« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月20日 (土)

ZAZ来日決定!

来年(2015年)1月10日(土)に恵比寿ザ・ガーデンホール っす。

で、本当に急で、今日チケット発売でしたが、さすが人気あるから速攻で売り切れていましたね。
自分は、、、台湾に行ってるので行けず、、、でも一番ライブに行きたがっていた叔母は、
チケット取れたみたいで良かったです。



そして、前回の日本公演の映像(東京)

こちらが大阪。



大阪の方が盛り上がっている気がするなぁ。。。

でも今回は1日だけだから、全国から人が集まりそう~♪

ZAZは、シャンソン好きな人にとって、大きな楽しみになっているみたいで、
結果、ファン層の年齢が高いです。

次回、たぶん夏、秋、ごろか、きっと来ると思うので楽しみにしてよっと♪

| | コメント (4)

2014年12月19日 (金)

ここまで弾けたら楽しそうだなぁ。

この有名な曲が、ギター一本で完全再現っすね。

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

ビールの税金のはなし

日本のビールの税金が高い、という話があります。
さて、いったいどのくらいなのだろう。
あるHPでみると、こんな感じにかかれています。
350mlあたり
  ビール    77円(45.1%)
  発泡酒    47円(34.3%)
  第3のビール 28円(?)
あれ、ビールって170円くらいだっけ?
酒にかかる税なんてよく考えていなかったので、整理してみました。
■酒税について
通常の酒は、アルコール度数によって変わります。
2006年まではアルコール度数が1度上がるごとにあがっていましたが、
それ以降、現在までは25度を境に以下の様に変わったそうです。
また、ビールなどは固定になっていたりします。
以下、Wikiと、財務省のHPから。(1キロ・リットル当たり)
  日本酒(22度未満) 120,000円
  焼酎(25度)    250,000円(1度毎に10,000円上下する)
  ビール       220,000円
  果実酒        80,000円
  リキュール     120,000円(アルコール分13度未満)
 <発泡性酒類>
  発泡酒
  (麦芽比率25%未満) 134,250円(発泡酒)
  (50%未満〜25%以上)178,125円(発泡酒)
  (50%以上)     220,000円(ビールになります。笑)
  (その他)      80,000円(シャンパンなど。麦芽がないと安い!)
  第3のビール
  (その他の醸造酒)  80,000円(原料が麦芽以外。発泡酒ではなくその他扱い)
  (リキュール)   120,000円(発泡酒+別の原料の焼酎等混入)
 財務省HPより
う~ん、確かにビールは高い気がしますが、焼酎も高いのね。。。
■発泡酒と第三のビールって何?
 
発泡性酒類というのがあります。 ビールはそのなかの親玉。
 
「発泡酒」は、発泡性酒類のひとつとして特別枠が儲けられているうちの
ひとつです。
発泡酒は、以下の定義になります。
 ・アルコール度数10%未満
 ・原料の麦芽比率50%以下に抑えられたもの
 (定められた副原料以外を用いる酒で、主に「ビール風アルコール飲料」とある)
発泡酒っていうから、炭酸が入っていれば発泡酒じゃないの?と思っちゃっていました。
実際、シャンパンやスパークリングワインはどう見ても発泡酒(ビール風)ではないっす。
そう、シャンパンやスパークリングワインは発泡性酒類の「その他」の分類になります。
麦芽使っていないですからね。
では、「第三のビール」は、どこに入るのか。
じつは、2種類に分けられるそうです。
 ・麦芽を使わない「発泡性酒類(その他)」
 ・麦芽を使って作った発泡酒にほかのアルコールを混入する(リキュール)
いや、もはやビールじゃないよ。。。何飲んでるんだ、おれ。。。
この発泡酒や、第三のビール。
当然、税金対策のための酒造メーカーの苦肉の策、、、なので、
日本独自の文化になってしまっています。。。
海外の方(読んでいないだろうけど)、お土産にいかがでしょう(笑)
■酒税の歴史
面白い話がありました。
元々、酒に対して税金をとる話は江戸時代からあったそう。
このときは、酒造メーカーに対して営業税的なものとして
酒価格の5割を充てて取っていたそう。(1697年)
その前から、いろいろと作る側に対して免許交付など許可を与える名目で
お金を徴収していたそうですが、これは大きすぎる。。。
ってか、いまのビールに充てられている税金と同じっす。。。
ちょうど、徳川綱吉の時代、「生類憐みの令」が制定され(1687年)、
その後、密告者には賞金が支払われることになった(1696年)の
翌年からです。
財政危機で、江戸の大火後ちょうど30年後くらいの話です。
税金も上げたくなる気持ちはわかりますが。。。
結果、酒を造る量を減らしてしまったので税は増えず、
でも民間では酒の値段が高騰。とまったく無意味な状態になったそうです。
みんな反対したみたいですよ。。。
で、
徳川綱吉の亡くなった、1709年に「生類憐みの令」「酒税」は廃止されます。
(が、その後は各藩が、独自に酒税を決めたりしたそうで、酒と税は切れない関係になってしまいます)
そして、明治になり、酒税の話が改めて出てきたとき、
酒造会社が反対運動に動いたそうで、このとき「自家用酒造を禁止」するから、とうことで
承諾させたという歴史があります。。。
、、、おかしな話だ。。。
■ビール税ってありなの?
ちと考えたんですが、バドワイザーとか日本でも飲めたりします。
海外で日本のビールが飲まれることってあるんでしょうか。
韓国で日本のビールは飲めたりしますが、他ではあまりないです。
(といってもアジアばっかりなので解らないですが。。。)
日本のビールって美味しいと思うし、季節ごとに味を変えて出す限定ものも
あるし、面白いですよね。
海外でも日本のビールが売られているそうですが、海外の人たちが言うには
共通して「高い」という反応。
コストを抑えること、考えたら、無駄な研究開発費と、品数のセーブが必要と
思いますよね。
酒に税を多めにかける、っていうのは、まぁ、悪くないと思います。
でも、程々にしないとひずみが生まれちゃいますよね。
それが、発泡酒だったりすると思います。
発泡酒作る研究するならば、アルコールゼロの完璧なビールを作るべき。
アルコール依存症のひとが日本以外でも海外でもたくさんいるわけで、
需要が高いはずです。
日本の技術ならばできるでしょう♪
消費税もそうですが、一気にたくさん税金取るのは間違いです。
消費税は、回転数上げる。
お酒ならば、1本ではなく2本売る。
そうしていかないと、企業の元気がなくなれば、国民だって元気なくなります。
人の気持ちを考えたら、なんでもかんでも目に見える増税なんてしないはずだろうけど。
政治家に人の心がわかる人、なんて、一部だけだからなぁ。。。

| | コメント (6)

2014年12月 2日 (火)

20141130 北海道へ。その2。「フランチェスカ」

北海道の思い出をもうひとつ。

「フランチェスカ」です。

019

羊ケ丘展望台のお土産でも、こんな感じでした。

020

なんでも、北海道発の地元を愛するご当地アニメだそうです。

そして、今年2014年7月6日から放送が開始されたそうです。

北海道観光する前に、した後に、知識を高めるためにも、
このアニメ、アリだと思いました~♪

■フランチェスカ 第一話


■フランチェスカ 第二話

 
 

■フランチェスカ 第三話





 

| | コメント (2)

20141130 北海道へ。その1。

LCCのチケットが安かったんです。

2人で¥ 9,920。指定席にしたので、サービス料など含み、結果でも¥ 13,520。

北海道までの往復航空券2名分っす。

泊まりにする宿代はないし、休みもなかったので、
さっくり日帰りで行ってきました。

行き:  8:10-  9:50
帰り: 19:55-21:25

 
今回は、来年の干支、ひつじの写真を撮ることが目的です!
 
なので、新千歳に到着後、すぐに札幌の、あの有名なところへ行きました。
 
そう!「羊ケ丘展望台」です。
 

002

そして、有名な、「クラーク博士」の像!はここにあります。
 

001

そして、背景に写る、札幌ドームと、その前に広がる牧場には、
羊が、、、いません。。。
 
バスのアナウンスで「以前は1000匹の羊が放たれており、」と言ってたのが
思い出されます。。。
 
文章が過去形。。。昔が偲ばれる、、、と言っている。。。
 
まぁ、またあとで探そう、ということで、牧場内でジンギスカンを食べることにしました。
 

004

まだ11時くらいだからガラガラ(笑)
 
ここでビール飲みながらのジンギスカン♪
 

006

このお肉、二人前ですが、けっこう大きいです。
 
下から、豚肉、えぞ鹿肉、特選ラムです。
 
味はちょっとついてます。
 

005

こんな感じで野菜の上に肉を広げ肉が蒸気で白くなったら食べられます。
 
美味しかったです~♪
 
その後、再度牧場に戻ると。。。
 
ひつじ発見!!!

007

と、遠すぎる。。。
 
さて、ここではお土産をみて、その後札幌の方へ戻ります。
 
まずはススキノ♪
 
なんとなく聞いたことのある、『たぬき通り』

008

そして、大通りとタワー。
 

009

そして、ここから時計台へ。
 

010

そして、北海道道庁舎へ。
 

011

その後、「たしか、札幌に玄関近くに池があり、そこに毛ガニがいっぱいいた。」
という20数年前の記憶から、カニのお店を探します。
 
あ、ありました!これです。
 

012

毛ガニっ!
 

014

池にカニがいっぱい!!!
 
でも、一応言っておきますが、カニ、苦手です。。。
 
ただ、せっかくなので入ってみようか、ということになり3時間前にジンギスカン
食べていますが、2回目の食事を取りました~♪
 
まずは、「タラバガニ生のお寿司」です。
なかなか美味いです~♪

015

016

カニみその軍艦巻き~♪
 

017

焼きタラバ。
 
う~ん、苦手でしたが、食べたら美味しかったです~♪
 
そして、このまま空港まですぐに戻ることに。
 
じつは空港に、温泉があるんです~♪
(近くの千歳にある源泉からお湯を持ってきているそう)
 
と、ここでカメラのメモリが無くなりました。
新潟の写真をとったメモリカードをそのまま使ったら空き不足になりました。
 
このあと、空港内の温泉と、松尾ジンギスカンに入ります。
 
携帯の写真から。温泉です。

018

なお、お湯は茶色です。
そして、露天風呂から見える景色は、、、駐車場です~♪

そのあと食べた『松尾ジンギスカン』!旨かった~♪
 
そして、旅行の目的はすべて完了! 帰ってきました~♪
 
つづく。
 






続きを読む "20141130 北海道へ。その1。"

| | コメント (8)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »