« 今日 | トップページ | アントニオ猪木酒場です。 »

2008年7月 6日 (日)

7/6 昇天家族の『笑天家族』

昇天家族の舞台、『笑天家族』を観て来ました。

演劇は、しばらく我慢、と言いながら、水戸のミンさんのお知り合いの方が
出演されるとのことで、東京なので、行かないか、と誘われたのです。

今回はお笑い、と言う事でしたが、会場前にはスゴイ列ができてました。

シアター・グリーンで、こんなに人が集まっているのは初めて見ました。
まぁ、ここはまだ3回程度だけど。(笑)

ミンさんはブログで坂倉由里子さんと知り合ったそうですが、
同じ茨城が地元、と言う事で、応援したいなぁ、という気持ちの様です。
なんせ、水戸の地元の方たちには、演劇に行く事は知れ渡っているようで、
この不思議な縁を大切にして、皆で楽しみたいそうです。

いいですな。。。

さて、舞台の感想です。

最初に前フリで、「笑いが沢山あるから、笑いの練習をしましょう」とか、
するものだから、完全に笑いオンリーの劇だと思ったら、騙された。

水戸黄門のような作品、というのが正しい。かな。

出演者の方の演技力はすごいです。
気迫と、その間は、絶妙。
劇団ZAPPAを思い出してしまうくらい、勢いがある。

しかし、笑いはムズカシイ。。。

「ありえないだろ? それ?」 っていう笑いが欲しかった。
設定で笑わせる、期待感を膨らませる事が出来たかな、と思ったり。

設定があると、そのルールの中で役者は自由に出来るけど、
設定に自由度があると、逆に自由に成れなかったりしないかなぁ、と
思ったりします。

はい。では、統合的な面白さは、何点か?80点です。
辛口です。

いや、飲み込まれて2時間がすぐに経ってしまったのはホント。
次回も観てみたいと思いましたもの。


出演者の方のココの感想は、先の感想に重なるので書きませんが、
皆、絶妙に良かったですね。

あ、でも坂倉由里子さんのだけ書くと、
色気と飲んでいる男との間の作りかたは、
鴨との絶妙な線引きが出来ていて良かったです。
あれをどのような意識で行なっていたのかわかりませんが、
遊郭の女将ならば、あのようにあしらうだろう、と思えたもの。
シャンとして、色気アリな感じは、ミンさん共々メロメロです。(笑)

今回、ミンさん、花を買って持って行きました。
演劇は何度も観にいくけど、花なんて自分ももって行った事ないから、
自分の事でないのに、かなりドキドキしてしまった。

坂倉由里子さんは、ビルの外に出る入り口近くに立っていて、
ミンさんは、さっと寄って話しかけて花と、水戸から大事に持ってきた、
MOGUMOGUのお菓子を渡していました。

そしたら、手に持っていた袋から、チロルチョコを2個ずつ、
弟にも自分にもくれました。
写りが悪いけど、坂倉由里子さんの写真が印刷されてます!!!



なんか嬉しくて。
渡すか迷っていた抹茶のお菓子を渡しました。
自分まで渡すのどうかなぁ、と考えて控えていたんですが、つい。

美味しいから喜んでもらえるといいな。

ミンさん、お誘い有難う御座いました!
また、宜しくです!!!

|

« 今日 | トップページ | アントニオ猪木酒場です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/6 昇天家族の『笑天家族』:

« 今日 | トップページ | アントニオ猪木酒場です。 »