« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月19日 (火)

2013/11/18 ポール・マッカートニーのライブ

ポール・マッカートニーのライブに行ってきました。
 

1916281363_235

 
東京ドームでしたが、まさかこんなにも人が入るのか、というくらい、
人が入っていました。
いつもは、「もっと入るのになんでスカスカの座席並びなの?」
と思うところが、
今回はみっちりしすぎで、通路を歩くのに人とぶつかりながらでないと
歩けません。
 
グッツ売り場も人が居ません。
理由は売り切れちゃっているから。。。
 
ライブは楽しかったですよ。
こんな曲もやってたのか、、、と思うなじみの曲ばかり。
 

知っている曲、いっぱいでしたが、カバー曲で知ってたのが多くて。
あ、これもビートルズの曲だった。って、
何度も思ってしまうライヴ。
どんな曲調もビートルズがすでにやっているようで、ある意味恐ろしい。
 
そして、ポール、若いなぁ。
途中、ちょっと疲れてたけど、あの声で歌えるのは凄すぎる。
 
終わったあと、まっすぐ帰るつもりが、飲まずにいられなかった(笑)
 
ということで、唯一の、ライヴの写真は
店のサービス広告でした!
 
(今、HPチェックしたら、携帯での写真撮影はOKらしい。。。失敗。)
 
しかし、16500円という、かなりの額なのに、
あの横からしか見えない離れた席は、なんなんだろう。。。
もう少し安くても良い気がするのだけど。。。
 
チケットはソールドアウト。
(でも当日券、急遽販売決定らしい)
 

グッツなど、詳細はこちら。
http://outthere-japantour.com/


(続き)は、大阪公演のセットリスト。東京も同じだと思う。。。
弟は、19曲目が終わったところで到着。。。終了は、だいたい、21:30っす。

 

続きを読む "2013/11/18 ポール・マッカートニーのライブ"

| | コメント (9)

2013年11月18日 (月)

今日の夢。

今日は10月の休日出勤の代休です。

やっぱり10時くらいまで寝ていると、疲れが取れますね。

久しぶりに夢を覚えています。

高校の友達に呼ばれたパーティ。
なんでも妹の結婚式、ということで。

面識はないものの、名簿を見ると懐かしい名前があったり、と
ああ、みんなとの繋がりを大事にしてるんだなぁ、と
思いました。

高校の時は、自分は今以上に足りていない人間で、
失敗が多かったから、いつも自分に対して、自分と比較して他人に対して、
イライラしていた時期。
そして、ほんとうに悩んでばかりで、模索し続けていた時期で、
好きじゃなかった。

だから、いつかちゃんとした形でみんなと再会したい、と
思っていました。

高校3年の時のクラスは、一番楽しかったから。

いろいろ書いたり、しゃべったりすると、
どうしても言い訳にしか見えないものが出てくるし、
自分でもいい訳だと思えるので、たぶん、これからも高校の頃のことは
何も言えないのだとおもうけど。

今週末、同窓会がまた行われるので行ってきます。

去年は、台湾に行っていたので、2年ぶりに会うことになります。
それで見ちゃった夢ですね(笑)

こんな自分の中での悩みは、同じものではないけど、きっと自分だけでなく、
みんなも若くて、いろいろあった中でも、今の時期に会おうと思っている、

それも、思っただけで行動することは大変なことだと思うわけで。

とても、ありがたいことだと思ってます。

未だに、「自分なんか、行っても嬉しくないだろうに。」などと、
ついつい、いつものロジックで、思ってしまうのですが、

それでも会いたい気持ちと、それでも、企画してくれて、
声掛けてくれた友達達を応援したい気持ちで、
参加してきます。

あ、今日は、ポール・マッカートニーのライブに行ってきます♪

でも、ビートルズ世代だからではありません。
でも、ポール、大好き!ってコトも特にないです(笑)

ビートルズのポール・マッカートニーが居た時代に生きていたことを
思い出にしたいから、です。

いいのだか、悪いのだか(笑っ)

これは同窓会のように純粋な気持ちではないのだけど、
ショーはきっと楽しいものになるはず!

楽しみっす~♪




 







| | コメント (7)

2013年11月17日 (日)

台風30号の影響。

いま、フィリピンは大変な状況ですね。

フィリピンは小さな島が集まって出来ていますが、
意外と大きいです。

なので、今回被害の大きかったところと、
被害の小さかったところがあるわけで、
今、マニラに多くの方が避難しているようです。

ということで、どの当たりだったのだろう、と地図を見てみたら、
パラオという国も台風の通過線上にありました。

そして、こんなニュースが。

外務省のページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000287.html

 

被害の状況がわかりませんので、
支援額が適当なものか判断できませんが、
ちゃんとテレビでこういうニュースも流して欲しいものです。



 

 
 

| | コメント (6)

2013年11月13日 (水)

2013/11/02_04 上海旅行(7)浦東と、夜の食事

前回、ざっくりと書きましたが、旅は予定通りには行かないもの。

まぁ、その分時間も出来たので、
予定になかったことを入れてみました。

浦東(プードン)へ渡ることです。
これは河の反対側、タワーのあるほうに渡ろう、ということで、
河の地下を走る、ゴンドラがあるのです。
これにちょっと乗ってみました。

F001

往復で70元。。。チョット高い。

チケットを買ってはいると、エスカレータ。。。

F002

まさか、江ノ島のエスカーじゃないよね。
 

F003

ちゃんとゴンドラありました。
 
で、人気がないようで、自分たち2人乗ったら、後誰も乗らず、
いい感じです。
 
トンネルの中は光の演出が沢山あります。
 

F004

暗いだけのトンネルよりはいいですよね。
 
これ↓ きれいですよね~♪
 

F005

そしてその先には、なんか風で動く人形があったりしました(笑)
意味解らん。

F006

で、3分ほどで到着。
 
 
外に出て、河の方に向って歩きます。
 
対岸は同じように公園になっていました。
ちょっと雰囲気は違いますが。
 

F007

ちょっと浅瀬があって鳥がいたりします。
向こう側は500mくらい先のはずですが、
なんだか曇ってます。
 
そして、そのあと、せっかくなのでタワーのところにも行って見ました。

F008

きっとタワーまで行けばお店もあるだろうし、
マックがあれば食事しよう!と行ったのですが、
なんと、タワーのところにはサブウェイしかなく、
弟も、
「サブウェイは注文、無理だよ。。。」ということで諦めました。
 
タワーの中に入ることも考えましたが、
高いんですよね。。。
 
きっと曇っていて何も見えないのだから、無駄じゃないか、と思い、
やめました。
 
食事はホテルの向かいに中華料理のお店があったので、そこに行くことにしました。

F009

ここのお店の主人はちょっと日本語話せたりするようで、
でもきっと挨拶程度だと思うけど。
でも嬉しいものです。
 

F010

やっぱりまずは、ビール!!!
 

F011

麻婆豆腐は汁っけが多いけど、味はぶれてなく美味しかったです。

F012
 豚肉の骨のあるものでしたが、これ、美味かったなぁ。

F013
お店の名前に魚とあるので、魚料理を頼もう、と
オススメっぽく写真付きであったのを選びました。
これ、小骨多かったけど、美味しかった!!! 

F014

で、もう一品、なにかオススメありますか?って聞いたら、
海老の茹でたの。ということでこれ。
 
前にも書きましたが、蟹、海老は苦手です。
 
で、最初進められたとき、「えーーーっ」って思って。
 
他にないですか?
って聞いたら、焼いた海老は一本ずつなので高いです。
 
って。
 
あ、あくまでも海老がオススメってことなのね。。。
 

と諦めてコレに。
 
まぁ、美味しかったですよ。
 
ホテルの近くにこんなお店があるならば、一度は来るのはいいな。
この辺店ないから、他の日本人は馴染みになっていたみたいだし。
 
このお店自体は、チェーン店のようにあちこちにあるようです。
本当は四角い鉄鍋(?)に魚と野菜とで味付けたものが、
売りのようです。

 お店のHP(?)みたい。:http://www.chuanfukaoyu.cn/product.asp
 
このあと、翌日朝には帰りです。
 
 
 
現地時間5時おき。
5時半にはチェックアウト。
南京東路駅の6時の始発に乗ります。
そして、同じ2号線ですが、向かいの電車に乗換えが発生しますが、
7時ちょいすぎには空港の駅に付きます。
 
そして空港に行くと、すごい人の列ができています。。。
や、やばいかも。と思いましたが、
 
春秋空港の受付はガラガラでした(笑)
 
しかし、出国審査とか、意外と時間が掛かって、
入ってからお土産とか買う時間ギリギリです。
 
出国審査が終わってでたところのフロアにお土産が沢山ありますが、
タバコはここで買って、あとは搭乗口に向います。
すぐ真下の一階です。
 
そこにもお土産やがありました。
会社のは一応そこで買って、帰りました~!
 
コレ。うらにも日本語で書いてあり、なんだか、、、っていうものですね。

F016

そして茨城に到着。。。

入国審査は日本人ようの窓口は空いているので
手続きもさっさと終わりました。
 
っていうか、バスまでの時間が結構あるので、
急ぐ必要なしですね。。。
 
F015

帰りのバスは早めに並ばないと席が取れないですね。。。
バスが着てからのると、補助席になる可能性が高いです。
 
補助席で、一時間半はきついです。
 
でも結構楽しい旅になりました。
 
もしまた行くならば、3日ではなく、もう一日増やして行きたいです。
そして、夏がいいなぁ。
 
PM2.5の無い時期が。。。笑っ

| | コメント (10)

2013/11/02_04 上海旅行(6)昼の豫園と上海蟹「成隆行蟹王府」

さて、豫園の中にさっそく入ります。

E001

 

豫園は、明の時代の役人が、故郷を懐かしむ両親のために作った庭園で、
1577年ごろにできたというので、日本の戦国時代のころのものです。

なので、建物を見ると不思議なものも多いです。

E002
 
 庭園、って感じですが、屋根のところ、とんがりすぎです(笑)

E003
 
石畳も不思議な模様ですが、瓦が使われています。
屋根を見るとさらにかわらの使われ方が変わっているのに
気付くと思います。
 

E004
 
 この龍は本来、王以外は作れないものだったらしいですが、
 指の数を多くして、「これは龍ではありません」と言って
 作ったらしいです。台湾行ったときもそんな話聞きましたね。
 
 ただ、この龍、ひげが長い。。。

E005
 
 屋根の上にへんな像が、、、。意味は何かあるのか、、、不明。

E006
 
 とんがり二本っ!

E007
 
 そして、兄弟旅行なのにいつも写真がないので、
 たまには一緒にとろうよ、って言って、鏡に映った自分達を撮ってみました。
 
 ただ、、、慣れていないので、二人ともカメラしか見ていない。。。笑っ

E008
 
こんな感じです~♪

さて、このあと、さっそく上海蟹を食べにお店へ向います。

豫園駅から、南京東路駅まで一駅分あるきます。

が、豫園駅の前で、中国の方に声掛けられます。
 
「写真を撮ってください。」というジェスチャー。

で、はいはい、って、撮ってあげたら、英語で、中国の方ですか?いうので、
いえ日本人です。
おお、中国人にしか見えないよ。観光ですか?
はい。
今度私も日本に行きますよ。
そうですか。
ではせっかくだから、お茶に行きませんか。
えっ。。。
この近くに変わったお茶の入れ方をするお店があるので、
是非、行きましょう。お友達になりたいです。
(や、ぜったいヤバイよ。これ。)

いえ、用事がありますので。
いやいや、せっかくなんですから、10分でも。

いえいえ、、、

こんなやり取りが、、、1時間の間に、なんと二回も。
 
豫園駅の前で一回。
南京東路駅の前でも一回。

まったく同じで、 『写真を撮ってください。』

そのあと、『お茶しましょう。』

言葉わかんないから断るのに必死。
 
でも弟は最初に声掛けてきた人はキレイな人だったので、
ちょっと気になっていたみたい(笑)

でも、2回目の人たちは年上であったのと、なんか怪しかったらしく、
「ノー!サンキュー!」思いっきり言ってました。(笑っ)

  LV2.5 弟は「ノー!サンキュー!」を覚えた。
 

さて上海蟹ですが、お店は迷いましたが、NHKの中国語講座で、
北乃きいさんが、食事していた店にしました。

「成隆行蟹王府」です。

E009

ああ、ちょっと立派な写真すぎるか。。。一応正面からも。

E010

ここは日本人が多く集まる(観光案内本にもよく載っているから)お店
らしいですが、開店と同時に行けば入れるでしょう。
と行きました。

結果、合席になりましたが、入れました。

ランチはコースでも安いんです~♪ 388元です。
(い、いや、安くはないな。。。1元=18円っす。。。)

E011

でも、中はこんな感じ。

E012

おおおっ、中国語講座でみたまんま。

そしてまずはビール。

E013
これまたちょっと違うチンタオビール。
 
こっちのほうが濃い味がしました。
 

E014
 なかなか美味しいです。
 左はくらげ。右はキクラゲ。

E015
 とろみの中にカニ味噌が入っていて濃厚な味のスープです。
 これは美味い!

E016
 カニの足と野菜を炒めたもの。。。カニが、、、なんとも寂しい。

E017
 これはもう定番です。
 でも、昨日食べたものは少し辛かったですが、
 こちらはまろやかな味。所々にはいっているかに味噌が濃い味で
 美味しいです。(でも昨日のお店のほうが好きかも)

E018
 来ました!上海カニ!
 って、これ、どうやって食べたら良いのか。。。
 
 お店の人が剥いてくれるって聞いてたんだけど、、、
 
 と、お店の人を呼んで、カニ指差したらすぐ解ってくれて、
 一旦、カニ下げてくれました。(他の人の食事した皿と一緒に。笑)
 
 そして、かにの解体は、席の横にテーブルがあり、
 見えないところではありますが、専門の人がハサミとか使って
 バラバラにしていきます。
 
 結果、はい!

E019
 おみごとです。
 
 かにを食べた感想は、足は大したものではありません。
 上海がには、味噌ですね。
 
 味噌は、濃厚すぎで、歯とかにくっつくと取れない感じです。
 
 子供には食べさせちゃダメ、と言われそうな濃厚さです。
 
 う~ん、、、正直、自分なら日本の毛蟹を食べたほうがいいかも。
 
 ただし、自分は蟹と海老は、基本苦手で、好き好んで食べません。
 
 弟も、なんで蟹嫌いなのに、蟹食べるっていうのか、
 わけわからん、言ってましたが。。。

E020
 これは普通の味ッスね。。。
 

E021
 このショウロンポウは美味しかったです~♪

E022
 このチャーハンはダメダメです。
 御飯、こんなに美味くないの? と驚きの味。
 これは言っても伝わらないので、是非食べてみてほしい(笑)
 
 ほんとうにビックリしますよ。。。残念なことに。

E023
 そして、タピオカの甘いスープ。
 うましっ!

E024
 
 スイカなどのデザート!!!あと、プチトマトとメロンです。

合計10品。なかなかのランチになりました。(値段考えたら当然か。)

そして店を出て駅に向います。

ここからは、駆け足(笑っ)

このあと蘇州に行こうと、上海駅に行きますが、
新幹線のチケットが買えず、断念。

そして、そのまま、SHK48のライブ会場だけ見ようと、地図ないまま、
虹口足球場駅まで行って、魯迅公園前をとおり、
このへんかなぁ、とさまようけど見つからず(だって場所が全然ちがかった。)

結局、ホテルまで歩いて買える途中、「甘栗が季節なのでオススメ」、と
本に書いてあったのを思い出し、露天で紙袋を指差し購入したところ
袋には甘栗、とあるのに、中身は銀杏で。

でも、おとうとは銀杏と解っていたみたいなので自分の失敗です。

まぁ、しかし、
ホテルについて銀杏食べてみたら、以外に美味くって、ぼりぼり、と
結構食べてしまい。

でも甘栗が食べたくて、結局、コンビニでよく売ってる甘栗むいちゃいました系を
買ってみたけど、
おいおい、味薄くてだめだよ。。。という感想。

という感じで、グダグダになりつつ、夜を迎え、夜の食事を迎えます。

あと、もう一回お付き合いください。
つづく。









 

| | コメント (8)

2013年11月12日 (火)

2013/11/02_04 上海旅行(5)2日目上海老街と南翔饅頭店。

2日目。
目的は、朝一番に豫園へ行き、朝食をとること。

朝から外灘沿いを歩いて行きます。

まだ、体操などしている人が一杯います。

D001

どうも、8時になると鐘がなるらしく、この鐘の時間で終了するみたいです。

さらにずっと川沿いを歩いてくと、行き止まりに。

その横の通りを歩いてくと建物の駐車場のようで、
ちょっと気まずい感じで外の通りにでました。

通りの信号を渡り、さらに奥へと向います。
「たぶん、豫園ってこっちでいいんだよね。。。」

とか言いながら。
でも、今考えたら、河はくねっているので、河から直角に離れれば
着く、という考えは間違いでした。(笑)

少し進むと信号があって、なんか、面白そうな建物があります。
ハト小屋付き(笑)

D002

ああ、面白そう。横の通りに入ってみたいなぁ。。。

で、弟に「あそこ通ってもいい?」って聞いたら、
弟は諦めたみたいで、「いいよ。」

でも、そうとうイヤだったみたい。

だって、ほら。

D03

ずんずん。

D004

ずんずん。。。

あ、ちょっとまって!!!

「ん?」

あ、いや、いいです。。。

(お前の歩いてるところ、ほら、、、)

D005

洗濯物がすっごく下がっていて、絞ってないから水が滴れているよ。

それも、なぜか、パンツばかり外に干している。。。

弟に聞いたら、早く抜けたかったから、だそうで、
いやいや、解ってましたよ(笑)

で、自分もちょっとこの道、どこまで行くんだろう、完全裏道だよ、、、
と思ったら、人通りの多いところに出て、右側になんだか門があります。

D006

これみて、なんか安心して、もう少し中を歩いていくことにしました。

が、

すごい事になりました。

人が多すぎる。。。

D007

原因は、前にリヤカーがいたせい(笑)

手作りのイスを運んでいるらしく、まぁ、仕方ない。

両脇には市場のように野菜から魚とかなんだかいろんなの売ってました。

D008

D009

D010

D011

結局、さっきの門の所から右回りでくるっと廻って行ったので、
門の横当たりに着いたと思うのですが、
結果、

D012

豫園の裏に付きました!!!

た、たすかった。

いちおう、後で調べたら、このあたりが「上海老街」というところらしい。

ここで食事も出来るらしいけど、ちょっと無理そう。(笑)

 

ということで、そのまま豫園でお目当ての店まで行きます。

現地時間 8:40分

お店はここ、「南翔饅頭店」です!

D013

 

豫園の池の前にあります。昨日行ったら行列が出来ていて。
持ち帰りのお客さんがいっぱいでした。

2階はふつうの注文でテーブルで食べるらしく、3階はコースで食べることに
なるそうで、料金もちと変わるのだと思いますが、
2階にいくことにしていました。朝一では持ち帰りはやってないからです。

結果、まだガラガラでした!

D018

そしてメニューみると、日本語も書かれています、。
まぁ、店員は日本語解るわけもなく、指差し出注文。

お金はその場で先に払います。
レシートのように紙を置いていきますが、料理運ぶたびに
チェック入れるのでそのままに。

そして食べたのがこれ。

D015

かに味噌入りスープ饅頭 35元×2個
 これ、あっつあつ、です。
 ストローで熱いスープ飲むってありえない! と思ったら、
 弟はけっこうお気に入りになったみたいです。

 で、飲み終わった後の皮ですが、食べていいのか、最後まで不明。。。 

D016

上海蟹みそ入り小籠包 55元(名物!)5個いり。
 これはマジうまでした。
 確かに並ぶ理由解る。
 もうひとつ食べたかった。。。

D017

カシューナッツパイ     4元×2個
 美味しかったですよ。
 中華菓子っす。

そして、お茶。甘いのです。

D014

ストローこんなんしてくるんですね。。。

さっくり満喫。で結局30分くらいで出てきたのですが、
出てきたらもう列が出来ていました(笑)

そして、これから豫園散策です。
が、また続きにします。

| | コメント (4)

2013/11/02_04 上海旅行(4)上海姥姥と、夜の豫園観光

また上海旅行の続きです。

19:00(現地時間18:00)にチェックインを済ませて、
食事へと向います。

向った先は、昔からの上海料理が食べられる、という、
「上海姥姥(シャンハイラオラオ)」です。
 HP:http://www.shanghainavi.com/food/33/

初日なので、まずは、ビールの見ながら中華が食べたくって(笑)

店は、今回外装工事中で一度通り過ごしてしまいましたが、
信号のある角にあります。

中に入って2名と指で伝えると、2階に案内されました。
19:40(現地時間 18:40)入店しましたが、もう少しでお客さんも一杯になりそう。
入れてよかった。

結構混んでいます。

地元の人が多い、というのは確かです。

まずは、チンタオビールです。生です。

C001

ビール、うっすいっす(笑)
がつん、とくるコクが、まったくないです。。。

老醋拌三脆(クラゲの酢の物)

C002

クラゲ、肉厚すぎ。
なんだか想像していたものと違いました。。。
残念。。。


蟹粉豆腐(蟹味噌と豆腐の炒め物)

C003

これ、絶品です!
すこし胡椒などの辛さなのでしょうか、ぴりりっとしますが、
全体的に脂っこさはなく優しい味です。
 
ところどころに上海かにの味噌が見えます。
これもしつこくない、ちょうど良い味です。
 
 
姥姥紅焼肉(豚バラ肉の醤油煮)

C004

柔らかくて、甘めな味付けです。
懐かしい味です。
 
でも個人的にはそんなには、、、でした。
萕菜肉絲豆腐羹(萕菜と細切り肉、豆腐のスープ)
 

C005

これ、量多すぎ。(笑)

これだけでおなか一杯になる。
あと焼きそばとかも食べたかったけど、もう限界(笑)

確かに、うますぎるっ!ってのは1つだけでしたが、
メニューには沢山のものが載っていて、
今回はナビで案内されていたものを頼んでみたのですが、
普通になんでも頼めば、美味しいものにありつけそうです。

次回は、やっぱり焼きそばだよなぁ。。。

 

すぐにお店を出て夜の「豫園(ユィユェン)」へいきました。

(なお、豫園の発音はいまいちわかりにくく、ユィユェンか、ヨエンみたいですが
 ヨエンの方が通じるみたいです。)

豫園(ヨエン)は江戸時代前頃に出来た庭園なので、入園料が必要です。

入れるのは夕方まで、なので、
初日は豫園(ヨエン)の周りにある、豫園商城(ヨエンシャンチャン)観光です。

20:20(現地時間 19:20)に店を出て、迷いつつも20分ほどで到着!

華南中路を歩いて、信号を渡った先に豫園の駅が見えますが、
ここを左に行くと、門が見えます。

B006_2

そしてこの門を潜った先にお店がいっぱいあります。

B007_2

でも、車が通っているのは実際は外側。
門を潜って信号の所まで行き、奥の左側の建物にこんな通路があります。

B008_2

まぁ、どっからでも入れるのですが、
せっかくなのでここから入ったほうがいいですよね~♪

B009

そして中はこんな感じに店がいっぱい。
立体的な商店街のような、、、。

B010_2

そして、奥に進むと四角い池があり、真ん中にはお茶屋さんがあります。
これでも1855年創業らしいので、名物っす。

そして、その橋の先には豫園があり、入り口もこの池の前にあります。

B011

はい。閉まってます。。。

豫園商城(ヨエンシャンチャン)は、豫園の入り口前に出来た商業施設です。

3階建ての建物は、池の前ではこんな感じです。

B012

ここは、小籠包や、ハトのから揚げとか、
高級なものから、B級グルメまでそろっています。
 
御飯食べに来るのには良いかもです。
 
豫園(ヨエン)https://www.shanghainavi.com/miru/11/

 
 
あ、いちおう。注意ですが。。。
中国では、小さい子供のトイレは、通りの真ん中でも子供をしゃがませて
その場でさせてしまうようです。
 
ちゃんと捨ててくれるのか、そこまで見てなかったので解りませんが、
景色ばかり見て、足元見ないと危険かも。(笑)
 

| | コメント (6)

2013年11月10日 (日)

2013/11/02_04 上海旅行(3)浦江飯店(アスターハウスホテル)

はい。外灘(ワイタン)観光の話は纏めて書いちゃいましたが、
宿からどこに行くのもここを通る為、沢山写真を撮っていたんですね。

では旅行初日の観光を、また順に書いていきます。

外灘(ワイタン)を北上するように川沿いの公園を歩いていきます。
すると、ライトアップされた鉄橋が見えてきます。

B001

そしてこの橋を渡ります。

B002

この橋の奥に見えるのが、今回の宿泊先!

「浦江飯店 アスターハウスホテル」です。

このホテル、チョット前までは、格安のバックパッカー御用達のホテルで、
友達のけんちゃんに聞いたら、20年位前に泊まってたらしく、
あんなとこ泊まったの?って言われましたが、
いえいえ、今はキレイになっているのです。

せっかく外灘(ワイタン)に来たのだから、ちょっとお金出して、
昔の建物に泊まりたい。

ということで、ここです。

B003

そして、入り口は、ここ!

B004

結構立派です。

この宿にした理由のもうひとつが、案内のHPに(J)日本語可が
書かれていたからです。

でも、コメント見ると、「日本語全然使えなかった」が多いので不安。

結果。。。

 

全然使えませんでした。
(でも、ホテル室内のちょっとしたメモに日本語も書かれているので、
 少しだけ対応しているみたいです。笑)

受付で、モーニング、Wifiなし?と聞かれて、OKOK!言って。
そして、前金500元を支払います。
(冷蔵庫とか使ったときのためのお金です。)

そして中へ。

カウンターから右に進み階段の先のエレベータ前、、、から
左の写真が沢山飾られた通路の奥に進みます。

B005

そして、奥の階段を3階まで上がります。

B006

(上から撮った写真ですね)

そして、部屋はこんな感じ!!!

B007

風呂はなく、シャワーだけですが、トイレもキレイです。

B008

十分です!

ちなみにこれで一泊2名分で、8776円(税込み)でした。
(税抜き:7658円)

デラックス ツインルームっす。

ただし、窓からの景色は何も見えないです。
でも、高級な洋館に入ったときの木のにおいはしっかり残っていて、
良い感じです。
そして、古臭い匂いもなく、快適に過ごせました。

  HP:http://www.shanghainavi.com/hotel/28/

ちなみにホテル前の鉄橋ですが、夜になるとライトアップされます。

B09

 

そして、CM撮りなのか、結婚式の写真なのか、
ものすごい数のモデルと写真撮影の人たちが橋の上に何人も現れます。

これも、結構見ごたえありますよ。
(歩きにくいですが。笑)

写真は2日目のものです。

B010

雨の降った後、スカートが濡れているらしいのですが、風でたなびいているところを
とろうと何度もアシスタントが手で持ってせーので投げていました。
(でも、無理そうでした。。。)

| | コメント (4)

2013/11/02_04 上海旅行(2)夜の外灘の話(PM2.5含)

さて、地下鉄で、龍陽路駅(ロンヤンロゥ)駅から、南京東路駅まで
キップを購入。

この自販機はわかりやすいですが、使えるお札は50元まで。
両替したばかりだと、100元札ばかりですので、注意が必要です。

(でも、利用可能なお札も自販機画面に表示されるので、これもわかりやすい。)

A01
 
そして、20分ほどで「南京東路」駅に到着。2号口に向います。
この出口が、一番「外灘(ワイタン)」に行くのに近いのです。
 

A002

写真の中央にあるのは下りのエスカレータ。
人が多いのは、ここから人民広場まで、歩行者天国になっていて
いろいろなお店がいっぱいあるから
(だそうです。ホコ天は行かなかったから。。。)
 
駅の前の十字路に行き先が書かれているので、ホコ天とは逆に
信号を渡り、進んでいきます。
 
すると、人ごみが多いのでなかなか進めず、10分ぐらい掛かりましたが、
「外灘」らしい建物が見えてきます。
 

A004

「外灘(ワイタン)」は、中国(清)とイギリスとの間で起きた、アヘン戦争(1840~1842年)が
イギリス勝利で終わり、南京条約がむすばれたことで生まれた街です。
 
そう、外国人居留地です。
 
なので、イギリス風の建物がたくさん並んでいます。
 
香港もこの条約で、イギリスに譲渡されているので、同じような状況だと
思いますが、近年までイギリス領であったため、
まったく違う雰囲気なのでは、と思います。
 
この建物の横をそのまままっすぐ抜け、信号を渡った先は、河、
そして川沿いに大きく作られた公園です。
 
その河の向こうには、上海の近代的なビル群が見えます。
駅からここまで10分かからない程度。
 
以下、川沿いに広がる「外灘(ワイタン)」の街並みと、対岸にそびえる
ビル、タワーの写真をならべてみます。

まず、「外灘」の写真。時間はすこし遅め(現地時間18:30)のものです。
 

A014

A015

で翌日の雨のあとの写真。を一枚。

A016

なかなか良く撮れたかな!



そして、「浦東(プードン)」のタワーの写真。。。ですが。
 
18:20(現地時間17:20)の写真。まだ明かりが暗いです。

A005

ちょっと曇ってるのかなぁ。。。
 
そして、ホテルに到着。チェックインしてから、再度外に出たとき、
19:25(現地時間18:25)の写真。
明かりが燈ってきています。

A006

明るくなってきました!
 
そして、外で食事して帰り道での、
21:16(現地時間20:16)の写真。
 

A007

あ、あきらかに曇っている。
でも曇り方が変???
 
同じ頃に撮ったちょっと離れたところの写真。

A008
さらに

A009

河の端から端までは500mくらい(地図でみると)。
ただ、公園の分、とタワーまでの距離を考えると、
1Kmくらいの距離になるかと思います。
斜め撮りしたものは、さらに1kmくらい離れているのかも、ですが、
ちと舞い上がるような曇りかた。(笑)

星がひとつだけ、異様に輝いているなぁ、と思っていたものは、
ビルの一番上にあったライトでした。

いちおう翌日の朝の写真も。
8:52(現地時間 7:52)の写真。

A010

これ、太陽が映っているの解りますか?
 
もう、『バベルの塔』っすよ。
 
自分らの世代から見ると、ちと感動的。
ここまでなるのかーです。
 
いちおう、現地のテレビでは、毎日PM2.5のコトが流れていました。
 

A011

でも、マスクしている人は一人もいませんでした。
正直、歩いていても何ともないです。
  
ただ、花粉症なりかけのときにかんじた、目の重み、は少しあって。
 
そして、なんせ喉とか、クチビルが渇く。
 
弟いわく、「倉庫の中で掃除したときみたいに唇が乾く」だそうで。
 
なんか飛んでいるのかも、、、って感じです。
 
昔、川崎とかの工業地帯をあるくと、こんな空気だったなぁ、、、と
感じました。
 
 
ちなみに翌日、夜にちょっとだけ雨が降ったんですが、
そのあと撮った写真がこれ。

A012

雨は完全に上がっていないのですが、きれいに撮れました♪
 
やっぱり、変ですよね、、、。
 
ちなみに、車の排ガス、と言う話ですが、街を歩いていても排ガスを
感じることはなかったです。
なんせ、バイクは電動バイクばっかりで、
信号はバイクは守らなくて良いようで、けっこう良いスピードで
通行人を避けていきます。(日本の自転車感覚なんですよね)
音がしないので、何度かビックリしました。 

なので、原因は、再開発で建物を壊しまくって、
その廃材などからのゴミの細かいものが大量に舞っているのでは、
と思いました。
 
再開発しているところは結構多かったです。
 
日本でも畑のところに風が吹くと、砂煙が舞い上がってすごいですからね。。。

あと、もうひとつ。
空から撮った海の写真。

A013

ちと解りにくいのですが、下のほうが、なんだか、ピンクっぽい。
 
行きの飛行機でも思ったのですが、
ふつう、着陸態勢にはいる前くらいから、海を航行する船が、
けっこうよく見えてきます。
 
ですが、今回、船がぼやけちゃってよく見えない。
 
それも赤茶けて、、、なので、どうにもオカシイ。
 
だから、帰りの茨城上空は、まじキレイでしたよ。
農業王国といわれるだけあって、畑がものすごい量あって、
素晴らしかったっす。
 
あと、美味しいもの食事とか次回書きますね。




| | コメント (4)

2013年11月 9日 (土)

2013/11/02_04 上海旅行(1)茨城空港、春秋航空、リニアの話

先日、上海にいって来ましたので数回に分けて旅行の話を書きます。

今回のプランも格安LCCを利用しました。

ただし、直行便のLCCは、茨城空港からの便になります。

航空券を春秋航空のサイトで予約します。
  春秋航空 : http://www.china-sss.com/jp

ここで検索すると、6000円のチケットがあったりしますが、
燃料サーチャージ、空港使用料が入っていません。
合計すると、安くても、往復で、27000円くらいになります。
(でも安い!)

なお、席指定は行きの場合できなかったです。
帰りは出来ます。席を取る場合のオススメは、特にありません。

可能性、、、ではありますが、
2人で行く場合、後ろのシートがオススメかもしれません。
理由は、通路側を取る人は早く降りたいから。
搭乗口が前方にしかないので、空席が多ければ2人席になるばあいが
考えられます。
逆に前方は、赤ちゃんなどが乗っている場合、
スチュワーデスとかがすぐに対応できるよう、前方に移動してもらうことも
あるようです。

そして、もうひとつ、忘れてはいけないものが。。。

それは、バスの予約です。(空港HPからはアクセス方法から調べます)
  関東鉄道 : http://www.kantetsu.co.jp

一ヶ月前から予約できますので、行き、帰り分ちゃんと予約しておきます。
(バスは予約していなかった場合、最悪載せてもらえません。
 バスの運賃は片道1000円ですが、
 航空予約をしたWEB証明書を持っていけば、500円になります。)

あとはホテルの予約だけ

まず初日。
9:00に東京駅に到着。

有楽町駅側にある、バス乗り場に向います。
(ここはいま工事しているので、バス乗り場が少し変わることもあるので、
 注意です!)
バスの前にツアーの係りの人みたいに、出席チェックしているような人が
いますが、その人は、予約の名前を確認している方なので、
声をかけてください。このときに予約した紙とか要りません。
 
(最初、どっかの旅行会社の人かと素通りしてしまいました。)
 
バスは指定席ではないので、先着順です。
数人でいく場合には、隣どおしになれない場合もある上、
最悪、補助席になります。
 
自分は危うく補助席になりそうでした。
早めに行きましょう♪
 
そして、9:20 → 11:00 のバスの旅。
 
高速が混んでいましたが、時間通り到着っす。
降りるときに、運転手さんに春秋航空の利用予約の紙を見せながら
500円渡します。

001

長かった。。。(文章もですが。笑)
 
さて、初めての茨城空港。
 
ちと散策したいところですが、チェックインが始まっています。
トイレに行った後、すぐに並びました。
(といっても弟が、仕事の電話を始めてしまい、列の一番後ろでしたが)
 
チェックインに必要なものは、パスポート。
そしてチケットを購入したカードです。
 
(ただし、カードは特に見せることはありませんでした。
何かしらのトラブルや、指定席、荷物などのことがなければ
不要なのかもしれません。なので、忘れないように!!!)
 
席は、窓側、通路側か、聞かれます。
 
自分達は当然窓側を指定。
前のほうの窓側席横並びでとれました。

11:30にはチェックイン完了です。
 

003

さて、一時間弱くらいあるので散策です。
 
一階には、コンビニがあり、あとは地元の方が野菜などを売っています。
 

004

エスカレータの向こう側は出国ゲートで、
奥の人の列は国内便の列です。
 
空港は広くないですが、そんなに便数もないので、これで十分ですね。
 
二階には、お土産やが1店、物産店+沖縄グッツのお店が1つ、
さらに韓国のお土産やさんが一店(笑)
 
上海みやげ物はなく、茨城土産と、向かい隣が自衛隊航空基地なので、
自衛隊グッツが充実していました(笑)
 

005

ここ、カタツムリのものも売ってましたよ♪
 
そして、食事が出来ることが一つだけあります。
ラーメンとか、そばとか、カレーとか食べられます。
 
ちょっと高いですが。。。
 
で、やっぱり茨城なので、これ。

006

納豆そばです。
 
これ、なかなか美味しいですよ~♪
オススメです。
 
そして、2階から空港の滑走路がるところに出ます。
 

007

 
で、滑走路ですが、

008

 そう、左側だけ曇るようになっています。
これ、曇っているガラスも、左によって右の角度から見ると
曇っていません。
 
自衛隊基地があるので、こうしているとおもうのですが、よく出来ている!!!
 
そして、出港手続きをして、中に入りますが、
家電製品のお土産など、売るKIOSKみたいなお店があるだけ。
 
なかで楽しむ、と言うことはちょっと難しいです。
 
そして、飛行機にのあります。
 
ここはバスはなく、歩いて飛行機までいく感じ。
 

009

そして乗り込みました!
 
飛行機のシートは悪くありません。
そして膝が前のシートに当たりません。
 
これは、他のLCCよりも全然よいです。
 

010

わかりにくいかもしれませんが、シートの背もたれが、
ちょっと凹んでいるんですよ。
膝が当たるところがちょうど凹んでいる。

さらに、シートの質感もよさげですよね。
 
結構快適でした。
 
ただ、、、シートとシートの隙間が大きく、
前後のお客さんと目が合っちゃう(笑)
 
これだけ、かな。。。なんか気まずいのは(笑)
 
そして、出発 (13:20~) 

011

そして、到着。 時刻は、16:30(現地時刻:15:30)です。

約3時間。。。長かった。。。

あとは、入国手続きして、元に両替をして、リニアモーターカー乗り場に向います。
 
あ、両替の際の注意ですが、
あまりくしゃくしゃな紙だと、自販機は通りません。
それは何とかなるのですが、紙が欠けているお札があったのですが、
どこで使っても突っ返されてしまいました。

受け取り後、へんなお札は変えてもらったほうが良さそうです。
(空港のお土産やで嫌な顔されながらも受け取ってもらえましたが。)
 
さて、リニアモーターカー。
 
リニアモーターカーに乗りたい場合、地下鉄も同じかと思いますが、
空港のターミナルが2つあり、3つの通路で結ばれているので、
真ん中の通路を通っていきます。
 

012

上の写真は、第一ターミナルに向う道、と書かれています。
地下鉄乗り場も途中にありますが進んでいくと、
左側にチケット売り場が見えます。

013

これ、自販機もあったんですが、使えなかったです。
 
なので、行き先を紙を見せながら必死に、
2枚を指で示して買いました。。。

が、このリニア、途中駅はないので、普通に指2本で、「りゃん」とか
言えば買えるんですよね。。。
 
キップ購入後、改札の前にはあれがあります。
 
そう、荷物検査!
 
駅の改札前には、かならず荷物のX線チェックがはいります。
これは地下鉄もそうで、こんなのが置いてあり、荷物を通します。
 

015

写真は別のときに撮ったものですが、本当は係りの人が2名ほどいます。
朝早いと居なかったんですよ。。。こんなんで良いのかなぁ(笑)
 
でも、さっくりチェックは終わります。
 

改札はカードをかざして通るタイプ。

そして、リニアモーターカーのホームは、下にあるのですが
電車が入った後にならないとロープが張られて通れません。
 
そして、ロープが解かれ、ホームへ。
 

014

う~ん、当然ながら浮いていない(笑)
 
そして、金額が50元(日本円で、900円くらい)のため、
みんな乗らないみたいです。
 
(地下鉄ならば、7元で最終目的地の南京東路駅までいけますが、
 リニアは終点からさらに地下鉄乗るので追加4元かかります。)

ただ、早かったです。乗っていたのは12~13分程度。
その間に5分ぐらいで時速300kmになります。

電車だと45分くらい掛かりますが、どっちがいいのか。。。
怖かったので地下鉄がオススメかも(笑)
 
その間、かなり車体を傾けて走ります。

016

車内の表示がぐんぐん上がっていきますよ。(笑)
 
駅に到着後、地下鉄へ乗り換えます。駅は隣ですが、
改札でた右側から外に一旦出ないといけません。
(駅っぽくなかったっす。)

そして、地下鉄に乗り、南京東路駅へ、そして観光に向いますが、
また、別途書きます~♪


| | コメント (6)

2013年11月 4日 (月)

11/2~4まで、上海に行ってました。

PM2.5は、見事なまでに景色を霧の中に隠してしまい、
ちょっと引きました。。。

でも、中国の面白さは感じられて、いい旅行になりました。

上海ガニも食べてきましたよ。
蘇州には、残念ながら行けませんでした。。。

詳細は後日、ブログに書きますね。

| | コメント (6)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »