« けんちゃんから。 | トップページ | らく~あ、で変なもの発見。 »

2009年3月20日 (金)

3/20 宮本文昭さんのオケ公演。 荒さんと競演です。


宮本文昭さんの東京交響楽団との公演です。

僕は、この人の奏でる音が好きだったのですが、
指揮者になっちゃったから、その『覚悟』を観たいと、行くことにしたのでした。

ロッシーニ「ウィリアム・テル序曲」
R・シュトゥラウス「オーボエ協奏曲」
チャイコフスキー「交響曲5番」
そしてアンコール
ハチャトゥリアン”仮面舞踏会”より「ワルツ」

演奏前に、宮本文昭さんがひとり会場に出てきます。
ま、マイク持って。。。(笑)

最初に曲の紹介です。
  「ウィリアム・テル序曲」はテレビの「ローンレンジャー」で使われてた曲です。
  「オーボエ協奏曲」は、オーボエの演奏は一度吹き始めると終わるまで
  吹きっぱなし。だから、決死の覚悟でステージに上がります。
  チャイコフスキー「交響曲5番」は、交響楽団自身がもう慣れたもので。
  これは指揮するほうが緊張しました。
  そして、アンコールなのですが、ちゃんと用意しているので帰らないでください。

だって。(笑)
そこまで言ってしまうのか。。。この人の喋りは気さくで楽しい!

さて、気になっていた演奏。

指揮の降りかたは、凄く情熱的です。
まさに『指揮台の上の炎』です。

あれは踊っているのだ、と思いました。ロックです!!!
演奏者が炎の周りを囲み、そして炎とシンクロして演奏している、
そんな感じがするほど、引き込まれる(だって、音とあっているから)

あれは、楽しいですね!
そして、オーボエの演奏のときもそうだったけど、
スタンス広い。なので、『体全体で音を吹き込む』といった感じ。
あのままの指揮をしています。

荒さんの演奏も、ドレスだったのでわからないけど、同じスタンス(笑)
息継ぎとかきつそうな曲でした。
アンコールで一曲聴きたかったけど、無かったです。。。

今回の指揮を観て、宮本文昭さんらしい、情熱的な振りで、個人的には満足です。
オーボエの演奏も聴きたいけど、これならば、仕方ないです。

でも、一点きになったのは、片手だけで指揮をしている時。
曲の演奏中なんだけど、片手がだら~ん、としている時があって(笑)。
あれは、ちとだらしない(笑)。。
忙しい指揮の時はないけど、気持ちが入っていると感じる分、もったいない部分かな。

今回の演奏は寝なかったよ!!!

演奏会後には、サイン会ありでした。
しかし、CDも本も売り切れ。ありえない、、、。

出来れば、ちゃんと言いたかったのに。。。
「以前は失礼しました」ってね。

今日のアンコール曲は「仮面舞踏会」より、「ワルツ」です。

|

« けんちゃんから。 | トップページ | らく~あ、で変なもの発見。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/20 宮本文昭さんのオケ公演。 荒さんと競演です。:

« けんちゃんから。 | トップページ | らく~あ、で変なもの発見。 »