくせりで。。。

  ・ 自転車レンタル、カート、あります。
  ・ トイレ、あちこちに作られています。
  ・ 自販機、ゴミ箱、あちこちにあります。
  ・ コンビニ、、、あります(笑)

見晴らしよくて、車も来ないから安心です。

そして、西門に到着です。

P5048991

ここがシルクロードの始まり。
 
門はこんな作りになっています。
真ん中の四角に、西の方から来た人たちが、一旦待たされるところなんでしょうね。
 

P5048985

よし! シルクロードに一応着きました!

さてここから、再度、『鐘楼』まで行きます。

そこには地下鉄が通っており、ここから、『大雁塔(おおがんとう)』へ向かいます。

P5049007

 

駅から15分くらい歩くと『大雁塔』に到着です。

P5049023

この建物の中に、三蔵法師が運んできた経典が収められました。

西遊記の世界ですね!!!



 

向こうではこの音楽がずっと頭の中に流れていました。
いいなぁ、ゴダイゴ。
ちなみに、エンディングの映像には、万里の長城など映っていますが、
この『大雁塔』も、出てきます。

これで見たかった、建物とかは一通り見れました!

このあと再度『鐘楼』まで電車で戻り、食事しました。

P5049060

P5049065

ということで、2日目の旅は終了です。

3日目はほぼ、飛行機の中なので、改めて書きませんが、
西安の空港はなかなか大きいので食べた食事の写真だけ載せときますね。

P5059132

食べ物の話だけ、あとで、もう一回纏めて書きます~♪

(つづく)

| | コメント (6)

2016年5月10日 (火)

20160503_05_中国の西安に行きました。(1日目)

中国の西安への旅、1日目、ホテルに着いてから、です。

今回のホテルは、『グランドパーク 西安』にしました。

P5038541

元JAL系のホテルで日本語が使える、、、らしい、ということでしたが、
支配人のような方しか使えないようです。
ただ、日本人に対して寛容で、助かりました。

あとは、西安ではでっかいホテルの一つだし、
城門が窓から見える、というところからこちらにしました。

見えた景色はこんな感じ。

P5038546

う~ん、、、ちと離れている。。。

ちなみに夜はこんな感じ。。。

P5049095

まぁ、こんなもんですね(笑)

さて、さっそく観光、そして食事です。

到着が遅くなったのですが、中国は1時間の時差。
この広大な横に広い大地なので、 19時の時点でこんな感じでした。

P5038553

ホテルから地下道を利用したりして移動します。
ホテル前には地下鉄用の通路(門に上がるチケット売り場に行ける)や、
道の反対側に渡れる地下通路などあるので、なるたけ利用します。

そうでないと、信号、あってないようなもので、
さらに横断歩道はただの地上絵みたいなものなので(笑)

西安の街にはこの古い城壁が四角く残っていて、
基本、観光はこの四角い城壁内になります。

この城壁に登って街を上から一周することもできます。
城壁の話は2日目で。

P5038568

この城門をこんな感じでくぐって中に入ります。

この城門を車もバンバン通っていきます。
(真ん中の本当の通り口は、遺跡としてのこされており、その横を
このアーチ形の通路に変えて、通れるようにしているようです。
 
映像も載せてみました。こんな感じです。


このまままっすぐ北へ向かっていきます。
すると、10分程度で、鐘楼に到着です。

ここ、ライトアップされるとかなりきれいです。

夜景は門よりも、こっちが見えた方が良いですね。。。

P5038588
 
で、もっと暗くなると色も変わってこんな感じ。
 

P5038678

綺麗です。
でも、車とコウモリが実はすごいんです。

なので映像も。。。





 

さて、この『鐘楼』がある十字路を西門に向かって進むと、
『鼓楼』という建物が見えてきます。
十字路の地下通路をくるっと廻ると地下一階の広場に出て、
ここから、『鼓楼』を目指すと真正面に良い感じに見えてきます。

これは時間が来ると太鼓を鳴らして知らせた建物だそうで、
『鐘楼』と同じころ、1380年頃に建てられた建物だそうです。

まだ明るい時間の『鼓楼』と、完全ライトアップ状態の『鼓楼』です。

P5049048

P5049076

この建物の周りでは、物乞いがかなりいます。

体の不自由な子供のような人が二人ほど這いずり回って
物乞いしていますが、その顔にはインカムっていうんですかね。
マイクがついていて、近くのスピーカーから声が響いています。

そして、帽子のような入れ物には大量のお金が入っています。

物乞い、というパフォーマンス??? と目を疑ってしまいました。。。

(弟がいうには、元締めのような人が近くにいたと思う、とのこと)

お、恐ろしい。。。

さて、この『鼓楼』の奥、北側にあるストリートは、『回坊風情街』があります。

ここは、シルクロードの出発点の街、西安(長安)なので、
イスラムの人たち(回族)の方がたくさんいます。

こんな感じです。

P5038610

P5038611

ちょっと台湾に似ている感じです。

ここで1日目の夜の食事、2日目の夜の食事を取りました。

この通り、かなり面白かったのであとで纏めて紹介しちゃいますが、
この日食べた料理は、こちらです。

『老李ビャンビャン麺』というお店の、『羊肉ビャンビャン麺』
25元。(1元が20円というレート。。。どんどん高くなる。。。500円)

P5038635

すいとんみたいなうどんの様な麺です。

そして、もう一店!!!

『買三灌湯包子』『羊肉包子』。17元(340円)

P5038619

これだけ入って340円って安いな。。。

混んでいるケド、回転が早いし、3階くらいまであるので、席は結構座れました。

詳細は、2日目とかと纏めて紹介します。

このあとは西門(本当のシルクロードの出発点)を遠くから見て
ホテルに帰り、明日の兵馬俑の準備をします~♪

(つづく)

 

| | コメント (8)

2016年5月 8日 (日)

20160503_05_中国の西安に行きました。(行きと帰り編)

連絡が遅くなりましたが、旅行から帰ってきました。

旅行に行く前に、『中国東方航空』を使う、と旅慣れたけんちゃんに言ったら、
「ご愁傷様です」と返されました。

心配になりネットで調べると、「遅れた」とか、「欠航した」とか、
まぁ、出るわ出るわ。

当然、遅れなかった話も出てくるけど、遅れなかったことを話題にすること自体、
ダメですよね。。。

でもチケット取っちゃったし、、、。

ということで、心配しながらも出かけました。

なので、まずは『行き帰り』編ということでブログに書いてみます♪

P5038469

あ、乗ったわけではない、STARWARSの飛行機(笑)

さて、まずは空港まで。

飛行機は羽田8時40分発でしたので、3時間前には着くつもりで、
移動しました。
一番早く着くのは駅から出ているバスで移動する方法。

でも、5月3日はGWですものね。

羽田行きの国内線で帰る人だってたくさんいますって(笑)

見たことないくらい列が出来ていました。

まぁ、実際にはカウンターでのチェックインは、2時間前くらいからでないと
実施しないので、慌てず電車移動に変えました。

6時23分には羽田国際ターミナル駅に到着です。

さっそく、案内ボードをみたらチェックイン受付開始していましたので、
チェックインカウンターに並び、チェックインしました。

ここで、荷物はいつものように預けず。
パスポートだけ見せて発券してもらいます。

今回はこんなルートです。

     08:40  羽田空港(HND)   → 10:30  上海浦東国際空港

   12:10  上海浦東国際空港→ 14:55  西安威陽国際空港
 

そう。乗り換えがあるんです。

なので、、、遅れたら乗り継ぎ失敗するかも、、、と心配でした。

発券終わって、それを持ってさっそく出国手続きへ。

7時くらいにはもう出国手続きまで完了しました!

は、早い!!!

そして、予定通り、8時には搭乗が始まりました。

P5038474

仕切り板の有る2席掛けの窓際~♪
良いところですよね!!!

そして、LCCじゃない飛行機はなんか慣れていないのでソワソワします。

新聞も貰えるんだ!
食事も出るんだー!

などなど。。。

そして、「映画も観れるんだ~!」と思ったら。

P5038475

何もなかった。。。

この飛行機、JALとコードシェアしているんだよなぁ。。。いいのか?

でも機内食ではビールはある♪

P5038480

そして、飛行機は少し遅れて、、、でも大体予定通りに空港に着陸しました。

が、降りてからタラップがあるところまでずーーーーーっと、移動していました。
その時間十数分。結果、11時に降りることが出来ました。
(30分遅れです)

そしてここからが大変です。

だって、上海空港で乗り継ぎのために入国手続きが必要なんです。

そいて、普通に並んでしまうとすっごく危険なんです。
理由は、、、中国の入国手続きは馬鹿みたいに並ぶからです。。。

JALのHPで見ると、コードシェアも含めターミナル1に到着する。
そして、乗り換えが同一ターミナルであれば、2時間、
違う場合は2時間30分掛かる、と書いてあります。

(このままでは、2時間でギリギリ間に合うか、、、です。何か間違えたらアウトっす)

飛行機から降りた後、順に行なった手順、行先を書きます。

 

1.機内で「外国人入境卡(ARRIVAL CARD)」を書いておきます。
2.飛行機を降りて、通路に出るとそこは2階です。
  そのまま入国手続きのところに向かいます。
  検疫のところを抜けていきます。(特に何もしない)
3.入国手続きの場所に到着したら並ぶ前に、
  係の人っぽそうなひとに航空券をみせて、
  (国内線に乗り継ぎで時間ないんだ!!!)アピールをします。
  すると、空いているところに行くよう指示されます。
  (必ず、とは言い切れないけど、損はないはず)
4.入国手続き(スタンプと写真撮影)すると 1で書いた紙の半切れを
  受け取ります。これはずっとパスポートに挟んでおきます。
5.2階から1階に降りると、荷物受取のフロアになっています。
  免税カウンターに普通ならば出すものは無いので、
  左側の通路を出て行きます。(緑色の免税カウンター)
6.右側に出口があり、ここを出ると入国完了です。
7.左側のエスカレータで上にあがれるので、3階まで頑張ってあがります。
8.国内線に乗るのと同じなので、国内線の搭乗口へ向かいます。
  (荷物検査あり。このとき、バッテリー、折りたたみ傘まで外に出すように
   指示があり時間が掛かる。ベルトは外すよう言われ、ライター、マッチを
   持っていないかしつこく聞かれる。)
そして、搭乗口まで移動です。(これが遠かった、、、)

11:45にやっと搭乗口に着きました。
(搭乗手続きが11時45分開始なのでギリギリです)

が、なんだか人が揉めてます。

案内画面を見ると、、、番号:MU2154 が、、、

P5038486

元々2番の搭乗口が1番になってます。
受付時間も11:45だったはずが、12:15になってます。

そして、なんと9時の便が遅れているみたいです。

な、なんだか怪しい。。。

まぁ、走ることは無かった、という事なんだけど。

窓口の人にちと聞いたけど答えられない、といった感じ。

他の日本人の方も「解りますか?」聞いてきたんで、
「遅れているみたいですが、ちょっといつになるか解らないです。」と伝えたら、
ツアーで申し込んでいるらしく、ツアーの方へ連絡し、13時過ぎになりそう、と
言う情報を教えてくれました。

13時過ぎ、、、って。。。

その後、表示が変わりました。

P5038489

ゲートが12に変わってる。

そして、同じく西安に向かう14時10分の便は、『欠航』!!!

ま、まじか!

取りあえず移動しました。

そしてしばらく待ちました。
 
待っている間に、
「もしも欠航になったら、上海で遊んで帰るしかないね。」
{もし行けても、無事帰れるのかなぁ。。。」
などなど、たくさん話してました。(一人旅でなくてよかった)

そしてそのうち、窓から見ていたら飛行機が到着しました!

13時30分、、、2時間15分遅れで搭乗開始です。

(窓側に居て待っていたら、なぜか自然と前後に列が出来て、
 まるで並んでいたみたいに取り込まれてしまい、そのまま搭乗口を通りました)
 
そして、席はその場で変更。。。
理由はたぶんキャンセル便とかとごっちゃになっているからなんでしょうね。
 
そしてそれでも出る機内食。。。

P5038510

そして、座席にはモニターは無いんだけど、
席の上部に共用のモニタがいくつかあり、映画が流れていました。
 
『煎餅俠(せんべいマン)』

 
2015年の映画らしいですが、特殊撮影、アクションなどかなり良くできています。
 
中国で人気だったようでAmazonで検索すると、煎餅マンのTシャツが
たくさん出てきました。(笑)
日本でも上映とかしてほしいですね。。。
 
そして、16時48分、、、西安空港に到着です。(予定は14時55分)
 
そのおかげで、、、
 

P5038517

目の前でシャッターが閉まり、両替できず。。。
 
最初銀行探して、見つかったので入ろうとしたら、銃を抱えた人が
「入るな、裏にいけ」と指図するので、裏にいったら、カード用の機械が
あるところでした。
 
カードで借りれば両替は出来るんですが、
もしも故障してカードが取り出せなくなると、日本みたいにはいかないので、
買い物にしか基本使わないんです。
 
なのですぐ戻って銀行を覗いたら、中から人が出てきてシャッターが
降りてきました。そう、ちょうど17時。閉まってしまったようです。
 
本当ならば、もう一銭も持っておらず、ホテルへの移動も出来ないところでしたが、
昨年、北京に行ったときにたくさん両替したのが余ってたので持ってきていたんです。
 
(北京ダックのお店が混んでいて入れず、お金が余っていた、ということ)
 
なので、ホテルまでタクシー移動できました。
(高速含め160元=×20円=3200円)

さて、帰りの話。 
 
今回の旅行は2泊3日なので、もう5月5日には朝5時から帰るんですが、
ホテルでタクシーの手配などしなくちゃいけません。
 
それで、英語も中国語もダメなので、必要なことを紙に書いて見せることにしました。
 
WIFI が一応仕えたので、翻訳ソフトを利用し、こんなもの作成しました。
 

P5059101

これだけでチェックアウト、タクシーの手配まで完璧に完了できました。

1.空港までのタクシーを呼んでください。空港は "T3"になります。
  Please call a taxi to the airport. The airport will be "T3".
  请叫来到机场为止的出租车。机场 成为"T3"。
2.ミニバーは使用していません。
  A minibar isn't being used.
  小冰箱没使用。

一応再度調べたら、こんな風に言えば良かったみたいです。
 
そして、タクシーですがこれも高速代とか、いろいろお金がメーター以上に掛かるので
金額を紙に書いてもらい支払っています。
 
で、朝の便。これはもうちゃんと飛んでくれました!
 
そして、上海に到着し、ここでは普通に一旦出て国際線の搭乗のため、
入国審査に並びます。(1時間くらいで完了しました)
 
そして、、、予定どおりの時間で搭乗までできました。
 
そして、離陸を待つこと、、、、一時間(笑)
 
なんでも上海空港の滑走路が混んでいるため、、、という理由。
 
ななな、ありえないでしょう???
 
動き回るわけにもいかず、読めるものは、機内販売用のカタログを何度も読み返し。
そしてパスポートまでも何度も読み返し。。。
 
だって、テレビも無ぇ、ラジオも無ぇ、なんですもん。
 
で、普通ならば、弟と話すところですが、、、なんと、座席不備
(背もたれが固定できない)ことが解り、自分だけ空いてる席に移動になってしまいました。
 
さ、最悪だ、、、。
 
もともとの予定は、こちら。

  09:00 西安威陽国際空港(XIY)
  11:15 上海浦東国際空港
  13:05 上海浦東国際空港
  16:45 羽田空港(HND)
 
結果、到着は18時04分、、、という時間。
でも無事に帰れてよかった~。。。
 
ということで、無事に帰れた報告でした。
(次回は旅の観光について書きますね~♪)

 

  




 







 

| | コメント (10)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »