« 10/24 ホワイトスネイクとデフ・レパード at 武道館 | トップページ | 思い出話。。。 »

2008年10月27日 (月)

感謝は、謝りを感じる、と書く

朝、とてつもなく弱いです。
友達と今度、「天下布武の会」の旅行に行きますが、
そのときも朝はずーっと、ぼ~っとしています。
血圧が多分低い、そして薄い。

なので、起きてもすぐ横になって寝てしまう。
布団からでたまま、その場で寝てしまう。。。

なので、風邪引きます。
土曜日はそれで、1日中寝てました。。。なさけない。。。
しかし、薬飲んで、今日は結構体調よく、お寺さんの十日法要に
行ってきました。

いつも、どこかの先生が来てくれていろんな話を聞かせてくれるのですが、
今回は死を看取る仕事、というのかな。
浄土真宗の方が仏教系の病院でケアをする仕事をしていたそうで、
そのときの経験を話してくれました。
うちのお寺さんは、浄土宗なのですが、浄土真宗の方が講師に来ている。
なかなか面白い。

さて興味深い話のひとつに、こんな話がありました。
「感謝は、謝りを感じる、と書く。
 謝るという反省の気持ちが無ければ、感謝は生まれない。」

う~ん。。。重い。
そうかもしれない。

そして、徒然草の話。
友として持つならば、体の丈夫な病気を知らぬ人は持たぬ方が良い。
という話があるそうで、
それは、病を知らなければ、人を思い遣る心をしらない、と言う意味で、
友として適切ではない、といっているそう。

これもまた、重い。

そうなんだよね。
同じように気持ちが通わなければ、楽しくない。
同じ思いを持たなくちゃ、幸せになれないよね。

体調を悪くしている人がして欲しいことは、近くにいてくれること。なのだそう。
寝ていても、起きたとき、近くにいてくれるだけで幸せになるそう。
見舞いでも、寝ているから帰る、ではなくて、それでも居て欲しいのだそう。
ああ、多くを反省。。。

他に死を前にして、自然な覚悟から、受け入れていく人の言葉を
沢山のスライドショーでみせてくれました。

いろいろ、思い知ることが多かった。。。

人は生まれ、そして死んでいく。
それは親から、いや、親の前、先祖からずっと繰り返されてきた事。
その流れは誰もが同じで。
僕も同じようにそうなっていく。

先祖が持っていたものや、昔の人が行なってきた事が、
今の自分たちに与えられている。
これって、結構すごくて、そして大切な事。

人間はきっと、自分じゃ解らない答えを未来に持っていて。
それは、自分が死んで、未来に自分の子孫ではないかもしれないけれど、
未来の人類が、きっと答えを見つけるんだよね。

多くの人たちが残した言葉が、いま、自分に伝わった。
そのままの形ではなく、僕は何かの形で残そうとしている。
ひとつはこのブログ。
これを読んだ人がいたら、また何かしらを残していくはず。

人が生きていく、ってこういうことなんだろうね。

自分の人生で答えを出すな。
自分の人生だけで、何かを語るな。
人は、多くの人と多くの時間を掛けて答えを築く。
自分はその一部なのだ。

なんてね。考えたりしました。ははは、自分らしい(笑)

|

« 10/24 ホワイトスネイクとデフ・レパード at 武道館 | トップページ | 思い出話。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感謝は、謝りを感じる、と書く:

« 10/24 ホワイトスネイクとデフ・レパード at 武道館 | トップページ | 思い出話。。。 »