« 2014/04/19_20 高松・徳島旅行! | トップページ | 2014/04/26_27 石岡~内原・水戸・袋田の旅(1日目) »

2014年4月28日 (月)

2014/04/19_20 高松・徳島旅行!(2日目)

さて2日目。

高松で泊まったのは、琴電琴平線の「瓦町駅」近くです。

この駅の周りには飲み屋とか商店街がいくつもあって夜中まですごく賑やかな
ところでした。オススメです。

 

ここから琴電琴平線に乗って、琴電琴平駅まで移動、こんぴさらんまで行きます。
駅からすぐ横の川を渡り、歩いて10分でしょうか。
参道の入り口に着きます。 
 

001

お土産屋さんと、うどん屋さんがいっぱいです。  

金毘羅さんは、1165年頃からの歴史がある神社で、
海上交通の守り神、とされてきたそうです。
 
江戸初期からお参りに「○に金」のうちわが売られて、
中期頃には、伊勢神宮に次ぐ江戸庶民の憧れのお参りスポットだったようで、
後期には、民謡で

  
「こんぴらふねふね、おいてに帆かけてしゅらしゅしゅしゅ、
 (よくわからない歌詞がつづいて)
 一度廻って、(と、繰り返し)」

 
の歌ができたそうで、この歌、昔、セブンイレブンのスラーピーという、
かき氷風の飲物のCMで「すらーぴーひえひえ♪」と歌われていました。
 
『金毘羅舟々』 これの映像、鳴門の渦以外、金毘羅さんの映像ばっかりです。



で、朝の食事を抜いていたので、先にご飯を食べることにしました。
 
香川ですからね。
 
やっぱり『うどん』かと。
 
でも、うどんを食べよう、という話は来る前からありましたが、
店が多すぎて選べませんでした。
 
結局、金毘羅さんの入り口にあった大きなお店に入ってみました。
 

002

『てんてこ舞』さん。
 
タコ天串(150円)と、じゃこカツ(150円)つけて、ぶっかけ冷で注文。
 

003

 
正直、言いますが、う、うますぎる、っす。
 
はなまるうどんも結構好きで食べてましたので、そんなに変わらないだろう、と
思っていましたが、こっちのほうが上でした。
うどんも美味しいし、ツユも美味しい。
そして、何が旨いって、このタコ天串とじゃこカツが旨い事!!!
 
うどんなんて、どこで食べても変わらないだろう、、、と舐めていました。
すみません。
 
さて、お腹にもたまったので、まずはお参り。
ずーっと階段上っていきます。
 

004

階段の周りにはずーーっとお土産やが並びます。
なかなか楽しい~♪
 
半分ぐらい上がったところに、こんな像があります。
 

005

「こんぴら狗」 と言って、主人の代わりにお参りさせる犬だそうで、
日本だけでしょうね。こんなことさせる国は(笑)
 
この反対側には、神に仕える馬がいたりします。
 
さらに階段を上っていくと、金毘羅さんの本宮に到着です。
ここできちんとお参りします。
 

006

自分はよく溺れるから、ちゃんとお参りするべきなのかな。笑。
でも違うこと、いろいろお願いしてきました。
 
お参り後に、実は一番行きたかったところに行きました。
さっきの狗の像のあったところの裏にあります。
 

007

『高橋由一』館です。
 
これ、以前、鮭の絵を見てきましたが、じつは、ここ、
金毘羅さんに一番多くの絵が集まっています。
 
■参考:高橋由一展のはなし。⇒こちら
 
高橋由一の絵がたくさんあつまった理由は、
じつは、ここ、金毘羅さんがスポンサーになったためです。
 
「神社本庁」というものがあります。
これは、GHQの指導のもと、国と神社が分離されたため、
あらたに、宗教団体のひとつとして、おおくの神社を指導する役割を
この神社本庁を作り、対応したものだそう。
 
ということで、実は戦前までは、国と神道は日本国民の道徳の根源。
国教としていたのです。
そう、天皇中心の世の中が、明治から始まったとき、神仏分離令がでて、
分けられてしまったころからです。
(それまでは、神社の横にお寺があるのが一般的でした)
 
このため、この金毘羅さんにもお寺の跡がありますが、
天皇直属の神社となったため、莫大な資金が入ってきたそうです。
 
高橋由一は油絵を描こうとしたとき、その絵具を手に入れるために、
どうしても資金が必要でした。
このため、金毘羅さんにお願いしたということです。
 
高橋由一は、一生貧乏で、書いた絵も売れず、だったそうです。
ものすごい資金を手に入れていたそうですが、
全て絵具代に使ってしまっていたそうです。
 
なぜ、こんな絵が売れないのか。
 
当時は掛け軸が飾られる時代。
 
額に入った絵は人気がなかったそうです。
(っていうか、額自体、日本には存在せず、じつはここに飾られている絵の額は、
 高橋由一自身が作ったものだそうです)
 

008

有名な『豆腐』の絵です。これは皆に人気ですね。 

でも、ここには、実は有名な鮭の絵はありません。
実は、多くの作品がここ、金毘羅さんにあったそうですが、管理がずさんだったそうで、
あるとき絵をみたら、かびが出ていた、とかで「こりゃまずい」となったそう。
 
それで、慌てて美術館を建てて管理しよう、となったそうですが、
この時にはもう、絵が何点も行方知れずになってしまっているそうです。
 
で、鮭の絵。
 
あるとき、ここにあった絵を持っていた方が、お礼参りに来たそうです。
 
「命を救ってもらった」そんなお礼に、だそうで。
話はこんな話です。
 
以前、その方のお父さんが、「何かに困った時には、これを売りなさい」と
残してくれていたものがあったそうです。
それは何年も経つうちにすっかり忘れてしまっていたそうですが、
あるとき、景気が悪くなり、会社が傾いて、借金がおおきくなりもうだめだ、と
なったときに、そのお父さんの言葉を思い出したそうです。
 
残してくれていたもの。
それが、あの鮭の絵だったそう。
 
その絵を売ったことで、莫大なお金が入り、
借金から、従業員のお金から全部支払って
なんとか救われたそうです。
 
それで、鮭にお礼を、、、ということでしたが。
 
売ったのは金毘羅さんではなく、普通の競売にかけたそうで、
結局、ここにはありません。
 
「ここに売ったんじゃなければ、鮭の絵はないよ。
 なんでここに来たの?」
 
そう聞いたら、
 
「そりゃ、鮭だもの。生まれたところに戻るでしょ。」
 
だそうで、おいおい、落語家よ(笑)って思いましたが、
実話らしいです。
 
ここの館で案内している方が面白い方で、
こういったお話をたくさん聞かせてくれました。
この話を聞いているだけでおもしろい。
  
何時間でもいられる場所でした。
 
次に金毘羅歌舞伎の建物だけ、ちょっとみて。

009

その後、JRに乗って、最終目的地丸亀城へ。
金毘羅さんから近いんです。
 

010

丸亀城。これは現存する木造のお城の一つです。
 
う~ん、、、小さい。笑。
 
でも、平地から一気にこの高さまで上ります。き、きつい。。。
 

011

そして、丸亀、といえば、骨付き鶏♪
 
旅行の最後の〆には、やっぱりビールでしょ♪
 
ということで、骨付き鶏で有名な『一鶴』に行くことにしました。
『一鶴』の本店はこちら、丸亀にあります。
 
これが、骨付き鶏っすー♪
 

014

若鳥のほう。やわらかいっすー!
 
そして次が、親鳥のほう。固いけど、味は濃いめ!こっちの方が好きかも。

013

でも、それよりも、『かわ酢』が、お勧めです♪
 
お店はこちら。2階もあり広いです。

012

そして、ここから、空港までバスが走っています。

空港リムジンバス
 
これを利用して、さっくり空港まで移動。帰ってきました~♪

|

« 2014/04/19_20 高松・徳島旅行! | トップページ | 2014/04/26_27 石岡~内原・水戸・袋田の旅(1日目) »

コメント

金毘羅さんって徳島か。
色々おいしそうですね!

投稿: yhino | 2014年4月28日 (月) 18時19分

yhinoさん

金毘羅さんは、香川県(高松)でした。
近くにはうどんのみせばっかりいっぱいでしたよ。(笑)

徳島は「徳島ラーメン」が有名らしいのですが、
不思議なことに、高松にきたら、あちこちにあるのに、
徳島では一軒だけしか見かけなかったです。
 
(徳島のお店は混んでいては入れなかったんですよ)

一応、yhinoさんの好きなラーメンネタでした(笑)

投稿: たる。 | 2014年4月28日 (月) 19時54分

丸亀製麺!
日本全国どこでも美味しいそう
ですね!
仙台にもあるので かなりの頻度で
行きます。

そういえば新潟にもあった!

金毘羅さんの由来
よくわかりました。

投稿: グランマ | 2014年4月29日 (火) 20時22分

グランマさん!

うどん、美味しいですね~♪
香川にうどんを食べるだけで行くのもありかも、と
思いました。

金毘羅さん、何者かわかりませんでしたが、
今回行って、神社であることがわかりました。

言葉だけだとなかなか理解しきれないですね。。。

投稿: たる。 | 2014年4月29日 (火) 21時07分

ぶっかけも骨付き鶏も美味しそう!
本番の讃岐は、確かに一度は食べに行く価値ありですね~。
冷凍うどんで有名な「カトキチ」の本社も香川県にあるそうですね。香川出身の友人が言ってました。
なかなか美味しいらしく、冷凍庫に常備しているらしいですよ。(探すと以外に売ってないんですよ)

投稿: ペタシ | 2014年4月30日 (水) 12時08分

ペタシさん。

金毘羅さんのところにも温泉があるようです。
今回、まったく温泉に入らなかったので、
それはさみしい旅でした。

カトキチ?
まだまだ調べ方が浅いんだなぁ、、、知らなかったっす。

投稿: たる。 | 2014年4月30日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014/04/19_20 高松・徳島旅行! | トップページ | 2014/04/26_27 石岡~内原・水戸・袋田の旅(1日目) »