« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月26日 (日)

2015/07/18~20 北京に行ってきました(おまけ。)

おまけです。

今回、なんと、行きの飛行機チケットが自動的にビジネスクラスになりました!
 
そんなこともあるんですね。
 
初めての経験です。
 
ビジネスクラスは席案内も優先ですもんね。
なんだかこんな福引に当たった感じで先に入っていくのは
気が引けつつも入ります。
 

P7183020

入口も別々です。(まぁ、それだけですけどね)
 
席に着いたらスチュワーデスさんやってきて、
「○○さんですね。本日はご搭乗有難うございます。」って。
びっくり。
 
慌てふためいて、
「あの当たってしまって、ビジネスクラスは初めてで。
 こちらこそよろしくお願いします。」
 
と、あやうく言いそうになりました(笑)
 
あ、危なかった。。。
 
席もこんなにちがう。
 

002

左側は、ビジネスクラス。席の前はすっかすか。
テーブルも広い!
 
右側はエコノミー。帰りの便です。
ひざも当たるくらい狭くて。。。
 
広さはさらに伝わる写真! こんな感じ。
 

P7183032

コップの飲物は焼酎(笑)。弟もメニューの充実さにびっくりで
ついつい頼んでいました。
 
新聞も持ってきてくれるし~♪
 
というか、前のモニター下に荷物入れるとシートベルトしたままだと
ものが取れないくらい。
あしも届かないし。
 
さらに、
シートもボタン押すだけで自動的に角度調整され、寝っ転がった状態になります。
それでも足が前の席に届かない。
 
(短いとか、あまり関係ないハズ!)
 
まさに、もう、歯医者さん状態です! (ボキャブラリーなくスミマセン)
 
ご飯もメニューから選択です。(まぁ、2種類から選ぶのは同じですが)
 

 

P7183030

そして出てきたのがコレ。
 

P7183035
 
「料理に合うワインもありますが」と言われワインにしました。
ビールもちゃんとグラスで貰えます。

P7203782

エコノミーだとこんな感じ。
ビールもプラスチックのコップです。(ここには写っていないですが)

今回は、行きの飛行機が一時間くらい遅れたりしましたが、
いろいろと良いことも。
 
入国カードをこの待ち時間中に書こうと、ホテルの名前とか
調べるのに、一旦切った携帯に電源入れてネットにつないだら、
その一瞬にメールが届きました。

それは、叔母からで、なんでも差し入れを家のところに置いておいてくれる、と
いうもの。
えぇっ! 3日もいないから腐っちゃう!と慌てて返信したところで、
飛行機が動き始めて。携帯の電源切るように言われました。
 
助かったー!
 
そして、空港に到着した後も、電車が30分くらい遅れてきたり。
宿が見つからなかったり、北京ダックが食べられなかったり、
想定外の事が多かったですが、無事に行って来れたのは、
本当にお蔭さまと思います。

有難い。 
 
そして、是非とも、またビジネスクラス、宜しくお願いします。
 
あの席に座ったら、もう他の席は座れなくなりそうです~♪
 


| | コメント (6)

2015年7月25日 (土)

2015/07/18~20 北京に行ってきました(その四。故宮)

さて、北京旅行の2日目、3日目を纏めて書いちゃいます。

本当は、『故宮』と『天壇』にそれぞれ行く予定でしたが、
『万里の長城』に時間が掛かりすぎて、廻りきれませんでした。

やっぱりツアーとか使わないと、全部廻りきるのは難しいですね。

ということで、『天壇』を諦めて、2日間で『故宮』巡りしました。

といっても、中には入っていないんですが。

まずは『前門』駅に戻ってきて、昼間の天安門を見学です。

荷物チェックを行って、天安門広場内に入ります。

P7193486

そしてここが天安門広場。
あの件については、いちおうここでは語らず。

なんせあの5文字をLINE乗っ取りされたときに書き込むだけで、
すぐに立ち去るという話もありますので。(笑) 

P7193493

うしろは、『人民英雄記念碑』と、『毛沢東記念堂』です。
夜のイメージとはちと違います。

P7193494

そして、『天安門』の中に入っていきます。

正面の通路は閉められていて、横の入り口から入ります。

P7193500
 
こんな感じ。ちと工事していますね。。。

P7193502

そして抜けると、

P7193505

裏は工事していないです。
何にもないんだなぁ。。。本当はここに上がれるみたいなのですが、
工事の関係か、人の姿はありません。

さらに奥にまた門があります。『端門』と書かれています。
この門に入る前に、故宮のチケット売り場があります。
(故宮の前にもあるそうなのですが一応ここで買いました。)

P7193508

ココを抜けると、故宮です。

P7193517

故宮の入り口、『午門』です。

が、、、もう17時。。。中に入れません。。。残念。。。

なので、このまま右に曲がり、故宮の外側を歩いていきます。

お堀の周りを抜けて、再度、『天安門』のほうに向かい、再チャレンジ、
北京ダックを食べに向かいます。

狙ってたお店に着きましたが、当然日本語通じません。

でも英語で「予約は?いまは空いていない』、と言われ、諦めました。

そして、いちおう名前の有名なお店のひとつの支店があったので、
こちらでごはん食べました。

P7193537

P7193551

P7193555

普通に美味しかったです。
が、なんか変わったものが食べられるかと思っていたので、
ちと物足りない(笑)
 
お店の方は親切でした♪この肉を挟んだパンもわざわざ作ってくれました。
 
あ、ご想像の通り、かわいい店員さんでした~♪
 
そのあと、ちょっと歩き散歩した後、宿に帰りました。
さすがに万里の長城からずーーっと歩きっぱなしだったので(笑)
 
帰り道の途中。いつもの『東四』駅の一つ手前、『灯市口』駅で降りました。
どっちの駅からも同じくらい歩くのと、
こちらからだと途中にセブンイレブンがあるので、コンビニに寄るならば
こちらのほうが近いかも、なのです。
 
そして、途中で見かけた中華菓子の有名な『稲香村』の支店(?)があり、
立ち寄りました。

P7193562

店はなんだかでかい。
中に入ると、ソーセージとか、ちょっとお菓子以外のものも売ってます。
そして、お菓子はこんな感じ。

P7193563

これ、量り売りでした(笑)。
 
まるでケーキ屋さんだな。
 
買ってみましたが、味はまぁ、なんとも。
甘すぎない中華菓子なので、美味しい気がします。
 
てか、チョイス間違えたかな。。。
 
抹茶味の中華菓子は弟は美味い!と言ってました。
 
そして夜は早く寝て、翌日も8時くらいにチェックアウト。
 
このまま、『故宮』の全体が見渡せる公園に歩いて向かいます。
 

P7203590
 
『故宮』の周りにあるお堀と、『角楼』です。
 
このまま進んでいくと、『故宮』の裏口『神武門』が見えてきます。
 

P7203601

この向かい、北側に『景山公園』があります。
 

P7203607
 
このおくにある山の上の建物まで登ります。
ちときつい(笑)
 

P7203621

登りきると建物がありました。
P7203623
 
ここから見ると、『故宮』の全体像が!!!

P7203629

おおおっ!!!
 
でも、曇ってる。。。PM2.5すげぇ。。。

P7203632
 
どんなにカメラ良くっても綺麗に撮れやしない。。。
 
取りあえず、ひととおり見まくった感じ。
 
次は、まだ帰りまで2時間ほどあるので、
 ・既に無くなった、と言われているハードロックカフェ 北京店の廃墟を見る。
 ・使われることがほぼ無い状態で生ける廃墟のオリンピック公園を見る。
 
どちらにしようか、考えましたが、、、無難にオリンピック公園にしました。
 
この『景山公園』は近くに駅がありません。
なので、バス、もしくはバイクタクシーになるようです。
なので、すっごい勢いで声かけられましたが、断り続け、
歩いてトイレに行きつつ、脇道に入って駅までの近道を行ったつもりでした。

P7203652
しかし、地図がないところを歩くのは危険ですね。。。
いくら歩いても大きな道にぶつからない。。。
さらに道が細くなり、曲がり込んでいたりするので、不安になりつつも
大きな木がある方に進めば基本、公園がある、という判断で、
方向だけ意識していたら低い建物なのでなんとか大丈夫でした。

P7203653
こんな細い道ばっかりでちと怖いですよねぇ。。。
 
そして、地下鉄の駅にたどり着き、オリンピック公園駅へ向かいました。

P7203674
 
オリンピック公園駅には、有名な『国家スタジアム(通称:鳥の巣)』や、
その向かいには、
壁の色の変わる『水立方』があります。

P7203686

P7203692

P7203705
 
オリンピック公園の敷地内には無料で入れますが、
セキュリティチェックはあります。
 
そして各建屋にはいるには、チケットの購入が必要ですが、
今回は入りませんでした。
 
『鳥の巣』は、あんまり使われていないようで、
この土地が勿体ない気もします。。。
 
そして、帰ることにしました。
ここから、空港に移動しました。
 
空港では第三旅客ターミナルに向かい、ANAの窓口にチケット取りに行きます。
ANA、すっごい列が出来ていました。
(同じ時間帯に、大阪、名古屋、東京と便が集中しているからみたい。)
 
早めに行くべきだなぁ、と思いました。
 
でもかなり早い時間だったのでごはん食べました。
 
う~ん、、、高いのになんだか普通でした。
家の近くで食べた方が美味しいというのが悲しい。。。
 
いちおう写真を一枚だけ。

P7203745

チェックインし、チケット受け取りしたあとは、
出国手続きですが、なんどか荷物チェックがあるので、めんどくさいです。
 
まぁ、手づつきさえ終わればお店もたくさんあるし、
時間は潰せます。
 
そんな感じで行きは成田空港でしたが、帰りは羽田に帰ってきました~♪
 
ということで、北京旅行は終了。
 
行きそこなったところも多くて、弟とも話したのですが、
もう一回行こう、ということになりました。
まぁ、いつかわかりませんが、PM2.5の少ない時期、というのは
共通の認識です(笑)
 
 







| | コメント (4)

2015年7月24日 (金)

2015/07/18~20 北京に行ってきました(その三。万里の長城)

北京旅行の二日目。

ほんとうは朝早くから出かけようと思ったのですが、
疲れていたりもしたので、8時くらいから出かけました。

万里の長城への行き方は、『北京北』駅からの電車に載っていくことができます。

『西直門』駅まで地下鉄で移動し、そこから地下通路で『北京北』駅に
つきますが、そこには、『八達嶺長城へ向かうS2鉄は上に』とあります。

P7193255

地上に出て切符売場っぽいところにいくと、閉まっていて切符買えません。

でも地下鉄で買えるカードで乗れるので、準備しておきました。

P7183106

でもすぐにホームには入れません。
駅到着時に大量の人が降りてくるからだと思われますが、
一旦、脇のところに並ぶように指示されます。

P7193256

これが裏まで廻る列。

(これ、無理か???)と思ったところを狙われました。

「八達嶺?」と写真を見せてきた列にいたおばさん。

なんだかわからない言葉で、『バス』携帯で、数字の『100』を見せてきます。

さらに、『2人(ぴっぴと指を自分たちを指して)、200』と。

やばいですよね。現地のこういうの。

怪しいのでこういうのに載っちゃいけません。
(でも観れないのも困るけど、、、) と思ったら、

『OK!』 って弟が!!!

えっ、な、なにを、、、大体電車であれば、6元ですよ。(約120円)

それを、100元(約2000円)って。。。

それ以前に怖いじゃん、どこ連れて行かれるか解らないよ。。。

って、文句言ったら、「だー、いいじゃん、大した金額じゃねーよ。」
「この列じゃ、無理だろ!」

って、そういわれると、そうなんだけどさ、、、。

で、端で待っていろ、と言われます。

待っているうちに女性の二人は声を掛けに列の中に入っていきます。

中国の人たちを連れてきますが、
数分すると揉めて、いなくなったりしてなかなか人数集まりません。

海外のバスは、ある程度人数が揃わないと発車しないバスも多いです。

これはやばい、、、と思ってたら、
一時間に一本くらい走ってる電車が到着。大量に人が降りてきます。
ものすごい量の人が降りてきます。。。

あ、これ並んでいても乗れるな。。。そう思ったら、「まずい」と思ったんでしょうね。

「さぁ、バスのところに行きましょう」と皆を連れて行きます。

もう、行くしかないか、、、とついていくとかなり遠くまで歩きます。

で、バスが見えてきました。

あ、あれ、普通の観光バス?
と思ったら、そこは素通り(笑)

さらにその先に進むと、小さなワンボックスカーが。

(こ、これに乗るのか。。。)
運転手いれて11人。無理だろう。。。

そう思ったら、中のシートが4重になっていました。(一つは後ろ向き。。。)

01

こんな感じです。

ここに乗り込むとこんな感じ。

02

なぜか、弟は青の助手席。(文句言わないから???)

で、自分は黄色。後ろ向き。絶対酔う。。。

さらに待ち時間が長すぎてトイレ行きたい。。。

で、待っているとさらに人を連れてきました。。。
シートに載っている人は無理、と言ってます。

奥に子供がいて無理だろう、と指さしていたら、じゃあお前が奥に入れ、と
奥に載せられました。

来て、車をみて「無理」、と帰ってしまう人もいたり。
そうだよね。。。

で、もう奥なので完全に降りれません。。。
乗ってしまった人もみんな観念したみたいになってます。

 
最終的にこんな感じ。

03
 
よく、脱北者とか乗り物に詰め込まれるイメージがありますが、
まさにこんな感じで荷物を詰め込むみたいに入れていくんだと
解りました。。。
 
声かけられてから一時間待たされて出発です。
 

P7193263

ギューギューで熱いいい。。。。
 
 
タイヤがカタンカタンとずっと振動が来ます。
 
自転車で空気が抜けてるときにある振動と同じです。
人、載せすぎ。。。
 
このまま高速道路に入ります。
 
(これで高速で車故障したらどうなるんだ???)
 
で一時間ほどで見えてきました。。。
 

P7193266

あちこちに万里の長城が見えます。
 
途中、駐車場に着きますが、そこで一旦運転手が降りて、再度乗り込むとき、
窓を閉めるように言います。
 
この先に進んだところで長いトンネルがあったので、閉めさせたのだと思いました。
 
中国の軍隊演習場を抜けて、線路を越えて、、、結局1時間半かかって
駐車場に停車しました。

で、自分たちは200元払いましたが、他の人は200元払ってお釣り貰ってました。
3人で。。。
 
そして、さらに、揉めてます。(笑)
 

P7193281

ここには食事できるところや、宿もあるみたいです。
 

P7193282

兎、とか書いてあるので山の動物が食べられるみたいですが、
取りあえず先に進みました。まずはトイレに行かなきゃ!
 
線路があるところまで行くと、トイレがありました。
 

P7193285


中に入ると、おじいさんがひとり。
「1(いち)」と日本語で言いました(笑)
 
1元支払って、中に入るとこんなトイレ。
 

P7193286

俗にいう、『ニーハオトイレ』ですね。
 
横にいる人とあいさつできるので、『ニーハオトイレ』という。。。
 
このあと、街中でもトイレは結構あって。
古い建物の場合にはニーハオトイレだったりしますが、
ほかは結構きれいな洋式だったりします。
 
でもここはきれいなところなのに。。。
 
ちなみにトイレットペーパーはなかったですが、雑誌が数冊、
紐を通しておいてありました。
 
これが、、、トイレ用の紙???
 

P7193287

まぁ、お国によっていろいろですね。

この横の線路を越えて左に見えるホームが電車の駅です。
 
『八達嶺』駅です。
 

P7193295

このまま駅を素通りして進むとチケット売り場、万里の長城の登頂口に
到着します。

地図をみるとこんな感じ。

P7193302

左上の赤丸から、順に「到着した駐車場」「トイレ」「駅」「チケット売り場」
「登頂口」になります。
 
チケットは、絵葉書付のポストカード付チケット45元。普通のチケットは40元です。

P7193305

朝から何も食べてなかったので七味の掛かった串焼きを購入。
これ、なかなか美味い!
 

P7193306

そして地面に掛かれた矢印にしたがって進んでいくと、
門が見えてきます。(これ、実は万里の長城)
 

P7193322

ここを抜けると、こんな感じ。
 

P7193329

じつはここでもチケットが売られている(笑)
 
そして写真のところでチケットを見せて入ります。
 

P7193341

地面はなんだかクッションが入ってます。
女坂のほうに進んでいたので人が多い。。。
 
そして、これから、男坂にのぼります。
 

P7193346

この先の山の上まで上がります。
 
手前の人がいっぱいいるところが、さっきくぐった門ですね。
 

P7193375
 
坂、かなり急。。。
 
かなり休みつつ上がりましたが、弟いわく、まるで高尾山。。。だそうです。
 
上にあがると、狭くて。
 
さらに何もすることないのであとはまた降りるだけ(笑)
 
景色は良かったですよ~♪

P7193418

そして帰り。
駅で電車になろうと中に入るとすごい列。

P7193444

いちおう、カードは持っていましたが、チケット買ってみました。
 

P7193445

これだけいたら乗れないんじゃ、、、と思ったら、
電車は結構大きくて、楽に乗り切れました。
 
(なので、行きも大丈夫だったはず。笑)
 
北京北駅に着いたのは、1時間半後でした。
 
長く書いちゃいましたので、
帰ってきてからの観光はまた次回更新します。




| | コメント (6)

2015/07/18~20 北京に行ってきました(その二。夜の観光)

さて、1日目の宿チェックイン後です。

夜遅くなり、もともと予定していた北京ダックは中止。
それでも一応『天安門』だけは一目見ておきたい、と少し休んでから出かけました。

宿の最寄り駅 『東四』 駅まで、10分ほど歩き、5号線にのります。
2駅先の『東単』駅で1号線に乗り換え。
『天安門東』駅で降ります。

矢印に向かって駅の外に出ると、人の流れがきれいに分かれています。
そのまま、右側に沿って歩いていくと、セキュリティゲートがあります。

P7183113

ここで荷物のチェックをします。
地下鉄に乗る際にも、じつは必ずチェックするのですが、
天安門でも同じようにウェストポーチも、ここでX線スキャンを掛けてから
入ります。

チェックはそんなに時間かかりませんが、
たまに水を持っている人がここで引っかかって列が長くなることがあります。

中に入ると見えてきました!

『天安門』です。

P7183131

真ん中の肖像画は、『毛沢東』ですね。

こんなにライトアップされているとは思わなかった!

この門の前(写真撮った自分の背のほう)に幅広い道があり、
その奥に、『天安門広場』があります。

P7183121

腰くらいの柵の奥にさらに柵がある感じ。
その奥に人が小さくみえるところ、が広場です。

道幅広すぎですよね♪

天安門内は16時30分まで。
このセキュリティの掛かるところは夜遅くまで入れるようですが、
広場自体へのルートは夜間入ることは出来なくなるようです。
(16時くらいから入口のいくつかが閉まってしまいます。)

下の地図の真ん中が写真撮った場所。

P7183141

さらにグレーがかったエリアがセキュリティチェックなしでは入れないところです。

このあと、天安門前から、幅の広い道を地下道でくぐり、金色のエリアに
移動します。(時間が早ければ、この地下道から天安門広場にも入れます)

まずは天安門広場の前にある、『人民英雄記念碑』
ライトアップされた塔ですね。
奥の建物は、『人民大会堂』で、中国共産党大会とか行われる
中国の国会議事堂です。
なにもないときはこの中も入れるみたいです。

P7183160

さらに進むと、『毛沢東記念堂』があります。

P7183163

ここには、毛沢東の遺体があるそうで、この建物は荷物の持ち込み、
カメラの持ち込みも禁止!ということです。
(見学も立ち止まることが禁止、とかなり厳しい。。。)

ちょうど歩いている背後には、『中国国家博物館』があります。
このあたりはセキュリティチェックされていないところですが、
この建物は『中国の歴史』の展示がされているそうです。

P7183159

いやはや、でかい。。。

この建物の並びには、たくさんのお店が並んでいます。

さらに進んでいくと、『正陽門(前門)』があります。

P7183183

でかい、、、壁が高い。。。

さらにら、ライトアップ???(点滅はしていないけど、なんだか。。。)

ここはもう『前門』駅のところ。

ここまで時間かけてみているつもりですが、実際は40分くらいでした。

前門の前には、『前楼』があり、この奥に歩行者天国になっている
繁華街があるそうです。

(勘違いで行きそこないました。。。失敗。)

P7183190

門の奥に見える灯が、、、残念すぎる。。。

そして、夜遅くになってきたので、24時間お店がやっているところへ
移動することにしました。

で、ここで降りる駅を間違えました。。。

一駅、戻ることになったのですが、10分くらい歩いたら着きました。
以外に近い。

『北新橋』駅です。(宿のある『東四』から5号線で2駅です)

駅を出るとこの賑やかさ。

P7183211
 

P7183233

そしてこの街の一番のおすすめは、コレ!
 

P7183212

ザリガニです。
 
でも、ザリガニ、、、ちょっと怖い。。。
 
理由は、食べた人がお腹壊す話が多いのと、
汚水のせいか、毒があったニュースが以前あったからです。
 
(なんでも弟も宿でテレビみていたらニュースでザリガニが出てきて、
 読める感じで「水銀」と書かれていたそうです。。。)
 
なので、今回はザリガニは止めて。。。

当初計画していた店に行きます。

が、

P7183218

あ、ザリガニ。。。そして、

P7183220

この待ち行列。。。激混みです。

いちおう、いくつか他のお店も考えていましたが、、、メモ、忘れました。。。

なので、適当にお店に入ってみました。

P7183231

ちょっと建物が中国っぽくないですが、
羊の鍋が食べられるみたいだったので、ここにしました。

そう、北京の有名な料理のひとつに、羊鍋があります。

今回、夏場ですが鍋を食べよう、と決めてたんです。

『鬼街老店 曉林火鍋』です。

で、メニュー(というか同じ紙が注文票でチェックを入れる)を見ると。。。

P7183224

ぜ、ぜんぜんわからない。。。オススメもさぱり解らん。。。

メニューの最初に書かれているものがオススメ?とか
いろいろ考えて、『羊』の文字のところにチェックつけて。
さらに「中国語」の本で、「オススメは?」とか見せたら、
適当に持ってきてくれました(ちと不安)

それがこれ。

P7183227

な、なんだこれ。

火鍋のしゃぶしゃぶのイメージだったのに。
なんだこれ。。。

で、食べましたが、ちょっと辛くて美味い!!!

う、美味い!!!ガツガツ食べられる。

ビニル手袋渡されてそれをつけて両手で食べるんだけど、これはなかなか。

後で勘定払ったときの金額から、『羊蝎子火鍋』だと解りました。
これの(中)です。

羊の背骨の火鍋、ということです。いや、オススメです!!!

で、ビールですが、店のなかに自販機があり、そこで買え、と。

なので、ひえっひえの冷たいビールが飲めました。

この鍋、アツアツなのですが、テーブルに置いた後、火は着けずに
そのまま食べていきます。

それでもいつまでもアツアツで美味しかったです。

ということで、予定通りにならないことが多かったですが、
一日目は大満足で終わりました。

そして、翌日は、『万里の長城』へ行きます。(つづく)

| | コメント (2)

2015年7月21日 (火)

2015/07/18~20 北京に行ってきました(その一。宿の話)

今回の連休では、北京に行ってきました。

いろいろ見たり知りたいものがあったので、いろいろ心配事はありましたが、
行ってきました。

結果予定通りにならないことがたくさんあり、
予定のものが食べられず、予定外のものを食べて終了、という旅行でした。(笑)

今日はまず、宿の話です。
 
今回泊まったところですが、「北京四合宾馆」というところです。
 
部屋の中はこんな感じ。

P7183081

部屋の外はこんな感じ。

P7183083

これは部屋を出たところにある中庭です。
 
ここは、『四合院』のホテルなんです。
 
『四合院』とは、
昔、北京の紫禁城の周りに役人がたくさん住んでいたそうです。
その役人たちが住んだ家の作りが、『四合院』というものです。
 
もともと風水の話もあり、壁が作られているようですが、
ざっくりいうと、家自体を壁にしている四角い建物で、
家と家の間に壁をつくり、門にしている形です。
そして真ん中に「中庭」がある、というかたちです。
 
なので、今回の宿も作りはこんな感じです。

P7183085_2

なので、外側は家の裏側が続いているような状態になります。
 
この宿もこんな感じ。

P7183102


 
北京には、『胡同』と言われる街がたくさんあり、
この胡同には四合院の家がたくさんあるのです。
 
ただし、ひとつの四合院の家のなかに何世帯も住んでいる状況があるようで、
中庭も畑にしている家も有ったり。
門の中にさらに道が出来ている状態で、もう、完全に迷路。
 
さすがに門の中には入れないですし、
この四合院の建物が半分壊れかけたような通りは、
スラム?って思うくらいごちゃごちゃです。
 
そんな昔ながらの四合院をきれいにホテルにして、泊まれるようにしたところが
最近いくつかできていて、そこに泊まったという次第です。
 
そのごちゃごちゃのところを少しだけ。(今回数回にわたり迷ったときに撮りました)

P7203648

入口の中にさらに町がある感じですよね。。。
 

P7203654

ここは、もう通路なんだか、四合院の一部なのか、さっぱり。。。
 
こんな通りの中にあるわけなので、夜とかは真っ暗です。
 

P7183238

ホテルの前も、このありさま。

P7183244

一番真っ暗なところはこんな感じ。

P7183239

でも昼間はこんな感じ。

P7193249

昼間は良い感じですけどね~♪
 
でも部屋はきれいだし、ホテルの従業員の方はかなり親切にしてくれて、
きもちよいホテルでした。
 
冷蔵庫もあって、ちと離れているけどセブンイレブンもあるし。
 
なのですが、、、一点だけ問題が。
 
実は、地図が間違っていました。(笑)
 
もともと、予定通りにならず遅れて宿に向かったのですが、
地図の通りに行くと、小学校があります。
 
どんなにあっちから、こっちから向かおうとしても宿にたどり着けません。
 
今回のホテルは、hotel.comで予約したのですが、
地図がgoogleのページを載せていて、なんだか正しくないような。。。と思い
数日前にhotel.comへ電話して確認したのですが、
「住所は合ってます。」の返答。
 
でもほかの宿予約の会社のHPに記載されているところと表示が違うんですよね。
 
その時は相手も日本語片言だし、住所は正しい、というならばそのまま行ってみよう、
と来たわけですが、
実は、、、住所は合ってたけど、googleMAPがおかしかったようです。
 
一時間くらい迷いながら、裏道に入ったりして地元の人たちに変な目で見られて、
ドキドキしながら、で、もう疲れ切って。。。
 
弟に、「もう一個の住所のところはわかるの?」って言われて。
「覚えているけど。。。じゃぁ、一回行ってみて違うようなら
 その宿の人に教えてもらおうか。」
 
そんなことで、行ってみたら、、、予約されていました!!! 正解でした。(笑)
助かったー!

元の地図は、セブンの裏側になっています。

hotel.comのページ

しかし正しいのは以下の場所。
 
北京四合宾馆
  住所: 北京市東城区東四南大街灯草胡同5号100010

Map


このセブンイレブンのうらに小学校があるのですが、そのあたりを探したって
見つかるわけありませんよね。。。全然道を挟んで反対側ですもの。
 
今後のためにいちおうhotel.comにお知らせしておきましたが、
伝わるかなぁ。。。変えてもらえるかなぁ。。。
 
あと、ホテルの近くのほかの四合院の入り口からの写真を。

P7203577


 瓦屋根で結構しっかりした作りの門ですが、そのはず、
左のところにある石が四角で彫刻があると、かなりくらいが高い
役人だったよう。(さらに上がいるようですが)
でもそんな過去の家でも、奥を見るといくつもの住人が入っているみたいですね。
 
今回の旅行は想定外が本当に多かったので、また、後日、更新しますね。
 

| | コメント (4)

2015年7月15日 (水)

東京の海で泳げる日はくるのか。。。

東京湾の海がきれいになってきた話はよく聞きます。

多摩川なんかもいろんな生き物が帰ってきたとか、
アユもけっこういっぱいいるそうで。

良いことです。

さて、東京の海ですが、泳げるのでしょうか。

実は、、、泳げます。。。が、

『水に顔を浸けないこと』 が条件ですが。。。(笑)

2014年にお台場で2日間ほど、海水浴場がオープンしたそうですが、
このときも、顔を水に浸けないことが、条件でした。

これ、2013年から解禁になったそうです。
この条件付きで。

うちの近くの葛西臨海公園も海水浴が今年、土日だけ出来るようですが、
こちらも顔を水に浸けないこと、が条件だそうです。
先日、臨海公園に行ったら海水浴の貼紙がしてあって、そうかいてありました。

でもさ、、、。

それって、子供たちに無理でしょう。。。

なんで、顔を水に浸けてはいけないのか。

それは、『大腸菌』がうようよしているからです(笑)

なんでも、遊泳可能な水質は『大腸菌が100ミリリットル中1000個以下』と
決まっているそうで。

でもお台場は、『5000個以上だそうです。』

さらに、雨が大量に降るとさらに増えるそうです。

この理由ですが、下水道の仕組みが原因です。

下水道はトイレの水も流しますが、雨水も流します。

その水は下水処理場に行くもの、とみなさん、だと思っているかと思いますが、、、

もしも、雨水が大量に流れた時、下水管の許容量を超えてしまうことが
あります。

すると、道路や、建物の床下・床上浸水など発生してしまいます。

このため、ある程度の許容量を超えた時、
自動的に、近くの川に下水が流れるようになっています。

(『合流式』の場合になります。『分流式』は、雨水専用なので
 川に流しても影響ないです。)

なので、雨の日は洗濯は控えた方が良いそうです。

 
う~ん、、、東京はまだまだっす。
 
と、思ってこの記事書いていたら、なんと、葛西臨海公園、
18日から顔浸けOKで解禁になるそうです。
半世紀ぶりだそう!!!
 
って、言われても、そのニュースには、
「需要や安全性を確認する社会実験」って書かれてる。。。
 
    だめじゃん!!!
 
さて、ここで2つのお話を

まず一つ目。。。東京の海で水上バイクにのる人たち。。。
大腸菌、だいじょうぶなんでしょうか。。。
 
大腸菌で有名なのはO157ですかね。。。
 
さらにもう一つ。
 
じつは、2020年の東京オリンピック、、、お台場でトライアスロンだそうです。
 
せ、選手可哀想すぎる。。。
 
早急に海の水質改善を進めてほしいですね。
 
そして、小さな協力、ということで雨の日の洗いものは避けましょう♪
 

| | コメント (8)

2015年7月 5日 (日)

最近のはなし。

先日水、木と仕事、休みになりました。

残業しすぎなので代休だそうですが、いやはややらなくちゃいけないと思っていることは
沢山あります。
でも、お金払えないから、と休みになります。
それも、急に。。。

お金払えないので休みを取る、っていうのは仕方のないことなんですが、
急に明日休んで。ってなんとかならないかなぁ。

「明日やらなくちゃいけないことではないでしょう?」
とか言われても、明日やらなくてもいつかやるなら、
早い方が効率が良いと思うんですけどね。

ということで、毎日やる気がごっそり奪われます。。。

まじ、鬱になりそう。。。

 

先日、NHKで、「残業が悪」みたいなことを言っている人たちがたくさん出ていて。

「上司は残業していないと仕事していない風にみる」とか、
「早く出社して、残業を発生させないようにする企業がある」とか、
テレビで言っていて、びっくり。

それ、本当に残業しないと廻らない会社もあると思うので、
完全悪みたいには言えないと思うのだけど。。。

早く出社しても早く帰れる、というわけではないし。
(そもそも、光熱費とか下げる目的などで早く出る話があったと思うし)

なんだか変なことを上手にしゃべられると、洗脳されそうで怖いです。。。

今の会社を存続させながら、残業を徐々に減らしていくには
どうすればいいのだろうか、という話が本当は経営者、従業員にとって
大切なはず。
そうすれば、利益が変らず、勤務時間だけ下げられるので
経営者側、社員側ともにWIN-WINになると思います。

しばらく見ていたのだけど、あまりにも公共電波で偏った発言していたので、
反対意見言わなきゃ、と慌ててTwitterで意見しました。(笑)

初めて、意見投稿しましたが、テレビにも一瞬表示され、りつぃーともされて。

伝わってくれたかな、とちと満足しました。

他にも、「残業が多いのは、人が足りないから、ということもあるので」とか、
「仕事の効率化が大切じゃね?」とか、まっとうな意見も出ていて、
なんか嬉しかった。

黙っていられない! って大切ですよね♪

さて、自分が上げたTwitterは、これ。

残業が悪いことみたいに言うから仕事残っているのに無理に帰されてしまう。結果、やりがい無く鬱になりそう

まぁ、さっき言ってたことそのまんまです♪
直接なこと書いても長くなるし、一瞬の感情の吐き出しに、
言いたいこと詰め込んでみました(笑)
いま、鬱になる人が多いのは、遣り甲斐を育てようという上司と
そして、遣り甲斐を育てたい、とか、見つけたい、と
思う人が、ずーーーーっといないから、だとおもいます。
 
遣り甲斐見つけられずにそのまま上司になった人が、
先輩として、下の社員を育て、遣り甲斐を見つけてもらうように育てるなんて。
 
出来るわけがないっ!
 
なので、逆スパイラル状態で、「鬱」になる社員が増えて、
会社側の人材育成が出来ず、
そういう会社はずーーーっと気が付かずに苦しみ続けますね。
 
一時的に利益を増やした会社を、以前は『勝ち組』と言ってましが、
人、社会を育ててこそ、人類として、日本人としても目的達成だと
思うので。
 
一時的に経済で儲けても、「それで?」とか思っちゃいます。
 
残業が多かったとしても、納得感があれば、皆頑張ります。

ただ、本当に酷いところもあると思います。
永遠に残業が続く、と思っちゃった人は可哀想で。
そんなところにいる人は、守ってあげないといけないと思うけど。
 
残業したからこそ、大変さを共有して、なので、部下を可愛がりたい、という
そんな気持ちも有ったりするわけです。
 
けして一概に悪い、と言い切れるものではない。
 
それを前提に、酷いところを是正するようにしないとダメですよね。
 
と、まぁ、いろいろ書いても自分が何かできているか、というと、
何もできていない。。。

それでも数人でも、生涯で大切だと思うことを伝えられていたら、
それこそ、『勝ち星』ひとつあげられたと思います。
 
と、いうことで明日から仕事ですが、大切なことは諦めず伝えていきます。







| | コメント (8)

2015年7月 2日 (木)

うるう秒の話

7月1日9:00の一秒前は、8:60秒だったそうです。

これ、うるう秒、というやつで。

これ、世界で決められていて。

『この日、このタイミングで発生します』というふうにアナウンスされて、
実施、対応しています。

実施時間は0時。

ですが、日本はこの標準時間が、9時間ずれているので
(標準時間になっているグリニッジ天文台の地域から9時間の時差がありますので)

結果、経済が動き出す9時直前に60秒が発生するようになるのですね。

恐ろしい。。。

この60秒という、数学的にあっちゃいけない数字があること。

これ自体がもう、恐ろしすぎる。

このような数字があること自体、コンピュータにどのような影響があるか、
完全にはわかりません。

(最終的には時間が同期されるのですが、同期のタイミングでゆがみが生じて、
 後日、つじつまが合わなくなることがあるのです。)

なので、多くの会社が持つコンピュータでは、徐々に時間をずらしていくなど
対策をしていたりしています。
東証では、7時から9時までにかけて少しっずつずらして、うるう秒を消化したそうです。

 

そこで、疑問。 をwikiとかで調べてみました。

■そもそも『うるう秒』ってなに?

 いま、世界標準の時間は、協定世界時(UTC)で決めています。
 これは1961年から制定しはじめ、1964年から開始されたもので、
 もともとは地球の自転1周を24時間としています。

 ただ、地球の自転速度は一定ではありません。
 恐ろしいことに、遅くなるだけではなく、早くなったりします(笑)
 わ、笑いごとではないですね。。。
 大きな地震が起きると早くなることもあるとか。。。

 なので、1秒の単位を正確に知って、それで一日を刻んだ方が
 確実ですよね。

 じつは1950年台にセシウム原子を用いた精度の高いマイクロ波で、
 正確な「1秒」の基準を作り、刻んでいる時計が出来てたりします。(TAI)

 これを世界標準の単位(1秒はこの振動数)として決めた時に、
 時刻もこの原子時計に合わせて世界標準の時報をつくりましょう!
 的な話になったようです。(TAI-UTC)

 が、地球の自転一周を一日としているわけで。
 この時差を1秒より低く(0.9秒とか)に収めるように、うるう秒を設けて、
 調整すると、
 この標準時刻の話を決めた際に合わせてルール化したそうです。

■いままで何回やっているのか。
 wikiをみると、1972年から始まっているそうで。
 この年は2回1秒ずつ調整しているそうです。
 そして、2015年までの43年の間に、26回(26秒)も行われていました。
 日にちは、6月30日か、12月31日に決まっているようです。
 (日本では翌日の9時前になるので、今回は7月1日でした)

 
■うるう秒はマイナスになることはないの?
 実は発生することが考えられます。
 国際ルールではその調整法もかんがえられています。
 (ただし、基本は1日の時間は徐々に長くなるらしい)
 
■これからどうなるの?
 43年の間に26秒調整したわけです。
 これは0.9秒以上にならないように調整したので正確には23.4秒ですかね。
 正直、影響ないとおもうんですよね。。。
 
 なんでもどんどん大きくなるようで、
 21世紀中には、年1回は必要になったり。
 22世紀には年2回、30世紀には、毎月一回程度になるとか。
 
 正直、こんな調整は、目に見える形でばしっと数年に一回実施する、
 って決めちゃえばいいだけだと思いますよね。

 でもそうすると一回の差が大きすぎて障害が発生しやすくなる可能性も
  あるのかな。。。
 
 じつは、世界で決めているルールなので、うるう秒廃止案は、過去にも出ていて。
 今年、11月にももう一度話し合われるそうです。
 
 いま仕事でやっているうえでは、廃止にしてほしいけど。(笑)

 未来でもっと苦労する人たちが出てくるのは、やっぱり気持ちはよくないから。
 
 数十年後、数百年後の未来を考えると、慎重に決めてほしいと思いますね。



| | コメント (4)

最近、政治がへんてこりん。。。前よりもさらに。百田さんの発言

自民党の若手(?)の勉強会に、百田さん呼んだらしいけど。

この時点でおかしいよね。。。

だって、やばいこと言うに決まっているんだもの。

何の意図があって、こんなことしているのかよくわからん。。。
 
もし、意見交換会、ということであれば、どんな人呼んでも
国のためにいろいろ聞こう、ということでありなのかな?
 
でも、、、その場合には。
皆の意見を聞いても、そこでの発言は聞かなかったことにする。
勉強不足の人のこと、揚げ足取って、
「あいつ勉強会でこんなこと言ってたんだよ」なんていう奴いたら、
いやなイジメっこですもんね。。。
 
そういうルールじゃなかったのかなぁ。。。

さらに、新聞社をつぶすとかの声に、鳥越さんが国会招致されて、
『報道の自由が脅かされる、、、』とか言ってたりしたのですが、
これも、変な話で。。。

今自由にしゃべっていて、何も圧力感じていないだろうに、
『誰が、自由にしゃべれないようにするというのですか?』

(鳥越さんの言う、「どこの国が日本を攻めてくるというのですか?」と同じ。笑)
 
今攻めてくる国がいない、と言い切れるのは『神様が守ってくれるから』と
言ってるのと同じ気がする。。。
(信じる信じないではなく、根拠が無いということ。)
 
そして、今、自由に発言できないのは、発言と共に新聞などで叩かれること、
これじゃないですか?  ね?

いま、嘘を流すような「新聞社は潰してしまえばいい」発言こそ、
メディアによる偏った報道という圧力で、自由な発言が出来なくなったり、
している気もしますよね。。。

まぁ、確かに場にそぐわない、発言だと思うし、
影響力もあるのだから、場所、わきまえましょう、というのはありますが。
(意見交換会ならば、正直な話で良いはずなのですが。。。)

しかし、
『沖縄二紙を守れ!』『朝日を守れ!』と言ってる人がいないのは、何故でしょうか。
自由に発言して良いのに。。。
 
それは、嘘を言っていることに皆が気が付いたからです。
 
さらに訂正すれば、すぐに許すのに、謝っても言い訳が多いから、
謝られた気がしないからです。。。

フランスのあの新聞社も、『表現の自由を!』とか言ってたけど、
他人を傷つけるような漫画を、『表現の自由』という言葉を武器に、
好き勝手に載せていたことが、わかっちゃったし。。。

まぁ、とはいえ、新聞作っている人も人間ですからね。

人間関係のしがらみが、全くない、なんてことはなく。

なので、偏った報道もあるんでしょうし、無くならないんでしょうね。

そういえば、日本の戦争って、世論に押されて、、、というのが多かった気が。
表現、発言の自由によって戦争が誘導されることがあるってことは、
なんでも自由にしましょう、という言葉は、アメリカとかから入ってきた
良くない風習なのかもしれないですね。
 
なので、まずは、嘘はまずいし、廃刊にする、という発言も、
簡単に言ってはいけない言葉ですから、
 
  『真実を伝えられないならば、そのペナルティで、数日の発行停止』

ということになれば良いと思う。
(それするくらい、ことが大きいと思うから。)
 
こういう法案を作りましょう、とか意見交換会で話してほしい。
 
そうすると、間違えの多い新聞社はつぶれていくだろうからね。笑。
罰金とか、広告掲載、とかよりも一番、大きい影響があると思うんだけど。

(と、いうような話をすればいいのにね。百田さんも。) 
 

| | コメント (8)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »