« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月21日 (日)

伯母の入院手続きに行きました。

うぅ、マジ。仕事きついっす。。。

先々週もきついと言ってましたが、、、。
(夜勤3回連続で、小田原の方での仕事だったので。)

今週は火曜、水曜と22時30分まで勤務。家に着くと翌日です。
そして、木曜日は朝まで仕事。
さらに金曜日はそのまま、伯母の入院手続きで午前半休。 
そのあとそのまま徹夜す。

今日、日曜日は朝から夕方まで仕事でした。

障害対応なので、仕方ないのですが、

これだけ、蝕まれるともうそろそろ、無理そうです。。。
 
電車の中で寝て、なんとか体力回復しつつ、、、って。
おかしい、、、。
 
EXCELの画面を見ると、マス目があちこち歪んで見えるので、
相当目に疲れが来ているようです。(といいながら、今、パソコン。笑)
 
あぁ、、、火曜日は休ませてほしい。。。
 
 
さて、金曜日の朝、叔母(母の妹)と一緒に、伯母(母の姉)の
入院手続きに行きました。
 
今は、「介護老人保健施設」に入院しています。
 
伯母は、今、寝たきりになってしまっていて。
でも元気なのですが、胃ろうもしているので、介護レベル5です。
 
伯母の世話を、叔母が一生懸命やってくれているのですが、
全部の対応は無理ですし。
いろいろと蓄積された疲れが最近出てきているみたいで。
 
ちと心配でした。
 
本人も、無理そう、と思ったようです。
  
いま入院しているこの「介護老人保健施設」なのですが、
どういうところかというと、「在宅復帰」を目的にした病院です。
 
なので、「ゴールは退院」なのです。
 
でも、ここで問題があります。
 
伯母は「胃ろう」をしているのです。
 
もし、退院すると誰が面倒見れるのか。。。
毎日来てくれるヘルパーさん、実は、胃ろうの対応、ってできないそうです。

(今法律が変わる話があるみたいですが、今は難しいみたい。)
 
だから、胃ろう患者のところには、どうしても家族(もしくは医者など)が
必要になるそう。
 
そこで、今後、どうしようか、ケアマネの方にも相談していたようで、
結果、「介護療養型医療施設」を紹介してもらえたそうです。
 
この「介護療養型医療施設」は、期限はなく、
医療後に安定した状態に移行したあと、長期にわたり入院が必要な方向けの
施設だそうで、ちょっと金額的には高くなるそうです。
 
「介護療養型医療施設」
 
  説明のページはこちら。→http://www.minnanokaigo.com/guide/syurui/ryouyou/
 
でも、もうこれ以上のところはないと判断して、
叔母が決めました。
 
自分もその判断は正しい、と思いました。。。
 
 
そして金曜日、契約書の手続きに病院へ行きました。
 
徹夜明けは、体力的にちと無理か、と思ったのですが、
徹夜明けでも契約書に印鑑押せばいいだけだろう、と
軽い気持ちで行ったのですが、、、
 
じっくり一時間以上、契約内容について説明を受けてしまいました。(笑)
 

眠いので、聞きながら意識遠のくのですが、
書類の細かい部分と、毎月にかかる費用の詳細についても踏み込んで
聞いたら、かなり良心的な対応でちょっと安心しました。
 
まぁ、なんせ叔母がへとへとなので、少し予算越えても
こちらに厄介になるしかないんですが。(笑)



近くの病院にいる伯母にも顔出してきましたが、元気そうでした。

金曜日は大変でしたが、いろいろ、ほっとした午前でした~♪
 
(午後から再度徹夜なので午前だけ。笑)

| | コメント (8)

2014年9月18日 (木)

アップリが、、、活動休止するって。

いやはや、困ったものです。。。いきなりこんな情報がHPにあったのです。

Uplift_spice
 
う~ん。。。個々の考えにずれがあるのは、普通の事なんだけど、
それに気が付いたことで、ライヴや音楽が作れなくなった、ってことなのかなぁ。
 
「解散」という言葉を使わないところがこちらの気持ちも救われる。
 
CD発売前からライヴに何度も行っていたから、これだけ曲も覚えているバンドは
ないんです。
 
さらにこんなにも何度もライヴにも行ったバンドは無いです。
 
 
ただ、  やっぱり、一度は立ち止まることは必要っす。
 
『休止』は、さらにアップリとしての音の創造のためのひとつのプロセスなんだろうな。
 
そう期待して、27日のチケットを久々に取りました。
最近行ってなかったのです。
 
素直に、久々で、27日は楽しみです♪ UPLIFT SPICE 頑張れっ!
 
 

(って、UPLIFT SPICE という言葉をHPに書くと、エッチなページのリンクが
 張られちゃうんだよなぁ。。。笑っ)

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

20140913_14 香港旅行のはなし(2日目)

香港旅行の2日目です。

朝は早くから起きる予定が歩き疲れて結構ゆっくり目です。

なので、最初に今回の旅行の行き先の第二、第三の目的に
向かうことにします。

■ブルー・ス・リーの像!!!

P9149026

明るい時間に撮ったので良い感じです。
 
あ、あと外人に写真撮ってくれ、と言われて撮った写真(理由不明。笑)

P9149022

外人はかっこいいなぁー。。。
よくわからないことやるけど。笑。
 
そして次。電車で移動して、迷いつつ到着。

■九龍城 跡地(九龍寨城公園(きゅうりゅうさいじょう公園))
 
昔の映像はこちら。


この九龍城は、wikiをみると、いろいろ面白いことが解ります。
 
もともとは、香木が採れた地域であり、それらが集まる港に、
「香港」、と名がついたこと。
 
そのような港町なので、海賊が現れることがあり、
宋の時代、そう、ちょうど、平清盛や、鎌倉時代のころに、
海賊から守るために軍事要塞を作っそうです。
 
こんな感じ。
P9149112
 
そして、1668年頃には大砲まで設置し、防備していた。
 
しかし、1841年、アヘン戦争でイギリスに負けてしまい、香港島が割譲。
さらに1860年に、アロー戦争(第二次アヘン戦争)で、
さらに九龍地域も割譲することになってしまいます。

そして、さらに、イギリスが防衛のために、さらに租借地として
期限付き(99年間)で周りの島々と、さらに九龍城地域を含む土地を
清国との話し合いで取り決めます。
 
これにより、イギリス領の香港が成形された状態になったわけで、
さらに返還期限がここで生まれているんですね。
 
しかしこの取り決めの中で、『九龍要塞』だけは、清国側として管理することに
なっていました。
ただし、イギリスの防衛の邪魔をしない、という約束の上で、です。
 
まるで、東西に別れたドイツのベルリンみたいなものですね。。。
 
で、ここで、中国らしいのですが、
お祭りで爆竹を鳴らしてしまったことで、イギリスが防衛の邪魔をした、と
中国役人を追い出してしまったそう。(笑)
 
それでも条約があるので、イギリスもその土地に入ることができず、、、
さらに清国がなくなり中華民国になっても、話し合いに折り合いがつかず、
イギリスは『九龍要塞』には踏み込めなかったそう。
 
ただの空き家状態になったということなんでしょうね。
 
その後、大戦時、日本が香港をイギリスから奪取したさい、この『九龍要塞』は、
新しい空港建設のために、防壁を資材として利用してしまいます。

そう、要塞はもう丸裸です。 
結果、清国時代に建てられた建物だけが残った状態です。
 
今も残っているのですが、こんな感じです。(外側)
P9149146
そして、内側(部屋の中に入ると、取り壊される前の生活が
垣間見れるようになっています。
P9149123
 
しかし、よく残っていましたよね。。。
 
戦争が終了し、香港はイギリスの植民地に戻ったのですが、
戦後すぐは、イギリスもそこに構う余裕はなく、
さらに、中華民国も、国民党と共産党の内戦が起きたため、
中国の難民がみな、香港に逃げ込んだそうです。
 
そして、城壁のなくなった『九龍要塞』は、それでもどの国からも管理されない場所として
イギリス、中国の影響を避けて、多くの難民が逃げ込み、
つぎつぎとバラックを建て始めたそうです。
 
バラックは、そのうちに上へ、上へ、と建物を拡張していったことで、
こんな状況に。

P9149115
 
一度はいると出られない、と言われる迷路構造の建物が
出来上がってしまったそうです。
実際の建物の状況と内部構造を表したものがこちら。
 
P9149152

また、結果、多くの犯罪の温床になってしまったそうです。
 
この模型ですが、実際には先の写真で、平屋の要塞があったと思いますが、
その土地に建っているわけです。
そしてこの模型の真ん中に実は低くなっているところがあり、
それが、清国の時代の建物で、そこだけバラックがなかったのです。
 
そして、この清国の時代の建物は、ある時期から老人ホームとして
利用されたそうです。
そう、このバラックの街ですが、自治が働き、病院から、保育園まで完備した、
集合住宅になったそうです。
 
これ、各階層がバラバラ。で、バラック同士が支えあって崩れないように
なっていたそうで、、、マジ、伝説っす(笑)

020

しかし、イギリスから、中国へ返還されると、このバラックも強制撤去され、

住民たちは周りの住宅に移転させられ、今は公園となってしまいました。

そして、このような形でいろいろと残されているのでした。
 
入口の正門です。 
P9149159

そして、清国時代の建物の入り口です。

P9149100
左右に置かれているのが、海賊から守るために置かれた大砲です。
 
この正面の門の入り口には、英語で「ALMS HOUSE」と書かれています。
これは、「救貧院」という意味で、老人ホームになっていた、名残です。
 
さらに、日本軍が資材にしてしまった防壁あとも残っています。

P9149150

よし、重要な拠点は見たので、このあとホテルへ戻り、ひと休憩後、
チェックアウトして金魚街へ向かいます。
 
これが、魚飼育することが好きな人は心配でたまらない、金魚街です。
P9149191
これ、金魚、、、だけではないです。
 
P9149192

写真で分かりますかね。。。
 
高級熱帯魚のディスカス、とか普通にいます。。。
 
他にエビとか、水草とか、いろんなものが空気の入ったビニル袋に入って
売られています。。。
 
そして、亀とか、爬虫類もたくさん売られています。

水温も気になるし、酸素も気になるし、餌も気になるし。。。
 
こんな店がたくさん並んでいました。。。

あまり精神的には良くないです(笑)
 
そして、中華粥のお店でごはん。
 
P9149207
 
その後は、港まで移動し、船に乗り、再度香港島に渡りました。
 
P9149239
 
このあと、香港島で、衝撃の状態をみます。
 
路上に、

段ボールをひいた上に、女の人ばかりが何人も、寝そべっています。
携帯いじくっている人、寝ている人、ゲームやっている人。
 
それも女の人だけ。
それが半端ないくらいいっぱいいます。。。
 
これ、なんと、家政婦さんだそうです。
みな、フィリピン人です。
休みに仲間内で雑談するために、集まっているだけ、らしいです。(笑)
 
香港では家政婦を雇うのが一般的なようで、家政婦はフィリピン人が優秀だそうです。
 
写真は一枚撮ったのですが、参考になるHPがあったのでリンクします。
 
<HP>  
 
本当に何が起きたんだろう、とびっくりしました。
さらに日曜日だったので、教会にも人がいっぱいで。
それも女性ばかり。
 
そして、SO-HOのエスカレータで一番上まで行ったところで、、、ダウン。
 
熱中症になったらしく、頭痛と熱が抜けず、そのまま夜をまたず、空港へ。
 
空港で6時間以上も滞在することになりました(笑)
 
軽い熱中症なので、少し涼しいところで寝たら治りましたが、
香港、すっごく暑かったので、注意が必要です。
 
顔も結構焼けてしまいました。。。
 
旅行記はこんなところです~♪
 
ああ、全然食べれなかったっす。。。
 
いちおう、自分の土産に香港発祥のXOジャンのお菓子を買ってみましたが、
のた打ち回るほど美味くばかったです。。。

ないので、
近所の友達のお土産に含めることにしました。

そんな旅行でした。。。 




| | コメント (6)

2014年9月15日 (月)

20140913_14 香港旅行のはなし(1日目)

一泊だけですが、香港に旅行に行きました。
いつものように格安航空券。
なので、中国の人が多い飛行機です。

いつも話が長くなってしまうので、今回は手短に。

1日目は、朝の便で前から空港に泊まり込み、6時半頃出発。
10時前に到着です。
そのあと、電車に乗り、25分くらいかけて香港島まで移動しました。

香港は、「香港島」と、中国本土に繋がる、「九龍」の地域に大きくは分かれます。

1日目はこの「香港島」をメインに観光をしました。

■まずは、点心!

到着後は、大會堂 美心皇宮「ダイウイトン メイサムウォンゴン」にて食事です。
うまく時間通りいくつもりが、道に迷い、少し遅れたせいで待ちの列11番目に
なってしまいました。結果1時間待ち。。。

食事の時間なので仕方なし。。。
でもそのあとの人の集まり観たら、まだ早い方だったかも。。。
すごい人気でした。

P9138710

ここは、下の写真のように、ワゴンで運ばれてくるのを、
呼び止めて、なか見せてもらって、コレちょうだい!と
言ってもらう、というものです。

P9138716

が、席に着くなり、コレいるか? これはどうだ?
すっごく声かけられ、基本、「来る者拒まず」なので、30分でお腹いっぱい。
食事終了です(笑) 

■ピークトラムで頂上から

香港島の眺めが最高なのは、やっぱり山頂から、なのでしょう。
でも、先にトラムに乗るつもりが、細かいお金がないので、
お金崩す目的で先に頂上まで行きました。ここも混んでいました。。。

 

P9138753

こんな感じで登っていきます。
上手く登っている角度とか表現できていないですが、
立っている人は、しがみ付かないと倒れてしまいます。

山頂(タワー)からの写真。

P9138766

なかなかの見晴らしです。

そして、ここから1日目の最大の目的地へ移動します。

■「ジョジョの奇妙な冒険」で、ポルナレフと戦うぅ~っ!!!

P9138836

解る人だけわかるぅぅ。。。

はい!  タイガーバームガーデンです。

と、言っても廃墟ですが。

これ、ジョジョの奇妙な冒険、でポルナレフがジョジョに戦いを挑む場所ですね。

すでにマンションが建っていて、建物の一部が残っている感じです。
ただ、マンション自体もなんだかタイガーバームガーデンのデザインを
生かしているかのようで、庭園にしているのかもしれないです。

P9138834

なお、マンションも明るいですが、道を挟んで向かいは小学校。

怖い感じは全くなかったです~♪
 
いちおう、参考に漫画でのタイガーバームガーデンの映像(一部)

 

映像のように昔は緑でいっぱいだったのでしょうか。
今は、高級ホテルとか、小学校とかで開けた感じですが、
たしかに山の上の方にあります。

そして、ここまで実はかなり歩きました。
香港島ですが、実は地下道や、ビル間をつなぐ陸橋が多く、
それも空調が効いていて涼しいです。

ただ、これ、一つ問題が。。。

この便利ルート、実は地図にないです。
さらに、ビルの中を通るので、ビルが閉まっていると通れなかったりします。

なので、迷いながらなんとかここまで歩いたらへとへとに。。。

小銭がないけど、もう、諦めてトラムに乗ることにしました。
(ひとり2.3ドルですが、お釣りがもらえないので、二人分で纏めて5ドルだしました。)

■トラムぅぅ~!!!

P9138856

乗ったのはこれ。ちゃんと2階にも上がりました。

風を受けて走るのは気持ちいいですよ~。

乗り方は、中環(セントラル)行きに乗って(後ろから)、
降りるときは停車場のところで大抵止まるので、
前方から、箱にお金を入れております。

このとき、「TWO MENS」とだけ言って5$見せながら入れて降りました。

まぁ、何とかなるものです。(笑)

このあと、地下鉄で、「中環」駅から、「尖沙咀」駅まで移動です。
そして、やはり地下道で、「尖東」駅まで移動し、P1出口の目の前、
「カオルーン シャングリラ 」ホテルに行きました。

■カオルーン シャングリラ ホテルぅぅ~。!!!

 
となりにセブンイレブンもあり、便利です。
が、チェックイン時、日本語可! と書かれていましたが、
普通に英語でのチェックイン。
途中、日本語も混ぜてくれましたが、基本は英語でした。
 
日本人が来ても英語でチェックインする人が多いから、
基本英語で、通じないところは日本語も少し混ぜるやり方みたいです。
 
このホテル、部屋からの眺めが良い、ということで選びました。
 
こんな感じです。

P9138881

おおお、さっきまでいた香港島のビル群が見えます。
 
部屋はかなり豪華で、ユニットバスのほかに別途、シャワー室もあります。
(トイレとすべて纏めて一部屋です。)
 
そして、ウェルカムフルーツがチェックイン後すぐに届けられます。
(いきなりすぎてチップを渡しそこないました。。。)
 
フルーツは、リンゴ、オレンジ、そして、ドラゴンフルーツです!
初ドラゴンフルーツ!
美味かった~!
 
あ、一点注意が必要です。
弟がシャワー浴びている間にテレビをつけました。
面白そうなのがないので、MTVを観ました。(現地の音楽を聴くのが好きなんです)
 
でも、画面でやってたのは、AKB48(笑)。ダンスもやっぱりお遊戯みたい。。。
海外で流さないでほしい。。。
 
そう思ってみてたら、弟が、シャワーから出てきて一声。
 
  「ああっ!これかっ!」
 
なんと、シャワー室内にこのテレビの音が大音量で流れる仕組みに
なっていたそうで。
弟は、いきなりAKB48が流れ始めたので、
 
  「に、日本人に対して自動でこの音楽をかけるなんて、
   なんて高級なホテルなんだ!!!」
 
と、驚嘆していたそうです(笑)
 
え、AVとか観なくてよかった(笑)
 
そして、夜景。
 

P9138928

良い感じです。
 
夜の8時からのライトアップもよく見れるかとホテルにいたのですが、
実際、同時に流れるらしい音楽もビルの壁に映される映像も、
全く見えませんでした(笑)
 
ひと休みしたので、食事と散策です。
 
ホテルの近く(裏の噴水前にある)の潮州料理のお店へ。
 
■初、潮州料理「潮州城」

潮州料理、とは、香港は、中国の広東にあるので、広東料理がメインですが、
広東の台湾に近い地域には潮州という地域があり、
ここの地域の料理も味わえます。(台湾でも実際にはお店は多いようです)
 
そこで食べたのがこれ。
 
歯水鵞翼「潮州風味のガチョウの足と手羽(128HK$)」
 
これはあまり大したことはない気がしましたが、
その下にひかれていた臭豆腐の揚げ、が最高に旨かったです。
 
あと、
前蠣烙「カキ入りスクランブルエッグ(88HK$)」
これピザみたいでしたが、美味かった!!!
 
「揚げ潮州豆腐(70HK$)」
これは塩味の効いたスープに浸して食べます。
これもつまみには良い感じです。

P9138941

黄金伊麺「潮州式焼きイーフー麺(80HK$)」
P9138946

これ、切り分けてもらったものに、砂糖をまぶし、
さらに酢醤油を掛けて食べます。
(お店の方が最初、お皿にとりわけ、作ってくれました)
 
これ、なかなか美味しいです。
 
と、お腹いっぱいになったところで、軽く散策。
 
九龍島の「ネイザンロード」は日本の銀座のところみたいに
高級な店が並んでいるらしいですが、でも中国っぽいです。
 
近くの脇道の様子。

P9138955

■そして、夜景。
 
さらにそこから、スターアベニューへ。
偽物のロレックスを進められながら、海辺へ。
 

P9138967

そして海沿いを歩きながらホテルへ移動します。
この通りは映画スターの手形や、銅像が立っている通りです。
 
上の写真は自由の女神っぽい、映画のフィルムを纏った女性です。
 
そして、
あの有名な銅像もいちおう(夜なので、さっぱい解りませんが)

P9138984

逆に迫力があるかも。。。
 
あ、なおココのスター銅像は2つだけで、ほか、関連のある像がちょろっと
置かれているだけです。
 
そして、2日目に続きます。(結局長くなっているかなぁ。。。)

| | コメント (4)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »