« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月28日 (土)

アナスト♪

アナスト、と言っても、吻合部(ふんごうぶ)の略称ではありません。

ANARCHY STONE(アナーキーストーン)です。

バンドさんです。
 
最近、ライブに行けてないので、ここで憂さ晴らし(笑)
こうやって書いているとライブに行った気になってくるなぁ~♪

千葉出身の、女の子3人組のバンドですが、パンクな感じの曲をやっています。

爆音なのですが、VOCALのMakiさんの声は、澄んでいて、
それでいてキンキンとした感じでないのが良いです。

ドラムのヤマシタさんは果てしなく刻み続けるのに、よわっちいところがなく、
カッコイイです。
観ているだけで筋肉痛になりそうなくらい刻んでます。(笑)

ギターは、ナツミさん。
最初は、多分迷いがあったと思います。慣れていないところも多かったかと。
しかし、責任感が強いのでしょうね。
最近は一体感が増してきて、舞台での動きもよくなってきました!
かなり弾きまくる感じで、カッコイイです!

 
それでオススメな曲たちを。
  
■Our World

 
ライブではかなり盛り上がります♪
 
さすがにダイブやモッシュには加わらないですけどね~♪
  
自分のブログを見てくれている方には、こちらがオススメかなっ♪
ちと古いですが。。。
 
■帰り道

 
でも、アナスト好きな人たちからみたら、こっちですよね~♪

■2012/12 ツアーファイナル。

 
ねっ! ミンさん♪
 
(さっきの忘年会ネタと絡めて、アメとムチですね♪)

| | コメント (0)

忘年会♪

今年は忘年会は、職場のものはあったようですが参加しなかったです。

実際3回くらいやってたみたいなのですが、
日程が予定を入れた日だったり、
他、参加者が本社員がいなく、契約の自分だけだったりで、
キャンセルしてもらったり。。。とか。(笑)

なんだか、やればいい、的になっているような気もして悲しいです。。。

そのかわり、縁がある方たちとの忘年会は、ちゃんとできました♪

まずは、12月18日(水)!

いつもコメント頂いているyhinoさんとの、
『美味しい専門店めぐり』の忘年会です。

場所はお互いの勤務地から近いところ、を選んで、
川崎。
そして今回の専門料理は、来年の干支を先取りして、馬です♪

馬肉専門店「一心」

      

http://r.gnavi.co.jp/gc5b600/

そう、先日、牛タンのお店を一心、と間違えてグランマさんに伝えていたのですが、
仙台旅行の日に、お店の話をyhinoさんとメールやり取りしていて。
すっかりごっちゃになってました。

いつも遅れることになったりするのですが、
今回は、「自社の都合」で定時に帰ると事前に言っておいたので、
余計なことは考えずに帰りました。

余裕で間に合いました。初めてかも♪

お店は結構狭く、カウンターと奥に宴会席がちょっとあります。
お店の人はかなり忙しそうに動いていて、
でも元気でいい雰囲気です。
 
カウンターのお客は女子が多かったです。
 
メニューは、牛肉でよくある、「ここの部位は、なんとかっていいます」の
表示が馬の絵で描かれていて、
なんだかみょうな気分です(笑)
 
料理の写真は、今回撮れなかったのですが、
馬刺し5点盛り、炙りカルビ(だったかな)、オススメサラダ、
石焼馬めし、だったかなぁ。。。
あとなんか食べた気がするのですが。。。
 
馬刺し、美味かった~♪ 

お酒も焼酎は十分メニューにあり、楽しめました。
 
今度来たら鍋にしたいところです♪
 
川崎はお店が多いので迷いますが、専門店、で行くなら
ここ、オススメですね♪
 
そして2回目 12月19日(木)。
これもブログでコメント書いてくれる、ぺたしさんご夫妻と、ミンさんと、
天下布武の会、忘年会です。
 
場所は、上野。
ミンさんが水戸に帰れるエリアで、ということで上野になりました。
 
お店はこちら。
 
千里香 上野店
 
      http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13059510/

ここは、中国と北朝鮮との国境近くの地域の料理、「延辺料理」のお店です。
 
中華と朝鮮と、モンゴルとに囲まれた地域の料理で、
羊肉が、唐辛子などの薬味をつけて食べる料理です。
 
一昨年、ソウルの仁川で中華街に行きましたが、
日本の中華街ではない、羊串の看板が多く、
ここでも食べられるようです。
 
あ、ここの写真は一枚あります。(笑)
 

Niku

これ、解りますかね。。串の肉が、台に乗っているのですが、
なんと、自動でくるくると回ります。
裏返す必要がないのです。
 
(手羽先は廻すととんでもないことになるので、歯車から外しています)
 
いやぁ、美味しかった!
 
ここは、以前、ペタシさんたちに、大久保のお店に連れて行ってもらってから
上野のお店を見つけて気になってたんです。
 
でも大久保のお店は狭く、人気もあって混んでいたので、
忘年会にはどうかなぁ、と心配だったのですが、
席もテーブルも広くて最高でした!
 
その上、ぺたしさんたちから、美味しいお菓子の詰め合わせを貰ってしまって。
 
有難いっす♪
 
ただ、、、、。
 
水戸のミンさん。
 
自分が遅れます!ってメール出したら、「了解しました」って
メール返してきたのに。
 
日にちを間違えていたそうで、水戸から送ったメールでした。
 
な、なんてことを。。。
 
そこで、懲らしめるべく、おいしそうな写真を撮ってあげた、
という次第です(笑)
 
まぁ、水曜、金曜日は都合悪い、と言った自分が、原因の元なのですが(笑)
 
しかし、久しぶりに会って、いつものように会話して、
また次回に!と約束して、
の流れって、楽しいですね~♪
 
忘年会は、仙台でのグランマさんとの飲みもある意味忘年会なのかな。
そして、この後、沖縄での飲みもあり、
一年、忙しかったですが、みなさんとの縁を噛み締めた年になった気がします。
 
あ、まだ今年は数日あったっけ。
 
「あまちゃん」の総集編が今度放送されるようなので、
これも観て、今年を振り返ろう~♪
 
でわでわ。



| | コメント (4)

2013年12月23日 (月)

2013/12/14,15 KAKUTAの舞台を観る。

演劇を観にいくのは久しぶり。

KAKUTAの舞台はいつも好きなのですが、
それでも最近遠ざかっていました。。。

今回、行くことにしたのは、弟が行きたい、と言ったこと。
そして、朗読の夜もやるということでした。

KAKUTAの『朗読の夜』シリーズは、毎回、短いストーリーの小説を、
朗読と演技とを混ぜて、舞台にしている作品です。

小説として一旦完成されているもの。
短くとも、ぐぃっとオチを持ってくる作品たちを、
さらに、一旦は読者として消化しているだろう演出家が、
自分の思いのトーンを朗読×舞台として乗せて来るのです。

そりゃ、面白いわけです。

その話たちの合間にも、短いショートストーリーを間に入れてひとつの
繋がりを持たせてくるのが、また、全体を纏め上げて一つの作品として
纏め上げてくるのです。

今回の作品は、『「アイロニーの夜』。

元作品たちは、以下の4作品。

 「テンガロンハット」           作:沼田まほかる
 「虎の肉球は消音器(サイレンサー)」作:平山夢明
 「炎上する君」              作:西加奈子
 「神様2011」                作:川上弘美
 
舞台にすると誰しも、原作のイメージ、作者のイメージに合っているのか。
それとも、独創性が勝ってしまっているのか。
気になるところです。
  
一度舞台を観た後、小説を読んだことがあるのだけど、
まさに小説をそのままリアルに動きを含めた舞台という形に
しているものでした。前者になりますね。
 
小説家のファン、はもちろん、
舞台、声優、いろいろな形を知る上でも、
是非たくさんの方に見てもらいたいものです。 
 
 

http://www.kakuta.tv/r-and-r/

そして、もうひとつ。

『ショッキングなほど煮えたぎれ美しく』

新作舞台は、これまた凄かった。。。

舞台の上で、生の演奏が入る、というのは、
よく、劇団新感線もやっているので、新しい物ではないかもしれませんが、
ただ、この劇団の魅力のひとつである、自然な演出に、
音楽が完全に溶け込んでいた、というのがスゴイです。

新感線でもキャラメルボックスでも、
劇団員が歌うのです。
しかし、今回歌を歌っているのは、本当に音楽をやっている人たち。

舞台に併せていても、歌だけは本当に、いつものようにやっているはずで。

それが、他にはない味に絶対なったと思いました。

これ、2回目はきっとない。。。

総合的には、キャラクター作りも上手くいった感じでした。
個性が生きている感じです。

個人的に、もう少し、、、と思ったのは、
主人公の想いに気持ちがシンクロ出来なかったところ、かな。

たぶん、自分が違う人間だからなのかもしれないです。
大切なものが見えたとき、過去を捨てることの重みが、
ちょっと自分と違うように思いました。

 

自分がいつもずっと望んでいる、「最後はハッピーエンド」。

今回、前向きな終わり方で好感が持てました。
そして、多くのキャラクターがいい味を出しており、
その人その人の人生も感じるわけです。
 
今回の作品で、ある意味あらたな手ごたえも感じているのでは、
と、勝手に想ってしまいます。
 
なので、次回の舞台もとても楽しみです。
期待しています~♪
 
 http://www.kakuta.tv/r-and-r/shocking.php
 

| | コメント (6)

2013年12月16日 (月)

20013/12/07_08 仙台旅行(5)松島~塩釜~多賀城

いよいよ松島から、船で塩釜に向います。

松島は遊覧での観光はありますが、塩釜に向ったことは、
今までになかったです。

ただ、コースで観ると、島のルートはほぼ同じ。
さらに、戻るのではなく、別のところに向うこの船は、
じつは見所満載なのでは、と思っていました。

実際、正解でした!!!

船は、チョット小さいこれ。

白鷹です♪

E01

10分前に集合し乗り込みます。
船の中ではかっぱ海老せんは、必需品で、ちゃんと売ってくれました。

さあ、かもめの写真撮影です。

が、、、まったく上手く撮れませんでした。。。

いちおうすこしでも見栄えのいいものを載せると。

E02

E03

と、まぁ、ピントが合っていても、端っこにばかり。。。

む、むずかしい。。。

こ、これはまた次回必ず!!!と思ってしまいます。

ただ、来年には禁止になるようなことを船のアナウンスで聞きました。

問題ありなんですかね。。。これ。

さて、一時間くらいで塩釜「マリンゲート」に到着。

ここには御飯が食べられるところがあるので、
本当は牡蠣を食べるつもりでした、が、
アナウンスで言っていて食べたくなったマグロにしちゃいました。

なんでも塩釜は、マグロが生のまま届くそうで、
冷凍していないマグロが食べられるらしい。。。

そして、あったのが、「塩竃まぐろ直売・食堂」っす。
 http://tabelog.com/miyagi/A0404/A040404/4003159/
 (リンク先は駅前のお店ですが、港にもあります)

おおおっ!マグロうましっ!

E04

そして、安かったッス!!!

食事が終わり、そのまま本塩釜の駅の方へ向います。
仙石線を下を越えて、すぐに左へ曲がります。

そのうちに、本塩釜の駅が右に見えますが、
そのまま道なりに進んで行きます。

目的地は、塩釜神社です。

途中で昔ながらの蔵などが沢山見えました。
なかでもスゴイ立派なのがこれ。

E05

なんの蔵だろう。。。
そう思い、よくよく観察すると、、、こんな家紋。

E06

だ、だいこん???

漬物やだ、これ!
大根の漬物有名なの???

と、思っていましたが、あとで調べたら、なんと、あの「浦霞」を
作っているところでした。

なんでも、今の時期、新酒が飲めたらしい。。。
知っていたら立ち寄ったのに。

なお、このあたりでは、塩釜神社に奉納する日本酒を造るために
幾つか蔵元があるそうで、「男山」も、途中にありました。

そして、塩釜神社に到着です。

E07

なんだか、いい感じです。

この階段、意外と楽にのぼれました。
ただ、雨がけっこう降っていたので滑りやすく、
ちと怖かったですが。

お参りを済ませ、階段を下りて右に曲がり、そのままさらに道なりを進みます。
すぐに信号があるので、そこを左にまがり、坂を登っていくと、高校があります。
陸橋の下を潜り、そのまま下り坂を下ると、東北本線の塩釜駅に着きます。
 
ここから、一駅だけ電車に乗り、国府多賀城駅まで移動します。

そう、旅行のもう一つの目的、日本100城のスタンプは、この駅にあるのです。

それも、こんな感じで。

E08
な、なんか違う気がする。。。
 
駅のスタンプみたいになってる。。。
 
むやみに押せないように、声掛けないと出してくれないところもあるのに。
駅の切符買うところを背にして置いてあるなんて。。。
 
まぁ、おかげで電車のある時間内であれば押せそうですが。
 
そして、このあと、
ちゃんとここから多賀城跡へ行きました。
 
しかし、駅をでて、矢印の看板があるほうへ歩いていきますが、、、
いやぁ、わかりにくい。
 
道じゃないし。。。
 
こんな感じです。。。
 

E09

グランドの横をとおったり、していきます。。。

道じゃない。。。駐車場のところです。。。

 

日も暮れてきて、いい感じですが、ちと不安。

でも何とか石碑まで到着です。

E10

これ、当時に立てられた石碑だそうで、(あ、中にあります。)

城が建てられた頃の記録が当時に書かれていたものだそうです。

多賀城は、日本三大史跡のひとつだそうで、
奈良時代(724年)に置かれた城です。

中にはいろいろな儀式を執り行う場所が設けられていたそうです。

その遺跡に向う坂が階段状に見えます。

E13

ここを登っていくと、一番上に、

E11

遺跡があります。

E12

こんな模型も。。。

ここで儀式とかおこなわれていたんですね。

 
ただ、どこまでが当時の遺跡か、どれが復元したものか、
さっぱりわかりません。。。
 
いいのかなぁ、これで。。。
 
多賀城が作られた目的は、蝦夷を制圧するためのもので、
奈良の平城京を中心に、南に太宰府(福岡)、北に多賀城(宮城)を
配置したそうです。
(この3つが、日本三大史跡です。大宰府も同じように石しかないようです。)

詳しくはこちらを参照ください。http://tagakan.jp/

そして、もうすっかり夕暮れです。

E14

ここ、ほぼほぼ何もなかったです。。。

そして、仙台駅に戻りました。
さらにそこで、冗談、、、でおわらず、
牛タンカレー食べました。。。

E15

う~ん、牛タンをカレーにしても有り難味がよくわからないっす。(笑)

そして、帰りには、これも食べました。

E16

喜久福の「ずんだ生クリーム大福」です!
これまた美味し!

おすすめです。

これで今回の旅行の一通りの食事は終了。
あ、帰り駅弁も食べましたけどね。

いやはや、すっごく食べた旅行でした!

おわり~♪っす。

| | コメント (8)

20013/12/07_08 仙台旅行(4)楽天~松島

さて、翌日。

あさ8時30分くらいにはチェックアウトしました。

10時に開店するお店で御飯を食べる予定にしていたので、
それまで、散策です。
 
まずは、駅前の市場!
昨日夜には魚がすっごく並んでいて。
でも市場なので朝、よってみました。
 

D01

が、日曜は休みのようでした(笑)
 
まぁ、朝一で魚買っても、持って帰れませんが(笑)
 
そして、これから駅の裏に廻り、今年優勝した楽天のスタジアムに向います!
30分くらい歩いてやっと到着。
 

D02

いちおう、優勝したっぽい写真も!

D03

なんだか良い感じに実感。
歩いている途中にチアのスクールがあったり、
地域密着している感じも好印象です。
 
そしてそのまま来た道を戻り、駅の2階。ステンドグラスの前の
エスカレータ上にある、「伊達なキッチンキッチンカフェ キーチャンズ」に
行きました。
 http://www.jrstamp.com/shopinfo/shop/detail/?id=14
 
ここで食べたのは、コレ!「登米の油麩丼」
 

D04

お店の開店時に結構人が並んでいたので、みんなコレが目当てか?
と思ったのですが、みんな違うもの頼んでいて、自分達だけでした(笑)
 
お、おかしいなぁ。。。名物だと思ったのに。。。
 
でも、弟はこのお店を気に入ったみたい。
この登米の油麩丼は、鍋食べた後のオジヤと同じ味でした。
 
美味かったです!!!
 
弟に気に入ったなら、帰りにも食べることできるよ、と
冗談交えて言ったら、「今度は牛タンカレー食べる!」と
言ってました。
 
さて、食事が終わりさっそく松島へ向います。
 
電車は塩釜の駅を過ぎて松島に向いますが、
電車から見える塩釜の付近の島の風景はかなりの絶景です。
 

D05

電車から撮ったこの写真、個人的にけっこう気に入ってます。
 
駅に到着し、一旦、駅の横にある船のチケット売り場に行き、
塩釜までのチケットを買おうとしました、が、
駅のところで売られているのは松島遊覧のものだけだそうで。
船乗り場のところに行って、チケット買いました。
余裕を持って、あと一時間15分後にでる、13時の船にしました。
 
そして瑞巌寺に向います。
 
下の写真は参道入り口です。
 

D06

右側に写っているお店は立ち入り禁止になっています。
右側にある多くのお店は営業していませんでした。
ちと寂しい。
 
瑞巌寺に来た理由のひとつは、前に食べた「ずんだ餅」が
めちゃくちゃ美味しくて、そのお店にもう一度来たい!というもの。
 
それが、参道を入って、瑞巌寺入り口(拝観料支払うところ)を
左に入ったこのお店。
 

D07

ああ、無事だった。。。
 
そしてさっそく店に入ります。
 
そしてズンダ餅を頼みます。
 
でてきたのが、コレっ!
 

D08

そうそう、この粒粒の残った感じ!
そして程よい甘さっ!!!
 
う、美味すぎる。
 
餅の美味さは、確かに昨日食べたところのほうが美味しいと
思うけど、ここの餅もなかなかの味。
でも、それよりも、ズンダの美味しさは、こちらが勝っていると思う!
 
多くの人に意見を求めたいところです。
人それぞれ、好みは違うでしょうからね~♪
 
そして、時間があまりないので、瑞巌寺には入らず(笑)
 
そのまま参道まで戻り。。。
 
「ずんだアイス」
 

D09

いや、ソフトクリームは旅行で欠かしてはいけないものです(笑)
 
どんなに寒くても、食べます♪
 
そして、瑞巌寺でも無料で拝観できる「五大堂」に向います。
港から見える橋で渡れる島の上に、お堂があります。
 

D10

D11

なかなか立派です。
 
そして、これから、塩釜へと向います♪

| | コメント (4)

20013/12/07_08 仙台旅行(3)夜の仙台  

夜の仙台っす。

グランマさんとの二次会が終わり、今度は兄弟二人で、
仙台の街を散策です。

が、ここで、会社からの電話が大量に入っていたことに気付きます。
障害です。。。

夜中の2時にあって、7時30分まで対応して。
新幹線にギリギリ間に合って、、、と、朝そんなことがあったのに。
夜にも連絡が入るとは。。。

ただ、大したことではなかったので助かりました。。。

そこから、夜のライトアップストリート「SENDAI 光のページェント」に行きました。
    http://www.sendaihikape.jp/

 

C01

C02

C03
 
なかなかキレイでしたが、人の多さと雨で(笑)ちょっとだけ観て
帰る事にしました。
 
なんせ、酔っ払いが多いのと、寒いのと。
 
弟が「寒い」言ってるの、久々に聞きました。
 
けっこう薄いの着ていてもなにも言わないのに。
 
そのあとホテルに戻って、しばらくしてからおなか空いて来たので、
もう一回、御飯に行きました。(笑)
 
こんなに食べたのは久しぶりだな。
 
お店はホテルの近くにあった、牛タンのお店、利久
   http://www.rikyu-gyutan.co.jp/corpo/location.html
 
ただ、東京にもあるんですよね(笑)
 
弟はよく知らないみたいで、タンシチューまでお土産に買っていましたから。
 
でも牛タンの握りは美味しかったっす。
そして、何よりも、海産物が美味かった!!!
 
仙台は、海産物が美味しいかも。
 
駅近くに市場があったし。
 
そして、その帰りにも、コンビニでついつい。これ。。。

C04

もう、どんだけ喰うのだか。。。笑っ。

| | コメント (2)

2013年12月14日 (土)

20013/12/07_08 仙台旅行(2)オフ会♪

さてさて、もう一週間たってしまいましたが、
更新します。

ここから、仙台旅行の1日目の夜になります。

そう、グランマさんとのオフ会です!

待ち合わせ場所は、仙台駅、ステンドグラス前、ということで、
ここはみんなの待ち合わせ場所のようです。

01_2

グランマさんの写真は、以前、携帯でのメールのやり取りで
頂いていたので、イメージはあるのですが、
初めて会うので緊張します。

そう、だれもがグランマさんに見えてしまう(笑)

でも、すぐにわかりました。
そして、グランマさんにもすぐ解ったそうです。

まっすぐ自分達に向って歩いてきます。
笑顔で!

おおおっ!グランマさん、ハジメマシテ!(で、いいのかな?)

弟も自己紹介してさっそくお店に向いますが、
いや~、話がそこからもう途切れない、途切れない(笑)

こんなに話が出来るのか、と思うくらい。

いつも自分は話を聞いているほうが多いのですが、
今回はちゃんと盛り上げなきゃ、とか、緊張していましたが、
まっっっっっっったく、不要でした(笑)

お店は、仙台味噌の専門店「古々がみそ」
  http://r.gnavi.co.jp/t006906/

ここは、ネットで調べました。
仙台で牛タン、は、自分達には満足ですが、
いま仙台に住んでいるグランマさんにはどうかなぁ、と思って、
ちょっと変わったところにしたいと、探したのでした。

ただ、単品で美味しそうなもの頼んだほうがいいだろうと、
また、グランマさんも誰か連れてきても良い様に、とか、
まぁ、いろいろ考えて予約していなかったのですが、
結局、予約でいっぱいで。
1時間程度だけ、いられることになりました。
(入った時はガラガラでしたが、各テーブルには、鍋がセットされていました)

それでも注文はちゃんとしましたよ。(弟が)

帰ってから、「あの注文はおかしくないか?」とダメだしもしましたが、
まぁ、予約していなかった自分の失敗が大きいので、

すみません。。。

ただ、注文はしましたが、話すことが沢山で、食べている時間がない(笑)

楽しい時間が過ごせました!

では、ここで注文した食事の数々を 

02

 最初に出てきた味噌料理(笑)
 しかし味噌が硬いのにきゅうりで味噌をすくいとるのは無理。
 味は、想像のとおり、味噌ときゅうり、そのままです♪

03

 松島ビール! ご当地アイドルです。
 3種類ありましたが定番そうなものを選びました。美味しかったです!

04

 仙台名物笹かま炭火焼き です。味噌は梅みそを選んだような。

 グランマさんは味噌をつけなくても美味しそういとか言ってましたが、
 でも味噌をつけても美味しいと言ってました。

05

 これ、確か、ホヤ ですよね。。。
 注文するときに、食べられない人が多いような話で、
 盛り上がったのですが、
 その後の話が盛り上がりすぎて、気がつかないうちに
 弟がほぼ食べてしまっていました。
 残ったカスのようなものを食べましたが、これ、美味しかった。
 海の強さがないので、食べやすかったです。
 (カスだけなので正確ではないですが)

06

 こ、これ、なんだっけ???

07

 そして、串盛り5点セット、、、が、各一人ずつへ(笑)
 写真の撮り方で大きいのではなく、本当に大きかった。

 で、話に夢中で完全に冷めてしまった。。。お店の人に申しわけない。
 見た目にも焼き具合は絶妙だったはず。

と一時間よりも少し長いさせてくれたようですが、
ここで、一次会はお開き。

そして二次会へ。

二次会はお茶にしました。
グランマさん、お酒飲まないなんて、、、聞いてないっす!(笑)

ここで、グランマさんの福島避難生活、新潟でのこと、仙台でのこと、
しっかり聞かせていただきました。

いやはや、言葉が返せません。

戦後間もない頃のオヤジたちの話を思い出しました。

そして、オヤジがよく自分に言っていた言葉。
 「人が良いだけじゃ、生きていけない。
  時には人を押しのけることもしなければ。
  だから、甘いんだ。」

オヤジは子供の頃は横浜に住んでいて、
空襲も経験していたし。
さらに、保証人になって、借金を抱えた祖父たちを
中学生くらいのときに説得して家を売ってすべて返したのち、
高校に行かず働いてきました。

家族や教師がわざわざ訪問して進学して欲しい、と言ったようですが、
無理だと思ったそうです。

グランマさんの話を聞いて、オヤジのコト思い出してしまうとは。

だから、本当に世界が違うことが起きていたのを知りました。

たぶん、自分も他の人に、この話をすると思いますが、
きっと正しくは伝えられないのだろうなぁ、と思います。

そして、よく災害に備えて、、、と言われますが、
無理です(笑)

聞かせてもらった話は、「家族の覚悟」の話でしたよ。。。

それは、もう、他人が聞いて聞いて何かいえることも出来ないし、
ノウハウにもならない。

やっぱり次元が違う。

グランマさん。貴重な話を有難うございました。
(そして、ご馳走様でした~♪)

二次会が終わり、そう!写真、写真!!!

会ったときにスグ撮りたかったのですが、
お店の時間があったので。

でも酔っぱらってしまうことなく撮れたのでよかった!

かなり良い写真になりましたが、
ここでは内緒に。

みな、笑顔の良い写真で、グランマさんは笑顔のかわいい感じが
よく出ていますよ。

ああ、写真、どうやって渡そう。。。また仙台に行くかなっ♪

(つづく)

| | コメント (5)

2013年12月10日 (火)

20013/12/07_08 仙台旅行(1)食べ歩き~♪

12月、やっと仙台に行ってきました。

ずーーーっと行こうと思っていて行けなかった仙台。

でも、新幹線代と宿代で2万以下で買うことが出来たので、
さっくりと行って来ました。

09:24 東京駅発、仙台駅には11:12着。

ここから、11:30には開店する、牛タンのお店に向います。

お店はここ。「一隆本店」。

    

http://tanyaki-ichiryu.com/ 

(グランマさんに一心と伝えてしまいましたが、
 一心はまた別のお店でした。ゴメンナサイ。。。)

001

ここは、ネットで調べても人気があるようで、昔ながらの料理方法で
きっちりと作ることを意識されているようなので、
まずは、ここで食べたい! と行きました。

写真は看板しか写っていないですが、理由は列が出来ていたから。

自分達が着いたときには10人くらい並んでました。

11:35についたと言うのに。。。

それも中に既にお客さんが入った状態。。。

これは、下手すると一時間待ちか。。。

と思いましたが、お店の方が、
「ゆっくり出来なくて申し訳ありませんが」とかなり丁寧に言う為、
みな、さっさと御飯食べて出るように、頑張ります。(笑)

結果、30分くらい待って入れました!!!

そして食べたのはコレ!牛タン定食!!!

 

002

ちょっと美味しそうに撮った写真(笑っ)
 

003

牛タン、ウマカッタッス!!!
 
ちょっと油が多い気がしましたが、
よく食べる薄く切った牛タンの味が、そのまま厚くなって出てきた感じ。
でも、柔らかい。
 
牛タンの正等な味、だと、確かに思いました!
 
テールスープは上品な味。
 
御飯は普通の白米。
 
店は狭いし、ゆっくり出来ないけど、
地元のランチでやっている牛タン屋、という感じなので、
他所から来た自分達は、大変満足です。
 
15分くらいで食べ終わって外に出ました(笑)
 
そしてここから、仙台城址へ向います。
 

004

30分程度歩くと、仙台城の門が見えます。
ここを左に曲がって入っていきます。
 
10分くらい登っていくと、本丸跡に着きます。
 
ここで弟は日本百城のスタンプを押しに、事務所へ。
 
そして、お目当ての伊達政宗公の像へ向います!
 

005

逆光~。。。。
 
しかし、かっこいい!
 
そして、仙台城のCGを観てきました。(映画です。)
 

006

この映画、なかなかよく出来ています!
 
そして、ためになる!
 
かならず観たほうが良いと思います。
 
なお、仙台城址は、本丸がありましたが天守閣はありませんでした。
それは、江戸に対して遠慮したから、だそうで。
 
ただ、街作りにちからを注ぎ、
米作り、酒造りと、多くの事に力を入れていたそうです。
 
杜の都、仙台、と言われるのは、
江戸時代に植林を推奨した結果、のようです。
それは、元々木の少ない野原だったところに、防風林、防雪林的な
ことで植えたようで、明治の時代頃から、そのように言われるように
なったようです。
 
その後、おもてなし武将隊の片倉小十郎がいました!
 
かっこいーです。
これは、、、かっこよすぎて、
ちょっと写真撮るのが気がひけてしまい。。。
 
写真なしです。。。すみません。
 
  http://www.datebusyou.jp/index.shtml
 
そして、あまり時間もないので、切り上げて、
ずんだ餅のお店に向います!
 
それがここ、村上屋餅店っす。
   http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000119/
 

007

そして食べたのが、このずんだ餅!!!
 

008

ここのずんだ餅は、タレ(えだまめ)がペースト状になるまで
細かくすりつぶされているタイプ。
 
個人的には、つぶつぶが残ったほうが好きなので、
すこし残念ですが、いや、しかし、餅が確実に美味い!
 
ずんだ餅のお店というより、正当な餅を売りにしているお店かも
しれないです。
 
そして、この後はホテルへチェックインして、少し休憩し、
本旅行の最大のイベント!
 
グランマさんとのオフ会へ向います!(つづく。)

| | コメント (6)

2013年12月 3日 (火)

最近、佐藤江梨子さんのブログに嵌ってる♪

いやはや、どういえば上手く伝わるのかわからないのですが、

彼女の淡々とした語りのリズムが大好きです。

不器用だ、と本人は言うけど、でも自分のリズムは崩さないよね、、、。

そんなところが大好きです。

サトエリ こと、佐藤江梨子さんのブログっす。

   

http://www.yellow-cab.co.jp/blog/eriko-sato/index.html

あ、ブログだけでなく、キレイな人ですよね~♪

| | コメント (8)

コンソメって。

今日、お昼にハンバーガーを食べたのですが、セットについてきたポテトが
コンソメ味でした。

で、コンソメって何?
なんかの略語?

と気になって、調べたら、
近藤染五郎が発明したスープだから、、、

というデマをヒット。。。

困ったもんっす。

実際は、コンソメはフランス料理で、かなり手の込んだ透明な黄金色のスープの
ことを言うそうで。
意味は、「完成された」という、、、ちとビックリな言葉でした。

卵白を使って、余分なアクを取り除いたり、色付けするために、
野菜を少し焦してみたり、とまぁ、簡単にはやってない感じです。
 
で、コンソメの素、というのがありますが、
あれは、実はブイヨンの素だそうです。
 
名前だけ、コンソメ、、、という紛らわしいもの、らしい。
 
では、ブイヨンって何よ?
 
と思っちゃいますが、実は、肉とか野菜とかを煮込んでポトフを作ったときに
出来る出汁が、ブイヨンで、
このブイヨンから、手間隙掛けて作るのが、コンソメだそうです。
 
でもコンソメの言葉の意味は、さておいても、
ポテトチップスの『ブイヨン味』、ってのは、
なんだか、、、ちょっと食べたい気にならないですね~。笑っ
 
言葉のニュアンス的なものですが。
 
でも不思議!
マギー・ブイヨン味、といわれると、アリ、な気もします。
 
適当だなっ!笑っ。
 
 

| | コメント (6)

2013年12月 1日 (日)

約束。

もう12月になってしまいました。

やらなくてはいけないことが、まったく出来ていませんが、
やりたかったことは一つずつ、進めていけている気がします。

12月は、やっと約束が果せそうです。

今週末、仙台に行ってきます。
ブログにコメント書いてくれているグランマさんと初めて会えそうです♪

長くなってしまったけど、今年こそ!っと、思っていて。
念願叶いそうでで嬉しいっす!!!

あ、弟も一緒です(笑)

ミンさんが、台湾でピグ友と会ってたのも羨ましかったし(笑)

 

そして、3連休は沖縄に行って来ます。

これは、前の職場の友達が、チケットを取ってくれて、
良かったら行きませんか、と誘ってくれました。

バニラ航空のツアー、1万円で往復、あんど、宿付きです。
安すぎる。。。笑

彼とも、行きましょう! と約束していて、数年経ってしまっていて。
自分も忘れていませんでしたが、彼自身も忘れずに、
唐突でしたが、忘れずに連絡くれるのが嬉しいですね~♪

(いや、マジ今月仕事厳しいので、、、断ってたんですけどね。笑)

ということで、今回は、弟は留守番です。

 

いろいろと、皆さんとは約束だけして、実際にはのびのびになっていることが、
沢山あるのですが、
自分としては、いつもそのことが気がかりで、
いつも思い出しています。

きっとみんなも同じ思いなのだろう、と甘えていますが、
どうぞ、約束を忘れずにいてくださいねー!

と、いうことで、「ふたたび会うまでのとおい約束」

『セーラー服と機関銃』 薬師丸ひろ子


 

な、なつかしー!

 

| | コメント (8)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »