« 天下布武の会 ’09 IN 越前④ 11/17(日) | トップページ | 新橋から、汐留まで歩く。。。 »

2008年11月23日 (日)

11/23 上野で、、、藤田嗣治(つぐはる)の展覧会

上野でフェルメール巡礼の旅を行なおうとしていました。
現状37作品しか確認されておらず、これから増えるか、もしかしたら減るかも、
と言われています。
なので、この37作品をすべて見ることを目標にしている人がけっこういるそうです。

なので、自分もコレを目標にしてみようかと。
既に数点、観ているのですが、1冊最近発売された文庫が37点写真つきで
700円くらいで売られていたので買ってきました。
これにチェックを入れていくつもりです。今回7点の作品があります!
おおっ、一気に!
ある意味、大人のポケモンか(笑) ゲットだぜっ!!

が、お昼に言ったら90分待ち。都美術館までいったら、外にまで列できてる、、、、
アホか??? 
やめた!!!今日はやめっ!!! 

そこで、上野の森美術館で開催中の、『レオナール・フジタ』展に行きました。
http://leonardfoujita.jp/

レオナール・フジタ、こと、藤田嗣治(つぐはる)は、
明治時代から昭和を生き抜いた芸術家です。
フランス国籍を取得して、日本に戻らず、キリスト教へ改宗し、
自分の設計した教会に埋葬されています。
フランス国籍をとったときに、尊敬する『レオナルド・ダ・ヴィンチ』から、
レオナールとつけます。

さて、自分はこの人の絵が好き、と言うわけではないのですが、
明治の絵描きについて知りたい、と興味があったので、
ついつい。。。(弟は嫌な顔してましたけど。。。)

江戸時代から、明治時代、芸術を志した人たちは、新しい芸術を知ってしまった。
そして、そのことによる居心地の悪さにうんざりし、行動を起こした人たちがいた。
何が正しい、正しくない、なんてなくて、だた行いたいことを行なった。
そういう、ある意味貪欲であったから、結果を残し、生きてこれた。

そういう人たちの心と頭の中を探りたいっ! とね。

最近、柴錬(シバレン)こと、柴田錬三郎の『坂の上の雲』を読んでいるから、
明治時代のことが特に凄く興味あります。
(1冊読みきれば次が読みたくなる本ですね。ウンチクが多いからチト大変。)

NHKでも放送してた、ロシア艦隊を破った、丁字戦法の秋山と、その兄、と、
同郷の同期であった、正岡子規の話ですね。
来年、NHKでドラマになるそうですね。。。

と言う事で、野球、という言葉を生み出した、正岡子規の石碑。
上野には、正岡子規記念球場があります。
ここで野球してたらしいです。

|

« 天下布武の会 ’09 IN 越前④ 11/17(日) | トップページ | 新橋から、汐留まで歩く。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/23 上野で、、、藤田嗣治(つぐはる)の展覧会:

« 天下布武の会 ’09 IN 越前④ 11/17(日) | トップページ | 新橋から、汐留まで歩く。。。 »