« 『アルゼンチンババア』を読んだ。 | トップページ | ゆうたろうさんとの約束!!! »

2008年12月17日 (水)

『涼宮ハルヒの憂鬱』を読んだ



いまさらでゴメンナサイ。。。読んでみました。
これも、2時間くらいで読めますね。

『涼宮ハルヒの憂鬱』。前に後輩と話していたら、ライトノベルの話が出て、
知ったかぶりで、『スズミヤなんとかの本とかだろ?』なんて言ってしまい、後悔。
イヤだって、知らないのにさ、話を盛り上げたいがために、嘘を言うなんて。。。

んで、一度読まねばと思って、買いに行ったんだけど、
いや、、、恥ずかしい。。。
これならエロ本10冊買って帰るほうが、全然楽(泣)
オヤジですから(笑)

何度か本屋で手にとっては返し、を繰り返し、先日、夜勤明けの
「どうでもいい」感を勇気にして買いました。

読んだ感想は、最初はイタイ本だと思ってたんだけど、
普通の人でも結構読める本だと思いました。
確かに、所々、イタさがあるんだけど、それが軽く書かれていて。
確かにアニメ好きな人向けだと思うけど、
話のもって行き方が、普通に予測を裏切らない点と、裏切る点が絶妙で、
ささっと読んで、次が読みたくなる、というそんな感じ。

これは、アニメとかにしたいと思うだろうなぁ、と感じました。

前に、しょこたんのライブに行ったとき、会場のみんなが踊りだして、
「な、何事っ!!!!」と、会場見ながら騒いでしまった事があって。
あとでそれが「ハルヒダンス」というものだと教えてもらって。

今回の話から、このダンスに繋がるものが、まださっぱり解らないんだけど、
もう少しだけ、そのぬかるみに足を入れてもいいかな、っと思いました(笑)

|

« 『アルゼンチンババア』を読んだ。 | トップページ | ゆうたろうさんとの約束!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『涼宮ハルヒの憂鬱』を読んだ:

« 『アルゼンチンババア』を読んだ。 | トップページ | ゆうたろうさんとの約束!!! »