« 2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行①鹿児島観光~屋久島 | トップページ | 2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行③二日目夜~帰り »

2015年12月13日 (日)

2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行② 縄文杉

仕事が忙しくて、、、遅くなりましたが続きです。

2日目いよいよ屋久島縄文杉を観に行きます。

朝は4時30分には宿を出てバス乗り場に移動しなくてはならないので、
3時くらいから起きて身支度整えました。

登山届けも出してほしいそうで、これはホテルでも出せるので
朝出かけにホテルのキーと一緒に出しました。

そして、朝ごはんと昼ごはんのお弁当を昨日チェックイン時に頼んでいたので
これも持って出発です。

ホテル「屋久島山荘」から坂を上って数分。バス停到着です。

正直、場所は前日のうちに確認しておいた方がよかった。
すっごく不安。
まぁ、先にいた人のおかげで解ったけど、真っ暗すぎて(笑)

バス停前に自販機が唯一あり、こんな感じ。

Pb226205

車が来てはココに止り、ジュース買って行きます(笑)
他に購入できるところ、多分なさそう。。。

自分たちも念のため購入。

バス停は『牧野』。実際にはこの次のバス停が目的の『屋久島自然館』で。
5分くらいで着いちゃいます。歩いてもイイか、、、とおもいつつも、
ちと坂道であるのと、迷子になったら、、、と考え、バスにしました。

バスは、『まつばんだ交通』のバス、4時48分、
『屋久島交通』のバスが4時50分に着ます。
  時刻表: まつばんだ交通
         屋久島交通
 
自分たちは『まつばんだ交通』のバスに乗りました。
乗車時に券を取って、降りるときに乗ったところからの料金を支払います。
牧野からは210円でした。

乗ると登山の人たちでいっぱいで補助席出して乗れました。
座席数に限りがあり、乗れない場合もありそうです。
(次のバスがすぐに来るのですが、、、ちと心配)

屋久島自然館に到着すると、順番に登山口までのバスに乗る人たちで
列が出来ています。

Pb226211

現地ツアーを申し込んでいる人が多いようで、朝ごはんをここで食べている人が
多かったです。
(自分たちは落ち着かないし、ツアーではないので自分たちの食べたいときに
 食べることにしました。)
 
登山口行きのバス、乗れなかったらどうしよう、、、と心配でしたが
次から次、と来るので、乗れないことはなさそうです。
 
チケットはここでも買えるようですが、ホテルで買っておいたほうが安心ですね。
前日の分に書きましたが、チケットは往復2枚必要です!
チケットは予め半券にちぎっておいて、乗るときに入れます。
 
列ですが、
さっき乗ってたバスから降りた順で並べるので、自分たちも早めの順になりましたが、
結局登山口に着くと、後ろからバスがどんどん来て。
同じ時間で来た状態です。
(逆に自分たちは補助席で一時間近く落ち着かず。。。運ですね。)
 

Pb226212

後ろにバスが何台も来てます(笑)
 
そう、バスは50分以上乗ることになります。。。これが、いろは坂よりきつい。
補助席だし、、、酔いそうになりました。
(だって真っ暗で景色見えないし。カーブだけがずっと続いていて。)
 
ちなみに貸切バスや、タクシーも利用できます。
その際には、往復の利用チケット(片道:180円)が別途必要だそうです。
 
こんなに気持ち悪くなるならば、タクシーの方が安心かも。。。

さて、すぐに登山開始です。
といってもどっちに行けばいいんだか、暗いし、さっぱりわかりません。
 
取りあえず、、、団体さんのあと着いていきます(笑)
 

Pb226215

まぁ、登山口にあるトロッコ列車の線路の上をずっと歩いていけば
良いだけでした。
 
ただ、最初のトラップがすぐにあります。(歩き始めて3分ほど)
看板が出ているのですが、まっすぐは『進入禁止』とあります。
 
左の橋を渡らないといけません。ここだけ注意。
 
その後はこんな感じです。
 

Pb226217

懐中電燈ないと無理(笑)
 
この線路上をずっと歩いていきます。
 
時々、川を渡ったり、トンネルがあったりします。
 

Pb226219

Pb226222

トンネル内は明りがありました。
それ以外は真っ暗。
 
なんにも見えません。。。
 
怖がりながら川の上の線路を歩く弟。(笑)

Pb226231

 
歩き始めたのが5時50分ごろ。
 
そこから、30分ほど歩いてくると、、、次第に明るくなってきました。
 

Pb226233

6時20分のときの写真。
懐中電灯使わなくて良いので助かります。。。
 
6時36分の写真はこんな感じ。分かれ道に到着。
 

Pb226238

これを矢印看板のとおりに右に行きます。
このトロッコ列車、実際には倒れた杉の木の搬送をしたりする際に
使っている現役だそうで。→の先にあるのは灰皿ではなく、信号機です。
 
曲がった先には、川があります。

Pb226239

名前の付いた橋はココだけだと思います。
「小杉谷橋」。6時37分です。
約一時間弱でここまで着いて、、、もうすぐなのかなぁ、と思いましたが
ぜんぜんでした。。。
 
ここからまだまだ続きます。
 
ただ、このちょっと前くらいから、線路の枕木の上に板が置かれています。
これがかなり楽。
それまでは枕木の上を歩いたりしていて、景色観るどころではなかったから。
 
でもこの板。まっすぐなんですよ。。。当たり前ですが。
 
なので、景色観ながらあるくと、、、踏み外す。(笑)
 
これ、なかなか危険なので注意しないとダメです。
 

Pb226267

7時の時点で多くの杉が見えてきます。
 
そして、苔も。

Pb226271

こんな苔のモフモフ感がたまりません。
 
Pb226268
弟もちと軽快に歩いていきます。。。最初だけ。(笑)
 
7時10分。小杉橋を渡った先10分ほどで、トイレがありました。
 

Pb226274

みんなちと休んでいましたが、自分たちは黙々と歩いていきます。
 
このくらいから、途中で食事している人たちに遭遇。
 
8時頃、やっと携帯トイレの出来る場所に到着。

Pb226282

でもこの10分くらい歩いた先に、ちゃんとトイレがあります。
 
自分たちもこのあと『翁岳』の看板を観た後、
適当に腰かけて朝食を食べます。(一人分なので分けて食べました)
 
そして、8時10分、目的の『大株歩道入口』に到着です。
 

Pb226288
 
日帰りの場合、『ここを遅くとも10時までに出発してください』とあります。
 
時間的には余裕ですね。
 
一旦、川を渡り、先のトイレに行きます。
 

Pb226414

急に歩きやすい作りになってる。。。たぶん、人がたくさん集まるんでしょうね。
トイレだし。(笑)
 

Pb226289

これトイレ。立派です。
二階にあるのは、一階部分で水を浄化し汚物と分離、再利用しているから
だそうです。(汚物は人力で運びだされるそうで、募金で賄ってます)
 

Pb226290

ここから、30分ほど歩くとウィルソン株に。
さらに一時間ほど歩くと縄文杉に着きます。
 
ここからは、ぱぱっと写真載せてきますね。

Pb226292

入口はこのはしごから。
 

Pb226295

けっこうごつごつした岩があったり、階段があったりして、
結構つるつるしています。
 
8時34分、ウィルソン株に到着。
 

Pb226318

順番に皆入っては写真を撮ってます。
自分たちも入りましたが、ど、どこみても、あのハートが解りません。
 
そしたら、『ここから見ると見えるみたいです。』と教えてくれた方が。
あ、ありがとうー!
 
そしてこんな写真撮れました。
 

Pb226403

そして、代わる代わる入ってくる人には、『ここから撮ると、、』と
教えてあげました。
 
こういうの日本人っぽい(笑)
 
さてここからさらに進んでくと、屋久杉の板をつかった登山道に
なっていきます。
 

Pb226329

アスレチックみたいで楽しい~♪
 

Pb226360

ただ、登りは辛い。。。
 
みんな、ひーひーいってました。
 
そして、9時46分、、、やっと縄文杉に到着しましたー!
 
手前から一方通行になり、縄文杉の手前にテラスが置かれ、そこから観る
かたちになります。
 
どーん!

Pb226374

どーん!
 

Pb226377

う~ん、、、個人的な感想だけど、大きさがよくわからない。。。
 
宿で実物大の写真とかあって。
みると相当な大きさなんだけど、、、
 
ここに皆来ると、写真撮って、さらに携帯がつながる、ということで、
家族へ電話します。
 
まぁ、家族思いの人が多いのかなぁ、(笑)
 
自分としては、仕事の電話入らないように祈るばかりでした(笑)
 
このあと、水でぐちゃぐやの道を歩きながら帰ります。
 

Pb226398

さっきの板の道のところで思い思いに食事する人たち。
そういうものらしい。
 
自分たちももう少し進んだところでお弁当~♪

Pb226386

おおお、、、片寄ってる。。。
 
ちと雨も降ってきていて、ご飯がお粥っぽくなりそうでしたね。
 
でも、、、10時にお昼。。。って早かったかなぁ。
 
 
10時39分には、さっきのトイレの有った登り口に戻ってきました。
下り坂だから少し早かったですが、かなり疲れました。
 
すっごい勢いで降りていく人がいて。
 
よっぽど慣れた人なのか、と思って見てたら、なんども滑って転んでいました。笑
 
巻き添えにしないでくれ。。。たのむ。
 
まぁ、ここからは平地。
 
楽だろう、、、とおもったけど、この続く道をずっとあるくのは意外とつらい。
 

Pb226431

途中から傘をだして使いました。
 
帰りは明るいので景色観て歩くと、この板を踏み外します。

Pb226432
 
そうすると、水たまりに嵌ります。
 
なので、やっぱり景色観ながら歩くのは無理です。。。
 
ずっと下見て歩きます。
行きの時、途中で疲れて、「この道、帰りも歩くのか」と嫌な気分になりました。
 
案の定。。。「ま、まだつかないのか、、、」という思いでいっぱいになりました(笑)
 
まぁ、たまに写真撮るのに立ち止まれば良いんでしょうね。
休憩がてら。
 

Pb226446

こんな苔も。
でも触っちゃダメだからなぁ、、、残念すぎる。
 
雨がふったせいで、苔たちは元気、ですが、こんな感じです。
 

Pb226468

水が、、、この下くぐらないと、、、進めない。
 

Pb226469

なので、水たまり多数。
 
というか、水で線路も見えないところが多数。。。
(でも、もうゴール間近のしるしです)
 
13時48分! やっとバス乗り場まで到着ー!

このあと、荷物をこんな感じで並べてバスの順番とり。
 

Pb226480

バスは、15時にならないと乗れないので、ひたすら待ちます。
自販機も無いから何もすることなく、雨を避けることもできずに待ちます。
 
14時30分にバスが来ますが、最初に募金の係の人が降りてきて
募金のお願いを始めます。
さっきのトイレの汚物運搬の募金で、500円で屋久杉の箸置きをくれました。
。。。弟に。
 
自分はトイレの前にあったところに入れちゃったんですが、
それだともらえません。。。
 
15時前にバスに載せてくれて、少し早くバスが出ました。
 
15時20分には屋久島自然館に到着し、牧野までのバスに乗ることに。
15時40分くらいにはバスが来て乗れました。
 
歩いて帰りたかったんですが、弟的には足が痛くて無理だったらしく
(小指がすれて真っ赤になってました)
まぁ、自分も疲れていたので無理しないでよかったかな。
 
15時50分、宿に到着~♪

Pb226492


すぐに風呂に入って、休憩しました~♪
ここのお風呂は中が畳敷きで足の疲れには最高です。。。
(日にちにより、男女入れ替え制なので、2日目に入れてよかった)
 
夜の食事はまた③で書きますね。(つづく)
 
■登山の荷物について(参考)
 
必要な荷物はここのページにあるものの通りです。
 
http://www.yakushima-guide.com/check/
 
よじ登るところもちょっとだけあり、普段ならば大丈夫ですが、
疲れたところでそういうところが出てくるので、動きやすい服、靴が良くて。
さらに、雨が多いところで、湧き水も多いです。
 
水たまりでどこ歩いたらいいんだー!ってことも多いので、
防水の登山靴が良いです。
 
服装は11月では長袖のシャツでちょうどよかったですが、
ユニクロの「ウルトラライトダウンジャケット」は持っていきました。
(着ませんでしたが、時々寒く感じたので有った方が安心です)
 
ヒートテックは絶対ダメ、と言われていたので止めました。
 
あとは懐中電灯は必須。
 
飲物、食べ物は必須。弁当を宿で手配するのが一番。
 
(本当に何も売ってないっす。土産物屋も登山中無し)
 
あとは簡易トイレと、おやつ。。。折り畳み傘もあってよかった!
 

|

« 2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行①鹿児島観光~屋久島 | トップページ | 2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行③二日目夜~帰り »

コメント

やはりあの世の方が
楽そうです(笑)

投稿: グランマ | 2015年12月13日 (日) 09時41分

グランマさん♪

あの世もまだ行ったことないですが、
頭に輪っか付けて、白い羽根でももらえたら、
なんだか楽そうです♪

ちなみに花粉症はここにきてもひどくなるそうで。
山の奥に入ると、古い杉の木しかないので、
花粉が少なく楽になるそうです。

投稿: たる。 | 2015年12月13日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行①鹿児島観光~屋久島 | トップページ | 2015/11/21~23_鹿児島・屋久島旅行③二日目夜~帰り »