« 7月からの予定 | トップページ | パッパーノ指揮 ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 »

2007年7月 7日 (土)

これから(追記) 神様の夜-後編

これから
みてきます。
今日みた感想は少しだけ書く程度にして、あとは公演が終わったら書きます。
今日は初日ですからね。内緒(笑)。
すっげー楽しみっ!

(以下、追記)
さて、観てきました。
今回は詳細は書きません。もし観にいかれる方がいたら楽しんで欲しいから。
しかし、今回は女性向けの作品だと改めて感じました。
サイドストーリー的に合間を流れる話は、起承転結を好む男としては、見た直後は
「あれ?」っとおもう内容。言葉をそのまま受け止めてしまうし。

しかし、間を置いて振り返れば、詩の言葉の意味が見えてくる、、、気がする(笑)

もともとの川上弘美さんの作品は、不思議なことが、普通にあって、出てくる人物も
それは不思議、と感じながらも、拒絶しない。というカンジ。
この感覚はメルヘンとして王道で。でも、
その中で一般的には子供に語られているはずだけど、
この方の作品は、大人の女性(友達)に向けられている言葉なのかなぁ、と思う。

この公演は、とても成功した内容だと、本当に思います。
できれば、前作品のウテナさんや、コスミスミコに会いたい、という気持ちが、
今もずっとくすぶるから。梨の白いの、本当に、小さく感じたし。
河童も、えび男くんも、心から離れない。
本を読んだときに感じる事は、ここまで膨らませて楽しめたんだなぁ、と
改めて感じたのです。

こういった劇?朗読?が一般的なのか、自分にはわからないけど、
劇を作られている方とか、声優さんとか、とても刺激されると思う。
たくさんの方に観て欲しい。。。

なお、今回はベテラン俳優の方の朗読は、間の取り方、絡み方がすばらしく、
何なのだろう、と不思議に感じます。

公演時間は、C 1時間35分     D  1時間15分   程度です。

DVD化されたら、うれしいな。

http://www.kakuta.tv/

|

« 7月からの予定 | トップページ | パッパーノ指揮 ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これから(追記) 神様の夜-後編:

« 7月からの予定 | トップページ | パッパーノ指揮 ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団 »