« 2013/11/02_04 上海旅行(3)浦江飯店(アスターハウスホテル) | トップページ | 2013/11/02_04 上海旅行(5)2日目上海老街と南翔饅頭店。 »

2013年11月12日 (火)

2013/11/02_04 上海旅行(4)上海姥姥と、夜の豫園観光

また上海旅行の続きです。

19:00(現地時間18:00)にチェックインを済ませて、
食事へと向います。

向った先は、昔からの上海料理が食べられる、という、
「上海姥姥(シャンハイラオラオ)」です。
 HP:http://www.shanghainavi.com/food/33/

初日なので、まずは、ビールの見ながら中華が食べたくって(笑)

店は、今回外装工事中で一度通り過ごしてしまいましたが、
信号のある角にあります。

中に入って2名と指で伝えると、2階に案内されました。
19:40(現地時間 18:40)入店しましたが、もう少しでお客さんも一杯になりそう。
入れてよかった。

結構混んでいます。

地元の人が多い、というのは確かです。

まずは、チンタオビールです。生です。

C001

ビール、うっすいっす(笑)
がつん、とくるコクが、まったくないです。。。

老醋拌三脆(クラゲの酢の物)

C002

クラゲ、肉厚すぎ。
なんだか想像していたものと違いました。。。
残念。。。


蟹粉豆腐(蟹味噌と豆腐の炒め物)

C003

これ、絶品です!
すこし胡椒などの辛さなのでしょうか、ぴりりっとしますが、
全体的に脂っこさはなく優しい味です。
 
ところどころに上海かにの味噌が見えます。
これもしつこくない、ちょうど良い味です。
 
 
姥姥紅焼肉(豚バラ肉の醤油煮)

C004

柔らかくて、甘めな味付けです。
懐かしい味です。
 
でも個人的にはそんなには、、、でした。
萕菜肉絲豆腐羹(萕菜と細切り肉、豆腐のスープ)
 

C005

これ、量多すぎ。(笑)

これだけでおなか一杯になる。
あと焼きそばとかも食べたかったけど、もう限界(笑)

確かに、うますぎるっ!ってのは1つだけでしたが、
メニューには沢山のものが載っていて、
今回はナビで案内されていたものを頼んでみたのですが、
普通になんでも頼めば、美味しいものにありつけそうです。

次回は、やっぱり焼きそばだよなぁ。。。

 

すぐにお店を出て夜の「豫園(ユィユェン)」へいきました。

(なお、豫園の発音はいまいちわかりにくく、ユィユェンか、ヨエンみたいですが
 ヨエンの方が通じるみたいです。)

豫園(ヨエン)は江戸時代前頃に出来た庭園なので、入園料が必要です。

入れるのは夕方まで、なので、
初日は豫園(ヨエン)の周りにある、豫園商城(ヨエンシャンチャン)観光です。

20:20(現地時間 19:20)に店を出て、迷いつつも20分ほどで到着!

華南中路を歩いて、信号を渡った先に豫園の駅が見えますが、
ここを左に行くと、門が見えます。

B006_2

そしてこの門を潜った先にお店がいっぱいあります。

B007_2

でも、車が通っているのは実際は外側。
門を潜って信号の所まで行き、奥の左側の建物にこんな通路があります。

B008_2

まぁ、どっからでも入れるのですが、
せっかくなのでここから入ったほうがいいですよね~♪

B009

そして中はこんな感じに店がいっぱい。
立体的な商店街のような、、、。

B010_2

そして、奥に進むと四角い池があり、真ん中にはお茶屋さんがあります。
これでも1855年創業らしいので、名物っす。

そして、その橋の先には豫園があり、入り口もこの池の前にあります。

B011

はい。閉まってます。。。

豫園商城(ヨエンシャンチャン)は、豫園の入り口前に出来た商業施設です。

3階建ての建物は、池の前ではこんな感じです。

B012

ここは、小籠包や、ハトのから揚げとか、
高級なものから、B級グルメまでそろっています。
 
御飯食べに来るのには良いかもです。
 
豫園(ヨエン)https://www.shanghainavi.com/miru/11/

 
 
あ、いちおう。注意ですが。。。
中国では、小さい子供のトイレは、通りの真ん中でも子供をしゃがませて
その場でさせてしまうようです。
 
ちゃんと捨ててくれるのか、そこまで見てなかったので解りませんが、
景色ばかり見て、足元見ないと危険かも。(笑)
 

|

« 2013/11/02_04 上海旅行(3)浦江飯店(アスターハウスホテル) | トップページ | 2013/11/02_04 上海旅行(5)2日目上海老街と南翔饅頭店。 »

コメント

ビールはやはり、日本が一番美味しいと思います。
なんと言ってもコクがありますからね~。
蟹味噌と豆腐の炒め物は美味しそうですね。
蟹味噌なら食べても大丈夫でしょう・・・と思いたいです。
豫園、綺麗ですね。
行ってみたいです(いつになることやら・・・)
そういえば、トイレの件は昔から変わらないんですね~。
前に行った時も、子供は道の真ん中にしゃがんで用を足してました。
漢民族の風習なんでしょうか・・・
食事の前には見たくない風景です。。。

投稿: ペタシ | 2013年11月12日 (火) 13時24分

幻想的な建物とは
対照的なトイレの日常ですな(笑)

食事は美味しそう。

中国人はヨ-ロッパでもモラルなくて
平気で何でもやってしまうので
お断りらしいけど。

たるさんの書き方は優しい(笑)

投稿: グランマ | 2013年11月12日 (火) 15時28分

このビールのラベルには、純生 って書いてあるのかな?

トイレの件は、ネットニュースでみるけど、本当なんですね。げええええええ。

投稿: yhino | 2013年11月12日 (火) 21時50分

ペタシさん。

蟹と豆腐のはオススメです!
でも、ビールは日本の、、でしたね。
ニホンのもあったんですけど、ここは、青島じゃないと。

上海も、茨城経由ってのも、アリですよね。

子供のトイレは可愛いといえば可愛いですが、
ショッピングモールの中の通り道でやっていて、
我慢をさせない教育なのか?と思いました。笑。

食事の前に、踏みたくないです。笑。

投稿: たる。 | 2013年11月13日 (水) 00時21分

グランマさん!

いやぁ、昔の昭和のガツガツとした頃と
同じ元気さはありましたよ。

正直、懐かしい感じです。

我先に、という感じも実際はそんなでもなく。

まぁ、実際は少数の人たちの話が
伝わっていることも多いのかも、と思いました。

まぁ、しかし。(つづく。。。)

投稿: たる。 | 2013年11月13日 (水) 00時23分

yhinoさん。

そうなんですよ。これ、生ビールみたいです。

けど、うっすい(笑)

やかんで配られるお茶飲んだときの薄さが同じ。
(あれ、逆に伝わりにくいかなぁ。。。)

トイレは、まぁ、しかし、大人のほうはちゃんとしたところが沢山ありました。
向こう行ったらすっごく困るかと思ってましたが、
心配無用でした。

投稿: たる。 | 2013年11月13日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/11/02_04 上海旅行(3)浦江飯店(アスターハウスホテル) | トップページ | 2013/11/02_04 上海旅行(5)2日目上海老街と南翔饅頭店。 »