« クラウザーさんがっ! | トップページ | 高田純次さんのサイン会 »

2007年11月27日 (火)

チェコフィル

今日も、日曜日に続いてチェコ・フィルです。
オール・ドヴォルザークです。

チェコ組曲のポルカ
チェロ協奏曲

そして、新世界です。

指揮者のマカルは、のだめのドラマにも出ており、
そこで流れていたのが、ポルカ。
これは、きっと来日記念サービスなんでしょうね。
そして堤さんのチェロとの協奏曲です。
チェロ・アンコールは、カザルスの鳥の歌。

そして20分の休憩。

その後、新世界より。
そしてアンコールは、スラブ舞曲集 15番。
これ横浜のときと同じ。。。

チェコフィル
さて、感想。
ポルカはなんかまとまりが悪い感じに聞こえました。
音は良いのですが、美しさがないというか。。。
そう、活け花で、空間が出来ていない感じ。
活け花やっているのに、フラワーデザインになった感じですかね。
キレイだけど、彩りであって、空間芸術になっていないと言う感じ。。。

チェロ協奏曲も、なんか、つらかった。

横浜のときは気合入ってたように聴こえたけどなぁ。。。

新世界より、は、結構良くなってましたけど、なんかちとペース早いような。。。
やっぱり、間の空け方がなじめない感じでした。

本当に音のなり方はすごいと思いました。
弦楽器もすごいけど、他、クラリネットとか木管、ホルンなど金管、
ティンパニーもトライアングルもシンバルも凄かった。
なのに、なぜか乗れない。。。

そして、雑音の多いこと。。。企業の招待客が居たみたいだからなぁ。
演奏中に喋ったり。
時計のアラームなるし。。。

招待客が多い公演は、クラッシックにしても、ロックにしても、盛り上がらないかも。
(クラプトンのライブ、ひどかったもの)

指揮者のマカルさん、振り方はやっぱり表現が伝わりやすい。
だから、見ていて面白いんだけど、
実際、演奏する方はどうなんだろう。。。

動きが多いんだけど、それって細かな指揮になりにくいかも、と思ってしまった。

ちと、今回は不満。。。
マーラーの翌日だから、疲れが出たのかなぁ。
中華屋行って、みんなでチャーハン頼んだときのような失敗があったのでは、
とかんぐってしまう。。。
(チャーハンは人数分纏めて作るので、多くなると、湿気の多いチャーハンになる)

終わったあとのサイン会。
楽屋口に並んでもらったんだけど、なんせ列が進まない。。。
「マカル氏はこのあと予定があるから」と、
握手や写真撮影、ダメ。ひとり1つだけ。と制限されているのに、なぜ?
とおもったら、本人が、関係者とめっちゃくちゃ話しながらサインしていた為でした。
笑い取ることに夢中で、遅れる遅れる(笑)

指揮の振り方も、性格だなっ。

しかし、自分だけなのかな。。。こんな風に思ってしまったのは。
日曜日の時は、音が纏まるとこんなにも厚みのある音になるのか、と、
驚いたから。
ティンパニーとかマジ、スゴイ。あんな音の出し方するのか、という、
静かなのに激しい、そして的確に曲の中にある。
そう思った。
今回も音は同じくらいすごいのに。

なんか、こんな感想書いてるの、自分だけみたいです。
が、本音で書かないと。
。。。まだまだ、クラッシック勉強中ですので、素人意見ですみません。

|

« クラウザーさんがっ! | トップページ | 高田純次さんのサイン会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェコフィル:

« クラウザーさんがっ! | トップページ | 高田純次さんのサイン会 »