« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月29日 (月)

2013/07/27_28 富士山に登ってきました。

今月のお出かけは、クアラルンプールと富士山です。

そして、27日、28日と、登ってきました。
 
富士山は国内旅行ではありますが、山登り自体よく解っていないので、
結構不安でした。
 
申し込みは、バス会社 WILLER の富士登山ツアー です。
 
申し込み、用意すべきもの、今回、これを買っておいてよかった!などは、
別途書きますので、ここでは、楽しんできた話だけ書きますね。
 
朝は、早めに行こう、と6時には付いたのですが、結局、
WILLERがオープンする時間(6:30)まで待つことになりました。
 
(ビルの裏側にあると判らず、ビルの廻りうろうろして
 けっきょく、時間は良い感じに着くことになりましたが。。。)
 
さて、受付をして、借りた荷物を受け取り、受付時にいわれたバスに
のります。
自分達は、「まるごと富士登山」2号車です。
 
7時ごろに出発し、9時には談合坂のサービスエリアで一休み。
 
その後、富士急ハイランドの近くにある道から、
富士スバルスカイラインに入ります。
 
この道を進むと、富士山の5合目まで行ってしまいます。
この道の途中で見えてくる景色。
 
それは、『雲の上』。。。
 

001

これ、走るバス内から撮った写真。。。
 
すでに雲の上です。
 
それは、五合目が、すでに標高2300mになるからです。
 
これが五合目です。

003

バスを折りるとこんな景色。
バスとか、人もいっぱい。
 
一旦、借りた靴やバックをロッカーに入れたりするのが、
右に見える『雲上閣』です。
 
真正面、『雲上閣』の対面には、郵便局もあります。
(雲上閣で絵葉書を買って、ここで切手を買いました。
 頂上の郵便局でハガキを出す為です。)

002

そして、『雲上閣』の前にいくつかの石畳みの広場があり、
「右側の石畳」もしくは「信号(横断歩道)を渡った先の石畳」などと
呼び出しアナウンスでは、表現します。(最初、解りにくいです。。。)
 
ここで集合し、説明を受けてグループ分けして班長を決めて、
登山開始です。
自分達兄弟は、第4グループになりました。
 
さて、11時30分出発です。
 
ルートは、『富士スバルスカイライン口』から、『吉田口』のルートに
入っていきます。
ちょうど5合目から6合目に行く途中です。
 
6合目には12時30分ごろ到着です。
 
そして、今ニュースでやっている暫定的な入山料を取るという話の場所は
この6合目になります。
 

004

そして、ここでもらえるのが、この缶バッチ!!!
なかなかいいでしょう♪

005

これは、7月25日~8月3日までの期間限定で、
任意でお願いして、結果から、今後どうするか、決めていくそうです。
 
個人的にはこのバッチが欲しいので、払います。
 
富士山の美化、など、個人的にはいろいろ課題はあると思うので、
まずは集めてから考えても良いと思います。
(海外の数分の一の金額らしい。。。)
 
なお、静岡側はまたバッチのデザインが違うらしいです。。。
 
そして、休憩中に、「ホタルブクロ」を発見!!!
 

006

やっぱり山の上だと背丈が低くなってます。
 
そして、富士周辺(関東側)は、色が紫がかってきれいです。
 
こうして6合目を出発し、次第に山小屋が見えてきます。
 

007

でも、もう近くに見えても、いやいや、結構あるんです。
 
こんな岩場も登っていきます。
 

008

 
そうして、やっと、山小屋のある、7合目に到着です。(14時頃)
 

009

まぁ、途中で休憩は沢山入っていますよ~♪
 
ここでも休憩です。
 
トイレ。。。5合目は50円でした。
7合目は、200円っす。
 

010

その後、SOYJOY を食べましたが、気圧の影響で、袋パンパンです。
 

011

ちょっと休憩して、さらに上ります。
 
風景も、草が全然少ない感じです。
 

012

そうして、15時46分、八合目に到着です。(本八合目ではない。)
 
ここからさらに本八合目を目指します。
 

013

ここで休憩し、服を取り出しました。
 
この日は特に寒く、みんな防寒着を着始めました。。。
(今の時期珍しいらしい。9月の気候だそうです)
さらに進むと、風景も凄くなってきます。
 

014

そして、17時47分、やっと、、、新八合目の宿に到着です。
 

015

山小屋の名前は、『富士山ホテル』  
まずは、御飯を食べるように言われて食事が用意されたテーブルに
リュックをもったまま付きます。
 
御飯はカレー。。。

016

量は少ないですが、具はちと多いかな。
 
そして、寝室は、「第2新館 寝室」だと思う。
この寝室。一人ぶんのスペースは身長×枕のサイズ。
 
む、無理。。。
でも結構疲れているので3時間くらいしっかり寝ました。
 
19時から、23時まで。
出発は1時。日の出までに山頂を目指します。
 

017

下に見える山小屋と歩いて上がってくる人々です。
 
そう、下の明かりがこんなにはっきり見える。
 
さっきまで雨が降っていましたが、
その後、月が見えるくらい回復しました!
 
やった、これならば山頂も良い感じだ!とおもいましたが、、、
 
山頂には4時ごろに付きました。
しかし、霧と強風で何も見えません。
 
頂上まで、渋滞は、結構出来ていましたが、それが逆に楽に歩けました。
しかし、途中から
  『渋滞ができるので、休む人は右にそうでない方は
   止まらずにあがってください。』
とアナウンス。正直、最後が一番きつい。。。
写真も撮れずに山頂まで上がることになっちゃいました。
 
しかし、霧が掛かってしまい何も見えません。
 

018

これ、もう誰が誰なんだか、さっぱりわかりません。
 
弟に「あそこの岩にとりあえず座って休め」と言った岩が、
自衛隊の人たちが座って休んでいるところでした(笑)
 
しばらく、休憩後、結局ご来光は見れず、強風のため、お鉢めぐりも中止。
ハガキだけは、添乗員さんが出しに行ってくれることになりました。
下山です。。。
 
頂上は、お店が4、5件あり、食事もできますが、混みすぎて無理です。
温かいジュースだけ買いました。
弟は、頂上の300円トイレにならんでやっとこさ入れました。
頂上でやったことはコレだけ。。。
 
あとは、山小屋に一旦戻って前日に山小屋で貰った弁当を食べ、仮眠。
 
その後は5合目まで下山しました。
 
下山時の天気は良好。。。
でも山頂は霧がかったままのようでした。
 

019

なかなか、壮大な景色ですが、
下り、結構きついです。。。
 
もうかなり具合悪い状態でした。。。
 
でも、5合目で食べた「コケモモソフト」マジうまっす。
 

020

このあと、日帰り温泉施設『野天風呂 天水』 に行き、
すっきり疲れを落とし、、、きれたかなぁ。。。
 
良い湯でした。
 
富士山登山は、こういうものか、、、とか、いろんなコトが解りましたが、
次回、御来光のために行きますか、言われてもちと解らないっす。
 
なんせ疲れました(笑)

| | コメント (12)

2013年7月26日 (金)

いちおう

明日はいよいよ登ってきます。。。うう、自信無い。

| | コメント (2)

2013年7月24日 (水)

マレーシアのお土産。

ちと体調が思わしくない状況もあり、「そんなときはカレーでしょ!」と、

今日は早く帰ってカレーを食べました。
 
弟がお付き合いで買ったお中元は、レトルトカレーで、全部自宅に届きました。
 
あと、以前からあちこち行くたびに買ってきたカレーがいっぱいあります。
 
今回は、マレーシア土産の『タイカレー』っす。(笑)
 

B01

 
ぜんぜん、マレーシア、で、ないですね。。。
 
パッケージ見て期待しつつも、外国のお土産はなぁ、、、と期待半分まで
減らして食べてみました。
 
はい。。。。
 
具材がありません。
 
完全にスープでした。。。
 
箱に入っているから、外から具材は確認できなかったけど、、、まぁ、仕方ない。
 
でも味は、なかなか美味しかったです。
 
ジンジャーの利いた、ちょっとエスニックなカレーです。
 
ちと元気になれるかも。
 
あと、買ってきたものをちと載せると。。。
 
はい。定番。  『ROCKY』 っす。

B02

なんでも、イスラムの国なので、豚を連想させる、POCKYは止めて、
ROCKYにしたそうです。
 
ハラールマークも入ってます。
 
あとは、『ホワイト珈琲』♪
 

B03

これ、なんだか知らない枝が写真に写っていて、、、
この意味はさっぱり解りません。。。
 
だ、騙されているような、、、。
 
いやいや、良い国だったから、きっと自分が情報見つけられていないだけ。。。
 
ミンさん、3日の水戸に行くときROCKY持って行きますね。
 
yhinoさん、お土産は定番のカレーです。
諦めて、食べてください(笑っ)
 
グランマさん、まだ日程決まっていませんが、
仙台いく時は東京土産っす。。。
 
でも元々都会っ子でしたよね。。。(笑)
 
あと、ここを知らない神瀬君。
おじさん、おばさんからのお土産、ありがとう。
ご馳走様でした。
 
あ、私文ばかりですみませんっ♪

| | コメント (4)

2013年7月20日 (土)

2013/07/05_07 マレーシアに行ってきました♪(4)LCCの利用について

マレーシア旅行の記録をもう少しだけ書きます。

 
今回取ったチケットですが、AIRASIAの一番安そうな時期でとりました。
 
一人 35,700円
 
    内訳:チケット    31240円 (燃料費諸税込 )
        座席指定   3000円
        手数料     600円
        機内食     400円 (帰りのみ、機内食を追加)
        スカイバス   460円 (スカイバス往復券。片道不可)
 
このあともっと安いセールがあったりしましたが、いやもう十分です。(笑)
 
出発前に、WEB上でチェックインして必要な書類を印刷します。
このとき、以前、スカイバスの支払いをした際にメール連絡が来ているはずなので
このメールのHTMLを表示して紙に印刷してください。
(規定がたくさん出てくるけど諦めて。笑。)
 
これが、バスに乗るときに必要なチケット代わりになります。

A01

かなり早く、羽田国際空港に到着。
いつもは第一、第二ターミナルなので、なんか新鮮です。
食事するところも沢山あって、つるとんたん、とかすっげー混んでた(笑)
 
21時近くに、手続きに向います。
WEBチェックインは終了していますが、LCCは搭乗までの時間を制約することや、
荷物の重さチェックなど安くする為の努力を徹底しているので、
海外へいく場合は、預ける荷物がなくても必要だと思ったほうが正解です。
 

A02

ね!
 
そうしてWEBチェックインして印刷した紙を持ってカウンターへ。
カウンターでは、パスポートチェックと荷物チェックがあります。
こちらで働いている方は、ANAの方でした。
 
荷物のチェックが終わると、バックにチェック済みの紙が付けられ、
さらによく観る航空券を受け取ります。
 

A03

A04

そして出国審査です。
荷物のチェックが終わったら、パスポートを見せます。
 
やっと手続きが終わり、あとは乗るだけっす。
 
国際線ターミナルはまぁ、そこそこにお店もありますが、
基本、帰る方のお土産コーナーですからね。。。
 
早いのですが、一旦、搭乗窓口へ。
 
出国審査の場所から、そんなに遠くなく、歩いて数分?で到着。
 
しかし、エスカレーターで結構下まで降ります。
 
降りると小さなコンビニみたいなお店がひとつある、広いフロアになってます。
こんな感じ。
 

A05

だ、誰も居ない。。。(うそ。数人いました)
 
そして、暑い。。。21時にはここまで来てしまったのですが、出発便がないため
コンビニもやってないし、エアコンも入ってません。。。
 
これは時間潰せないし暑すぎる。。。ということで、2階のフロアに上がろうと
したのですが、昇りのエスカレータ、ありません(笑)
 
まぁ、トイレも当然このフロアにあるわけで、一回降りたら上がる必要は
無いんだけど(笑)
間違えてしまう人もいるだろうに。。。
 
でも暑いので、エスカレータ横の階段で上がりました。
 
1時間前くらいには、再度、このフロアには着ましたが、
そのときにはもう人が一杯。
座るところも少なくなります。
 
早めにきて、テレビとか観ていたほうが良いかもです。
 
そして、時間になり、搭乗手続きです。
バスに乗って、飛行機まで移動です。

A06

このバスで弟とはぐれました。(笑)
で、バスは人が一杯にならないと発車しません。
さらに暑いです(笑)
やっと発車したと思ったら、途中で車が止まります。
 
飛行機が飛ぶために通路をさえぎっている為、飛行機待ちでした。
 
「おいおい、いつまで止まるんだ?」ってくらい止まります(笑)
 
そして、飛行機に乗り込みます。
 

A08

X(エックス)って書いてあるっ!!!
 
飛行機はAIRASIA-Xという、通常のものより、すこし大き目の飛行機になりますので、
席が3名ー3名ではなく、3名ー3名ー3名だったかな。
まぁ、真ん中に数人乗れる席があります。
 
で、自分達は尾っぽのほう、細くなる為、2名席になるところを取りました。
飛行機で2名席ってあまりなかったから嬉しい!
しかし、後ろ席は何かあると危険だから、と乗りたがらない人もいますので、
まぁ、席を取る方はいろいろご検討ください。
 
座席はこんな感じ。結構広め。
 

A07

なお、一人旅の人は、3人席が良いかも。
一人旅同士で座ると、お話しする事になる場合がありますが、
長いし、夜飛ぶので寝たいし、で疲れてしまうかもです(笑)
機内は、エアコンががっつり効いています。
かなり寒く、自分達はTシャツの上に長袖の厚めの服を着ていたのですが、
それでも寒い。
さらにもう一枚長袖の上着を出して体に被せてちょうどいい感じです。
 
機内アナウンスは日本語も入ります。
添乗員も日本語の出来る方が数人います。
 
そのうち飛行機が離陸しました。
 
機内では食事予約した方に食事が配られます。
チケット(予約した紙)を見せて確認後、食事が運ばれてきます。
 
その後、機内販売になります。
 
このとき、日本円で払うと、現地のお金、RM(リンギット)で
お釣りがもらえます。
空港内でも当然両替できますが、その時間がなく、
移動しなくてはいけない場合など、ちと助かるかも。。。
(ただし、レートは解りません。笑)
 
●いちおう注意。
  飛行機で、シートベルトを締めるように言っているのに、
  軽くしか締めていない人がいました。
  数年前にも天井がいきなり破れて、スチュワーデスさんが外に
  放り出された話があったりします。
  また、飛行機が完全に止まっても、電源が機内から、機外に
  切り替わっていないと、何が起こるかわかりません。
  (急発進とか、前にもあったし)
  なので、シートベルトはランプが消えるまでそのままで、いてください。
 
  さらに、携帯電話は、電子機器への影響があります。
  (問題はノイズにより、誤動作が発生すること。度合いなど、
  偶然性もあるので発生しないときもあるけど、可能性で禁止にしている)
 
  ちょっとしたことに命掛けている人が多すぎです。
  巻き込まれたくないので、やめてくださいね。
 
  日本人としてルールを守る姿勢は、明治時代から続くものです。
  海外に行くからには、海外に良い日本人をもっとアピールしましょうね♪
 
  (入国審査が楽になるので。笑)
 
さて到着。
 
空港内の横断歩道(?)を5分ほど歩きます。
 
右側に建物があり、その中に入ると、
1階はマレーシアの人たちの入国審査。
エスカレータで登った2階が、外国の人の入国審査になります。
 
ここで、パスポートを見せて入国します。
 
で、出入国カードを機内で書いたりしますが、なんと2012年6月から
なくなったそうです。
 
良い国だー!マレーシア!!!
 
ちなみに何も言われず、聞かれず、です。
(言葉わかんないから、弟と、サイトシーイング、2デイズ、
 ほか何か言われたら、わかりません。と日本語で答えよう、と言いました。
 日本人は、信用して貰えているので、意外とコレで許してもらえると
 WEBで観ていたのでした。笑っ) 
入国審査が終わって、右曲がりに裏に廻ると、エスカレータの下りがあります。
ちょうどさっきの昇りエスカレータとクロスするようになっているみたい。
 
降りたところには両替所があります。
 
弟と事前に相談していて、以下の見積もりにしました。
<両替>
 1リンギット=100セン
 1リンギット=31.45円。(以前は25円だったのに。)
 1日の食事   RM 80 くらい。(2500円)
     交通費  RM 40 くらい。
 KLタワー RM47
 モスクとかは無料。
 レストランで、昼20、夜30RM 屋台だと、2~10RM
 モノレール 1.20RM
 タバコは、2カートン(日本産200本、外国産200本は免税)
 1カートン 1500円くらいで考えればお釣りがでる。
ということで、一人、念のため、
1万5千円くらいずつ、両替しておきますか。RM 476.94
としました。
 
結局、日本のタバコとか関係なく、1カートンしか買えないと、
帰りの免税店で言われて、少しお金も余分に余りました。
帰りの機内でもジュース飲んだりしてたのですが、結局
一人 120RM以上あまりました。
(一泊二日でお土産買ってでも、タバコ代抜くと1万円くらいあれば
 足りるみたいです)
両替所のさらに奥(右側)は、荷物受け取りの場所で、
関係なければ、エスカレータ降りたまままっすぐ
(両替の左側)を進むと、外に出られます。
 
外に出ると、まだ真っ暗ですが、人は沢山います。
 

A09

 
バス乗り場は、一つしかなく、出たところから、一旦、車の乗り場に出ると
奥のほうにバスが止まっているのが見えます。
(写真は道に出て、左側を観ていますが、
 そのまままっすぐ行くと道が空港に沿って右に曲がっていきます。
 そのまま道に沿って歩いていけばバスがいっぱい止まってます。)
 
電車で行く場合には、空港内をバス移動する必要があり、有料だそうです。
そのバス停は、バス乗り場の手前にあるようです。
たぶん、これ。

A10

屋根についた青看板に駅や空港に行くシャトルサービス、と書いてあります。
そして、先に購入した、SKYBUSですが、
バス乗り場の手前にのほういろんな会社のなかに、紛れて止まります。
 
呼び込みは、強引さはまったく無いので安心してSKYBUSに乗れます。
(荷物についた、AIRASIAのタグも有効なのかも)
 
このバスに乗り込んだあと、印刷したチケットが必要です。
チケットが無い場合でも乗り込んだあとお金を支払います。
 
なので、まずは乗り込む。
 
で、席が空いていないと乗れません。次のバス待ちです。
チケットが無い場合、たしか、片道10RMだったかと。
お金渡すと、半券もらえるので、降りるときにそれを渡します。
 
お金とりにきたら、行きに印刷した紙を見せれば大丈夫です。
このとき、半券はもらえませんが、問題ありませんでした。
 
これは、帰り、明るいときに撮ったバス。

A11

バス会社、似たようなものが多いので、間違えないでね。
 
なお、KLCC駅←→LCC空港間は、1時間ちょっとかかります。
 
道路は意外と混んでいるときもあるのですが、
KLCC駅から、スグに高速っぽい道に入ってしまうので、
混んで遅れるイメージはないです。ただし、何があるか解りませんので、
余裕は必要。
さらに、バスは人がいっぱいだと載せてもらえません。
(帰りは一旦乗り込んだけど、シートが無くておろされました)
人が一杯だとこういうこともあるので、早めに乗るのが良いですね。
 
と、これだけ書いてあれば、これからマレーシアに行こうと思っている人も
少しは安心していけますよね~♪
 
 
このあとの旅行の詳細は、以下のページを参照ください。
 
 
 
他、エアアジアでの釜山旅行は、出発時刻が変わってしまいましたが、
参考に。。。
 
 
 
なお、過去の旅行の話は、旅行・お出かけカテゴリーを参照ください。
 

| | コメント (6)

2013年7月16日 (火)

ここ最近気になっている「老子」

「老子」が、いま、癒しとして求められている、と聞きました。

 
ちと前まで、NHKの「100分で名著」をビデオで撮っておいたので、
ちとずつ観ています。
 
老子は、『道教』の創設者、ということらしい。
 
孔子と同じ時代に生まれた方らしいですが、
孔子は、中国、韓国の道徳、といわれる『儒教』の創設者になります。
 
まず、孔子から。
孔子は、実力主義的な戦国の春秋時代に、身分制秩序と仁道の宗教を
広めた方です。
 
親とか、先生とか、礼を尽くしなさい、とかいう話らしくって、
血族関係や、主従関係にたいして、礼・仁・義 を尽くすように
と解いてたらしいです、が、
その意味は、争いをなくしたい、という想いがあったようです。
 
しかし、支配者側の都合で、身分制度ががっつり反映されて、
実際にはこの儒教を使って王が国を治めようとして
広まったところがあるようです。
 
そのため実は日本でも、
明治時代にこの儒教を広めようとした、という話があります。
敗戦後、儒教は古い、と判断されて廃れたようですが、、、。
 
さらに、5代将軍 徳川綱吉は、子供の頃に、兄を敬うようにと、
儒学を徹底的に叩き込まれたようで、
結果、天皇家に対してものすごく礼を重んじるようになったらしいです。
 
このため、赤穂浪士の 浅野内匠頭 が即日切腹になった理由は、
天皇家への儀式がこの一件で台無しになったから、とか。
 
そして、神田にある湯島聖堂は、5代将軍 徳川綱吉が作った、儒教の為の聖堂で、
孔子像が祭られているのだそうです。
 
一見、親を大切にする思想とかみると、なかなかよさげですが、
身分制度ががっつり入っていて、さらに努力で出世することを説いてるので、
おちこぼれが救われない、といわれているようです。
(もともと孔子はそんなつもりなかったのに
 しだいに政治が絡んでおかしくなっちゃったみたいっす。。。)
 
そこで、出てきたのが、老子。
 
老子は、
「こんなうにやら無いとだめだよ!」という儒教のルール主義に、
「ルールばかり見ていたら、本当の大切なものが見えなくなるよ」と
説いたらしい。
 
物の価値観は、時代により変わる。
だから、良い悪いの価値など無い。とも説いたそう。
 
老子自体は実在したかも良くわかっていなくて、
実際にはちょろっと書いた文章が残っていて、それをさらに、荘子が
わかりやすい形にしたらしいです。
 
 老子は、政治をつかさどる者のために書いたものであったのに、
 荘子は、一般の人に近いところで書いているらしい。
 
実際はどういう経緯でこのような考えが生まれ、広められたのか、
古い話と寓話が多く、よく解らないそうですが、
 
「ものの価値観、良し悪しは時代によって変わる」
 
ということが、2300年以上もまえから言われていて、
それに頷く人たちが居たことが、すごいと思いました。
 
『上膳水の如し』は老子の言葉だそうです。
 
最高の善とは水のようでなければならない。
水はどのような形にも収まり、自己を主張せず、
その上で、他を助け、低いところへと流れ、そこで自然に身を任している。
 
とか、そんな意味らしく。。。
 
これも、そうだなぁ、、、と考えさせられてしまう。。。
 
テレビでも、勉強すればするほど、自分が無知であることが判る。
勉強すればするほど、自分は知識を知らない人だと
理解する、ということで「無知の知」という言葉もあるそうで、
 
他人に常に教えを請うて生きて行こうと思いました。
う~ん、生きるのは難しい。
 

| | コメント (7)

2013年7月14日 (日)

2013/07/05_07 マレーシアに行ってきました♪(3)食事とハードロック

さて、マレーシア旅行の続きです。

 
チェックインまでの2時間を何か食べてこよう、という話で、
事前に調べたところに行こうとしたのですが、
結局、道と川を超えることが出来ず、
ショッピング街でアイスっぽいのにぬるいジュースを飲んで、
ホテルまで戻った話、と、
夜食に再度ショッピング街近くの屋台街で食事して
帰ってきた話、
そして帰りの朝ごはんの話、っす。
 
事前に調べた店舗に行こうと歩き始めましたが、道路がなんだか渡りにくいし
川もあって諦めました。
でも途中まで来ていたので、モノレールに乗ってホテル近くのショッピング街へ。
 

030

ここ「ブキッ・ナナス駅」から、「ブキッ・ビンタン駅」まで移動です。
 
途中、ハードロックカフェが見えました。。。寄るべきだったか。
 
いやいや、
マレーシアは、もしも麻薬とか持っていたら、自分のじゃなくても死刑っす。
 
服だって、メタラーっぽい服着てったらダメでしょう?
 
旅行出発前から、服選びも大変だったんだから。。。
 
で、「ブキッ・ビンタン駅」到着。。。
 
おおお、人が多い。。。
 
そして、暑さがピークだったので、デパートの中へ。
 
すると、スゴイ列が。。。
 

031

なんだか外まで並んでます。。。
セール???
 
とか思って前に行ってみたら、コレでした。
 

032

ま、まじっすか。。。
 
今回、自分の着ていたシャツはシェンカーだったので、これ見よがしに
見えるように歩いてきましたよー!!!
 
うぉぉ、テンション上がる!!!(のが、手に取るように解った、と弟、語る。)
 
そして、ここで売っていたアイスと天然ジュースを混ぜた飲み物を飲む。
 
アイス見てみて! 南国のフルーツばっかり。
 
マンゴーや、ライチ、ドラゴンフルーツまで。
 

033

で、これを生オレンジジュースとミキサーでませた飲み物を飲みました。。。
 
結果、、、全然冷えていない。。。
生オレンジジュースが、普通に冷えていないのでした(笑)
あと、よく解らないオブジェ。

034

で、ここから、噴水?の横の通路を通って、ホテル横の水族館まで続く、
エアコン付き歩道橋を通っていきます。
 

035

036

このあとこの通路が、ホテルに直接繋がっていないので、
通れるところ探すのに時間が掛かりましたが、チェックインして、
2時間ほど寝たあと、御飯に再度この通路を通って行きました。
 
今度行ったところは、さっき降りた、「ブキッ・ビンタン駅」を
まっすぐ超えて右にまがったところにある、「ジャラン・アロー」です。
 
屋台街ということで、ちょうどお店を開き始める時間でした。
 
037
で、ドリアンたべようか、という話も出たのですが、
もう、ビールが飲みたくって(笑)
 
中華にしちゃいました。
038

041

039

040

結構美味しかったんだけど、写真だとなんか伝わらないなぁ。。。

安かったし。。。おなか一杯。

で、帰り。もう一回、さっきのジュースを(笑)

今度はドラゴンフルーツ。

042

結果、同じくぬるい。。。

途中、コンビニにも寄ってジュースを買いました。

これ。

043

ポッカ、あるんだー!

そして、この表示。

044

ハラールマークです。

イスラムでは、豚は食べてはいけないです。

でもそれ以外の食物も、きちんと儀式に則った方法を取らないと、

宗教上食べることは出来ません。

家畜のえさにも、ハラールの儀式に則っていないと、

その家畜は食べられないそうです。

なので、このマークをつけることで、安心して食べられるようにしているのですね。

日本でも今後、イスラムの国の人たちが来日しやすいように、

このマークを導入するところが増えるとも言われています。

 

要チェックですよー!

さて、翌日ですが、モノレールで、そのままKLCCまでいけます。

駅からチョット歩きますが、他の人の後付いていけば、

昨日のバス乗り場のところから、エスカレータで上がっていくことになります。

KLCCの駅から、本当は公園に行って昆虫の写真を撮る予定でした。
しかし、やっぱり道を渡るのが難しく、、、結局、
駅で御飯食べて終了、とすることにしました。
 
で、ハラールマークの入ったマックを食べようと思ったら、
すっごく混んでいて、無理そうです。
 
マックの反対側にも店がたくさんあったので、そのうちの一軒へ。
 
「meal’s STATION」

045

席についてから、お店の人が聞きに来る普通のお店でした。

046

食事はやっぱりマレーシアっぽいもの食べないと。。。

047

そして、飲み物は、なんだか604番おいしそう。。。

 

で、出てきたのはこれ、、、あ、またナシゴレン頼んじゃった。。。

048

味は空港で食べたほうが美味しかったかなぁ。。。

049

弟の頼んだ、カレー。骨が沢山入っていて、ほとんど手で食べていました(笑)

050

そして、アイス珈琲。
 
これ、絶妙なうまさ。
これこれ、コレが飲みたかったんですよ~♪
 
一番のお気に入りの味です。
 
これ、最初は、おいしいアイス珈琲とだけ思ってたのですが、
空港で、お土産コーナーにマレーシア名物、ホワイト珈琲とかって、
売られてたんです。
 
なんだそれ?と
その時は気にしていなかったのですが、
帰ってきてから、写真で観たら、自分が気に入っていたこの珈琲。
なんとホワイト珈琲でした。
 
おおおっ!
知らなかった。。。
 
なお、マレーシアの珈琲は炒る時に、砂糖とバターを入れるそう。
 
しかし、ホワイト珈琲は、砂糖を入れないため焦げずに
ほかの珈琲より少し白くなる、ということらしい。。。
 
オススメです!(たぶん)
 
あとは飛行機の話を書きますね。

| | コメント (4)

2013年7月13日 (土)

2013/07/05_07 マレーシアに行ってきました♪(2)タワータワー

さて、つづき。

 
10時15分には、クアラルンプール市内の歴史建造物観光が、
ある程度終わったので、タワーまで歩いていきました。
 
MUZIUM TElEKOM(電話博物館?)の前を抜けて、タワーへ一直線。

018

でもお見せできるのはこの写真くらい。
 
だって、なんだか人が一杯で。。。
入り口の前にお店があったので、ジュース飲んで終わりにしました。
 
飲んだのはこれ。
 

019

スイカジュース。
 
スイカは苦手。でも英語で、ウォーターメロン、書いてあって、
ついつい、メロンジュース想像して選んでしまいました。
 
結果、、、うめー!  スイカ美味すぎ!
 
って、言っても普通のジュースですが絞ったもののようで、
生き返りました!
 
 ここまでが11時っす。
 
ちと時間が掛かったのは、道に迷ったのと、トカゲを発見して、
弟が写真を撮りまくったせいです(笑)
 
そして、これから、ホテルの前のツインタワーと、その前の公園で昆虫写真を撮って
チェックインです。
 
はい。ぐだぐだっと歩いて、信号待ちで時間取られて、、、
なんとかタワーまで着きました。
 

020

どーーーん!!!
 
でっかい。
 
この写真は既に公園内からです。
 
時間が表示されていますが、そう、30分程度で到着っす。。。
 
公園内を散策します、、、が、昆虫、全然居ない。。。
 
だって、こんな感じの公園なんだもの。。。
 

021

それにしても居なさ過ぎ。
 
実は帰りのバスから
人が良そうもないところに殺虫剤を撒いているのが見えました。
 
蚊に刺されると、デング熱とかになることもあるそうなので、
殺虫剤撒いているのかもしれませんが、、、すこしガッカリ。。。
 
こりゃ、何も居ないな。。。そう思っていたら。
 
台湾リスがいましたーーーー!
 
写真、撮れていませんが。
 
そのかわり。
 
 
弟の写真を載せます。
 
 
 
追いかけているところ。

022

追いかけているところ。

023

追いかけているところ。
 

024

まぁ、なんとか撮れた様なので後で貰えたら、ここに載せます。(笑)
で、こんなバカやりながら、もまだ12時になっていない。
 
チェックインはクアラルンプールのホテルは大体、14時から、だそうで。
自分の予約したホテルも目の前に見えますが、まだ入れません。。。
 

025

今回のお宿、トレイダース・ホテル
 
ツインタワーを見るならば、ここ! らしい。
 
チェックインする前に、街中散策、チェックイン、そのあとの食事の話はあるのですが、
先にホテルの話書いちゃいます。
 
ホテルにチェックインしようと1階で従業員の方に声掛けました。
 
「チェックイン?」というので「イエス」というと、
「イレブンファイブ」と言います。
 
???
 
イレブン=11、ファイブ=5
???
で、エレベータを指すのでとりあえず、OK!OK!(日本人のダメなトコか)で、
エレベータに行って弟と悩みつつ、表示を観て
「あ、5階じゃね!」と行きました。
 
これ、正解でした。
 
イレブンファイブ、、、ではなく、Level 5 で5階ということらしい。。。
 
もうパニックです。
 
そしてチェックイン。
 
英語でべらべらっとしゃべって来ます。
 
パスポートをだしてください、
何日間滞在ですか?
らしい、入国審査でも聞かれないことを細かに聞いてきます!!!
 
そしたら、なんだか、お金がかかるらしい。
 
はぁ?なんのこと。支払いは済ませているのに。。。
 
いっくら聞いてもさっぱり解らない顔していたら、
ホテルの方、受け付け用端末をGoogleに接続して、翻訳ページで
英語を訳してくれた。
 
保証金を預けて、冷蔵庫のものとか、何も使われなければ
そのまま返す。
 
あ、そういうこと。。。
 
で、200RM預けました。
 
もう四苦八苦っす。。。
 
でさらにエレベータの階は、カードいれて階を押さないと止まらないのですが、
その効きもわるいらしく、「また、間違えた???」と
もう混乱しっぱなし。
 
さらに持って行った充電用のコネクタ変換器が、マレーシアに対応していなかった。。。
 
そういうこともあるんだねぇ。。。
 
でもそれ以外はいいホテルです。
 
ベットはまた、ツインっす。笑

026

トイレと風呂は、広い~!

027

トイレットペーパー、ウォシュレットつき。
 
そして、コンセント。

028

刺さりそうなのになぁ。。。
 
でも、やっぱりこれでしょ!!!
 

029

ホテルの部屋からの写真。。。
 
すっごくきれい!!!
 
泊まってよかった~!
 
あとは、散策と食事の話と、飛行機の話とか、今度かきますね。。。

| | コメント (2)

2013/07/05_07 マレーシアに行ってきました♪(1)市内観光

先週、金曜日の夜から土日にかけて、マレーシアのクアラルンプールに

行ってきました。
 
チケット代が安かったのと、英語を使えるところで安くいける海外を探していたのです。
 
マレーシアはその候補の一つです。
 
このため、今回の旅行の目的は、
 1.マレーシアに慣れること。
 2.マレーシアの空港に慣れる事。
 3.マレーシアの地図に慣れること。
 
そう、慣れる事ばっかり、(笑)
 
空港や、入国の話は、このあと書きますが、観光した内容を書いてきますね。
 
行きの飛行機は、羽田発:23:55 ちょっと遅れたので、土曜日発になっていました。
結局、1泊2日の旅でしたよ(笑)
 
6時35分 空港着、ですが6時くらいには到着しました。
 
でも真っ暗です。
(マレーシアでの6時は真っ暗で、逆による8時くらいでも明るかったです)
 
入国審査が終わり、中にある両替所で一応2人分の3万ほど両替。
バス乗り場を探し、確認が出来たので御飯にしました。
 
空港は大きめですが、ちと狭いかんじ。
 
食事できるところは結構あります。
 
でも、バス乗り場近くにあったこのお店に。
 

001

カウンターにトレーを持って並んで、選んだものをトレーに載せてもらって
お金を払う、そう、『はなまるうどん』方式です。
 
指差し、あんど、紙に書いて伝えて注文したのがこれ。
 

002

Nasi Lemak Specal 9.90 RM(リンギット) 
 
 なお、1RM=30円(去年とか25円)
 
実質300円っす。
ナシゴレンですね~♪ 辛いソースと辛くないひき肉ソースがあって、
卵と御飯と混ぜて食べます。
 
ここの、マジうまでした!!!
朝は空いていていいですねー!
(帰りはスゴイ列が出来ていて、英語初心者むりっす。。。)
 
そして腹ごしらえが終わったのでバスを探します。
 
エアアジアのチケットを買ったとき、AIRBUSのチケットも買いました。
 
なので、AIRBUSを探します。
30分に一本だか来るらしいのですが、明確なバス停は無く、
あくまでも、バスのボディに書かれた文字で判断します。
 
他の会社のバスもあるけど、よく解らないです。
 
で、申し込んだとき、支払いの紙が届くのですが、
それが入場券代わりらしい。
 
飛行機のチケットではなく、払い込んだ、とわかるものが必要なようです。
 
(でもチケット忘れちゃってたら、
 乗り込んで、あとで係りの人に10RM払えば良いみたい。
 なお、帰りに渡す半券ですが、AIRASIAで買った人にはくれないようです。
 適当~♪)
 
バスは7時14に出発。
クアラルンプール・セントラル(KLCC)駅までの往復便で、
終点クアラルンプール・セントラル(KLCC)駅についたのは、8時20分くらいでした。
 

003

なお、乗り込んでも結構発車するまで待ちます。
乗客が結構乗るまで待つようで、これは余裕持って利用したほうが良さそうです。
 
到着は、クアラルンプール・セントラル(KLCC)駅の地下です。
エスカレータで上に上がっていくと駅内に出ます。
 

004

本当に出た正面で撮った写真。
 
左右に電車の乗り場とかあります。
奥にはマックとか、ケンタとかもあります。
 
ここから、電車乗車体験です。
 
これも別途書きますね。
 
自販機で買えるので、ちと手間取りますが問題ないです。
少し厄介なのは、利用できるお札が古くないとだめ、ということ。
 
それでも普通に入れてもはじかれる事が多かったッス。
 
さて、行き先はクアラルンプール駅。
 
たった一駅ですが、距離感とかワカラナイコトもあって乗ってみました。
 
少しまたされますが、電車は最新。車内の路線図もLEDで光ります。
 
クアラルンプール駅到着です。
 

005

駅は昔の中央駅。今はKLCCに変わられていますが、
古くからある建物の感じは、なかなかの味を出している、、、はず。
 
さて、写真を撮ろうと、他の人に適当について、進行方向にずーーーっと
向っていったら、
誰も降りないだろうところに出てしまいました。
 
駐車場の中を抜けて、さらに怖い地下通路を抜けて、
モスクのあるほうへ向い、とりあえず中で、警備員のひとに、
「エクスキューズミー」
「イズ ディズ ヒア?」(地図見せて指差しながら「これはここにありますか?」)
「YES! This is a National mosque. 」
 
や、やっぱり!
「サンキュー」
 
おおお、これがナショナル(国立)モスク! (の裏からはいったところ。笑)
 

006

モスクはイスラム教の礼拝堂です。
 
中に入るには、肌をあまり見せない服で、さらに靴を脱いで、
(状況により足を洗ってから)入らないといけないようです。
 
中から歌が聞こえてきます。
 
で、ここは服とか上からかぶれるものを観光客用に貸し出しています。
(上の写真の奥のほうに服がいっぱい見えます。)
そこでは絵葉書とかのお土産もありました。
 
そして、中に感じの良さそうな女性がいて、
「どうぞどうぞ、」と手招きされました。
 
でも、お辞儀だけしてかえりました(笑)
 
以前、トンガでもこのような儀式の場所に招かれていったとき、
帰るに帰れなくなってしまい、、、。
 
なので、今回は時間がないので辞めておきました。

007

アラビア文字と入り口に脱がれた靴がありますねー♪
模様もきれいだー♪
 
さて、ここの中央駅の周りには、他にも歴史建造物があります。
 

008

マレーシア鉄道 公社ビル。
 
イギリス統治時代の建物だそうです。
ムーア建築らしい、が良く解らないっす。
 
そして、古い駅と書いていた、白い、クアラルンプール駅!!!
 

009

おおおっ、これもムーア建築というらしい。。。
 
ムーア建築って何か調べたら、
1500年ごろ、イスラムの国からモロッコに逃げてきたムーア人たちが、
建てた建物だそうで、イスラムの国で生まれた建築物だそう。
イスラームでは偶像崇拝が禁止されていたため、
幾何学模様と文字装飾が発展し、
さらに、キリスト教の国の技術者を雇い入れて成長した建物のようです。
 
だからステンドグラスとかもあるのか。。。
だから、近代的なビルのようにも見えて、
でも、屋根にちゃんとドームがあるんだなぁ、、、。
 
駅についたのが、8時45分くらい。
そしてこの3つの観光が、終わったのが9時30分。。。早い。。。
 
これから、中華街と、クアラルンプール最古のモスクに行きます!
 

010

駅をくるっと廻り込む陸橋があるのでこれを渡ります。
ここでもクアラルンプール駅の写真を。。。
 
駅を離れて川の近くまで行きます。
川はどぶ川ですが、ここで洗濯したり、住んでいる人も居るようです。
 
ちと怖い感じもするので、道を選びたいところですが、
クアラルンプールは道幅が広く、信号は歩行者はボタンを押したときだけ
青になる方式らしいです。
(さらに、押しても反応しないことが多いし、どっちの信号か
 解らない事も多いです。)

011

下のボタンをガツガツガツ、と押します。
正直、信号守ろう、とする人が多いのですが、それらを
信号機側が裏切る感じです(笑)
 
かなり待たされて、機械が壊れているとわかって、赤だけど渡る、
そんな繰り返しでした(笑)
そして、駅周辺は道を渡る為の通路、がちょろちょろとあります。
でも、ちと怖いです。
電球が壊されているのがそのままだったりするので。。。
公園でも良く寝ている人が多くて(笑)
 
まぁ、東京でも同じですけどね。
 
そうやって歩いて、見えてきたのが中華街。
 

012

ここから、「関帝廟(かんていびょう)」へ。
 
関羽が祀られているところです。
 (これ、中華街にもある建物です。)
 

013

こちらは、今度はインドの方のヒンドゥー教の寺院です。

「スリ・マハ。マリアマン寺院」

014

中で儀式していたので、入れません。

というか、遠くから写真だけ撮らせてもらいました。(笑)

これ、フィージーいたっときもありました。

つぎは、商店街ですね。「セントラル・マーケット」

まぁ、普通にお店が並ぶ通りでした。

015

クアラルンプール最古のモスク 「マスジット・ジャメ」

016

でも、川を挟んでの写真。

川は、結構速い流れでしたが、ちときたないし、臭いっす。。。

ここから写真の右にある駅から電車に乗る予定でしたが、線路沿いを歩くことに。

 

そして、プラナカンの町並み。

017

中国系の人たちが、現地の女性と結婚して、生まれた子孫がプラナカン

そういった人たちの立てた建物は、こんな感じに下が店舗、上が住居の

玄関前がアーケードになっていて、さらに西洋風の色合いがある建物を

建てたそうで、シンガポールとかマレーシアにあるそうです。

ここまで、てくてく、っと歩いて、10時15分。
早すぎ。。。1時間30分くらいでいい散策が出来ました。
 
ということで、弟と相談。
 
電車に乗らず、そのまま歩いて、行く予定の無かった
あのタワーに行くことにしました。(つづく)

| | コメント (10)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »