« これで歴史を学ぶか | トップページ | 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その2 5/3) »

2015年5月18日 (月)

5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その1 行き方帰り方)

先日、アンコールワットに行ってきましたが、その行き方と帰り方について
先に書いておきます。

まず、ビザの話。

たぶん、これから行こうと思っている方はご存じの話ですが。

アンコールワットは、カンボジアにあるので、まずは最初にビザの取得が必要です。

現地の空港のカウンターでもできますが、いろいろ考えると日本で取っちゃった方が
楽そうです。。。

まずはネットで取得した書類にすべて書きこみます。(書類は時々変わるので注意)
書類に写真を張り付けます。
青山一丁目駅のところにあるカンボジア大使館に平日の午前中に向かい、
窓口に書類と、併せてお金と、パスポートを預けてきました。

P3251422

カンボジア大使館っす。あのちょっとだけ開いたところから入って行きます。

引換券を受け取るので、後日、再度大使館へ取に行きます。

自分は申請と受け取りと、弟のものも併せて出して受け取ってきました。

本人でなくても大丈夫です。

で、受け取ると、パスポート 1ページにでっかくシールが貼られています。
これがビザですね。(ちなみにインドとかだと、ここに顔写真がつくようです)

さて、旅行当日です。

今回の旅行は、ゴールデンウィークなので、格安チケットがほぼ無い状態で、
でもなんとか時間の有効に使えそうなプランで探しました。
結果、エアアジアでクアラルンプール経由が一番良さそうだったので、
コレにしました。

行き:
  出発 5/2(土)23:45発 羽田空港
  到着 5/3(日)06:10着 クアラルンプール(7時間25分)
  出発 5/3(日)13:20発 クアラルンプール
  到着 5/3(日)14:20着 シェムリアップ(2時間) 

帰り
  出発 5/6(水)08:35発 シェムリアップ
  到着 5/6(水)11:35着 クアラルンプール(2時間)
  出発 5/6(水)14:30発 クアラルンプール
  到着 5/6(水)22:30着 羽田空港     (7時間)
金額の合計 一人当たり: 90,966円  宿:3泊2名合計:34,896円
 
た、高かった。。。
いまならば、9月の連休でもまだ7万くらいで行けるけど、
到着時間など、利用を考えると、コレがベストでした。。。

まずは、羽田でチェックイン。

P5021661

WEBチェックインしていますが、パスポートの登録作業が必要なので、
かならず、窓口でチケット発行してもらいます。
印刷したチケット二枚と、パスポートを窓口に出します。
 
ここで、硬い厚紙の航空券を2枚受け取ります。(クアラルンプール発の分も)
 
で、上の写真ですが、実は、WEBチェックインしていない人が、手前の列。
なんか、WEBチェックインしていない方が早い気がする。。。(笑)
そして、空港内の両替所に行き、先にUSドルに両替です。

P5021660

通常は現地での両替が割安ですが、カンボジアはUSドルが使えるので、
日本でUSドルに両替していくのが良いそうです。
実際、現地のスーパーでもレジの金額表示がUS$と、カンボジアリエルの
2つの金額で表示され、ドルを渡すと半端なお釣りはリエルでくれます。
 
両替の金額ですが、今回は、2名で
1ドル札を300枚くらい、10ドル札を20枚くらい、100ドル札を1枚 
まぁ、使い切らないです。でもちょっと多めに欲しかったのでこれだけ。

大体、水ペットボトル2本で1ドルでした。
現地レストランで、ちょっと高めの「バンテアレイ・スレイ」でも、
大抵の料理は、サイズで、6$、8$、10$に設定されていて。
アンコールビールの大瓶が、3.5$
トゥクトゥクが、一回5$と考えて。
アンコールワット入場料の20$(一日分)で、目途がつくと思います。
 
だから、あとはお土産代っすね。(アンコールクッキーが意外と高いので。。。)
 
さて、出国手続き完了して、飛行機に乗って出発。

チケット予約時に注文していた食事が出るので、まずはそれを食べて。
その後、テレビモニターが無いので、ひたすら寝ます。

クアラルンプールの空港に着いたら、看板を見ながら「国際線乗り継ぎ」の方へ
歩いてきます。(日本語で書いてあります。)

001

なお、空港の端のほうに飛行機が止るようでけっこう歩くことになります。

乗り換え窓口が並んでいるところの左脇に、通路があり、
そちらに進み、エスカレータを登ると、荷物検査しているところに
つきます。

ここで、パスポートと荷物検査を受けて、出国フロアに入ることができます。

クアラルンプールの出国フロアは、左右にターミナルP、Qと別れていて、
他にも、J、L、K とあります。

今回はQの方でした。
(なお、帰りの羽田行きはPでした。たぶん、国際便はPかQなんですね)

P5031681

こんな感じで案内出ています。

P5031695

13:20 のQ15ですね。

なお、到着してすぐは、早すぎて出てません。。。(現地時間8時でやっと)
 
しかし、エアアジア、こっちの空港になってよかった。
以前同じ路線で利用したときは、まだ、LCC用の空港だったのですが、お土産屋も少ししかなくて辛かったです。
荷物検査も2回やっていたし。電車がないのでバスで街中まで移動だったし。
 
でも、新しいこちらの空港は、店がかなりあり、食事も困らないです。
広いが故、警備の人がセグウェイ(っぽいの)に載って移動していました。

ちなみに空港内で食事する場合、USドルも使えます。
マレーシアの通貨、リンギットも当然使えるので、リンギットを使いたい場合には、
エアアジア内でビールとか飲めば、リンギットでお釣り貰えるので、
そういった両替方法もあります。
(一回の食事ですが、チキンライスの店で、セットが18.50リンギット。
 朝マックが、10.65リンギットのようです。3リンギット=100円なので少し安い。)

P5031683


 
そして、次にクアラルンプールから、アンコールワットの空港、シュムリ・アップへ。
 
このとき、入出国カードほか、2枚の書類に書きこまないといけません。
以下の①~③の書類です。
 
①旅行健康申告書

P5031716_2

  日本でも帰国時に書いている、渡航国とかの確認の書類です。
  到着後、空港の建屋内に入る前に回収します。


②入出国カード

P5031712

  これは、建屋にはいったあと、入国審査時にパスポートと一緒に
  渡します。このとき、指の指紋をすべてとります。
  窓口の機会に指の絵が表示されるので、そのとおりにタッチすれば
  大丈夫です。余計なことは聞かれませんでした。
  なお、ビザを取っていないひとは、並ぶ手前に申請窓口があり、
  手続きを取ってから入国審査になります。
 
  ここで、パスポートのビザのシールの反対側に出国カードをホチキス止め
  して返してくれます。
  入国のスタンプは、このカードの裏にちゃんと押してくれています。
  (カードは帰国時に回収される)
  

③税関申請書

P5031717

  これは、カメラなどの電子機器すべてを記載する必要がある、とのこと。
  いちおう、タブレット、カメラすべて書きました。
  で、なんかチェックするのか、と思ってたら、
  荷物受取の先に係の人がひとり立っていて、この書類の回収をしていました。
  それだけでした。。。

空港についたら、タクシーに乗る場合は、空港タクシーを呼んでもらうことになりますが、
自分たちは徒歩で、シェムリアップの街まで行こうと思っていました。
7Kmくらい、らしいので、大したことないかと。
 
しかし、空港を出るところで、トゥクトゥクの人に声かけられ。
ある事情から仕方なく、乗ることになったのですが、、、。
 
いやぁ、、、乗ってしまった方が良いです。かなり遠い。
 
途中の道はかなりのどかです。牛がいたり、と。

ただ、暑いうえに距離がありすぎです。。。
結局、空港から、ホテルのソカ・アンコール・リゾートまで、18分くらい掛かりました。

今回、カンボジアの人には、かなり親切にして貰えたので、
トゥクトゥク、乗りまくった方がいいなぁ、と思いました。
ただ、ほこりがすごいので、口がカピカピになります(笑)
 

P5031731


そして、帰りですが、飛行機は8時35分。
チェックインとか、時間がかかるようなので、早めに行くことにしました。

帰りは4時に起きて。
5時にはチェックアウトしました。
チェックアウト後、すぐにトゥクトゥクに乗ろうと思っていましたが、
朝、日の出を観る人たちが乗っているせいか、ホテル前にもいるのですが、
予約済みだそうで使えず。
さらにそとにも全然いません。。。

少し歩いたら、やっと反対の道から車回して来たトゥクトゥクがあり、
6ドル、とちょっと高めな金額に弟が速攻で「OK!OK!」って答えて、
乗ることになりました。
 
朝早くは、ちと危険ですね。
 
さらに、前の日に降った雨が、かなり道の中に水たまりを作っていて、
少し雨が多いとトゥクトゥクが国道すら走れない状況になるようです。
 
天気にも、注意が必要ですね。
 
そして空港に着きましたが、人が全然いない。。。
なんと、カウンターが動き出したのは、6時20分ごろから。

印刷したチケットには、荷物あづけないのであれば、そのまま
 
出国カウンターに行ける、と書かれていますが、ウソです。
 
印刷したチケットにスタンプが押されていないと、出国手続きを受けてもらえません。
 
なお、出国手続きが終わり、出国フロア内に入ると、お土産やとか、免税店から、飲食店までそこそこに揃っています。必要なお土産はここで買えます。
 
ここまでくれば、あとはもう出発時とほぼ同じ!

という感じです。

ということで、次回から、カンボジア旅行のこと、書いていきます♪

 

|

« これで歴史を学ぶか | トップページ | 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その2 5/3) »

コメント

なるほど・・・

大変参考になりますね。
トゥクトゥクはぼったくられるという噂がありましたが、
以外と大丈夫なんでしょうかね~。

ビザの取得が面倒臭いですね~。
旅行会社のフリーツアーとかだったらどうなんでしょう。
近年中には行きたいので、色々と情報収集を始めようかな。

旅行記、楽しみに待ってます♪

投稿: ペタシ | 2015年5月18日 (月) 09時12分

アンコ-ルワット!
テレビで見てるだけの
とても遠くて暑くて
行ったら絶対
蚊に刺されてえらいことになる!

確信できる場所です(笑)
だって森の中じゃん!

久しぶりにたるさん兄弟の
御尊顔拝し奉りました!!

元気そうでなによりです

投稿: | 2015年5月18日 (月) 20時21分

私にとっては、結構行くの面倒くさそうですね(笑)
でも、いい旅だった感が伝わってきましたよ。

投稿: yhino | 2015年5月18日 (月) 21時15分

ペタシさん!

トゥクトゥク、
最初面倒かな、と思いましたが、声かけてきた人が
なんだか良さげな人で。
写真撮りたい、と言ったら、街中をゆっくり走ってくれました。
時々運転しながら、「写真撮ってるか?」と振り返るのは
止めてほしかったですが。

この写真も撮ってくれました。

面白いのは、カンボジアでは、一回断ると、
すぐ納得して、しつこくなかったです。声はかけてくるけど、すぐにそれ以上はついてこないです。

空港くらいだと、相場は5ドル。っぽいので、大抵、6ドル、と言ってくるようです。

なんせ、暑いのと砂埃がすごいくらいっす。
人の良い街でした。

投稿: たる。 | 2015年5月19日 (火) 00時21分

グランマさん!

街中は、もう家ばかりでそんなに虫に刺される感じはないですよ。
アンコールワット内も立ち止まっていなければたぶん大丈夫。
日差しが強いところは、蚊も溜まらんと思います♪

旅行は笑顔になりますね~♪
自分でも写真見てびっくりです(笑)

投稿: たる。 | 2015年5月19日 (火) 00時25分

yhinoさん!

ビザ取るのは、旅行代理店でも大丈夫なので、
ツアーで行けば面倒なことは少ないと思います。

日本からの直行便がないので何かで乗り継ぐことになりますが、日本語でも案内ありますので大丈夫そうです。

面倒だ、と思ったのは、書類ですね。
飛行機の中で、3枚も書くって。。。
でも、
書類は3種類あることだけわかっていれば大したことは。

まだ、海外旅行はアジアばっかりですが、
居心地は今までで一番かも。。。気遣いしているのわかるので、日本人と相性は良いと思います。

オススメです!

投稿: たる。 | 2015年5月19日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これで歴史を学ぶか | トップページ | 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その2 5/3) »