« 今日の飲み。 | トップページ | 雑煮のはなし。 »

2009年1月 3日 (土)

やっと『魔王』を読み終えた。。。

伊坂幸太郎さんの作品『魔王』を読みました。
この本は、読み終えて解ったのですが、2作品を纏めているのですね。
話は「続きもの」のようで、そして、この2話では完結しません。
続きは昨年秋に刊行されているらしい。

内容は、『魔王』というタイトルで皆が感じるイメージとは、きっと違います。
普通の人が出てきて、そして自分の不思議な事に気づいて、
でもそれを普通の人の感覚で、なにかの答えをだそうとする。
そんな話です。

前回読んだ『アヒルと鴨のコインロッカー』でも感じたのだけど、
文章がとても読みやすいです。
例えが、絶妙にうまい作家であると思いました。
そして、各キャラクターが身近にいそうな、そしてちょっとしたクセを持つ、
そんな人で構成されている点。
これは、自分が他人を思い出すときと似ていて、そう、他人の真似をしたくなる、
そういう個性の付け方をしているところが、きっと親しみがあるところになっていると
思いました。

そして、話のきっかけは、一般的な普段からの発想で、
『あ、わかる。』と感じるし。
話のオチは、見事!とは思わないけど、
映像と音楽の美しさを含んでいる、そんな気がします。
たぶんその折りたたみ方、というのかな。その美しさが説得力になっていると
思います。
軽いオトシドコロを持った作品になっているので、
読んだ後味はなかなか良いです。

と、感想はココまで。

個人的には、川上弘美さんの『神様』という本がお気に入り。
そういう好みで書いた感想と思ってもらえれば。。。

|

« 今日の飲み。 | トップページ | 雑煮のはなし。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと『魔王』を読み終えた。。。:

« 今日の飲み。 | トップページ | 雑煮のはなし。 »