« やばい!どうする俺! | トップページ | 加藤さんの »

2008年5月21日 (水)

5/21 第10回記念別府アルゲリッチ音楽祭2008

と、言っても別府に行ったわけではない。
東京、四谷の紀尾井ホールでコンサートがあったのでした。

最初は、先行予約で取れなかったんだけど、ある日見てみたら売っていました。
そういうのがあるんだよね。。。

だから、いつものように弟と行きました。
(ミンさん、ごめんなさい!)

今日は、入り口にテレビカメラがあって撮影しています。
DVDとかになるのかなぁ、と最初思ってたんだけど、
中の通路にはガードマンが沢山います。
角には必ずいて、イヤホンしながら話しています。

な、なんだ?誰がくるんだ???
これは後でわかりました。。。

------
さて、アルゲリッチ。音楽祭を別府で行なうようになったのは、
別府にすむピアニストのお友達の方にコンサートをしてほしい、と
いう気持ちからだそうです。(パンフに書いてあった。)
なので、アルゲリッチ本人が望んで行なってくれているみたい。

今回のコンサートで不安な点が幾つかありました。
今回の演奏曲は、全然聴けてないこと。
そして、昼過ぎまで具合悪くて寝込んでいたこと。
夕方には元気になったので、来たのですがやっぱ目が廻って(笑)

ね、寝なければ良いです。寝言言わなければ(笑)
さて、1曲目。
最初のヴァイオリン・ソナタを演奏した樫本大進さん、かなり気合入った演奏で、
気に入りました。音に表情があると言うとそれっぽい評論になるかな(笑)。
今度是非聴きに行きたい!兄貴と呼びたいっ!!!
ピアノのネルソン・ゲルナーさんは淡々と弾いてたなぁ。。。

2曲目、無伴奏チェロ組曲はきいたことのある曲でしたけど。
チェロのミッシャ・マイスキーさんは、きれいな音出してた。
あんな演奏の方法、音の出し方があるんだなぁ、と感動しました。
以前、チェコ・フィルでガッカリ、があったので、この音には感動です。

3曲目。アルゲリッチさんの登場です!
白髪ですが、年齢の割にはキレイです。
というか、人に対する気遣いが、観客席からも良く解る。。。
演奏始まる前に気に入っちゃった。

ラフマニノフ、はピアノを2台向き合わせて弾き始めました。
どっちがどっちの音を鳴らしているのかさっぱり解らないです。。。
2会席の人もみんな覗き込んでたなぁ。
そして休憩です。

------
休憩中、やっぱり警備の人、沢山います。菊のバッチつけてます。
「どこの団体だよ!!!!」と、ヒトリゴト。

『偉い奴・威張った奴』嫌いなので、ぶつぶつ文句言ってました。
自分たちは簡単にチケット取れなくても、そういう奴は取れるんだよなぁ、、とか。

そして、休憩後、2階席にカメラが入って撮影し始めました。
観客席を、、、です。
だれ?って2階の一番前をみたら、、、「美智子さま」でした。(笑)
皇后です!

そりゃ、警備沢山にしなくちゃね。(笑)
そりゃ、菊の紋章だよね。(笑)

きれいな方でした。日本人の自慢です!

------
さて、休憩が明けて、4曲目。
桐朋学園オーケストラです。ヴァイオリンの女の子でキレイな子がいて、
まさに、「真っ赤なルビー」、で、笑っちゃいました。
キレイな子とカッコイイ子が多くてなかなか、要チェックっす。

あ、肝心の演奏ですが、すっごく良かったです。
短かったけど、あんなに良い音出すんだなぁ、学生でも。と、感動。
もっと、いろんな学生や団体の演奏も聴いてみたい、という気持ちになりました。
実際、7曲のうち、実は一番感動していて、「ブラボー」言いたかったくらい。
でも、曲の終わりと、挨拶のタイミングとかも、なんかギコチなくて(笑)
言いそびれちゃった。。。

5曲目は、桐朋学園オーケストラに、兄貴こと樫本大進さん、そして、
着物のようなきれいな服で登場!川本嘉子さん。
金管楽器も3人?加わり演奏です。

樫本さんが、みんなの指示、纏めをしていたようで、さすが兄貴!
川本さん、演奏は安定していて気持ちよかったです。が、
それよりもキレイな着物が気になって。。。そのことばっかり考えてた(笑)

そして6曲目。アンコールの7曲目と、
ミッシャ・マイスキーさんとアルゲリッチさんの演奏です。
このチェロの演奏はスゴイ。本人の呼吸が会場に聞こえてきてましたね。
それよりも、あんなに叩くようなボーイングでも、オトがキレイなのって、どういうこと?
そのオトに併せるピアノ。この併せ方は、気遣いの極致!だと思いました。
完全に、アルゲリッチが併せている感じ。
アルゲリッチ、カッコイイ!

う~ん、アルゲリッチ、本人の燃えるような演奏を聴いてみたい。
今回は出来る事の一部を魅せて貰った、そんな気がしました。
ひと目会うことが出来てよかった、という満足と、
こんな満たされない気持ちが残って、複雑な感じです。

---------------------------------
5/21 第10回記念別府アルゲリッチ音楽祭2008
紀尾井ホール(東京・四谷)
18:00開場
18:30~19:15
1、シューマン ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ短調 OP.105
    ヴァイオリン:樫本大進
    ピアノ:ネルソン・ゲルナー
2、J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲より 第1番 ト長調 BWV1007
    チェロ:ミッシャ・マイスキー
3、ラフマニノフ 交響的舞曲 OP.45 ~2台のピアノのための~
    ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
    ピアノ:ネルソン・ゲルナー
------
休憩15分
------
20:05~21:10
4、武満 徹  弦楽オーケストラのための3つの映画音楽 より 「ワルツ」
    桐朋学園オーケストラ
5、モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調  K.364(320d) より 第2楽章 アンダンテ
    ヴァイオリン:樫本大進
    ヴィオラ:川本嘉子
    桐朋学園オーケストラ
6、グリーグ  チェロ・ソナタ イ短調 OP.36
    チェロ:ミッシャ・マイスキー
    ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
アンコール
7、ショパン:「チェロソナタ」より、第3楽章

------

パンフレット 1部     1,000円
Tシャツ(S,M,L,XL) 2,500円
トートバック                          ?円
絵葉書                            500円
写真集                        3,000円(サインつきらしい、が。。。)

|

« やばい!どうする俺! | トップページ | 加藤さんの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/21 第10回記念別府アルゲリッチ音楽祭2008:

« やばい!どうする俺! | トップページ | 加藤さんの »