« 江戸城再建なんてしちゃいけない。 | トップページ | 西澤潤一さんの話が面白かった。 »

2013年9月22日 (日)

エル・システマのはなし。

今度、オケの演奏を聴いてきます。

「エル・システマ・フェスティバル2013」っす。

「エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス」の演奏ですが、

14歳から22歳の若者で構成された楽団です。

しかし、演奏はかなりのものです。かならず、感動させてくれると思います!

楽しみな演目は、以下のとおり。

■グリーグ :ピアノ協奏曲

そして、

■チャイコフスキー:交響曲第5番

 

「エル・システマ」というコトバを初めて知ったのは、
  指揮:グスターボ・ドゥダメル
  演奏:シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ
の演奏をNHKのテレビで偶然聴いたときです。

そのとき、

  「グスターボ・ドゥダメルはなんていい演奏を聴かせてくれるのだろう」、

と感動して、グスターボ・ドゥダメルのことを調べたら、

「エル・システマ」というコトバにたどり着きました。

 

そして偶然にも、「エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス」の

来日公演、というニュースを観て、

グスターボ・ドゥダメルの「エル・システマ」を思い出し、ネットでまた調べました。

 

なんと、「エル・システマ・フェスティバル2013」が東京で開催されるそうです。
 
このステキなフェスティバル、絶対成功させたい!と思い、
チケット、取っちゃいました!!!
 
(一番安いチケットですが。。。参加することに意義がある!)
 
-------------------------------------
■10月10日(木)
モーツァルト :クラリネット協奏曲 イ長調K.622
モーツァルト :木管楽器のための協奏交響曲
マッティンソン:コントラバス協奏曲
 
■10月11日(金)
ヴェルディ         :「運命の力」序曲
グリーグ            :ピアノ協奏曲 (ピアノ:萩原麻未)
チャイコフスキー:交響曲第5番
 
■10月12日(土)18:00開演 
ヴェルディ      :「運命の力」序曲
モーツァルト    :木管楽器のための協奏交響曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」
-------------------------------------
S席7,000円、A席6,000円、B席5,000円、C席3,000円、D席1,500円
   自分が取ったのは、金曜日のC席です。
 
詳細は、以下のページへ
  梶本音楽事務所 http://www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=112/
  東京芸術劇場   https://www.geigeki.jp/performance/concert022/
-------------------------------------
 
「エル・システマ」とは、南米ベネズエラで生まれた、
音楽による教育システムのこと。
音楽家でもあり、経済学者でもあるホセ・アントニオ・アブレウさんが
設立したシステムだそうです。
 
目的はこんな感じらしい。
・ 音楽を学ぶこと、楽しむことは人の権利だ
  (国家による無償の楽器。教育の提供=運営する為のシステム)
・ 集団での音楽活動から、相手を尊重しハーモニーを作る価値観を育てる。
  (オーケストラを学ぶ意味)
・ 規律を守ること(集団生活)と、個性の表現を両立することを学ぶ。
  (個性とは、他人と違うことをする、というのではない
   と言うことなんですかね。)
 
結果、犯罪や非行への抑止力につながったそうです。
 
そう、音楽教育ではありますが、正しくは、『人材育成プログラム』なのだそうです。
 
理論だけでは終わらず、システムとして動かし、結果に結びつけたこと、
大変意義のあることだと思います。
 
なお、教育方法に、耳から音楽を教える「スズキ・メソード」を
小林武史さんが伝えたことにより、システム成立に貢献できたという話もあります。
 
日本でもエルシステマジャパンも設立されていて、
震災被災地での教育をしようという話も出ています。
 
このシステムはいま、世界に広がっています。
 
■今回の演奏紹介
 

|

« 江戸城再建なんてしちゃいけない。 | トップページ | 西澤潤一さんの話が面白かった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸城再建なんてしちゃいけない。 | トップページ | 西澤潤一さんの話が面白かった。 »