« 4/4 『フーバニア国異聞』を読む。 | トップページ | 4/9 『とある魔術の禁書目録』を読む。 »

2009年4月 9日 (木)

4/9 『花のれん』を読む。



山崎豊子さんの 『花のれん』を読みました。

『白い巨塔』や、『大地の子』など、テレビドラマでも有名ですよね。
ただ、重い話が多いのか、と本をとるのに慎重になっていました。

今回の『花のれん』は、ある大正時代から昭和にかけて生きた女性の物語です。
吉本興業の創設者がモデル、と言う話です。

話の展開は、朝の連ドラを見ている気分になるくらい、タッタカ、タッタカと
進んでいきます。
文章も難しい言い回しも少なく、素直に読めて面白かったです。

ただ、特別感動した事とか、は、無かったですけど。。。

読みやすかったので、
今度は白い巨塔とか華麗なる一族とか、読んでみます。

|

« 4/4 『フーバニア国異聞』を読む。 | トップページ | 4/9 『とある魔術の禁書目録』を読む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/9 『花のれん』を読む。:

« 4/4 『フーバニア国異聞』を読む。 | トップページ | 4/9 『とある魔術の禁書目録』を読む。 »