« 日本橋高島屋のアンモナイト | トップページ | もう書いても良いかなっと。 »

2010年7月 2日 (金)

6月に読んだ本。

6月に読んだ本。

また、本をめいいっぱい読もうかと思っています。
6月はあまり読めていませんが、この3冊はやっと読み終わりました!

今年、流行っている印象派! 興味のあった印象派の本
  『印象派の誕生 マネとモネ』吉川 節子:著
     印象派の誕生について、少し謎解き風に書いてあり、
     興味の糸が切れずに読むことができました。
     絵や写真が多いのも魅力です。
     事前に見てから、今開催中のマネ展に行くもよし。
     ポスト印象派展に行くもよし!
     展覧会、観た後からでも十分興味が掘り起こされます!
     オススメです!

日清戦争から、太平洋戦争までの歴史の流れが良く理解できなくて、
前々からの興味で。
  『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子:著
     歴史は、今生きる人は、どうしても残された記録から、
     正しい史実を探らなければいけないと思いますが、
     いま世の中では、近代史の方が記録が多いはずなのに
     正しい歴史はこうだった、と言うことが出来ていない気がして。
     読んだ結果、近代史があやふやな理由に納得。
     これは高校生への特別教室を開催した際の記録を書籍に
     したものです。
     文章もそういう書き方をしています。
     しかし、一気に読めました。
     おもしろい、と言って良いのか微妙な題材ですが、いい本です!

小説を読めていなかったので、一冊くらい読みたいなぁ、と。
それだけでこの本を買ってみました。
  『かたみ歌』朱川 湊人:著
     不思議なショートストーリーが、ある街を浮かび上がらせる。
     懐かしい昭和40年代の街が舞台。
     するする、っと読めてしまい、懐かしい、なんともいえない夕焼けの
     キレイだった頃を思い出しました。

7月に読んだ本は後ほど載せますね!

|

« 日本橋高島屋のアンモナイト | トップページ | もう書いても良いかなっと。 »

コメント

まだ たるさんの ブログに コメするようになって 間もないのですが やはり 私の 直観は 当たってたようですね。
きっと たるさんは 私と同じような 感性かなと 思ってました。この 本の 紹介を見て 確信しました。
近いうちに 好きな 本を 紹介したいと思ってましたが デリケ-トな題材なんで たるさんが 拒否するかもと 思ってました。
私は 小林よしのりが 大好きです。彼の エネルギ-を尊敬してます。そして 私に 日本人で或る事への 誇りを 持たせてくれました。私達の 世代は 日本が オ-ル左翼の 時代に 青春を 送った世代です。だから 自分の 生まれた国の 何たるかも 知らずに ハッピ-だったらいいやみたいに生きてきました。日本が どのようにして 今の近代国家に なったかは うわべでは 知ってますが 本質的に 知っている大人は そう 多くないと思います。
そんな願いを こめて 私の お薦めの 本を 紹介します。
「昭和天皇論」 幻冬舎 小林よしのり
もっと 早く 昭和天皇が 生存されてる時に 読みたかったです。
「天皇論」 小学館 小林よしのり
日本の 古代からの 天皇制と 今上天皇に ついて書かれてます。
この 二冊を 読んで頂ければ 入口に なってますので もっと 詳しく知りたくなったら 沢山出てますから 読んで見て下さい。
私は 彼の本から 沢山学びました。 そして 日本の 歴史に対して バランスよく 考える力が つきました。日本人に生まれて良かったと思ってます。
たるさんのように 頭のいい方に ぜひ 読んでもらいたいです。

投稿: グランマ | 2010年7月 3日 (土) 12時56分

グランマさん!
僕もちょっと安心しました。
この歴史の話は、人によって捉え方が違う為、
無難に進めたい場合は避けてしまう人が多いです。

でも、本当は皆が意識して、本当の歴史はどうだったのか。
そして敗戦国としてすべきコトは、どこで終わるのか、
明確にするべきだと思っています。

ああっ、正直に書いて良かった!

さて、小林よしのりさんの本は僕も読んでいます!
確か、「昭和天皇論」と、「挑戦的平和論」です。
(ただ、細かい文字全部は読めてないです。。。)

小林よしのりさんから教わった世の中の話は
沢山あります。
この人が本を描く使命は絶対にある!と思います。

でも、本の中に、よく
「○○の書物を見て、このように書かれている」と
あるのですが、
本来、学者でもない人が書いているものを、
本当にどこまで信じていいのかなぁ、と思いました。

そこで、加藤陽子さんの本にも出会いました。
そこには資料から判断した学者らしい言葉が多く、
すとん、と話を飲み込めました。

この本、オススメですよ!

さらに昨日読んだ本も2冊あるのですが、
面白かったので、後ほどアップしますね!

今年も皇居での一般参賀や靖国神社も行きました。
歴史とか知れば知るほど、日本は不思議な国だと
思います。面白いです!

投稿: たる。 | 2010年7月 3日 (土) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本橋高島屋のアンモナイト | トップページ | もう書いても良いかなっと。 »