« 第二回 台湾旅行(2日目その2)~20130223 平渓線の旅 | トップページ | 第二回 台湾旅行(2日目その4)~20130223 平渓線の旅 »

2013年3月 3日 (日)

第二回 台湾旅行(2日目その3)~20130223 平渓線の旅

まだ、十分の散策が続きます。

 
駅の横にあるお店の周りは人が多すぎて歩きにくいので、
裏に出てしまおう、と抜け道を見つけたのでそちらに移動します。
 
そこには地図が張られていました。
 

001

 
ちょうどバスの絵が描かれているところです。
ここが、天燈祭りへ行く人たちを台北駅などから連れてくる停車場です。
 
バスが到着し、降りてくる人たちと一緒に
川沿いを歩いていきます。
 
そして、なんかの塔。
 
おお、天燈発祥の地、と書かれている。
 

002

そのさきへと、さらに歩きます。
 
駅から15分もかからず、目的の天燈祭り会場まで到着です。
 

003

それにしても、天気が悪い。。。
 
そして場所がわかったところで、見に行きたかった滝を目指します。
 
この会場の横に踏切があるのでここをわたり、さらに進むと、
 
なんか建物が見えます。
 

004

あの建物にあるのか?
 
と思いますが、あそこは、川の近くに行く為の通りにあるお土産やさん。
 
この建物のところでトイレ休憩。
横の階段をおりて、お土産、食事場をぬけて川沿いに下ります。
 

005

この川沿いを進むとその先には、釣り橋が!
 

006

そして、つり橋からは、滝が!!!
 

008

あ、あまり大したことなかったので、まともな写真を撮っていなかった。。。
 
でもこれは目的の滝ではありませんでした。。。
 
 
さらに今度は線路沿いを進んでいくと、なんとっ!!!
 

007

料金所がっ!
ううう、滝をみるのにお金取るのか。。。
 
まぁ、日光の華厳の滝でも取るものね。。。
 
そして入るとすぐに見えるのが、これ。
 

009

けっこうでかいー!!!
 
さっき小さい滝をみているから、なおさらデカク感じる!
 
そういう作戦かっ! 上手過ぎるっ!!!
 
が、しかし、写真では大きさが伝わりにくい。。。
 
ここは幾つかの展望箇所が用意されており、幾つかの場所から
とったのがこれ。
 

010

さらに。
 

011

離れた展望できる場所。ここはかなり水しぶきが飛んできて、濡れます。
結構離れているんだけど、カメラ、要注意です。
 
さらに上からの写真。

012

ここは羅漢像とかもあったりしましたが、

 

セメントで作られている感じで、まぁ、田舎によくありがちな感じです。

    
山なので軽い気持ちの散策が、あとあと体への大きなダメージになると
考えて、すぐに外に出ました。
 

013

 
入り口は実はこんな感じ。
線路のまん前です(笑)。
入り口の線路の挟んだ向かいには、先ほどの天燈祭り会場まで行く道があります。
なので、今度はこちらから廻ります。
 
駅まで歩いて、ちと買い食いしつつ、よこを見てみると、
また、つり橋があります。駅の裏なので気がつかなかった。。。
 

014

 
ここはまた渡らなければ!
 

015

 
つり橋の根元にある炭鉱扶の像!
かっこいー!
石原裕次郎の『黒部の太陽』を思い出す。
 
で、渡りましたが、、、とくになにも無かったです(笑)
 
あとで思い出したのですが、ここはトロッコに乗れるところや、
なんか、ほかにもいろいろあったはずなのですが、
すっかり忘れていました。。。
 
これも、次回こそ!ですね。
 
そして、これから、平渓(ピンシー)駅へ向います。
 

|

« 第二回 台湾旅行(2日目その2)~20130223 平渓線の旅 | トップページ | 第二回 台湾旅行(2日目その4)~20130223 平渓線の旅 »

コメント

八田ダムには行かなかったの?
八田與一 は台湾では有名とか。

投稿: yhino | 2013年3月 4日 (月) 19時56分

yhinoさん!

おおおっ、それは知りませんでした。

調べてみたら台南ということで、南のほうらしいです。
 
なんだかのどかなところみたいで、行ってみたいなぁ。

投稿: たる。 | 2013年3月 4日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二回 台湾旅行(2日目その2)~20130223 平渓線の旅 | トップページ | 第二回 台湾旅行(2日目その4)~20130223 平渓線の旅 »