« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

かおのたいそう

かおのたいそう
たまにヘンナカオしないと人と会うと次の日顔が筋肉痛です。
既に力みすぎでクラクラする。
こんな夜中に。。。
寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

新宿です。

かわいい。。。

新宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田純次さんのサイン会

高田純次さんのサイン会
間に合いました。

サインだけ。
なにを歌ったのか、とか、イベントの内容しりません。
黙々と書いている高田さんしか見えません。
だってついたら19時すぎ。
サインが長蛇の列で、助かりました。結局1時間近くやっていましたからね。

今回のイベントは本とCDを買った人200人にサイン、と言う話で。

本か、色紙に! と言われていましたが、CDでも良いですか?
といったらやってくれました。が、、、

貰ったサイン、見直すと、高田、、、と読めない。。。
書くところが小さかったからか?、、、適当だからか?

いや、疲れだな完全に(笑)
すごく真面目そうな方でした。
そして握手がやさしい。

奥さんにやさしそうだよね。



弟が最後に飛び込むようにやってきて、サインもらえました。
一番最後でした!

お互い走っていった甲斐がありました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

チェコフィル

今日も、日曜日に続いてチェコ・フィルです。
オール・ドヴォルザークです。

チェコ組曲のポルカ
チェロ協奏曲

そして、新世界です。

指揮者のマカルは、のだめのドラマにも出ており、
そこで流れていたのが、ポルカ。
これは、きっと来日記念サービスなんでしょうね。
そして堤さんのチェロとの協奏曲です。
チェロ・アンコールは、カザルスの鳥の歌。

そして20分の休憩。

その後、新世界より。
そしてアンコールは、スラブ舞曲集 15番。
これ横浜のときと同じ。。。

チェコフィル
さて、感想。
ポルカはなんかまとまりが悪い感じに聞こえました。
音は良いのですが、美しさがないというか。。。
そう、活け花で、空間が出来ていない感じ。
活け花やっているのに、フラワーデザインになった感じですかね。
キレイだけど、彩りであって、空間芸術になっていないと言う感じ。。。

チェロ協奏曲も、なんか、つらかった。

横浜のときは気合入ってたように聴こえたけどなぁ。。。

新世界より、は、結構良くなってましたけど、なんかちとペース早いような。。。
やっぱり、間の空け方がなじめない感じでした。

本当に音のなり方はすごいと思いました。
弦楽器もすごいけど、他、クラリネットとか木管、ホルンなど金管、
ティンパニーもトライアングルもシンバルも凄かった。
なのに、なぜか乗れない。。。

そして、雑音の多いこと。。。企業の招待客が居たみたいだからなぁ。
演奏中に喋ったり。
時計のアラームなるし。。。

招待客が多い公演は、クラッシックにしても、ロックにしても、盛り上がらないかも。
(クラプトンのライブ、ひどかったもの)

指揮者のマカルさん、振り方はやっぱり表現が伝わりやすい。
だから、見ていて面白いんだけど、
実際、演奏する方はどうなんだろう。。。

動きが多いんだけど、それって細かな指揮になりにくいかも、と思ってしまった。

ちと、今回は不満。。。
マーラーの翌日だから、疲れが出たのかなぁ。
中華屋行って、みんなでチャーハン頼んだときのような失敗があったのでは、
とかんぐってしまう。。。
(チャーハンは人数分纏めて作るので、多くなると、湿気の多いチャーハンになる)

終わったあとのサイン会。
楽屋口に並んでもらったんだけど、なんせ列が進まない。。。
「マカル氏はこのあと予定があるから」と、
握手や写真撮影、ダメ。ひとり1つだけ。と制限されているのに、なぜ?
とおもったら、本人が、関係者とめっちゃくちゃ話しながらサインしていた為でした。
笑い取ることに夢中で、遅れる遅れる(笑)

指揮の振り方も、性格だなっ。

しかし、自分だけなのかな。。。こんな風に思ってしまったのは。
日曜日の時は、音が纏まるとこんなにも厚みのある音になるのか、と、
驚いたから。
ティンパニーとかマジ、スゴイ。あんな音の出し方するのか、という、
静かなのに激しい、そして的確に曲の中にある。
そう思った。
今回も音は同じくらいすごいのに。

なんか、こんな感想書いてるの、自分だけみたいです。
が、本音で書かないと。
。。。まだまだ、クラッシック勉強中ですので、素人意見ですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

クラウザーさんがっ!

クラウザーさんがっ!
映画化です。
それも実写。
デスノートのL 。が主役です。有り得ない。
メスブタ!、言うんですか?
有り得ない。
公然猥褻カット?
有り得ない!
しかし、楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカルはミッキーマウスです。

チェコフィルの公演に行きました。
指揮者のマカルはのだめでも出演してました。
初めてみましたが、凄く解りやすい指揮なのだと素人目にもわかりました。
誰の指揮に似ているか、と考えるとミッキーマウスしか有り得ません。
どんな音を求めているのか分かるくらい踊ってるように見えました。
アンコールは、スラブ舞曲15番です。
明日、マーラーは行きませんが、火曜のオール、ドボルザークは行ってきます!年休とっちゃった!

今日は携帯から更新です。横浜からの帰りなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

ゆうたろうさんのサイン会に行きました。

ゆうたろうさんのサイン会に行きました。

なんか写真撮り放題だったので、一応携帯で。。。
性能が悪すぎてこんな感じに。
でも歌っている姿はデジカメで取れました!



今日は14時からのイベントで、10分くらい遅れて到着。
そしたらすでに石原裕次郎の格好での登場を済ませた後で。
到着したときに「では、もうひとりのゆうたろうさんの登場です」
と紹介されて出てきてくれました。(それがこの写真。)

このあと一曲ひとりで「恋のセレナーデ」を歌ってくれました。

甘い大人の歌謡。
こんな風に優しく歌えるのはゆうたろうさんしか居ない! と思えました。

そのあと、じつはデュエットしているので、、、とミエさんも登場。
韓国の方で、きれいな大人なひと。
この二人で「涙のナイトイン大阪」を歌ってくれました。
そしてもう一度、デュエットでの「恋のセレナーデ」です。

少し歌を間違えてしまったところがありましたが、ゆうたろうさんが、
優しくフォロー。
あの甘い感じが昭和レトロムード歌謡界をこれから作り上げると、
思いました!

そのあとサイン会がありましたが、あまり人数は居りませんでした。
お昼時。歌謡曲では、新宿HMVは弱いです。
秋葉原石丸とかでやったら凄かったのに。。。
個人的には人数少なくて嬉しかったですけど。

ゆうたろうさんにサイン貰うとき、「本当に大好きで!カッコイイですよ!」と
本気で言いました。
そしたら、「え、どこが好きなの?」
「その雰囲気が大好きです!」
「そうか、応援宜しく頼むぜ!」
こんな会話の後、あつい握手です!!

もう感動です!!

そして、CD何枚も買ってサイン貰っている人が居たのでもう一回、
CD2枚かって並びました。

そしたら、「お、キミは。また買ってくれたのか。」
お、覚えてくれている!(まぁ、ちょっと前だったからね。)

「今日、本当は弟も来る予定で。でも仕事でこれなかったので。
 あと、友達のも1枚。」
と言ったら、「よし、君の名前は?」
「○○○○はじめ です。」
といったら、「じゃぁ、Dear Hajime って書いてあげる。」だって!!!
んで、これっ!(CDです。)



ぅおおおっ!!!!  嬉しいっ!
ライブとかやったら行きます!!!! と叫んじゃいました。

そしてサイン会が終わるとき。
「今日はこういったイベントに来て良かった。」
と言ってくれて。

そして、「あ、ハジメ、僕のファンだっていうからこのポスターにサインしてあげて」
と、ステージで名指しですよ!!!

ま、まじっすか???
嬉しすぎっ!!!

そして貰ったのがこのポスター!!!!(ワイングラス&似顔絵つき)

ゆうたろう、かっこいい!

家に帰った後、弟にも説明して家宝になりました!
絶対ライブ行くっ!!!

ゆうたろうさんは、いい大人の魅力満載です。
歌、役者など、多方面でこれから活躍できる人だと思っています。
内面のさっぱりしたところ、本当の裕次郎と似ていると思うし、
ちがった良さが今、人気に火をつける素材だと思う。

こういう人が人気でて来ないとしたら、世の中を許さない!
ずっと応援する!!!

ここで少しだけ視聴可能です。(冬のソナタっぽくない?)
http://mysound.jp/music/detail/tYT6I/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

航空公園、ギドン・クレーメル&クリスチャン・ツィメルマン2

今日は所沢にある、航空公園駅から徒歩10分。
所沢市民文化センター ミューズ アークホールに行きました。
先日聴いたギドン・クレーメル&クリスチャン・ツィメルマンの
演奏を再度聴きにいったのでした。

航空公園は、所沢が日本で最初に飛行機が飛んだところ、ということで、
作られた公園で飛行機が駅前に置かれていました。(写真)
航空公園


そこから10分ほど歩くと会場につきます。

今日の演奏曲目は以下のとおり。

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番「雨の歌」
(休憩20分)
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番

アンコールは、フランクのヴァイオリン・ソナタ 第3楽章、第4楽章です。

アンコールの曲は、どの人もそうなんだけど、すっごく気持ちいい演奏をする。
先日聴いた曲なのに、今回の方が艶がある。

全体的な感想は、すばらしい、としか言えない。
変に面白い演奏はしないけど、情熱的ではありました。
ギドン・クレーメルのヴァイオリンは、どの曲も始まりは静かにはじまり、
音量小さくないか?と思うほど。
しかし、徐々にドラマチックな波のある演奏になっていきます。
クリスチャン・ツィメルマンのピアノは、クレーメルの演奏と寄り添うように、
合わさっていきます。
クレーメルは、気持ちよく弾けてたんじゃないかなぁ。。。

いやはや、この二人。また聴きに行きたいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

ナタリー・デセイのコンサート

ナタリー・デセイのコンサートに行きました。

ソプラノで歌うだけでなく、もともと役者志望、ということで、
魂がこもった表現の出来る方のようです。
詳細はこちら。
http://www.japanarts.co.jp/html/2007/vocal/natalie/index.htm



演奏曲目が変わりました。

感想は少しだけ。後で書きますけど。。。
声は、誰もがすばらしい、というに決まっている。
こんなにも気持ちのよいソプラノは、初めてです。

そして背丈も小さい方で、なんだか性格も可愛らしく見えました。
アンコールで2曲やってくれましたけど、1曲目では、1番が終わったとき、
観客席から拍手が起こりそうなのを、指揮者が後ろ向きに手の平をみせて、
まった! の姿勢。
その横で、デセイがVサイン。 
2番目があるよ!と腰をしゃがめてニコっと笑ってしてくれた。
細かなしぐさがかわいい人。
人を喜ばせるのが好きな人なのだと、解りました。

DVD買って帰ったのだけど、これ、面白かった。
オペラって、こんなにも魅せるものなんですね。
19:00~19:40
20分休憩
20:00~21:00(アンコール含む)

サイン会はなし。パンフ 500円(売り切れてました。)

グラス・ハーモニカは、ちょと違うものになったみたい。
でも手に水をつけてなでるようにして弾いてました。
声と音域が近いみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ユーフォーリアとどんだけ〜!

EU・PHORIA ワンマン~SPARKLING LIVE VOL.1~

ユーフォーリアとどんだけ〜!
ワンマンライブでした。
サイン貰いました!(上の写真。)
ワンマンするには曲はそれほど出してないし、、、と思ったのですが、
CDになってない曲と、コピーも聴かせてもらえるという
すっごく特別なライブになりました。
カバーは、レッド・ツェッペリンの知らない曲とアヴリル・ラヴィーンの聴いた事のある曲。
そして、ディープ・パープルのハイウェイ・スターです。
ハイウェイ・スターのキーボードは完コピっぽい熱演っ!!!
さすがに叫んでしまった!!!

シングル・ベットはアコギで、ハーモニカ付き。

アンコールで2曲。
終わったのは20:30。始まり19:15。
すっごく動いていたから、絶対筋肉痛だね(笑)

何の曲をやったか、すみませんわからんです。。。
しかし、ボーカルは良い声してるな。
すこし声が走りすぎる感はあるけど、演奏も安定しているし。
こんだけきれいな子たち集めて、コレだけ聴かせるってのもすごいね。

周りでくだらない事喋ってた人たちも会場ではいたけど、
黙らせてたよ(笑)。

あと、キーボードの子、始まる前に上のコンビニでお母さんと会ってたみたい。
お寿司が冷蔵庫の中に入っているから。とか言ってた。
(聞こえてしまいました。すみません。)

ご飯が冷たくなるから冷蔵庫に入れちゃダメですよ、と
教えてあげたかった。。。

サインは一番最初に貰っちゃった!!!
みんな挨拶していてほんとにサイン貰えるのか?と思ったけど、
キチンと書いてくれた。嬉しいっ!!!
そんで、ベースの子と握手した!!!!
嬉しい。   また行く!!!  今度は私服で行きたい。

追)
ライブ会場の裏にある六本木スタジオ覗いたら、イッコさんタクシー乗って出てきました。周りの学生達がどんだけ〜!
言ってました。
六本木は芸能人多いね。

以下、ユーフォーリアの情報(音楽流れるから気をつけて!)
http://visionfactory.jp/artist/euphoria/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

ギドン・クレーメル&クリスチャン・ツィメルマン

ギドン・クレーメル&クリスチャン・ツィメルマンのコンサートです。
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ です!!!

これ、電車の中ですっごく聴いてたけど、すぐ寝てしまう。
気持ちのいい曲です。

なので弟にも、寝るよ。きっと。  といっておきましたが、
かくん、、、と時々いってました(笑)

演奏は普通にすばらしい。
へんな余計な感じはまったくなかったです。

クレーメルの熱い演奏が終わったあと、ツィメルマンが次の楽章に、
休むまもなくはじめたら、クレーメルが、「えっ?」という顔したのは
見ました。つかれきってるんだもの(笑)
チトかわいそうでした。
しかし、間を空けたくないと思うくらいいいい演奏でしたものね。



http://www.japanarts.co.jp/html/2007/duo/zimerman_kremer/index.htm

アンコールは、ラグ・キドン・タイムです。
なんか、難しい曲。でも面白い!

サイン会はやっぱり無かったですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京オペラシティです。

東京オペラシティです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

これからっす!

これからっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取空港です。

13時45分発の飛行機です。
14時55分着予定です。おみやげ買いすぎた。
(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

かにです。

かにです。
焼きがに。かにシャブ。かにの刺身!
すごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こぜにや。

こぜにや。
こぜにやにつきました。
離れ特別室です。
本館白水館ではなく、別館の玄水亭でもありません。完全一軒家です。
写真はブライベートなお庭です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取砂丘です。

鳥取砂丘です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取です。

鳥取です。
つきました。
少し酔った。(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館でます。

旅館でます。
9時20分の電車に乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ついた!

ついた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから玉造温泉へ向かいます。

これから玉造温泉へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲大社です。

出雲大社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割子そば

割子そば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲大社、正門です。

出雲大社、正門です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大社ついた!

到着。490円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスで25分くらいだそうです。

バスで25分くらいだそうです。
しかしこれ逃すと30分まち。
ほか電車になります。
予定より安くて早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲市駅につきました。

出雲市駅につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車遅れてる。

終点の出雲市駅に10時04分着予定が、10時40分くらいだそうです。
寝台がシングルデラックスなので個室だからまぁ、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

寝台のなか

寝台のなか

| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームです。

ホームです。
いよいよです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま東京駅です。

荷物は少な目にしました。なのに!
重い。
いつも弟に荷物持たせていたからなぁ。
もう背中イタイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

いよいよ、水曜日出発です!!!!

天下布武乃会 2007 旅行ルート(予定)

  旅の写真を携帯であげていく予定。
  後で思い出せるから。

  しかし、準備出来ていない。。。手ぶらで行くか。。。

------- 仕事休めなかった。。。11/14 -------
20:00 東京駅へ 
22:00 東京駅 (JR寝台特急サンライズ出雲)
    ↓
-------11/15-------
10:04 出雲 着
10:15 電鉄出雲市
10:24 川跡 着
11:20 川跡 発
11:31 出雲大社前 着
   (見学・昼食)
14:01 出雲大社前
14:12 川跡 着
14:15 川跡 発
14:27 出雲 着
14:53 出雲 発
15:20 玉造温泉 着
   (タクシーで10分)
   佳翠苑 皆美   20,300円らしい。。。
      http://www.minami-g.co.jp/minami/
      石見銀山遺跡へは行きません。。。温泉制覇の道は厳しい。。
      出雲はかに、そして蕎麦です!!!
-------11/16-------
09:21 玉造温泉 出発
   スーパー松風 鳥取行き
11:00頃 鳥取駅
    20分タクシー 鳥取砂丘へ
      ラッキョウの花、観てきます!!!
      梨のアイスクリーム、食べてきます。
         http://www.nissei-com.co.jp/sc_gotochi01.jsp
    鳥取駅へ戻り。
    観水庭こぜにや 白水館  27,300円らしい。。。
      http://www.jalan.net/uw/uwp3000/uww3001.do?&rootCd=2802&yadNo=343111
      もしかすると途中の境港で、鬼太郎のブロンズ像、見てくるかも。
      途中は因幡の黒ウサギの話のところでもある。
      今は神奈月なので、日本中の神様が出雲に集まっている。
      それらしいところに行きたいものです。
      こちらもカニが出てきそう!!!
      しかし、、、実は苦手。(面倒だから。)

      あと、荒木又衛門のお墓があるそうで、見てくる予定!!!

-------11/17-------
    あと、カレーのおいしい店探したいっ!!!
    
12:30 鳥取 発
12:50 鳥取空港
13:40 発  JAL296便   正直、苦手。。。
14:55 着
    羽田空港
-----------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

カストラート、観てしまった。

カストラート、観てしまった。
片付けしてたはずなのに!
ヘンデルの時代の話です。
面白い。
自分がまだ理解しきれていないから。
そしてもう少しで届くと思うから。
自分がまだ馬鹿だと解らせてくれる作品は好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

牛丼専門の吉野家




代々木で、CROVERのライブに行きました。
レコ発!&自主企画ライブ!!!  だそうで。
何度か聴いて、気に入ってたので、今回は弟を連れて行きました。

というか、仕事で遅れてついたらもう少しでCROVERの出番でした。
間にあってよかった。

CROVERのボーカルの嶽さんの声は、説得力のある声なのです。

たぶん、この良さは、ライブで観たり、生で聴いたりしないと伝わらないと思うけど。
それは、ある瞬間に、アルファ波がどっぷり出てくる声だから。

http://jp.myspace.com/croverjp

HP http://crover.jp/   YouTUBEもあるよ。

ちなみに、ボーカルの嶽さんとも、メンバーの方とも話した事はありません。
好きなものを応援するって、こういうことだと思うんだよね。

いやしかし、話せたら楽しいと思うけどね(笑)。

さて写真。
弟は先に来てここで牛丼を食べたそう。
吉野家では牛丼は食べない事に決めていたので豚丼を頼もうとしたら。
ここは「牛丼専門店」、だそう。

「とうとう、喰っちまった。。。 」 と嘆いてました。

これいろいろと調べてみました。
そしたら、これ、最近の店らしい。
2006年10月12日から「牛丼専門店」と「複数のメニューをそろえる店」に
分離して経営しはじめたそう。
牛肉の確保が出来はじめたので、戦略的に打って出た模様。

店の名前は「吉野家」のままでも外装でひと目でわかるようにしたらしい。
そして内装も、牛丼専門店はカウンターのみ。複数メニュー店は、
テーブルも用意し、女性、ファミリーを狙うそう。
モスバーガーの緑モスや赤モス。
ローソンの100円ローソン、ナチュラルローソン、といったものと同じ。

しかし、個人的には意味無いと思う。。。
牛丼のみ、で、早く、安く、なってるなら良いけどね。

最初は1号店?とか思ったけど、そっちは築地らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

楽しみ方はいろいろ。芸能党

今度、小田原に一ヶ月出張、ってのが現実味を帯びてきた。
月末から年末にかけて行くようだけど、この成果をどれだけだせるか、
自分の中ではゲームです(笑)

脳内メーカーで全部 「遊」 の文字で埋まったのは、間違いじゃない。

遊びにしているからね。

すでに上げられた課題にたいしてどう取り組むか、を事前に
よく決めておくつもり。
そして1ヶ月、守りきればいい。
それだけで結果は出るのだけど、守りきる量をどうするか、続けていくにはどうするか、
これが、自分の人生の中で、ひとつの勝負時だと思っています。

今、ここのところ23時廻ってしまうけど。疲れて地面が揺れているみたいだけど。
苦しいけど、楽しいっ!!!

よし、頑張るぞ! という思いをここに書いてみて、一月後、、、ドキドキだな。

そうそう。。。虐めの問題とかあるけどさ。
虐めを無くそう、ってのはムリです。
だって、嫌な奴いるもの。

人種差別無くすのもムリ。
好き嫌いあるもの。

でも、それはあまり楽しくない事だ、という、考えを伝えていく事は大切だと思う。

そして、虐めや、人種差別的なことを受けて悲しい気持ちになった人には、
悲しく感じることはないのだと、教えてあげれば良いのだと思う。

虐められて悲しいのは、本当は仲良くしたい人たちと仲良く出来ない事。
自分の事を理解してもらえない事、だと思う。

でも、それって、小さな我侭なんだよね。
手に入らないものを欲しいと言ってるのだから。
そして、小学校や中学校で多いのは、そこの中だけの価値観で
子供は育つから。
世の中に出れば、同級生の友達が居なくても関係なくて。。。

だから、もっと沢山の価値観を教えてあげたらよいと思う。

しかし、大人がこんなんじゃ、無理だよなぁ。。。

政治家の人たちって、自分たちの事しか見てなくって。
そんで、言い訳するんだよね。。。 税金で遊んでるんじゃないよっ。まったく。
撤回と嘘。どうちがうんだよ!
嘘、といったほうが潔くて良い言葉だと思うね。
政治家は、おいそれと撤回できないのだから、言った事には責任を持って欲しい。
これからも、撤回、が続く政治なんだね。

あほらしい。。。   
政治家が政治のこと詳しいの、当たり前だから。
先生、なんて呼ぶのは、八百屋を「やさい先生」と呼ぶようなものだって。
その専門家が、問題解決に本腰にならないなんて。
気に喰わなくって党首を辞める?   馬鹿です。

自民党は嫌いだけど、小泉さんと安倍さんは好き。
小泉さんは、一番党内で煙たがられていて、そして誰もが首相に今はなりたくない、と
いう時期に、「だって、どうせ俺を首相にする気なんてないんでしょ」って言った人。
この人は本気だ、と思ったもの。

安倍さんも本気だという事は良くわかった。
だから、後半可哀相で仕方なかった。足引っ張る民主。
助けてくれない自民。あれじゃ、具合だって悪くなるさ。

そりゃ、政治家は事情が沢山あるでしょう。いえないことも多いでしょう。
それを認めるつもりは無いけど、そんな家計簿の話ばかりじゃ、ね。

だれか、芸能党っての立ち上げないかな。
芸能人が政治家になってくれれば良いのに。
政策は頭の良い人に考えてもらって、その人自身は案なんぞ出さなくて良いから、
一番良いものを選んでくれるだけで良い。
決まった日に、1つ選べば、政策が予定通り決まっていく。

政治家としてやれる芸能人は当然CM料だって高いから、
正しい政治を行なう事が、芸能人を続けていく為の方法になるから。

どうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

11月の予定。。。

11月の予定。。。
少し我慢しているんだけど、減らない。。。いや、減ったはず。

--------------------------------------------
11月
9(金) ○クローバのライブ
10(土) ◎予定あり
11(日)  父 三回忌  11:00~
15~17 鳥取旅行
18(日) ◎予定あり
19(月)  ○19:00 ギドン・クレーメル(Vn)&クリスチャン・ツィメルマン(Pf)
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番
     フランク :ヴァイオリン・ソナタ
21(水) ナタリー・デセイ
23(金・祝) ◎17:00 ギドン・クレーメル(Vn)&クリスチャン・ツィメルマン(Pf)
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番「雨の歌」
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番
24(土) 14:00 ゆうたろう サイン会
25(日) ○◎2:00PM 横浜みなとみらいホール
     チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/指揮: ズデネク・マカル
     スメタナ   (連作交響詩「わが祖国」より モルダウ)
     ドヴォルザーク(交響曲第8番ト長調)
     ムソルグスキー(組曲「展覧会の絵」−ラヴェル編曲)
27(火)○チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/指揮: ズデネク・マカル
     ドヴォルザーク: チェコ組曲 op.39 よりポルカ
     ドヴォルザーク: チェロ協奏曲ロ短調
     ドヴォルザーク: 交響曲第9番ホ短調「新世界から」
28(水) 高田純二

--------------------------------------------
12月
2 (日) ○◎☆はじめてのオペラ「カルメン」
        ~楽しいトークとハイライト上演~
       13:15開場 14:00開演 2階7扉2階サイド3列 35番~38番
4 (火)    ○アルカンヘル
7 (金)     ○5050
11(火)    ○18:30~  シルヴィ・ギエム 
13(木)   ○19:30~  トヨタカップ サッカー ACミラン
20(木) ◎予定あり
22(土) ○プロレス 風香祭
23(日) ◎予定あり
--------------------------------------------
 1月
1/3  バスケット
1/5  ○◎☆14:00~  東京国際フォーラム ホールA
               レニングラード国立バレエ  「眠りの森の美女」
                 やっと、イリーナ・ペレンに会えるっ!!
25(金) バスケット
26(土) ○歌丸/林家正蔵 (落語)
--------------------------------------------
 2月
2/3 ○◎2:00PM   ミューザ川崎シンフォニーホール
    リッカルド・シャイー
    ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
    ベートーヴェン(「エグモント」序曲)
    ベートーヴェン(交響曲第8番ヘ長調)
    ブルックナー(交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」−ノヴァーク版)

2/10 ○ポリス  大阪旅行
2/11 ○大阪旅行
-------------------------------------------- 
3月
  6  ◎アンドラーシュ・ジフ  バッハだけど。。。
10  ○マルーン5
--------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

ピリスのピアノ

マリア・ジョアン・ピリスのピアノ・リサイタルに行きました。
錦糸町にある、すみだトリホニーホールです。

ピリスのピアノ

優しいピアノを聴かせてくれるのです。
さて開場して入り口入ると、演奏曲の一覧が貼られています。

内容は、アーティストの強い希望によりプログラムの変更があります。
とのこと。
な、なんとかCD買ってきて聴いていた曲が1つ消えた。。。
今回急遽、チェロとピアノの曲が入ったのでした。

それはそれなりに嬉しい。

そして、こんな事も書かれています。
   また、ピリスは前半の曲目を1つの大きな流れとして演奏したいと
   考えておりますので、前半においては曲間の拍手をご遠慮くださいます様
   お願い申し上げます。
むぅ、何があるんだ?  期待と不安(理解できるかの不安)でドキドキです。
そんなんで血行悪くなってもう眠気で倒れそうです。

さて、演奏ですが、かなりの観客の期待が現れました。
演奏の出来とかではなく、会場の異常な静けさ。
皆が息を潜めた、というのでしょうか。ちょっとした音が響くのです。
ちょっと動いただけでもそれが雑音になる感じ。耳鳴りしてましたから。
なので、ヒナステラと、スカルラッティの曲が終わったときだと思うけど、
拍手は当然せずにいたら、ピリスが立ち上がって近くにおいてあるテーブルの
水を飲んだのですが、そのときにやっと、皆息をしたようです。
ざわざわっと、言う音が信じられないくらい大きく聞こえましたから。

そして、演奏は淡々と弾いているようで、美しい。
おとの粒がキレイで、かつ、若々しさがある。生きが良いのです!新鮮な音。
なのに、めちゃくちゃ激しく弾いている感じや、力を入れまくっているではなく、
強く弾くときは鞭を使うように、柔らかさで一瞬、強さを出す、という感じ。

いやぁ、、、小山実稚恵さんの演奏が好きなんだけど、ピリスも良いっ。

そして、チェロとの競演。
演奏の仕方が、チェロを主体にサイドメン状態です。
ピアノの音ではなく、チェロを聴いている感じ。
というか、そう聴かせている気がしました。

気持ち良い演奏。チェロの音はもう少し強さがあればうねりが出て、
良かったのではと思うけど、気持ちよいのは確か。

最後の曲のベートーヴェン。そのときはチェロのパヴェルは、
ピアノの後ろに置かれたテーブル(飲み水が置いてある)の席に座って
じっと聴いてます。

そして、この曲の演奏が終わりました。もう、拍手の波が止みません。
さあ、アンコールでは何を聴かせてくれるのだろう?
こんなに早いんだから、何曲だって良いんじゃない?
などと、自己中なこと、考えていると、一度舞台裏に戻っていた、
チェロのパヴェルと一緒に舞台に出てきました。
アンコールはまた競演のようです。
流れた曲は、なんか聴いた事ある。これは、どう聴いてもバッハだ。

な、演奏は気持ちいいけど。バッハ大好きだけど。。。
それは期待してたのと違うよ。

だから、もう一曲やってくれるかと思った。
でも、無かった。。。残念。
バッハは、ピアノの無い時代で、チェンバロで弾くんだよね。
だから、メインはチェロになる。
そう考えると、モーツアルトの演奏も聴きたかった。。。もうやらないのかな。
演奏は本当に優しい音。
母親のピアノ、という感じ。また来日して欲しいな。

これ、アンコール曲。

そしてサイン会、、、なし。(泣っ)
--------------------------------------------
マリア・ジョアン・ピリス ピアノ・リサイタル
すみだトリホニーホール
18:00~20:00
------
○ヒナステラ:3つのアルゼンチンの踊り
○D.スカルラッティ: ピアノソナタ イ長調 K.208
○シューベルト:ピアノソナタ 第13番 イ長調 作品120 D.664
  ~18:45 <休憩15分>19:05~
●シューベルト:4つの即興曲作品142より第1番 ヘ短調←取りやめ。
○シューベルト:4つの即興曲作品142より第2番 変イ長調
◎シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821←追加
  ゲスト:パヴェル・ゴムツィアコフ(チェロ)
○ベートーヴェン: ピアノソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
●フランク :ヴァイオリン・ソナタ←取りやめ。
----
アンコール
J.S.バッハ(シロティ&カザルス編曲)
トッカータ.アダージョとフーガハ長調 より
”アダージョ”
~ 20:05まで。

パンフレット 無料。
--------------------------------------------

あ、あと蛇足なんだけど。。。
本当は今日も3人で行く予定だったんだけど、来れなくなってしまって。
そのことがとても悲しかったんだけど、そんな思いで空けていた席にいきなり隣の人が
見えないから、といって移動してきた。
正直、ブチ切れ。
テメーはハイエナか?  と、意見言うならケンカ腰になりそうで、我慢して弟に、
指差して「コイツ」ってジェスチャーしたら、さくっと「あの、そこ人来るかもしれないんで」
と言ってくれた。
弟に嫌な役をさせてしまった。言われたほうだって嫌な気分だろうケド。
こちらも領分が狭いとも思うけど、ちと許せなかった。
本当に3人で観たかったから。。。

でも、自己嫌悪。
つまらない事してるなぁ、と思ってたら、後半の公演が始まるときに、
向こうから、「ここ、やっぱり来ますかね?」と聞いてきた。
来るわけが無い。だって俺がチケット持ってるんだもの。でも仕方ないか、と思って。
「見えないんですよね。良いですよ。」って譲ってあげた。
せっかくのライブだもの。みんなで観れた方が良いものね。

でも、空いてるからって移るのは、マナー違反だと思う。
自分は絶対にしたくない。
それを皆がやったら演奏中に皆が席移動するようになる。
安い席しか買わないで、最前列の空いてるとこ座る人が前に居て、
後から来た人が座れずにずっと立って席探していたの見かけたことある。

そういうこと考えて欲しい。

世の中、怒られないから皆、何がマナーか、気使いか、
判らない人が多くなったと本当に思う。
遊びが多い世の中で。大切なものが消えていく。
怒らないでいることがすばらしい、笑っている人がすばらしい、と
昔、テレビとかで言われ続けていた時期がある。
それが、今の世の中で、相手の言いたい事を察することの出来ない人を
沢山生んでしまったのだと思う。
そんなことも考えた1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

ミュンヘン・フィルハーモニー



クリスティアン・ティーレマン指揮
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の公演に行きました。(11/3)

今回2日に渡って行ないますが、初日です。

なぜ、この公演に行きたいと思ったのか、ですが、
サントリーホールの改修工事後のリニューアル記念との事で、
何かしらで早く観にいってみたかった事。
そして、モーストリー・クラッシックが主催であることで、ちと面白そう、と
思ったところです。

今回は3人で。
2階席のサイド。なかなかよく見える席です。
サントリーホールは、照明とか新しくなっているみたいだけど、
なんだか、良くわからない。。。どこが新しくなったんだろう。

会場はスゴイ人。それも黒いスーツの人が多い。
休日なのだから、いつもはスーツの人は少ないのに、
BMWが特別協賛だから?  と思ってたけど、違いました。

しばらくすると2階席の真ん中。一番良い席に誰かが入ってきました。
「芸能人?」とか思ってみたら、な、なんと。。。

わかります?
小泉元首相です(笑)。
そう、文化の日ですものね! (勝手に撮っちゃった。)

いやはや、カッコイイ! 
田原総一朗の、「なぜ今小泉か」を読んだ(うそ、読み途中の)男としては、
サインも貰う権利があると自負していながらも、我慢しましたよ(笑)

う~ん、サプライズです。

さて、演奏ですが、指揮者のティレーマン、若いっ。
指揮の振り方が、演奏している人に目線の高さを併せて「コノヤロー!」っと、
言ってる感じ。
「そうっ!こうだっ!こうだっ!」ってね。
演奏している人たちも、みな、熱っつーい演奏するから、なんかすごい。
最初の「ドン・ファン」は、自分が聴いていたCDに比べたらかなり早かった。
メリハリがあった感じする。

そして、一番の楽しみブラームスの交響曲第1番。
最初の始まりが、あれっ?なんか、音が小さくない?とこじんまりとしたイメージ。

サントリーホール改修の失敗?

しかし、演奏はすっごく楽しめた。クラリネットとオーボエとフルートが、特に気持ち良かった!!!
演奏終わって、嵐のような拍手っ!!
指揮者のティレーマン、走って何度も挨拶してた。嬉しかったのかな。
そして、アンコールは全員で、ワーグナーの「マイスタージンガー」。
初めて聴いたけど、この演奏が一番良かった!
みんな、あんなに音に酔いしれながら演奏しているんだもの。

4日のも凄かったに違いないっ!!!

-----------------------------------
クリスティアン・ティーレマン指揮
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
16:00~18:30
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
R.シュトラウス:交響詩「死と変容」
休憩
ブラームス:交響曲第1番 ハ長調 op.68
アンコール
ワーグナー 歌劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」より、前奏曲
パンフレット 無料
-----------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

風間杜夫の落語!



初めて落語を風間杜夫のを観ました。
出囃子(でばやし...舞台に上がるときに流れる三味線と太鼓の曲。これで次に誰が出るのかわかる。) 
が、蒲田行進曲でした。
(まくら...先に小話で本題の前に盛り上げる)は、芸能ネタが多かったです。
もともと子役で出ていたそうです。
さて、感想。
正直言って、下手な落語家よりも面白い。
声の質が、銭形平次のテレビ放送を観ていた方ならわかると思いますが、
キレの良い声。
あの声で、舞台役者の底力を見せ付ける。出演者が何名かで代わる代わる話をする
「夢の酒」が、すごい。まるで目を瞑れば何人もほんとに居るようで。
気合の入った喋りを魅せる。
最後のオチは、少し間が悪い感じもしたけど、いや、時間が短いと感じるステージでした。

普通の落語家ならば、流暢にリズムに乗って喋る事をするのだろうけど、
この人の喋りは、役者の喋りで、感情の起伏があることが、
面白い理由だとおもう。
もっと磨けば、もっと凄いものが出来ると思うので、続けていって欲しいです。

12月にも2回、あるので是非!!! チケット、3500円だよ。

19:00~20:15
15分 アナウンサーの話
30分 落語 「夢の酒」 先代 桂文楽のレパートリー
10分 くじ引き
20分 トーク アナウンサーと風間杜夫
15分休憩
30分 落語 「火焔太鼓」 古今亭志ん生のレパートリー
15分 トーク

物販 CD 1,000円 マージャンの歌。写真にサインつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »