« 渋谷 ロゴスキー はロシア料理です。 | トップページ | ベトナム料理の『フォーベト レストラン』 です。 »

2008年9月21日 (日)

9/21 劇団ZAPPAの舞台『花 hana』


劇団ZAPPAの舞台『花 hana』を観てきました。

この劇団は、幕末エンターティメント、と歌うとおり、
新撰組などの歴史上の話を軸に、ひとつの話をかなりドラマチックに
作り上げます!

キャラメルボックスとか好きな人は、結構ハマリそう。

殺陣もかなり見せてくれるし、役者の演技も熱があって。
ちゃんと、オチもある。(キャラメルっぽいですよね。)

違いはキャラクターの味ですね。出演者の味がちがう。
多分、観に来てリピータになっている人は出演者の味に嵌るのだと思う。

今回の話は、幕末に『赤報隊』の話。相良総三の話です。

上演時間 2時間15分(休憩なし)
池袋: 東京芸術劇場 小ホール1 9/18~9/28まで

詳しくは、劇団ZAPPAのHP http://zappa-zappa.com/ にて

以下、『赤報隊』の話など。。。

さて、幕末に『赤報隊』の相良総三の話ですが、

大政奉還により、幕府は政権を朝廷に返上します。

幕府、というのは、もともと、朝廷の命で出兵した武士が陣地に幕を張り、
遠くにいる朝廷の代わりに指揮をとったものです。
(なんで、朝廷と幕府という2つの王(?)が出来たのか、は、
 日本人特有の感覚、『穢れ』が原因だと、先日ココで紹介した歴史の本に
 書かれてまして、オススメです)

なので、あくまでも朝廷の代理なので、返しちゃった、というのが大政奉還ですが、
このことで、西郷たちは幕府を倒すことが出来なくなってしまいました。

そこで、江戸幕府から喧嘩を売られれば、こちらとしても理由となる、と、
江戸の町で、浪士たちが暴れまわり、とうとう幕府は、薩摩藩邸を
焼き討ちにします。

この浪人たちを率いていたのが、相良総三で、
西郷の命を受け、官軍の先方隊として、進軍します。

「年貢米を半分にする」と朝廷から約束を取り付け、それを旗印に、
行く先々の農村で説明して廻ります。

しかし、そのことが新政府軍にとって、邪魔な存在になってしまうのです。

このあたりの話は、自分はよく知らなかったのですが、
弟がいうには、本当の話で、『るろうに剣心』でも出て来るそうで。。。

また、無料で配られるパンフレットにも書かれています。
ついたら事前に良く読んでおくと良いかもです。

歴史は変えられないけど、いろいろな事実の裏にあっただろう、
人の想いは、今の世とかわらずにきっとあるはずで。
この劇団の舞台は、その人の想いがたくさん漲っているから。
役者さんの演技にすっかり、のめり込んでしまうのです。

観にいける方はぜひぜひ、浸ってきてください。

なお、今日の一枚は大好きな、『シンプルプラン』のTシャツでした!(笑)

|

« 渋谷 ロゴスキー はロシア料理です。 | トップページ | ベトナム料理の『フォーベト レストラン』 です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/21 劇団ZAPPAの舞台『花 hana』:

« 渋谷 ロゴスキー はロシア料理です。 | トップページ | ベトナム料理の『フォーベト レストラン』 です。 »