« 2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(1) | トップページ | 2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(3) »

2016年2月11日 (木)

2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(2)

さて、天気もなんとかなり、いよいよ2日目。
 
軍艦島上陸です。
 
いくつかのツアーがあるのですが、その中でも船の大きい、
高島という別の島も経由する『軍艦島上陸クルーズ』を選びました。
 
集合場所は乗船場所近くなのですが、ちと解りにくいのでタクシー移動です。
小さな家の中で誓約書を書きます。
 

P1307659

まぁ、そういうもんですね~♪

そして船に乗船ですが、並んだ順に乗ります。

P1307670

やっぱり乗るなら上ですよね。
殿さんのアドバイスで、右側に座りました。
なんでも世界遺産的なものが見えるのは、右側らしいとのこと。
さらに軍艦島の景色を観るならば、右側が良いだろうという話。

おおお、予習が素晴らしい!

そして出発。

船はそれほど揺れませんでした。
(かなり波が穏やかだったからみたいです)

そして見えてきたのが、有名な世界遺産のひとつ、
『ジャイアント・カンチレバークレーン』です。

P1307675

海側からしか見れないものが結構あるのですが、

いまいち価値が解ってない(笑)
 
でも、案内が放送で流れるので、みな、「おー!」とか言いながら
写真撮りまくります。

そして、一旦「高島」に到着です。
ここで皆降ろされて、トイレ、ミニチュア模型の見学になりますが、
ほとんどの人は見学に行かず港をうろうろ。
 
しかし、地図をみるとこの高島も世界遺産のひとつになってるんですね。

P1307704

ここに泊まりに来るのもイイかも。。。
 
あ、トイレは行った方が良いですね。
出発時にもトイレないし。。。
これはありがたいです。
 
自分たちは今度こそ良い席を取ろうと、並んで待ってました。
お蔭さまで狙っていた右側を確保できました。
 
そして、出発すると上の地図のとおり、すぐに数秒?で軍艦島が見えます。
 

P1307714

なんだかずんぐりしていますが、よく見ると船が泊まっているの見えますよね。
じつは船着き場が1個しかないので、みんな順番に止っては降ろし、
船が離れて、、、と、人が入れ替わりで見学コースを歩く形です。
 
なので、この時点では上陸出来ません。
 
なので船は島を少しだけ回遊してくれます。
 
と、ここで予想もしない展開。。。
なんと右旋回しはじめ、左側の方から出ないと見えない事態に!!!
 

P1307730

こんな後方から。。。(笑)。そして立つと、船が揺れる揺れる(笑)
 
無理無理無理。(笑)
 
これは爆笑でした!!!
 
でも、Uターンするときにちゃんと向きが変わって同じような写真は撮れましたが。
 

P1307738

ね!
 
これが、軍艦島と呼ばれたイメージですね。
この角度から見ると戦艦にそっくりだった、とか。
 
確かに!
 
そして、上陸です。
 

P1307769

停泊できる桟橋が見えます。
 

P1307771

これが学校のところ。
『進撃の巨人』の撮影とかでちと使ったとか。。。
 
さて船が止ったら大急ぎで上陸です。
なんせ、他の船も待っているので、午後のツアーとかにも影響が出てしまうそうです。
 

P1307777

この入口でチケットの半券を渡します。(上陸者の数とか数えているのかも)
 
そして、この入口は昔から利用されており、本当はこのトンネルをずーーーっと
くぐって奥の住民のいる街へ入ったそうです。
 
ツアーでの上陸は採掘場の上、らしく、なので、学校とかは遠くに観るだけになります。

 

P1307778

遠くにさっきの学校の校舎が見えます。
手前の手すりは、『ここから出ちゃダメ!』という手すりです。
 

P1307813

説明する広場は、約二百メートルくらいごとに合計3つあり、そこで説明を
聞きます。
この内容は結構面白いです。
 

P1307810

これが炭鉱に入るときの階段。
上に登っていくと、柵のない板だけのエレベータがあり、
そこに乗って下りていくそうで、到着時にはガタイの良い人も
気を失うことが多かったそうです。
 
ただ、韓国の人たちもこのツアーに来るようで、「私たちの同胞もここを降りたのか」
と聞かれることがあり、降りたという事実は伝えています、とか言ってました。
 
残念なのは、「日本人と同等だったし、お給金が良いので韓国の方も皆頑張って
働いた」という事は言ってないみたいです。。。
 
まぁ、あまりこの話しても、旅行が楽しく無くなるので、ここまで(笑)
 

P1307822
 
中には堤防が何度も壊れた跡がありました。
実際波が強く、何度も壊れているそうです。
 
なので、このツアー上陸がなかなか難しく、中止になったり、上陸せず帰ったり、
ということがシバシバ、あるそうです。
 

P1307817

そしてこの堤防をつくった石垣がこれ。
これがなんでも世界遺産として認定されているものらしいですね。
 
そういった説明は無くてよくわかりませんでしたが、そうらしいです。
 
実際の上陸の感じが上手く伝えられないか、とネットで探したら、
じつはGoogleマップを使うとリアルに見えることが解りました。
 
一度行った人も、行ったことのない人も、、かな、参考になると思います~♪

■GoogleMAPのストリートビュー。
http://googlejapan.blogspot.jp/2013/06/blog-post_28.html

(これは船着き場の後方。学校があるところから、なので、
 堤防沿いを右に沿ってあるくと、最近で来た白い鉄柵が見えてきます。
 クルーズはこの中から外に出られません。一応体感できますよ(^^♪)

http://www.nagasaki-tabinet.com/detail/index_51797.html

一番便利なのはこのHPにある軍艦島の地図に、黄色い人をつまんで、
南側に落とすと、見学コースが表示されます。

びっくりするくらい、ちょっとだけしか歩きません(笑)

ちなみに、こんな人たちもいます。

P1307787

釣り人。。。

実は外側の堤防は長崎が所有していて
内側が国が管理している(だったか、、、)で、堤防だけは釣りで上陸してもイイらしい。

なんだか、そっちのほうが良い気もします(^^♪

このあと、港に帰り、長崎駅まで徒歩で移動。

今度は島原、そして、雲仙まで移動です。(つづく)

|

« 2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(1) | トップページ | 2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(3) »

コメント

世界遺産になったおかげで
島が開放されたんですよね

それにしても建物だけの島なんですね

石炭採掘で人が集まり
そして散った後なんですねえ
時代の波
感じます

投稿: グランマ | 2016年2月11日 (木) 19時00分

グランマさん!

はい。何にもないですが、神社の跡とか、
あと、人がいなくなり明かりが消えたことで、
新たに灯台が置かれたそうです。

軍艦島は、このまま消えていく運命でも良いかもしれません。
この消えていく感じがあるから、凄味が感じるので、
色々直されたり、堤防でさらに守られたりすると、
過去と違うものが残ってしまうように思いました。

リアルなあの時代を知る人以外は、正確に理解なんて
出来ないですよね。

なお、上陸には0.5M(50cm)の波があるともう中止に
なるそうで、年間100日くらいしか上陸出来ないそうです。

自分たちが行った前日は、波が高く堤防を越えていた、
という事なので、運が良かったです♪


投稿: たる。 | 2016年2月12日 (金) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(1) | トップページ | 2016/01/29~31_天下布武乃会、長崎征伐に行きました!(3) »