« 書くことない。 | トップページ | 弟の夢 »

2008年4月18日 (金)

西洋と日本の美術がわかる本

「西洋と日本の美術がわかる本」最近読んでいる1冊です。
これ、美術史の流れがわかって面白いです。

なぜ、あのころの絵はこういう絵がおおいのか。

そんな話題で構成されていて、流行り、廃りの流れがわかります。
西洋の歴史もなんとなく見えてくる感じで良いです。

もうちっと読んで、それから美術館廻りしてみたい。

|

« 書くことない。 | トップページ | 弟の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西洋と日本の美術がわかる本:

« 書くことない。 | トップページ | 弟の夢 »