« 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その3 5/4 ツアー) | トップページ | 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その5 タ・プローム) »

2015年5月24日 (日)

5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その4 5/4 ツアーその2)

ツアーの内容、昨日の更新は朝だけになっちゃいましたが、
今日は朝食後のツアー内容を更新しますね。

一旦、6:30にはホテルに戻り食事しました。
ホテルには同時刻にたくさんの日本人が戻ってきていましたので、
すっごく混んでいました。(翌日は空いていたんですけど)
8:45にまたホテル前に集合です。

P5041971

今回のツアーの予定はこんな感じ。

4:30 アンコールワットにて朝日鑑賞
9:00  ①アンコール・トム
11:30  ②タ・プローム寺院
12:30  食事
      途中、カンボジアグッツのお店
14:30  ③アンコールワット
17:00 ④プノンバケンにて夕日鑑賞
     途中、アンコールクッキーのお店
19:15  ⑤アプサラスダンスディナーショー鑑賞&食事

これ見ても、何が観れるのか、さっぱりだと思うので、
自分も振り返りつつ、このツアーの見所を整理してみました。

■そもそも、アンコールワットって何?

アンコールワット、アンコールトムなどこれらの遺跡をまとめて、
アンコール遺跡群、と言います。
これらの遺跡は、9世紀~14世紀の間のもので、
クメール王朝(アンコール王朝)の時代の遺跡です。

元々はインドネシアの王朝から、独立して作られた王朝だったりします。

世界遺産は、このアンコール遺跡全体が指定されており、
これらの遺跡に残された、「クメール美術」を後世に残そう、というもので、
指定されています。

■押さえておくべき歴史

全盛期には、今のタイ、ラオスまで勢力を広げていたのですが、
このクメール王朝。王が変わるたびに寺院を新たに作ることになっていたそうで
その為に、大量の遺跡があるわけです。
(なんでも神が住む寺院をつくり、そこに王が住むことで、神格化したとか)

そして抑えるべきは、この3人。
  スールヤヴァルマン 2世、ジャヤヴァルマン 7世、ジャヤヴァルマン 8世
です。

この3人の時代をちょっと書いてみるとこんな感じ。

*************************
802年 インドネシアから独立。

1.スールヤヴァルマン 2世 
    1100年頃 アンコールワットを作る(ヒンドゥー教)

2.ジャヤヴァルマン 7世   (最盛期)
    1200年頃 アンコールトムを作る (仏教)

7世 死去 後継者抗争勃発、弱体化。結果、
1238年 スコータイ王朝(タイ)独立
1259年 ラーンナー王朝(タイ)独立

3.ジャヤヴァルマン 8世 (ヒンドゥー教徒)
  即位後、廃仏を実施し、過去の仏教寺院をヒンドゥー教に掘り直させる。
    1280年頃 モンゴル軍が攻めてきたりして、元に朝貢していたらしい。
    仏教徒のインドラヴァルマン3世に殺害される。

1351年 アユタヤ王朝(タイ)設立
1431年 アユタヤ王国により、首都 アンコールトムが陥落。
*************************

です。

このことから、鎌倉幕府の時代あたりの歴史建造物であり、
この3人が作り上げた(一人は加工しちゃった)と言っていいのだと思いますね。


 

そして、その後、
15世紀には、タイとベトナムに支配されつつ、
19世紀には、フランスの植民地化
それから、第二次世界大戦に入り、日本軍が侵攻し、フランスを武装解除。
シハヌーク国王に行政権を戻すします。
戦後、日本は撤退しますが、
サンフランシスコ講和条約の際、フランスと共に戦った国としてカンボジアは
参加しますが、講和条約後、日本に対して外交関係の申し入れをしています。
その後、日本との国交を強め、独立に動いていきます。

そういうこともあり、日本に対して友好的な国民、ということです。

ありがたい。。。

このあと、ベトナム戦争の影響とか受けていくわけですが、それはまた後ほど。

説明長くなりましたが、まずは 『①アンコールトム』 です。

P5041999

バスを降り、目の前にあるお堀を渡る道を進みます。
先には南大門が見えます。

道の脇には大蛇ナーガを綱引きをする神と悪魔の像があります。

これ、カンボジアではあちこちにありますよ。

頭のとんがり帽子1つが神さまで。
三つのサザエさんの頭の様になっているのが阿修羅像だそうです。

なかをくぐり、南大門の脇に登って写真を撮ります。

P5042015

綱引いてる感じ、わかりますよね。

門の中にバスが入っているので再度乗り込み移動です。

次はアンコールトムの中にある、バイヨンです。

P5042026

ここの遺跡の第一回廊にはたくさんのレリーフがあります。

P5042040

P5042045

P5042048

P5042062

P5042066

さっきの話のとおり、

仏教の遺跡ですが、ヒンドゥーに塗り替えられています。(たぶん)

そして、パブーオンへ。これは結構急な階段とか登ります。
ここで疲れちゃった人は上がらずに休憩です。

まずは、空中回廊を進んでいきます。  

P5042085

そして先のバプーオンに登ります。
こんな急な階段もあり。。。

P5042104

そして、最上階からはこの景色。

P5042117

残った窓枠から写真を撮るというので、乗ってみる(笑)

P5042120

微妙な顔をしているのは、石がめちゃくちゃ熱いから(笑)

そして、このあと、象のテラスへ移動です。

P5042129

壁には像のレリーフがいっぱいで、写真には小さいですが、
象の像があります。

ここは、昔戦争に行くときに象を休ませていたところだそうです。

このあと、再度バスに乗り、『②タ・プローム寺院』へ移動します。

(つづく)

|

« 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その3 5/4 ツアー) | トップページ | 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その5 タ・プローム) »

コメント

・日本のお土産渡して、バイバイってのはテクニックなのですか?
・クメールカレー、美味しそうですね。
・ドラゴンフルーツってどんな味??食べたことないですね。
・世界史の教科書にアンコールワット・トムの記載があり、
 一度行ってみたいなと思っていたので、うらやましいです。

投稿: yhino | 2015年5月24日 (日) 15時12分

yhinoさん♪

おお、質問形式ですか(笑)

・日本のお土産渡して、バイバイってのはテクニックなのですか?
 → いえ、ホテルとかで泊まるとき、時々渡すんです。
   以前は小さい民宿みたいなところが多いので、
   ちょっと面白いかなって。
   話のきっかけにもなるし。
   前回の旅では、実は買ったけど渡し損ねて
   荷物が増えたことがあって。
   人の良さそうな人だったので最初にあげることに
   したんですよ。そしたら、相場より言い値が一ドル
   安くなってました(笑)

・クメールカレー、美味しそうですね。
 → はい!美味しかったです。
   でも、このお店、ネット上ではイタリアン、と
   書かれていて(笑)
   何を信じればいいのやら。

・ドラゴンフルーツってどんな味??
 食べたことないですね。
 → ヨーカドーでも売ってますよ。
   半分に割って手で皮剥けます。
   いま、ミニドラゴンフルーツ育てているので、
   実がなったら分けてあげますね(笑)

・世界史の教科書にアンコールワット・トムの記載があり、
 一度行ってみたいなと思っていたので、うらやましいです。
 → いやぁアンコールワットとか、きっとyhinoさんなら
   さっくり行ってこれると思います。
   それよりも、以前、イタリアに行ってましたよね。
   ヨーロッパは飛行機代も高いし。
   休みも取れないので、なかなか行けないです。。。
   

投稿: たる。 | 2015年5月24日 (日) 17時02分

また随分混んでますね~。
日本人が多いのはGWのせいでしょうけど、行く時は季節と日付を考えた方がイイかも知れませんね~。

この旅行記を参考にして、しっかり計画立てなきゃ!!!

投稿: ペタシ | 2015年5月24日 (日) 18時12分

ペタシさん

5月になると雨季になるそうで、GWがギリギリみたいです。
今が一番乾いている時期だそうで、
ちかくの湖の水も少なくなっているそう。

ということで、この時期、エビは危険らしく。。。

ツアーのかたで、前日エビをごちそうになった、というひとは
お腹、やられてたみたいです。。。

怖いっす。。。
まぁ、食べなきゃ良いわけですが(笑)

投稿: たる。 | 2015年5月25日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その3 5/4 ツアー) | トップページ | 5/2~6 アンコールワットに行ってきました。(その5 タ・プローム) »