« 11/6 天下布武の会 in 奈良・伊勢 | トップページ | 天下布武の会 2日目 なら公園(東大寺)です。 »

2009年11月 6日 (金)

天下布武の会 1日目 法隆寺です。

法隆寺です。

『法隆寺、歩き疲れて ドングリを蹴る』

1日目は、法隆寺です。

法隆寺駅から、ちょっと歩くのには距離があるのでタクシーで移動。
お昼に到着したので早速御飯にしました。

通りには食べるところは在るけど、観光客や修学旅行生を対象とした
でっかい店が多いです。

今回は、奈良名物の、『柿の葉寿司』(平宗)を食べました。
お弁当買って、観光案内所内で食べました。

でも、個人的には柿の葉の匂いがキツくて苦手です。
鯖寿司もあったので、そっちを食べればよかったかなぁ、と
思いましたが、名物を食べないと意味ないっすから。。。

さて、法隆寺の見学です。
法隆寺の境内は、大きく3箇所になります。
なので、チケットも1枚に3つ分ついています。

①西院伽藍内 (上記写真は中門正面のもの。)
  入り口の仁王象がカッコイイ中門
  その中に立つ、五重塔金堂
  その奥に薬師三尊などの仏像がある大講堂。

  法隆寺は、ユネスコの『世界文化遺産』に指定されています。
  世界一古い木造建築物らしいです。
  そのメインはココデス。

  一応、西暦600年くらいの頃のものです。

大宝蔵院
 中門の外を出て、左に曲がっていくと、神社のような色をした
 建物があります。
 中には回転式のドアがあり、、、、ということで、博物館です(笑)。
 
 この中に、玉虫厨子や、百済観音像など、有名なものが展示されていますが、
 他にも、ちょっと気になるもので、聖徳太子関連のものが沢山あります。
 しかし、これ、600年ごろのものだけじゃないんですよ。
 聖徳太子フィーバーは、鎌倉時代やその後でも多々発生していたらしく
 展示されているものは、いろんな時代のものが入り混じっています。
 観て歩くときは作成された時代を確認して整理しないと、
 洗脳されてしまう気がしました。(笑)

③東院伽藍内
 夢殿という、聖徳太子を供養する為の建物と、
 その中には、多くの観音像が収められています。
 中は入れないので、あちこちの扉から中を覗くように観ます。 

 +あと、別途、お金が掛かりますが、この裏に中宮寺があります。
   こちらは尼寺として飛鳥時代からあったようですが、
   歴史の中で、存在が弱くなったりしながら、存続していたそうです。
   そして、昭和43年に新本堂が建てられたそうで、、、
   建物自体は、古くなったホテルの様でもあり(っていうと失礼ですが)
   なんか有り難味が薄いようにも感じるのですが、
   ここには、有名な、観音菩薩像(国宝)があります。
   これは「世界の三つの微笑像」のひとつになっているそうです。
   これだけ観に来る人もいるので、押さえておいたほうがいいっすね!

この様にひととおり廻ったら、もう歩けません。。。
だって、自販機とか、無いんですよ。境内には。。。って、当たり前か。

そして、奈良駅に移動。
奈良公園内の旅館に行きました。(つづく)

  柿の葉寿司 平宗 http://www.kakinoha.co.jp/
  法隆寺 http://www.horyuji.or.jp/index.htm

|

« 11/6 天下布武の会 in 奈良・伊勢 | トップページ | 天下布武の会 2日目 なら公園(東大寺)です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天下布武の会 1日目 法隆寺です。:

« 11/6 天下布武の会 in 奈良・伊勢 | トップページ | 天下布武の会 2日目 なら公園(東大寺)です。 »