« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月 6日 (土)

子ども手当てについて

子ども手当てについて、ちと勉強不足なのでまとめてみました。。。

当初は2011年3月までの時限立法で、2010年6月から実施された。

月額 1万3千円。おおおっ、結構大きい。

期限が決まっているので、そのあとどうするの?ってはなしですが、
2011年4月からは、毎月2万6千円の予定でした。

に、2倍???  これまたでかい。。。

でも、財源がないために、見直され、結果、今のまま、9月まで継続、となった。(笑)

さらにコレ以降。
支給額を見直しして、これを2012年3月まで行なうそうで、
で、その後、どうするのか。

最近のニュースが、
再度、児童手当という、以前自民党時代に作られた法律が、
修正されて支給を続けるという案で、
自民、民主、公明の政調会長が合意、ってはなし。

う~ん、なんだこりゃ。です。

テレビでは、民主党の議員が「子ども手当てとしては、残るんです」的な発言。
何を言ってるの???

ニュースって一部しか説明しないから、よく理解できませんが、
ざっくり整理するとこんなかんじ。

2006年 4月 子ども一人に、月5000円~1万円(児童手当)
          所得制限あり。扶養控除あり。

2010年 6月 月1万3千円 (2011年3月まで)(子ども手当)
          所得制限なし。扶養控除なし

2011年 4月 月1万3千円 (2011年9月まで)

2011年10月 月1万円~1万5千円 (2012年3月まで)
          3歳まで、と、3人目については、1万5千円

2012年 4月 月5000円~1万??? 児童手当復活。

なんだ、前から支給されているじゃんか。。。


これを見ると、『子ども手当』だ、『児童手当』だ、で議論している政治家は、
それぞれ自分の政党のだした案を通そうとしているだけ、というのが
よく解りますね。。。

改正すればいいだけなのに。。。

他のWEBとかを見ると、
民主党いわく、子ども手当ては、「子どもは社会が育てる」 なので、子どもに対して一律支援
自民党いわく、児童手当は、  「子どもは家庭が育てる」 なので、家庭に対して手当て、扶養控除。

だから、全然ちがうものなのだっ!

と、いうことだそうですが、
社会だけが育てるものではないし、家庭だけで育てるものでもないのに、
言い張っているのは、まさに子どもの喧嘩。

で、結局、ひとつに纏めて自民党さんの児童手当の名前にしましょ、的なかんじっすね。
笑たいが、笑えない。。。

こう見ていると、政党というものの存在がムダを作っている気がしますね。。。

テレビ局もオイシイ取材をして、オイシイ番組作りをしているのがあからさまで、
知るきっかけは貰っても、情報は自分なりに整理しないとだめなんだなぁ、と
思いました。

自習は、間違いがあっても気がつきにくいけど、それは間違いであり、騙されるよりはいいと思いました。

テレビも政治もムダがおおいなぁ。。。

で、個人的な意見ですが。。。

いちおう、子ども手当て、児童手当、は要らないと思います。

その分、学校の授業料、給食費、遠足代など、高校卒業までは無料にして欲しい。
うちの近所の子どもは高校行かせてもらえていないみたい。
母子家庭だからなのだと思っていますが、いい子ども達なのに、かわいそう。
他人の家庭に入り込むことも出来ないから、何も出来なくて心苦しいです。

平等にチャンスをあたえる国にして欲しい。

で、こっからは妄想ですが(笑)

子どもがいる家庭、いない家庭関係なく、食事手当てを一人当たり3万出してもらえれば、
うれしいなぁ。

国民が何があっても生きていけるように、住基カードで食事できるといいっすねー。

医療費も住基カードで支払いできると、いざと言うときのために、ムダには使わないように
カードに貯蓄すると思います。

でも、食事や生活の為にしか使えないから、亡くなったときは、国に返す。
それでいいと思います。

その上で消費税を20%くらいにしてもらって、いいと思うんですけどね。
あ、やっぱり10%くらいかなぁ。。。

で、いまの3倍、流通させる。
5%でも3倍流通させれば、15%と同じ額です。
10%ならば、今までの6倍。

信販会社は廃止。
  (今、信販会社のCMが流れすぎ。。。国営ですべき。)

パチンコも廃止。 (韓国では廃止になりましたしね。)

カジノは国営。
  (カジノのように、年に数回の娯楽ならばあり。パチンコのように日々の娯楽は怖いっす。)

さらに今、円高だから、円高のときに出来ることで、外国、日本、両方が嬉しいこと、
として、外国の支援を沢山やって、海外出張国民を増やしてほしい。

そのことで、輸入ではなく、輸出、を増やす。
安いから買うのではなく、必要だから海外で購入する。
いいものだから、今後、未来でも使い続けてもらう。

携帯電話と同じで、インフラを無料で買って貰って、
そこに必要な物資、技術をニホンから買ってもらう。

で、高校卒業した子どもは、一旦、公務員として2年間仕事に就ける。
海外派遣、自衛隊員、いろんなコトを仕事としてやってもらって、
社会人として勉強が終わったあと、成人式を向かえる。

そんな社会になったら、いいなぁ。

妄想だけど、たのしそうでしょう?

こんな妄想を会社でも、友達や家族とでも、語れないのではダメだとおもう。。。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »