« ドゥダメルのCD! | トップページ | 4/9 『花のれん』を読む。 »

2009年4月 8日 (水)

4/4 『フーバニア国異聞』を読む。



この本は、すっごく探して買ったんですよ。
去年あたりに発売されていたのですが、ちょっと大き目の本なので、
見つけられなくって。

さて、感想。

突拍子さなどはまったくないのですが、不思議の国の魅力を作者は実に楽しそうに
考えている。
全てが想像なのだけど、その世界の生活が描かれていることで、
突拍子もないだけでなく、その不思議があって、人の生活が成り立っている感は、
不思議とリアル感があります。

現実の生物の方が、たぶん、よっぽどヘンテコでうそ臭いですね。(笑)

ちょっと脱線。。。
リアルな話ですが、マテガイという貝。
焼いて酒と醤油で味付るとめちゃくちゃ美味いんですが、
これ、採るときって砂浜でカニの巣のようなところに、塩を入れると、「ぴゅっ」って
飛び出してくる。
そんな採り方、ウソだと思われそうだけど、本当。

これに近いことが沢山書かれている。

話自体は、宮崎駿なんかと同じように、話としては普通。
同様に、それを、想像の世界と、登場人物で、膨らましている。

だからサラサラっと読めて、気持ちは満足感に包まれる。
そんなヒーリング本かもしれないです。

そうそう、NHKの『獣の奏者 エリン』と、すこし近い世界かも。
でも、エリンの方が話はかなりハードです。。。泣いたし。

http://www3.nhk.or.jp/anime/erin/

|

« ドゥダメルのCD! | トップページ | 4/9 『花のれん』を読む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/4 『フーバニア国異聞』を読む。:

« ドゥダメルのCD! | トップページ | 4/9 『花のれん』を読む。 »