« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

鎌倉でなく大船でメセニ。

これから横浜です。
むせび哭いてきます。
-----
鎌倉公演に行きました。鎌倉芸術劇場、と言いながら、大船にあります。
鎌倉観光して、ついでに行けると思っていたのは間違いでした。
あぶない。。。

では鎌倉公演の感想です。
1曲目、Unrequited で始まります!
最初の音の出だし、きちんと音が出ていました。気持ちいい!!
しかし、デュオでやると、なんか少しバラバラっぽいです。
これはNHKホールの時も感じたのですが、
ギターもピアノも、ドラムやベースのようにリズム楽器があって、
安定した暴走ができるのかも(笑)
お互いに絡み合うような演奏は、よほど心の準備が出来ていないと、
探りあいで終わってしまうかもしれないです。

今回の公演で、1番生きた演奏は、カルテットになった時ですね。
ベースソロ、、、、(今回、なんか思い出せない。。。26日は凄かった)
ドラムソロ、、、、(あれ、あまり思い出せない。。。26日はやっぱり凄かった)
だからかなぁ。。なんか凄く短く感じました。

1番、気持ちよい演奏は、「A Night Away」。 
あれが本来の演奏スタイルなのかも。あの曲だけ聴ければ、もう。。。。

あと、途中でまたデュオになって、やっぱりあのギター出てきましたよ。
42弦もある、4ネックのギター「pikasso」。
演奏時には通常のギター部分と他をハープのように織り交ぜます。
ベースが入ったりしているように聞こえるのは、
通常ギター部分をハンマリングで演奏して出していました。
ほかはハープのようになっているわけで開放弦を弾いた様に、
いつまでも音が響いています。
だから何人もが弾いているように聴こえるのですが、
だからといって誰もが引けるわけないと思うし、
それで曲がつくれるわけも無い。

すごいなぁ、というより、変態だな。(笑)
曲は本当に気持ちい。。。
ちなみに「pikasso」。リンダ・マンザーという女性がメセニーに依頼されて作ったそう。

そのとき演奏したのは、The Sound Of Water
かなり、最初にソロで弾きまくって、後半でピアノが織り交ざる感。
曲のタイトルのように水を感じる曲です。

ギターの写真は以下のトコにありました。(勝手にリンク。。。)
http://www.gizmodo.jp/2006/09/pikasso42_1.html

今回のメンバー構成は、メセニー&ブラッド・メルドー・トリオだったそう。
ギター:パット・メセニー(Pat Metheny) 
ピアノ:ブラッド・メルドー(Brad Mehldau)
ベース:ラリーグラナディア(Larry Granadier) FLY のメンバーでもある。
ドラム:ジェフ・バラード(Jeff Ballard)   
   エラスティック・バンド(ジョシュア・レッドマン)のメンバーでもある。
   2006年の来日では、ジェフではなく、ホルヘ・ロッシだったみたい。

以下、鎌倉芸術劇場のHP
http://kamakura-arts.jp/cgis/hall_detail.cgi?PerformInfoNo=691&PerformPlaceNo=12
演奏曲目は、本当にあってるのかなぁ。。。

1: Unrequited
2: All The Things You Are
3: Annie's Bittersweet Cake
4: Make Peace
5: A Night Away
6: Santa Cruz Slacker
7: En La Tierra Que No Olvida
8: Ring Of Life
9: The Sound Of Water
10:When We Were Free

アンコール
1: Bachelors Ⅲ
2: Say The Brother's Name

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

マーティ・フリードマンのサイン会

マーティ・フリードマンのサイン会に行きました。

今回はトークショーです。
「縁の下の力持ち」
「多忙」
「自画自賛」
などなど、、、沢山の日本語で話してた。

質問で、こんな会話が。
「今日の下着は何色ですか」
ジーンズの脇から覗き込む、マーティ。
「。。。勝負下着」
「(笑)色は?」
「赤と黒。。。って、これって女の人?(質問)」
「あ。。。男の人ですね。」
「あーっ。もう、これだからハードロックは。。。男が多くて。寂しい。」
なんてこと、言ってた。

あと、ギターを上手く弾くにはどうしたらいいのでしょうか、という質問は
それは答えない。聞かれても答えられない。沢山あるから。
聞くほうも聞いちゃダメ。
自分の中で心の中に持っていたほうがいい。  とか。

東京事変がカッコイイ。マイケミカッコイイ。
マイケミは、あんなカッコイイの自分が作ればよかった!
東京事変は、カッコ良すぎ。。。辞めたくなっちゃうよ。  とか、言ってた。

休みの日は、無くって、もしあっても寝てる、と言ってた。
作曲途中の曲を聴くと、仕事としてやっているときではない気持ちで聞けるので
良い判断が出来る。
時間を掛けないとダメ。とか、なんかいろんな考えを聞いて、
タダの日本語上手な人、というのではないんだなぁ、と思いました!!!

先日買ったDVD、そしてCDで、サインと写真が頂けます!

名前は? と聞かれ、はじめです。といったら、
ちゃんと書いてくれた。
しかし、、、「め」、でペンが一瞬止まってた(笑)。そして微妙な。。。「め」

中村、って言った人は、漢字で中村と書かれていた。すごい。


コレ写真。。。一緒にとって貰った。
携帯で写真写すとこんな画像になる。。。何とかしたい。

マーティの発展途上国(いきなり音楽なるから気をつけてね。。。)
http://www.avexnet.or.jp/marty/index.html

音楽は、ハードロックです。
結構好きですが、次回作ではワビサビを取り入れて欲しい。
そしたら無敵ですよ。 ポール・ギルバートに負けませんよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

メセニー・メルドー ライブ行きました。



最初の始まりの音は良くなかったです。
しかし、2曲目くらいから良くなります。
19:15くらいから始まって、終わったのが21:45です。
アンコール1曲づつ、2回まで。

注目はドラムとベース。かなり上手い。
聴き所沢山です!!!

今回のメンバー構成は、メセニー&ブラッド・メルドー・トリオだったそう。
ギター:パット・メセニー(Pat Metheny) 
ピアノ:ブラッド・メルドー(Brad Mehldau)
ベース:ラリーグラナディア(Larry Granadier) FLY のメンバーでもある。
ドラム:ジェフ・バラード(Jeff Ballard)   
   エラスティック・バンド(ジョシュア・レッドマン)のメンバーでもある。



販促物は以下のとおり。
カルテットのジャケットのTシャツが何色か。3000円
ミニTシャツ
CAP
長袖Tシャツ 4000円。
パンフなし。。。

曲のセットリストらしい。。。が、正しいかわからないです。
26日と27日と違う模様。(以下のページに記載あり。写真もあり。)
http://mm.harmonyjapan.net/?eid=737846

1. Unrequited
2. All The Things You Are
3. Better Days Ahead
4. 28
5. A Night Away
6. New Blues
7. Silent Movie
8. Ring Of Life
9. The Sound of Water
10. Secret Beach
11. Vera Cruz

アンコール
12. Bachelors III
13. Blues For Pat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

メセニー・メルドーの楽しみ方

メセニー・メルドーのライブが明日ある。
嬉しい。。。あのギターとピアノの絡み合い、いや、寄り添いあいの絶妙さは、
生できいたらどれだけの感動にかわるのか、
やっと聴ける。。。

メセニー・メルドーの楽しみ方、を、今日、発見した。

それは、外の空き地。
ちょっとした駐車場。
雑草の生えたところ。今はちょうどイネ科の草が藁のようないい匂いをさせている。
そのなかで空を見上げる。
星が、都会なのでちょっとしか見えないけど。
空気が少し涼しくて、その分、気持ちだけきれいに見える。

ここで、音楽をヘッドフォン越しに聴くのです。
メセニー・メルドーの音楽は秋の夜にあうのです。

外を歩いているとオトのリズムがコオロギの音と溶け合っているのに
気がついた。
最初はあまりにも絶妙に混ざっているので演出かとおもった。
しかし、何かの拍子に鳴きやんだ。
ああ、生のセッションがあったのだ。

急に吹いた風。
これもこの音楽にはあう。

オトが漏れていたのかもしれない。
コオロギたちは音にあわせて鳴いていたのかもしれない。

フルートにも似たコオロギの音色。
こんな偶然でも、こんなに楽しい発見があるのだと、感動してしまった。
きっと、今の季節だから楽しめること。

メセニー・メルドーが好きな人に、是非ともオススメしたい。

パット・メセニー、ブラッド・メルドー 2007年ツアー
http://www.harmonyjapan.com/mm/index.html

明日、SS席です。そして土曜日は鎌倉です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月24日 (月)

ターシャの庭。御礼に貰う。


今日のチューリップのコンサートは弟と、親戚の叔母とその友達とで行きました。
叔母は、自分とは13歳くらいしか離れていないのです。
自分が3歳のときに家に泊まりこんでいて、高校通っていました。
母親の妹なのです。

んで、今、近所にも住んでいて、植木の水遣りとか手伝ってもらっているので、
その御礼にご招待したのでした。

いちおう友達呼んでいいよ。って。なので4人。

そしたらお友達さんから、本を頂きました。
ターシャの庭の写真集です。

じつは、この本、持っているのですが、、、しかし、
植物が好きだということを、わかって貰えてるのだ、と感じただけでも嬉しい。
気を使ってくれているのが嬉しいです。

この本観るたび、田舎暮らしに心惹かれる。。。
もっと、小さな発見で幸せになれるんだモノ。
そんな暮らしにたどり着きたい。

今はいろんな人を幸せにしたい。。。
みんな、相談できないで苦しんでいる人多すぎる。
きっと、助けてあげられないけどさ、何とかしたい気持ちもある。

お金が大切なんだな。。。悲しいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つばめグリル


銀座、京橋のとこにある、つばめグリルで、久々のハンバーグです。
いちおう、ハンブルグステーキと言います。
約1500円くらい。ご飯をつけて、ビールつけて、、、で2500円弱です。

どの店よりもこのハンバーグが1番美味いっ!!!
夜遅くまでやっているので助かります!

WEBで調べたら、けっこうあちこちにあるんだね。。。
http://www.tsubame-grill.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごはんぢゃワン地蔵。 そしてチューリップ公演。

ごはんぢゃワン地蔵
有楽町の国際フォーラムに来ています。
稲の匂いを嗅ぎたくて、ついついご飯の情報館みたいなところへ。
そしたらこんなのがありました。

ごはんじゃワン、です。

ぬいぐるみもありました、が、恐ろしくご利益のありそうな、お地蔵様を写メです。
なんとも、、、なんとも。
コメント書きにくいワン。

さてさて。
なんで国際フォーラムに来たかというと、チューリップのコンサートに来たのです。

財津和夫さんとかのいるバンドです。

「サボテンの花」はやりませんでした。。。
「心の旅」「虹とスニーカーの頃」「青春の影」は、初めて本物を聴きました。
大好きな、「風のメロディ」も気持ち良かった!!!
「魔法の黄色い靴」はアンコールの定番なんですね。会場と大合唱。
しかし、「博多っ子純情」は、やっぱりやらなかったなぁ。。。
18時スタート
20時30分終了。  アンコール2回あり、すぐに出てきてくれて嬉しい!
   パンフ売ってたみたい。買い損なった。。。
   ”魔法の黄色い靴”×KITTY コラボ キーホルダー は買っ!!!
グッツはここでも買えます。    http://www.treasures-jpn.com/TULIP/

気になったのは、「虹とスニーカーの頃」やったとき、立っていた人が皆座っていたこと。
この曲は立って聴くものかと思ってたのに、何か理由があるのかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

演奏会に行ってきます。

演奏会に行ってきます。
会社の友達の演奏会です。秋らしくっていいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

わすれないように。

忘れないようにメモしておく。
頑張り続けたいから。

人生は、一生懸命に生きれば失敗はない。

理由は、失敗と思われることが起きても、そこで終わらないのが人生。

そして、最後がどのようになるのか、わからないのも人生。

何かしら、間違えた、と思っても、人はその失敗について考える。
その結果、失敗から得したこと、良かったと思えることを探しまくります。

そして、ちゃんと見つけられるのです。

なぜか。
人生は頑張れば、今より良い状態に絶対に進むから。
それは、モノの価値観が変わるから。

頑張らなければ、悪くなります。
価値観は永遠ではない、変わっていくものだから。

価値観は、その人が大人になったから、という中身だけの話ではないです。
外的要因が多いです。年齢とか、周りの人間関係とか。。。
だから、価値観が変わらない人はいないと思う。

あと、ここでいう「人生」って自分が死んだ後も続きます。
死後の世界、なんてことではないです。

自分の生き方が、いま、親父のこととか、母親の事とか思い出して、変わっていきます。
その度に、親父の生き様、母親の生き様は、今も生きている、と思うのです。

それは、人間の価値観など、見えなかったものが見えてくる、そういうことです。

うちの父母は、そうやって変わっていく自分を望んでいる、
そう思っているのです。

頑張らねば。自分の為ではなく、自分を好きになってくれた人たちの為に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

マーティ・フリードマンのDVD


サイン会があるので、DVDを買ってきました。
恵比寿リキッドルームでの、自分の観にいったときのライブ。

確認したら、ちゃんと映ってましたよ(笑)
真後ろにカメラがいたんだけど、
時々自分の腕の画像がアップで映ります。

なんか、うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶるだっく、食べてきた。

渋谷でぶるだっくを食べてきました。

韓国の辛い鳥肉。

辛いの全然大丈夫! といって食べにいったんだけど、
すっげ、辛すぎっ。
辛すぎて目が開けられない。
何かが麻痺する。。。胃の中がずーっと熱持っている感じ。
(4時間たった今ですら)

しかし、体に良さそう。。。

トングリのムック、おいしいけど、一番辛いかも。こんにゃくらしい。
チーズトッポギも美味かった。辛かったけど。
ぶるだっく、、、辛いけど、味は普通かも。一応食べた方が良いでしょう。

飲み物は、レモンソジュは飲みやすいです。
ヨーグルトカクテルがないと、食べれないよ。かなり助けられる。
アボカド豆腐にも助けられたなぁ。。。
しかし、ひとくち冷麺、は、注文しなければ良かった。

http://www.booldak.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

GOTTHARDのライブ


ゴットハードのライブ、行ってきました。

ファンクラブでお世話になった方に会いたかったのですが、
今回はちと諦めました。。。

事情は書かないけど、、、はがきで連絡しよう。。。

さて、ゴットハードのライブ。明日、大阪であるので、
事前に知っておいたほうが良い事を書いてみる。

19:00きっかりスタート
20:20
20:25アンコールスタート
     再度、も一回再アンコール
20:45終了。

販売物
Tシャツ  3500円
CAP        ?円
CDとか。シングルCDは、買ったほうが良いかも!

ライブのい感想。。。やっぱり、いかった!!!
CDの曲は、ライブで演奏されて盛り上がる曲。
室内で聴いて楽しむ、とか言うものではないですね。このバンドだけは。

CD聴いて、なんか足りないから、ライブ行かない、という人、
多いみたいだけど。。。多分ギターの味が薄く感じるからだと思う。

でも他のバンドのように楽しむバンドではない。
曲の秘密ですが、実はライブでボーカルが自由になれるように作られた曲が
多いのです。
だから、ライブになると歌い方、観客の煽り方、全てがカッコイイ。

今回もライブの進行はよく出来ていて、ここで、こんな事やるのか?と、
かなり楽しめるようになっていますよ。
明日観にいく方はお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

ストリート系のバスケ見て来るっ!!


AND1 MIX TAPE TOUR 見てきました。

bjリーグからの選抜選手との試合です!!!
(といっても、よくわからんでのですけどね)

さて、感想。。。

たぶん、皆、来ていた人は同じ感想だと思うけど、
23番の人は、凄かった。
背が低いのに、1番動き良くって、シュートも
遠くからバシバシ決めていたし。

向こうの選手も熱くなっていたもの。

ストリート系のバスケの試合ではマイクを持ったDJ風のひとが審判同様に
コートの中に経ってアナウンスします。
そして会場を煽ったりして、盛り上げます。
(日本語にしたら多分、みのもんたみたいになると思うけど)

だから、試合というより、ショーです。

でも、ショーにしては演出ちと、しょぼくて。。。
顔写真と選手紹介くらい液晶ビジョン使ってくれたらよかったのに。
選手、、、誰だか良く解らないです。。。
パンフもしょぼくて。
タダで貰えるからなんともいえないんだけど。。。
でもせめて、背番号と名前くらい一致させて欲しかった。

だから単純に技とかだけ見てきた感じ。
それは本当に凄かった。
(無駄な動きは当然多いけど、魅せるって事。)

向こうの1番の選手と、11番の選手は凄かった。。。
あのスピードは考えて動いてるのではないですね。
クセで「やっちまった」っていう感じ。
あれは、日本人では出せないだろうなぁ。。。
声の前に体が動く、というすばやさは、普段見たことないから、感動した。

あと車椅子バスケ。
車椅子って基本は小さな3つの滑車で立っていて。
横に左右からの支えと動力になるタイヤが2つついてる感じ。
そして軽いのか、ひっくり返ってもはずみですぐ起き上がる。
車を運転しながら、バスケしている感じ。
あのトリッキーな動きを、限定された車椅子を使い、こなしてしまう。
あれは、正直、凄かったです。
あれは、ひとつのスポーツとして確立しています。
やれば絶対面白いと思った。
そして、あの心から楽しんでいる感じは、羨ましく感じることもあった。
そのくらい見ていても凄く面白い。

しかし、あとはルールを良く覚えないとな(笑)

あと、今回、セレクション(OPEN RUN)があって、3人も
一般から参加となったそう。
多分、あの子供がそだな、ってのは解りましたが、
あの子、小学生とは思えないドリブルしてた。。。
すっげーなぁ、、、

-----------------------------
会場:幕張メッセ 
16:30 開場
17:30 開幕(しかし、しばらくみんな練習。。。)
17:45 近くになって明かりが消えて始まり。
      選手の紹介、国家斉唱(米日の順)
18:00 以下、ちょっと間違えているかもしれないけど。。。
      10分練習
      20分試合
      10分休憩
      20分 車椅子バスケ
      10分練習
      20分試合
19:30 終了。

セレクション(OPEN RUN)より、東京の3名のみ記載。
 加藤舜王(身長 140cm 体重 34kg )...2年連続通過の12歳。
 棚町義一(身長 165cm 体重 62kg )
 海老原奨(身長 191cm 体重 84kg )

SS席\12,000  S席\9,000 A席\6,000

  SS席、アリーナで、前から7列程度。
  端は北側、南側が1番長く、74番くらいまで席あり。
  しかし、その端っこに座るくらいなら、上に上がった方が
  全体の動きが見えて面白いかも。
  
販売物、Tシャツあり。。。しかし、混んでいて買えませんでした。

あと、、、キレイな女の子が、なんか配っていたから貰ったら
コン○ーム、だと言われた。。。セクハラだ。

しかし、、、試供品、なんでもありだなぁ。すっげーっ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の予定。。。

9月の予定。。。
もう、これ以上は取らないぞっ!!!
しょこたんもリア・ディゾンも取れなかったから(笑)
しかし、11/4だけは。。。(何かは内緒。さっき発見!!!)

--------------------------------------------
9月
17(月・祝)  ○AND 1MIX TAPE TOUR 2007 in JAPAN ストリート・バスケット
18(火) ○GOTTHARD
23(日)○宮本さんのコンサート
24(祝) ○TULIP 国際フォーラム ホールA 
26(水) ○7:00PM  NHKホール  メセニー・メルドー
27(木) ○19:00 PARCO劇場   Rockamenco
28(金) ○マーティ・フリードマン サイン会
29(土)  ◎5:00PM 鎌倉芸術館 メセニー・メルドー
--------------------------------------------
10月
3(水)  ○dbクリフォード
6(土) ○open 24:00/start 25:00 稲川淳二の怪談ナイト  チッタ川崎
7(日)  ○◎ライスター ミニライブ&サイン会
14(日) ○ 14:00 風2
17(水) ○ 19:00   国立劇場 『社会人のための歌舞伎入門』 
                解説「歌舞伎への招待」/ 平家女護島ー俊寛ー
19(金) ○ 19:00 THE QUARTET
31(水) ○ 19:00 渋谷文化村   ミッシェル・ルグラン
--------------------------------------------
11月
3(土) ○◎4:00PM サントリーホール
     ミュンヘン・フィル・ハーモニー/指揮:クリスティアン・ティーレマン
     R.シュトラウス(交響詩『ドン・フアン』op.20)
     R.シュトラウス(交響詩『死と変容』op.24)
     ブラームス  (交響曲第1番ハ短調 op.68)
4(日) ○◎18:00  すみだトリフォニーホール
     マリア・ジョアン・ピリス ピアノリサイタル。(5年振り。1夜限り)
     ヒナステラ:    3つのアルゼンチンの踊り
     D.スカルラッティ: ピアノソナタ イ長調 K.208
     シューベルト:   ピアノソナタ 第13番 イ長調 D.664
                4つの即興曲 作品142より 第1番 ヘ短調
                                  第2番 変イ長調
     ベートーヴェン: ピアノソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
11(日) 父 三回忌
15~17 鳥取旅行
19(月)  ○19:00 ギドン・クレーメル(Vn)&クリスチャン・ツィメルマン(Pf)
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番
     フランク :ヴァイオリン・ソナタ
23(金・祝) ◎17:00 ギドン・クレーメル(Vn)&クリスチャン・ツィメルマン(Pf)
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番「雨の歌」
     ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番

25(日) ○◎2:00PM 横浜みなとみらいホール
     チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/指揮: ズデネク・マカル
     スメタナ   (連作交響詩「わが祖国」より モルダウ)
     ドヴォルザーク(交響曲第8番ト長調)
     ムソルグスキー(組曲「展覧会の絵」−ラヴェル編曲)
27(火)○チェコ・フィルハーモニー管弦楽団/指揮: ズデネク・マカル
     ドヴォルザーク: チェコ組曲 op.39 よりポルカ
     ドヴォルザーク: チェロ協奏曲ロ短調
     ドヴォルザーク: 交響曲第9番ホ短調「新世界から」

--------------------------------------------
12月
7 (金) ○5050
11(火) ○18:30~  シルヴィ・ギエム  
--------------------------------------------
 2月
2/3 ○◎2:00PM   ミューザ川崎シンフォニーホール
    リッカルド・シャイー
    ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
    ベートーヴェン(「エグモント」序曲)
    ベートーヴェン(交響曲第8番ヘ長調)
    ブルックナー(交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」−ノヴァーク版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗黒物質って何?(一部修正)

最近、ビデオの撮りためを必死になって観ています。
理由は、もう空きがなくて録画できないから。

今とりまくっているのは、
「美の巨人たち」  http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/f_index.htm
「太田光の私が総理大臣になったら」     http://www.ntv.co.jp/souri/
「サイエンスZERO」  http://www.nhk.or.jp/zero/
「ダーウィンが来た」  http://www.nhk.or.jp/darwin/
「あしたをつかめ」   http://www.nhk.or.jp/shigoto/
「おおきく振りかぶって」  http://www.oofuri.com/
「DARKER IN THE BLACK 黒の契約者」  http://www.d-black.net/ 

他にもとりまくっていて、「太田光の私が総理大臣になったら」と
「サイエンスZERO」は観たら消しているので、まずはこのあたりから観ています。

「サイエンスZERO」は、今回観たのは暗黒物質のはなし。
暗黒物質は、目に見えない物質で、そのうえ質量がある。
そしてどこにでも存在していて、物質を通り抜ける、と、訳わかんないものです。
しかし、物質があるところに存在し、ビックバン後、この暗黒物質がなかったら、
星は生まれなかったといいます。
(ガスだけだと重力が足りない為、物質同士が引き寄せあわないからだそう。)
そんな訳のわからなく、見えないものなのに、このTVでは、ペットボトルを出して、
人間の体にも暗黒物質が入っていて、地球上に500mlくらいがうす~く、
広がっている、と説明します。(赤字修正箇所。。。)

えっ、体の中に、目で見えないものがあるって?
人の魂みたいじゃないか。。。  そんなの絶対に解明できないよ。。。

科学で解明ではなく、想像で終えなくてはならないことも出てくるのだろうなぁ、と
無限に続くナゾにため息が出てしまいました。

こんなにも。解明されていない世界で、本当に正しい答えを出す事は、
不可能に近い事なのだろうなぁ。
それでも、自分が少しでも幸せに感じることのために、答えを出していくんだよなぁ。

ちと、話ちがうけど。。。空間ゼリーの下山夏子さん、退団してしまった。
あの人の笑顔が好きで、もっといろんな役柄を見たかった。
しかし、一生懸命何かをしているのだな、と思うと、残念、という気持ちよりも
応援したくなる。
正しい答え、とかそういうことではない。人の努力をいとおしく思うということ。
これからも頑張っていって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達とたくさん会った!!

今日は友達と連絡の多い日だった。

昨日、田中から連絡があって、今日会おう、という。
19時までに連絡なければ仕事でいけないってことで、という。
しかし、18時ごろ、高橋から電話。
パソコンが壊れた。OSが起動できない、という。
電話で話しても、わからない人には難しい。。。
向こうが、「これから来てみてくんない?」という。
田中と会うことにもなっていたので、ちと待ってもらうことに。
19時ごろTELあって、結局19時40分に田中と会う。
マックで、最近の仕事の話とかしてすぐ帰る。
そのあと21時から、高橋の家に。
パソコン見て、OS入れなおすしかない、と説明。
そこから再インストール開始。インターネットの設定だけ終えて完了。
23時までかかって帰る。電車で2駅。終電のがすとチト面倒なので、なんとか終わってよかった。帰り途中に明日バスケを観にいく神崎からメールきて、
家に着いたら、飛田さんからTELが入っていて、とバタバタしどおし。
その上松田さんからも久々にメール着て、携帯変わったとか書いてあった。

しかし、まぁ、相手にしてもらえるのは嬉しい。
田中も高橋も中学からの友達。
神崎は高校の友達。長い付き合い。。。になると思っていなかったんだけどなぁ。。。
不思議だ。

田中と話したのは、今度相撲を観にいかないか、という話。
どうよ? っていうんで、いいよ、と答える。
平日でもよい。当日券で十分。という事だったが、18時に終わるんだよね。
仕事あるから無理!
んで、本人いわく、千秋楽を観たいと。
理由聞いたら、千秋楽は優勝の表彰とかまでしかテレビではやらないが、
そのあと、行司を力士が胴上げするらしい、と本で読んで。。。
一度、本当か見てみたい、そうだ。

奴は、電車で雑誌を拾って読むので、きっと本、といっても
週刊誌なのだと思うけど、なんかに載ってたのかなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

ナイス橋本、1曲だけ。なぁに~。やっちまったなぁ。

今日は、ナイス橋本のワンマンライブ。
チケットは3番目と、恐ろしく早い番号。
そんなときって、、、やばいよね。

案の定、仕事で帰れませんでした。

21時前にやっと渋谷のBOXX到着。
係りの人に「まだやってますか?」と聞いたら、
いまアンコールやってこの曲終わったら終わりです。だって。。。

もう流れているのか。。。とおもって、外で待ってようとしたら曲が流れてきた。

「ずっとソバニ」
ああ、この曲が大好き。。。

ど、どしよう。。。  いまさらでも、いくっきゃない!!!

そして最後の曲を半分だけ聴くことが出来ました。

先に行っていた弟に聞いたら、
途中で、ナイスさん、泣き出してしまい、、と笑ってた。
今回はギターもひとり加わっていたみたい。
いつもテープ流していたところ、生でやったんだな、とさらに残念。。。
また、行かなくちゃ。。。
今回、会場、スゴイ人数で。。。そだよね。曲、いいもの。

そんで、「やっちまったなぁ!」ってのは、途中で見かけたクールポコ。

女の子になんか質問して、その度に、「なぁに~っ!、やっちまったなぁっ!」
といって餅ついてました。
    「男は黙って、ダイクマ」  「男は黙って、ダイクマ」
言ってました(笑)。

ライブに行く道だったので、写メ撮って、すぐ離れたんだけど、
渋谷の夜の街に、「なぁに~っ!、やっちまったなぁっ!」って声が
結構響いていて笑えた(笑)。

ホントに こだまみたいに響いていたよ。  いい声でした(笑)

下の写真は、「なぁに~、やっちまったなぁ。」と言い終わった瞬間。


クールポコの映像は、こちら。(9)が笑えるっ。。。
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00108/v00238/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

ロリン・マゼール:指揮 トスカニーニ交響楽団



ロリン・マゼール:指揮 トスカニーニ交響楽団の演奏を聴いてきました。

ロリン・マゼールは去年のニューヨーク・フィルハーモニック
での演奏で、かなり評判がよく、今回はトスカニーニ交響楽団と、
楽団は違えど、楽しみにしていました。

演奏曲目も、ブラームス:交響曲 第1番です。

ベートーヴェンを超えるような交響曲を作らねば、と
19年もかけて作成し。やっと出来たのが、この第1番といわれます。
その為、ベートーヴェンの第9の続き、第10のようだ、と演奏した指揮者に
言わしめたそうで、ベートーヴェン以上に細かに作りこまれた感のある曲です。

そんな感じで1曲目に時間をかけたので交響曲は4曲しかありません。

でもいい曲。

ほかは、よく知らないです。

では感想。
一曲目「レオノーレ」は、最初、おとなしい音楽で始まっていきます。
その後から次第にメリハリを付けてく感じ。
しかし、金管楽器の音に、ちと幻滅。。。

二曲目 プロコフィエフ。 もともとこの曲は、前衛的だとかなり批判を受けた曲だと
パンフに書いてありました。
アシュケナージのCDを聴いていたのですが、そんなに前衛的には聴こえず、
嫌いな音楽に思えていました、が、演奏を聴いて、
なんて難しいのだろう、と思い知らされました。

ピアノ、美しさを求めての弾きではなく、楽譜を追ってる感じがして、
楽しさはあまり感じられませんでした。
演奏の仕方が、この方はそういう惹き方なのかも知れないですが。
ちと、残念。
アンコールのシューマンも普通に感じました。。。

休憩後、ブラームス:交響曲 第1番です。

こ、これはマジで凄かった。
オトの波が感じられる。
唸りが感じられる演奏です。
美しい、、、と、本当に思いました。

その後の、アンコール、ヴェルディ。
これも、かなり良かった。
でも、ブラームスの凄さにはかすむ。。。

9/11の札幌でもやるんですよね。
本当にすごいですよ。
コレカラ聴く人、お楽しみにっ!!

-----------------------------------
ロリン・マゼール:指揮 トスカニーニ交響楽団
9月9日(日)16:00~ 横浜みなとみらいホール

16:00
  ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
  プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第2番
    (ピアノ:ユンディ・リ)
アンコール:
  シューマン(リスト編曲):献呈
17:00
  (休憩20分)
17:20
  ブラームス:交響曲 第1番
アンコール:
  ヴェルディ:歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲
18:30

演奏会後、ユンディ・リ のサイン会あり。
女の子いっぱいで、諦めました。。。

[料金]
S\22,000 A\18,000 B\14,000 C\10,000 D¥7,000
パンフレット 1冊 500円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

たっぷりん

たっぷりん
を、冷蔵庫でみつけた。
うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿殺しの「殺 ROCK ME!」


殺 ROCK ME! を観て来ました。
初日です。
日替わりゲストは、今回は小林顕作さんです。

では感想です。

最初は時間前から、席にいた方が良いですね。
いろいろと趣向を凝らしております。

始まりは、前回のSAROMEEEEE!と同じ話なのか、と
思いましたが、やはり違いました。
大筋は同じ。だってサロメだもの。

ただのお笑いではないです。
きちんとメッセージもある。
そう、伝えたいもの、は、確実に存在する劇です。
でも、それはきっと苦い薬かもしれないです。
なので、この劇団は、パワーと笑い、奇抜さで飲み込みやすく
しているのかもしれません。
それが、言葉だけの為に、最後まで残らないのがもったいない気がします。
まぁ、サロメのパロディ仕立てだから、それで考えれば、よく出来ているのかなぁ。

今回の見所は、劇団員のいつのも4人が、他の劇団の方を交えて
マイルドになった感じなトコだと思います。
いつもはちょっと獣くさい、ジンギスカン、だと思ってください。
それが、「あれ、臭くない?」と思ってしまう感じです。
多くの役者が集まっている分、下手したら鹿殺しメンバーだけ浮いたとしても
おかしくなかった。と思う。
でも、しっかり纏まっている。
それは、練習も沢山あったと思う。
でも、その場その場で見せる、多くの方の間の取り方の絶妙さ、余裕が、
観ている側にも、演技する側にも安心感をあたえているのかもしれません。

しかし、今回観たのは初日。
チョビさん、結構、すごくきめ細かに配慮しているのが、すごく心配になった。
なんか、自分ひとりで背負ってしまいそうだから。
いろいろと、背後で音がしたり(笑)
段取りどおりにならないことも多かったと思う。
でも、劇団員の底力もみれた劇でした。

チョビさんの傘をもっての演技、凄く上手で、本当なら違和感たっぷりの話なのに、
納得させられた。
丸尾丸さんの、頼りない感じの空気。
オレノさんの切れまくりのオバハンっぽさ、
山本さんのイエスマン。
切れのある動きと台詞。話に飲み込まれていくもの。

音楽もあの名曲「キミは子猫、僕は犬」「七色の光」、
そして前回の曲も皆聴けます。

その上で、猫ホテ 中村まことサンらしいエロド王 と、
拙者ムニエル 加藤啓さんのヨカマン。
江戸川卍丸さんの月の男爵もすばらしい。

単純に思う。楽しい劇だったと。

劇ってなんだろう、と悩んでいる方にはオススメかも。
答えが自分なりに見つかる気がします!

http://shika564.com/shika564/tokusetsu/rockme/info.html

ゲストの小林顕作さん、つらそうだったなぁ。。。(笑)
他のゲストさんも頑張って欲しい。。。ってか、苦しむトコみたい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やせる為には。

やせる方法ですが、1番の方法は、水を飲むことです。(たぶん)
なぜか、

先日、高校生物の放送をNHKで見ていたのですけど、
血液の中に流れる栄養をどのように細胞に取り入れるのか、
または肝臓が蓄積するのか、という話をしていました。

そのとき出てきたのが浸透圧。
蓄えたものを血液中に流すのは、肝臓が血液のチェックをしていて
栄養が多ければ蓄え、少なければ流す、といった事を
しているからだそうです。
そして、体の各細胞も、細胞膜にある機能で、血液中の栄養を浸透圧で
細胞に流し込んだりするそうです。

これから考えると、栄養は確実に必要であり、各細胞まで行き届かせなければいけない。
その上で、肝臓に血中の栄養が少ないぞ、と思わせなければいけない。

となるわけです。

ならば、簡単。血液を薄味にすれば良いのです。(たぶん!)

「糖新生」という言葉があって、これは、エネルギー不足になると、
肝臓や筋肉からエネルギーを作り出そうとします。
だから、食べなければやせるのですけど、
以前のようにちょっと食べると、筋肉がなくなっているので、体にめきめきと
蓄えられてしまうのです。

漂流した人の本とかで、手足の筋肉がなくなっていく話が
書かれています。
順番に肉がもがれていく感じ。

血液を送り出すのは心臓、といわれますが、それだけではありません。
血管と筋肉も使われています。
血管には細かな弁のような区切りがあり、血液が逆流しないようになっています。
そして、筋肉が動く事で血管が押されて血液が流れるそうです。
足とか末端はまさにそう。

だから、筋肉なかったら、血液循環がされなくなっちゃうのですね。
恐ろしい。。。

そう考えると、じつは頭が1番血液の周りが悪いかもしれません。。。
髪が薄くなったりする理由も、食生活よりは、この辺なのかもね。
。。。脱線。

なので、細胞、筋肉を元気にして、かつ、
肝臓とかに「血液中に沢山の栄養があるからたくわえろっ!」と
思わせない方法は、
一日3回、バランスのいい食事を適度に行ない、
運動をして筋肉を作り、血液の流れを良くして、
かつ、それらの道筋、血液を新鮮な水に変えていく。

とこんなところみたいです。
水も種類があるので、飲みやすい水を探すところから始めると良いですね。
JTの水は飲みやすくて、個人的にはオススメです。

水なんて沢山飲めないよ。というひとには、
ジュースと水と、を交互に飲むことをオススメします。

ジュースをたくさん飲む人は、口の中にジュースの味が残っている事が
幸せ!  というふうに思っていることが多いと思います。
しかし、少しジュース飲んで、満足して、すぐ、水を沢山飲むって事、
続けていると、ジュースの味の濃さが次第にわかってきます。

「何か飲みたい」って気持ちは、
本当は、ちょっとだけ味わいたくて、そして、他に水があれば別途、喉を潤したい、
そういうことだったんだ、とわかるはずです。

塩分を抑える、という考え方も、
濃い料理と薄い料理を交互に味わえば良いのかも!
だって昔は、おかずはちょっとで、あとご飯。だったはずですものね。
薄味でおいしいもの、濃い味でおいしいもの、としていけばよいのですね。
きっと。。。。と、また脱線。。。

なお、本情報は、自分の経験だけで書いてるので、テキトーです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風でも、新しい路線があれば

先日の台風。電車が途中で止まってしまい、かなりの方が歩いて帰ったみたいです。
(途中まであるいた一人だけど。。。)

もっと路線が広がれば便利なのに、、、と思って、新しい電車の路線計画をネットで調べてみました。

そしたら、結構、いろいろな計画があるようです。
抜粋してみます。

ゆりかもめ
    豊洲(現終点) ~ 勝どき
       豊洲の駅の先に線路が延びているのですが
       左の方に曲がって伸びているんです。
       これは、勝どき までの延長を考えてのようです。
       でも、メリットが良くわからないですね。。。

大江戸線
   光が丘(現終点) ~ 大泉学園
   ( ~ 東所沢駅?)
   ( ~ 武蔵境? ~ 久我山? ~ 新宿? )
   なんて話が、ウィキに詳しく載ってます。結構面白いかも。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E5%96%B6%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E6%88%B8%E7%B7%9A

多摩都市モノレール
    上北台(現終点) ~ 箱根崎  (~ 羽村 ~ あきる野市(?秋川あたり)
    多摩センター(現終点) ~ 町田
    多摩センター(現終点) ~ 八王子
       東京都の計画では一応、この3つの計画はあるみたい。
       但し、上北台から先の話は、まず、新青梅街道の拡幅工事が
       必要らしく、経営に1/4出資している東京都も、慎重になっているみたい。

日暮里・舎人線(2007年末 開通予定)にっぽりとねりせん
    日暮里 ~ 西日暮里 ~ 赤土小学校前 ~ 熊野前 ~ 
     ~ 足立小台 ~ 扇大橋北 ~ 高野 ~ 江北 ~ 
     ~ 土沼田東公園 ~ 谷在家 ~ 舎人公園
     ~ 舎人 ~ 見沼代親水公園
       ゆりかもめと同じのが走るようです。
       基本的に道路の上に、高架専用軌道を道路の真ん中に支柱を立てて
       つくります。タイヤで走るので静かです。

メトロセブン・エイトライナー
    環状7号線 と 環状8号線の上を通す電車。
    葛西臨海公園 ~ 葛西 ~ 一之江 ~  青砥 ~ 亀有
     ~ 北綾瀬 ~ 西新井 ~ 赤羽 (ココまでがメトロセブン)

    赤羽 ~ 志村三丁目 ~ 上板橋 ~ 東武練馬 ~ 平和台 ~
    ~ 練馬春日町 ~ 練馬高野台 ~ 井萩 ~ 荻窪 ~ 
    ~ 高井戸 ~ 千歳船橋 ~ 二子玉川 ~ 上野毛 ~ 
    ~ 田園調布 ~ 蒲田 ~ 大鳥居 ~ 羽田空港

    ウィキに詳しくありますね。
    (メトロセブン)  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3
    (エイトライナー) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC
    
これが出来れば、今回の台風でも、迂回経路ができるので、確実に帰れる。
こういう便利になっていく話は大好きです!

追) 心配されていないと思いますが念のため。
   風邪、治ったみたいです。今日は咳が出ません!!
   今日は窓も開けず、汗かいて完全に治しきります。
   肺炎だったら、こんなに簡単に治らないですよね。。。きっと。
   大袈裟だったな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

肺炎だったみたい。。。

先週、月曜日から、風邪引いていたみたいで。
なかなか直らなくて、原因は弟がクーラー効かせ過ぎる性で、寒がりの自分だけ
風邪引いたと思ってました。

そんでも仕事、目を廻しながらやってたんだよね。
文字が読めないときがあるくらい。少し経つと落ち着いて見えてくるんだけど。

そんな状態でも火曜日はライブ行ったし、水曜日はウナギ食べに行きました。
遊びまくりです!
しかし、「うなぎ、前に食べたときの方がおいしかった。」
とか言ったんだけど、風邪引いてたら、何喰っても美味くないって!

と、いう感じに、食欲だけは大丈夫なんですよ!!!

そんで木曜、直ったのかな、と思えた時もあったんだけど、
金曜は特にひどくなってしまったようで。。。
仕事中、電話で話しながら咳が出てしまって。。。会話にならない状態。
土曜、日曜の演劇観にいったんだけど、時々咳が出てしまって。。。
ふつう、こんだけ経ったら直るのに治る様子が見えてこない。
でも、土日遊んで月曜休むのイヤだったから、
月曜日、とりあえず会社には行ったんだけど、くらくらして咳は出るし。
で、なんか皆暇そう。仕事あまり無い感じだったので、速攻帰らせてもらいました。

そんで、家でめちゃくちゃ寝ました。
窓開けず、汗びっしょりになって。
なんか少し良くなった?って思うと、夜寝てるときに咳が出始めて、胸が痛くなってくる。
喉に緑のタンが絡んで、いくら出してもなくならない。。。

こんなの初めて。どうしたら直るのか、さっぱりわからない。
一昨日は、「風邪で死ぬ、寸前、手術しないと助からない」、という夢をみてマジ焦った。

火曜日は朝、調子良さそうだったんだけど、もう少し寝れたら絶対よくなる、と
思えたので休みを貰った。
でも、そんな状態でも、急に元気になるときもあって、そうするとじっとしていられなくて
洗濯したり、掃除したり。。。だめだよねぇ。。。(笑)
で、夕方、職場の上司から電話あった。
どうだ?と聞かれて大丈夫です。と答えた。
病院は、といわれて、行ってないといったら、行った方がいいと言われた。
はぁ、とは言ったけど、、、、ねぇ。

病院、本当に苦手で。。。なので、明日は絶対這ってでも行くぞ!と誓いやした。
そして今日、水曜日、仕事してきましたよ。
残業もしっかりやって、明日何があっても大丈夫にしてきました。(笑)
ちゃんと行きますけどね!台風だけど。

しかし、朝、会社のトイレで自分の顔見て驚いた。

顔にクマが大きく、しかも黒くではなく、赤くクマが出来ていた。
スゴイ顔。。。自分で、やばいよこれ、もこみちのCM見たいじゃんかっ。
なんか飲まないと!ってマジ思った。
タンは止まらない。咳も止まらない。胸が痛い。熱でくらくらする。
夏風邪、恐ろしいなぁ、、、と、家に帰ってきて、夏風邪って何だろう、って、
ネットで調べたら。
   肺炎の症状ってこんならしい。。。
夏風邪はあくまでも風邪で、冬ひくのと変わらないらしい。

肺炎? 

風邪は3日くらいで治るそうで、2週間長引いたら、そんな感じらしいです。
鼻水でないくせに熱っぽくって、咳だけやたらに出て、胸が痛い。
そして、タンが青いんだもの。。。

HP見てたら、入院、とか書いてあった。。。

びょ、病院???   ぜ、絶対に行きたくないっ!!!!

そう思って気合入れたら、今、青タン、出なくなりました。
咳も止まってきましたね!!!!

熱はまだあるっぽいんだけど、明日までに直すっ!!!  つか、もう治りそう。
こんなんでいいのかなぁ。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 5日 (水)

国会議員の方が辞めた。

先日は、国会議員の方の責任の取り方について、
いろいろ書いてみた。
そしたら、責任とって辞める、という方が出たと速報で聞いて、
そんな人もいたのか、と考え改めようと思った。

そしたら、Newsでは、こんな話が。
選挙法違反が指摘されており、
それが確定すると、当選が取り消される為、補欠選挙になるそうで。。。
その前に辞任すると、同じ与党から補欠当選となるそうで、
今のうちに辞めて欲しい、という党内の声に従ったらしい。。。

本当にすまない、と思って頭下げているのは、同じ党内の人たちにであって、
国民に対してではないのだなぁ、と思った。

まぁ、自分が思ってもいないところで、勝手な事されて、選挙違反、と言われたら、
そりゃ可愛そうだけどさ。。。
なんだかなぁ。。。かなしい。

今、自民も民主も好きになれないのは、ドラマチックさが無いから。
こ、これからどうなるんだ?  という面白さがまったく無い。

しかし、舛添さんは、面白い。 皆が思っていることを「当然でしょ」と言って、
行動に移そうとしている。
小泉さんも面白かった。あの人、以前、首相になる前の自民党内で
代表を決めるとき、TVで、「だって、どうせやらせてくれないんでしょ」
といってたの。
あの頃の自民党は誰もやりたい、というカンジではなかった。
誰を代表にしたらいいのか、、、と、党内でも悩んでいて、でも小泉だけは、、、という
感じでしたものね。
だから、小泉さんはいろいろ言われているところはあるけど、
やらなくちゃいけない、ことはまずはやって魅せたんじゃないかな。
国民に近い、一般的な考えも出来る人だったと思う。

だからこそ、面白そうだった。ドラマチックだった。

阿部内閣の問題は、お金のことではなく、何を第一に片すのか、を明確に言ったあと、行動していないところ。毎度、不正のことについてのみしか発言してない感じの
印象しかない事が問題。
年金の問題、という事で言われてはいるけど、そのために動いているところを、あまり見せなかった点。
これが、クチだけ内閣に見えてしまった原因だと思う。

それらの対策として今回、舛添さんを起用したのだと思う。
勝手に動いてくれそうな人を任命した、その点だと思う。
これ、一石二鳥なのですね。国民の支持も得られるし!!!

そうして、本筋の問題、自衛隊派遣法の問題を解決したい、
この1点、なんだろうねぇ。。。

年金問題は長引いても構わないけど、自衛隊派遣の話だけは、期日決まっていて、
中途半端すると大問題になるからね。

阿部さんは、このためだけに解散しないのだと思う。
民主も「解散」、の声が比較的小さいのは、
この問題が自分たちでも解決できないからだと思う。
いつもだと、もっと声大にして言うじゃない。。。

こんなところからも、きっと、継続されるんだろうなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

政治家の不正、「おいしい話はきっとある」

ちと、グチを書かせてね。

今日も農林水産大臣が辞任、という話題で新聞紙面が埋め尽くされている。
つまらない記事に新聞やテレビという電波を使うのはもったいないです。
江戸時代のように、さくっと腹でも切らせれば、責任の取り方も良くわかるし、
武士らしい最後、といわれるのに。
今の政治家は、政治家らしい最後、とは無縁の方達ばかりです。

いつも思うのは、辞任します、といっても大臣とか辞めるだけで、
政治家としては続けている事。
大臣も出来ない政治家なら、国民を騙した事にならないのか?
きちんと、一旦、辞めてもらいたいところです。
でなければ、金の話であれば、金で解決して欲しい。

裏金受け取っていたことで、本当に政治が間違った方向に進んだのであれば、
その修正費用を個人で弁償して欲しい。

もし、それを受け取ることで正しく政治が出来ていた、というのであれば、
それも策だと、理解します。

でも、そんな事を理由に大臣辞めるとは、どういうことナンダカ。
政治を行なううえで、大臣だって政治家の役目でしょう。
その大臣を続けるような人間ではありません。責任とって辞めます。
っていうなら、さくっと政治家辞めてほしい。
今後罰金とか、いろんな話が出たときに、今の議員活動の費用で
その罰金を支払うつもりならば、国民の税金ですからね。それ。
おかしな話です。
間違いは、誰でもある。だから、正す。というのは正解。
でもあえて騙していた、というなら、政治家はムリじゃない?
なのに、残るという。
教育について立候補時あれだけ熱く語っている人たちから、
政治家も辞めるべき、の声が出ないというのは、みんな自分の事も考えての事。
あえて目立ちたくないのだろうね。。。
まだまだ、悪い事が許されるのだなぁ。。。つまらん。

だから、「おいしい話はきっとある」、という都市伝説をみんな、信じてしまい、
騙されたり、不正が当たり前だとおもうんだよね。

会社でも、引き抜き、ってのが、ナンダカ嬉しい事みたいで、
そんな話があちこちで聞かれる。
「家族のことを考えたら、俺はやる」、、、なんて偉そうにいう人が居て反吐がでる。
正しいやり方があるけど、大体、人に話せない恥ずかしい事。
お金の為だけ、なのだもの。
(よくある引き抜き、ってのも友達だから的な感じだものね。。。)

会社への不正な経費請求も、社会人になったら、そんなの当たり前だ、と
力説する馬鹿もいる。大体、バブル時期にいた30~40代の社員が多い。

間違った当たり前をもった、子供のような大人が、今の世の中を動かしている。
そりゃ、日本がおかしくなるの当然です。
だから子供たちのことを考えると、ちとつらい。。。

子供の教育、っていうたびに、子供は、
「誰を師として仰げというの? 大人の教育をちゃんとしてよ」
、と思うわけです。
子供を救ってあげることは、日本を救うことだから、なんとかしたい。

日本がダメになったのは、志(こころざし)がなくなったこと。

武士を目指していたひとが多かった幕末。
世の中の考えは、「いざとなったら、他のために死ねる」
そんな思いに溢れていたのだと思う。
それは未来に託しているのだと思うわけです。託す事。そんな人いない。
政治も、誰にも託せない。。。だから投票にも行きたくなくなる。。。

僕は、正しい事、というのではなく、想いをもって生きて生きたい。

正しい正しくない、というのは、単純な人が使いたがる言葉。
勝ち組、負け組みも、一般人にわかりやすく単純に表した言葉。
それを使っている事自体が、間違いだと思う。目先の成功、という意味だモノ。

想いははるか先。未来への願いのようなもの。
勝ち負け言ってないで、全員が幸せになる方法をもっと皆で考えたい。

こんな事ばかり考えていてもダメだと思うけど、、、たまにはグチも良いよね。
誰かと飲みながらこんな事話せたら楽しいと思う。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 2日 (日)

ロマンス


井上ひさしの戯曲、「ロマンス」を観て来ました。

松たか子さんは、前回も観てかなり熱の入った演技でちと気に入ってます。
それと大竹しのぶさんも出演していて、この二人はある意味似ているとおもい、
観たいと思いました。

弟は「演技がめちゃくちゃいい!
なんかゆとりがある」、と言ってました。
そう、僕も、同じく思いました。
緩急の付け方が自然で。そんなリアルはないのだけど、
その嘘に、説得されるのですね。人は。

とっても楽しかったです。

話はいたって真面目。
アントン・チェーホフの生涯について、語られている。
妹、マリア・チェーホフと、女優オリガ。この二人の女性の想い。
などと、チラシには書かれていたけど、そんなに特には描かれていなかったような。。。

歴史を追うという点では、確かにそのとおり。嘘はなく話は進んでいるのだろうけど。
でもね、これ、どんな話?ってきかれたら、人物伝、かも知れない。
「チェーホフと彼の愛したボードヴィル」

なんか、ちと残念。面白かったけど、物足りない。期待していたのと違ったから。
役者の上手さは記憶に残るけど、メッセージ性はない。
楽しい、楽しい、お話。  を狙ったんだろうなぁ。。。

チェーホフの好きだった、ボードヴィル。
この作品はチェーホフの生涯をボードヴィル風にしたものらしい。
物悲しさを含んだ、笑える楽しい作品。。。

ボードヴィルを知らない自分には、狙い通りなのか、
そのあたりはさっぱりわかりませんでしたけど(笑)
観た感想は、素直に楽しく観れました!

あ、そいえば、井上ひさしさん、来てたみたい。
少し笑う。だって自分なら、チェーホフの真似して言いたいもの。(笑!)
これこそ、最後のオチだなぁ。

http://www.komatsuza.co.jp/kouen_new/index.html

パンフレット 1,000円
ポスター   小 500円
        大 ?円

前半1時間40分
休憩15分
後半1時間45分    だったかな。。。。

補助席、結構良く見れました!!!
当日券もあるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

空間ゼリーの「穢れしらず」


空間ゼリーの穢れしらずを観て来ました。
夜の回です。

今回は、いろいろ変わっていて、以前やった戯曲の再演であること、
そして、蜜柑/林檎 とキャストを代えての二組の舞台ということ。
そして会場はザムザ阿佐ヶ谷。
しかし、難しい話をえらぶなぁ。。。

その上、ダブルキャスト。。。    まったく違うものが出来てしまうと思うけど、
演技している蜜柑、林檎どちらにも出演している方は、どんな風に思っていたのだろう。

「穢れ知らず」は9/9まで。平日は、19:30からですので、観にいきやすいですね。
http://www.kuuze.com/index.php

ココの劇団は日々、進化するトコなので平日、時間あったら行く予定です。
いろいろ刺激されて、楽しみなのです。

風邪が治ったらだけど(笑)
なんども咳をしてしまい、すみませんでした。。。

あと、、、願わくば、次回は是非、お笑い、をやって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »