« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

UPLIFT SPICE in 渋谷ルイード2

と、とりあえず曲順だけ。。。


M31
花火の色
(MC) ...ドラムが壊れた、、、とかいってました。。。
23夜(新曲)
シンドローム(新曲)
虹のふもと
射的

喋りとか、かなり面白くなってきた。。。
。。。ナイナイの岡村に似てきたみたい。千織さん。。。わるくないよっ!!!
面白いからっ!

ハドソン、BAY-FM 主催で、どっかでライブの模様観れるみたい。
確認して更新します。
他のバンドも凄かった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

宝石箱やぁ!


山形のお友達から頂きました!!!!

さくらんぼ、国産のは、本気で美味いっ!!!!

ありがとう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

「少女とガソリン」阿佐ヶ谷スパイダース


今日は、下北沢のスズナリで、阿佐ヶ谷スパイダースの「少女とガソリン」を
観て来ました。
写真は、スズナリ。
しかし、いつもとちと違う。
入り口から、ちょっと演出されてます。

今日の席はJ2です。一番後ろ。。。しかし、狭い。。。
だって、月曜なのに満席。立ち見もいるくらい。。。すごすぎっ。

さて感想。
話の始まりとか、うまいなぁ、と思いました。
所どころ、笑いに持ってくところは、さすが、皆上手いっ。
今回の見所は幾つかの踊りだとおもう。
細かいところの作りがすごい。あれは何度見てもいいと思う。

ストーリーは、副題の暴走する男たちシリーズ、という言葉が本当に言い表わしていたんだなぁ、というふうに思いました。

個人的には、暴走&はちゃめちゃ、は、映画「太陽を盗んだ男」の沢田研二を超える男はいないと思っていて。
最後は、むなしい笑い声で終わって欲しかった、男たちはそうでなければ、
かっこよくないから。

と、こんなカンジ。
しかし2時間30分。すごく短く感じたし、あの狭い席でもだまって魅せられたのは、
引き込まれる空気、それが生生しいからだと思います。

そう、生きた舞台だなぁ、と。トッ拍子もない事も現実にする空気。
すごいです。

あ、ミポリン、かわいかたです。DVDほしいです。
ミューズだなっ!


上は、買ったパンフレット(タブロイド版新聞風)です。

------------------------------------------
暴走する男たちシリーズ 第三弾  少女とガソリン
2007/6/9~7/4  下北沢 ザ・スズナリ 19:30~22:00(2.5h 休憩なし)
阿佐ヶ谷スパイダース

CAST
中村まこと
松村武
池田鉄洋
中山祐一郎
伊達暁
長塚圭史
富岡晃一郎
大林勝
下宮里穂子
犬山イヌコ

販売物:パンフレット  1,500円
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ企画「衛星都市へのサウダージ」


ヨーロッパ企画の「衛星都市へのサウダージ」を観てきました。

今回の演劇の感想は、かなり書くの遅くなっちゃいました。

感想としては、面白かったですっ!!!
一緒に行った弟や友達はかなり喜んでました!!!

でも、なんかねっ。ドリフっぽかった。
今回の話は、ハートフルコメディではなかったです。
ヨーロッパ企画って、だらだらっとした普通の空気 の印象があるけど、
作品の切れ味(オチ)が、結構練られもいる、というのがイメージ。
だから、いつも過剰に期待しちゃいます。

今回、僕もかなり笑ってましたが、もっとすごいの魅せて欲しいですね。
絶対できる劇団だから。と、勝手な意見。。。すみません。
また、次回も、当然行きます。そりゃもう。

2時間10分
販売物 CD付きパンフ(?)、かせきさいだぁ CD など。

http://www.europe-kikaku.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

詩を書いてみる。2 「普通のうた」

ハリケンポエマー たる です。

昨日は、二日酔い&職場冷房の強さにボロボロで、速攻帰って寝ました。
ライブに行く予定が。。。

弟は兄が起きていないから遊んでたのか寝過ごして遅刻したようです(笑)
が、今日は僕は大変元気です。

こんな調子がいいといろいろやりたくなる。
んで、クラッシック聴きながら、オケに併せて歌をうたったり(笑)
そして、ギター、持ってきて曲を作ってみたり(笑)
まぁ、聴かせられるよなモノではないのですけどね。。。いつか。

さて、詩を書いたので載せてみる。
知り合いのPOPバンドにうたって欲しいなぁ、とイメージして、書いてみました。
熟成させてないから、ちと、安っぽいけど、こんな程度です。
まぁ、軽く書いたほうが僕は好きなので。(笑)

------------------------------

「普通のうた」

いつのまにか なにかに つかれてる
いつのまにか ぼくらは なやんでる
いつのまにか なにかに 一緒にいて
いつのまにか ぼくらは あそんでる

そーんなこと、ふつーじゃない。
それーが ぼくらーをつつんでいる

それーが、ふつーう
それーが ほんとー
そしてきっと。  僕らは望んでいる、、、のかも。

つまらない、とぼくはつぶやいてる
つまらないよ、とぼくは泣いている。
つまらないね、てキミも泣いている。
そうだね、っていって。でも手を握っている

そーんなこと、ふつーじゃない。
それーが ぼくらーをつつんでいる

それーが なに?
それーが たいせつな
そして、きっと。   そんな まいにち。

いつのまにか何かが変わってる。
いつのまにか世界は変わってる。
いつのまにか僕らは変わってる。
いつのまにか、何かをなくしてる。

そーんなこと、ふつーじゃない。
それーが ぼくらーをつつんでいる

それーが、ふつーう
それーが ほんとー
そしてきっと。  僕らはここにいたいんだから。

------------------------------
と、こんなカンジ。
うたって作ります。歌詞ですよね。

ん、、、なんか自分のテンション高いなぁ。
熱あるときって、朝からこんなカンジ。。。やばいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

UPLIFT SPICE のライブ


上野でのUPLIFT SPICE のライブ参戦です。

今日は、村上君を連れて行った。
後輩のドラエもんの好きな彼は、音楽もすきなのです。

さて、今日は、4バンドだけなので、やってくれた曲数も多かったです。
そして、始まったのは20:00くらいから、終わりは20:45分ごろ。
さて感想。
なぜか、射的から始まった。この展開はびっくり。
そして、いつものノリとちょっと違った。
演奏にも安定感が出ていて、なんかひとまわり大きくなったような。
そしてボーカルも、いつものきれ方と違う、余裕のMC。
なんか、、、、驚いた。
そして、新曲も1曲。「シンドローム」
この曲の歌い方を聴いたとき、あ、いい声。と素直に思った。
いい曲。。。しかし、もっと良くなりそう。
かっこよく決まるはず、と思われるところが、ごちゃごちゃ、となっていたような気が。

村上君も、気に入ってくれたようで、これで弟いれて3人目。
エバンジェリスト、はこんなして小まめにはたらくのだっ!!!

あ、今日もこえかけずに帰っちゃった。ひと、結構いたから。(笑)
次回はサイン貰おう。。。
あと、、、白い鳩、やって欲しかった。。。

セットリスト  (たぶん。。あとで弟に確認してみます。。。)
1.射的
2.雨ざらし
3.シンドローム(新曲)。。。だったよなぁ。。
4.M31
5.
6.虹のふもと
7.花火の色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

ラファウ・ブレハッチ公演 in TOKYO


ラファウ・ブレハッチ公演に、再度行ってきました。
今回の演奏の感想は、なんか、横浜での演奏に比べて荒い弾き方をしているかなぁ、というもの。
これは全体を通して感じたものです。
横浜公演のときは、もっと音に気を使っていたように感じます。
しかし、今回はなんか弾いてるだけ、というカンジなのです。

ただ、前半の曲は、横浜でもすばらしい、と言い切るにはちょっと、というカンジでしたので
後半を期待していました。
後半のショパンは、やっぱり荒いカンジ。
ココに来て表現に迷いが出てきてしまったのか?と、若い人によくある感を感じてしまいました。

しかし、です。

アンコールは、今回4曲もやってくれたのですが、そのショパンの曲はすばらしい!
もともとの曲を掘り下げる、といったクラシックのすばらしさ、は感じなかったです。
でもね。
楽しそうに弾いているんです。音を楽しんで、リズムを楽しんでる。

あの音楽を聴いたら、誰だって楽しくなってしまうでしょう!

今回が最終公演で、花束持って前に行く人の多いこと(笑)
聴きに来ている方も、女性が多かったです。

ブレハッチ、いつか作曲して歌を歌い始める気がする。
そういうの好きそうだなぁ、と思えたコンサートでした。


--------------------------------------------
東京オペラシティ コンサートホール

販売物:パンフレット 500円
     CD ショパンコンクール、とかの他に前のコンクールでの2枚組み?の
     CDも売ってました。横浜では売っていなかったものです。
曲目(HPより抜粋)

J.S.バッハ :イタリア風協奏曲 ヘ長調 BWV.971
リスト    :3つの演奏会用練習曲より 「軽やかさ」 ヘ短調
        :2つの演奏会用練習曲より 「森のざわめき」「小人の踊り」
ドビュッシー:版画
        1.塔
        2.グラナダの夕べ
        3.雨の庭
19:05~19:45
--- 休憩 20分
20:05~21:15

ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
      :2つの夜想曲 Op.62
        第17番 ロ長調
        第18番 ホ長調
      :24の前奏曲 Op.28 より 第13番~24番
        No.13嬰ヘ長調
        No.14変ホ短調
        No.15変ニ長調「雨だれ」
        No.16変ロ短調
        No.17変イ長調
        No.18ヘ短調
        No.19変ホ長調
        No.20ハ短調
        No.21変ロ長調
        No.22ト短調
        No.23ヘ長調
        No.24ニ短調  
アンコール
 ショパン:マズルカ op17-2
 モシェコフスキー:8つの視覚的小品Op36-6"火花"
 ショパン:ワルツOp64-2
 ショパン:ワルツOp64-1"小犬"


詳しくは

http://www.japanarts.co.jp/html/2007/piano/blechacz/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

馬肉の「みの家」へ行きました。



森下駅を出て隅田川と反対方向にすすむと、すこし懐かしい小さな建物に
みの家と書かれています。
ここがさくら肉(馬肉)の店、みの家本店です。
本店、という事で新宿にもあったりします、がココが発祥。
馬喰町という町が近くにありますが、それはもともと飛脚が多くいたから、
馬の仕事を喰う、とかで馬喰、という町の名前になったとか。。。間違ってたらごめん。

鍋を頼むときにはヒレが柔らかくて良いです。
他、ちと硬いかも。
最初は野菜もついてきます。
味噌の乗っかった肉入りの鍋が届き、かき混ぜて焼きます。

そして追加で肉を頼むと、肉だけか、野菜もつけるか、と聞かれます。
最初軽く、ロースで試すと良いかもね。ヒレが1番美味いでしょう!
オススメは馬肉のたたき。あんなの普通、食べられないです。
スーパーとかで買うのと違いますよ。

あと、ご飯を頼んで最後に鍋に溶いた卵を入れて、少しかき混ぜたところで
火を止め、余熱で半熟にしてご飯の上に掛けて食べます。
そしたら鉄のしゃもじも貰いましょう。(箸じゃすくえないからね)
ご飯は、おひつで来ます。

お金はテーブル会計。
会計済みの木札をもらうので、それと、最初の靴の引き換えの木札をもって玄関へ。
そこで係りの人に2つとも渡せば靴を用意してくれます。

結構早くから混んでしまうみたいだけど、開店と同時に入れば大丈夫みたい。
初夏にはとてもあってます。
ゆったりできる店の雰囲気には、すっかり気に入ってしまいました。
予算、2人で、1万円くらいかな。

桜鍋(ヒレ)2人前 2,000円×2
馬肉たたき     1,100円
馬肉さしみ     1,800円
卵2つ         50円×2
ビール1本(アサヒ) 600円
焼き豆腐       300円
肉追加、(ロース)1人前(肉のみ)2,000円
卵2つ(鍋に入れる用)50円×2
ご飯2人前(おひつで届きます。) 200円×2    合計1万400円くらい。。。

詳細はこちら。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000804857/M0013001721/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇企画集団 THE・ガジラ 「かげろふ人」


演劇企画集団 THE・ガジラ
「かげろふ人」
を観てきました。

森下という駅から、隅田川方面に歩き、その手前を曲がったところにある、
ベニサン・ピットという劇場です。
これは倉庫を改良して提供してくれているのかな。
スタジオもいくつも持っているようで、写真は裏なのですが、
こちらから入ると劇団のスタジオ利用状況がわかります。
ちと楽しい。

今回の劇は、京都の幕末、坂本竜馬の生きていた時代の京都の話。
その時代に生きていたある1部の人々にスポットライトを当てた
という感じの話です。

今回観た演劇企画集団 THE・ガジラは初めてです。
チラシを観て面白そう、、、と、チケットを買ってみました。

さて感想です。

あの時代に生きていた人。
そう、こんな話もあったかもしれない。。。
悲しい時代だったからこそ、みな、モガイテイタンダヨネ。

こんなカンジだとおもって観にいくと良いですね、きっと。

笑いはありません。真面目な話です。
そして、最初の始まりで度肝抜かれます。
隣に座ってた外国人の方も、終わったあと、「オー!バイオレンス!!」と
言ってました。
その通り、しかし、見慣れてくるとそんなにはいらないなぁ、、、と
思えました。

演技は本当に上手い。2時間30分の劇がすっごく短く感じたし。
でも話は個人的には好きではなかったかなぁ。。。
良い劇団だからこそ、観客の想像力を利用した劇を作って欲しいです。。。
期待してます!

http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

ラファウ・ブレハッチ公演 in 横浜


ラファウ・ブレハッチ公演に、行ってきました。

ショパン・コンクール優勝、といっても若さがまだあるので、、、と辛口批評家は言ってますけど、
人間を批評するのって、今の評価だけにして欲しいですね。
人なんて何があって変わるか、ワカラナイし。
古い人間になっている自分に気づかない事もあるし。。。

ということで、自分も判らないながら、感じたことを書いてみます。

今回の演奏の感想は、かなり丁寧な弾き方をするなぁ、というもの。
バッハの曲は、本当にチェンバロの音のように聴こえて来るくらい、
それっぽい弾き方をしていて、音が絡み合っていくカンジは、バッハらしいカンジでした。

その後のリスト。
こ・れ・で・も・か! という弾き方。   
早いところ、強く弾くところ、はスゴイ、と感じますが、なんだろう表現している、というカンジではなかったです。

だから、、、ネムクナル。。。

その後の、ドビュッシー   やはり、ネムクナル。。。

う~ん、小山実稚恵さんのコンサートで気持ちよくなってたのになぁ、と少し後悔。
しかし、後半、ショパンの曲。

おおおっ、音に色がついている!!!!
カンジながら弾いている!!!

だからこっちも聴いていて楽しいっ!!!!
僕は、ショパンを弾いているだけで幸せなんだっ! と言っているように聴こえます。
でも若いカンジ、は感じました。艶が少ない感じ。
前半に比べたら、かなりあるんだけど、でももうちっとほしいかなぁ。

んで、少し不満もありながら、でも楽しめたので目いっぱい拍手したら、
アンコール3曲やってくれました。

その曲がすごいっ!!
弾いた後の振舞い方も、若さの勢いがあり、なんだ、こんなに楽しく弾けるのなら、もっと弾いてよ!
と思ってしまうくらい、楽しそうに弾いてます。

アンコール聴かずに帰った人いたけど、ブレハッチは、まだ若いがゆえムラがあり、
1番楽しめる演奏は、アンコールかも、という事は意識した方がいいかもね。

また、東京公演も行きます。楽しみです!

--------------------------------------------
横浜みなとみらいホール

販売物:パンフレット 500円
     CD 、DVD

曲目(HPより抜粋)

J.S.バッハ :イタリア風協奏曲 ヘ長調 BWV.971
リスト    :3つの演奏会用練習曲より 「軽やかさ」 ヘ短調
        :2つの演奏会用練習曲より 「森のざわめき」「小人の踊り」
ドビュッシー:版画
        1.塔
        2.グラナダの夕べ
        3.雨の庭
14;00~14:45
--- 休憩 20分
15:05~16:15

ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
      :2つの夜想曲 Op.62
        第17番 ロ長調
        第18番 ホ長調
      :24の前奏曲 Op.28 より 第13番~24番
        No.13嬰ヘ長調
        No.14変ホ短調
        No.15変ニ長調「雨だれ」
        No.16変ロ短調
        No.17変イ長調
        No.18ヘ短調
        No.19変ホ長調
        No.20ハ短調
        No.21変ロ長調
        No.22ト短調
        No.23ヘ長調
        No.24ニ短調  
アンコール
 ショパン:マズルカ op17-2
 モシェコフスキー:8つの視覚的小品Op36-6"火花"
 ショパン:ワルツOp64-1"小犬"


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま横浜です。

いま横浜です。
みなとみらいホールです。14時からブレハッチです。いい天気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン 武蔵家

先日、木曜日は、あぶラーメンを食べてきました。
武蔵家さんです。

どういう店なのか良く解りませんが吉祥寺のガード下に2号店(別館)も持っている
次第に大きくなった感のある店です。

ここで普通のラーメンは食べた事はまだないです。

今までで2回目ですが、700円のライス付き四川ラーメン(?)と、カレーラーメン(?)を食べています。
カレーにはチーズをトッピングしてもらっています。
麺はかなり太め。温泉卵が乗って、かき混ぜて食べます。
んで麺を食べ終わったら、スープの中にご飯を入れて、
マーボ掛けご飯やカレーライスのように食べます。
麺とご飯が食べたい人には最高!!

定食っぽいのもあるみたいだし、何度か行っていろんなの食べてみたい。
そんな店です。

地図
http://www.kichijoji.tv/hometown_data/03398.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケ、当たっちゃった。

さて、カミングアウトなんだけど、昔、コミケってのに行ってました。
友達が本作って売るとお金持ちになれる、って言うから、じゃぁ、やろうって。

高校の時はお金欲しかったんですよっ!!!

で、初めて作った本は、後輩の八百屋さんのガリ版印刷機みたいの借りて。
真っ黒になりながら作りました。
売りにいって、唖然、、、。

カラーの表紙ってなに?
なに、あのつるつるの表紙?

そう。市場調査もなにもない。子供だったなぁ。。。
本当にあっけに取られて終わりました。
しかし、何かやった充実感はありましたけどね。
高校の頃は映画も撮ったし。
主人公がトマトとジャガイモのアダルトでしたけどね(笑)

んで。今回、久しぶりに申し込んだのは、本を作ろうかと。
久々にやる気が出たのです。

んで、あたっちゃった(笑)。。。それも金曜日。。。行けない。。。
だって、新しい職場に移ったばかりだから、休めないよ。。。

いちおう、あたったチケット。


いま、弟が休み申請しているそうで、作ったら売ってきて、とお願いしました。

そして、昔描いた絵。。。エルハザードです。



自慢ですが、頼まれて書いたりするのですが、設定資料だけで描いてます。
描くのは4コマ。
描き終わったら、友達に見せて、話に変なトコないか見てもらって、
原稿渡します。
こんな感じです。

なぜ、アニメとか観ないで話が書ける?

とよく、友達に言われるのですが、とても得意です。
ネタ、尽きないです!

ネタ、吐き出さないとおかしくなりそうなのです。
これから、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅんとうっ!

組合と会社との話し合いを労使協議、と言います。

賃金交渉については、春闘、と言われますね。

今日は、賃金交渉をしてきました。
速攻妥決しました。

基本給の昇給パーセンテージが平均2.40%とのこと。
承諾しました。

条件として、資格の評価制度の話を出しましたが、会社は今のままでよい、と
言って聞いてくれませんでした。
うちの会社は資格評価制度に明確なものがなく、
会社はいつも「評価している」の一言で逃げてきました。
なので社員がやる気なくしてみんなやめて言ってしまう。
3年続ける人は多いのですが、それは、技術をつけてから辞めようと考えている人が
多いからです。

今回の率がよい背景は、給与が低いので辞めたい、と言う人も多いから、
ベースアップを考えての事らしいです。

来月は賞与について交渉が始まります。。。つかれる。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

劇団本谷有希子「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」



劇団 本谷有希子の
「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」を観てきました。

劇団 本谷有希子 を観たのは初めてです。
まえからすっごく気になっていたんです。

話はこんな感じです。(詳しくは書かないですけど。。。)
劇の話は、営業してない遊園地に、男と女。
そして同じ衣装に同じ髪型の女たちが同居する小さな世界。
なぜ、そうなった? なにがそうさせる? 
誰が何? 何がだれ?

そんな状況のなかで話は進んでいきます。
不思議なストーリーです。

役者さんは上手かった。
不思議な感じを解りにくくせずに進めていく上手さはなんだかよく解らないですが、
2時間近い時間が気がつくと過ぎていました。

しかし、心にのこるものは、なかった感が寂しい。
真面目な話がすきだから、こういう不思議感の強いものはちと足りない感が
ついでてしまう。

しかし、今後も気にしてしまうな。。。
前の作品が本にもなって、映画にもなっているし。。。

http://www.motoyayukiko.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

KAKUTAと劇団鹿殺しのチケット届く!

やった、チケット届きました!



神様の夜。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

しゃーろっと!

あとで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽情報

ガンズンローゼズ、武道館追加公演決定!!!だって。
平日18:00スタート。。。しかし、1番もりあがりそうだよねぇ。。。

ブルー・オイスター・カルトのCD、紙ジャケで限定発売!!!!
スッげー嬉しい!!!!  3枚ずつ買っておこうかなぁ。。。もう2度と手に入らない気がするから。
「オカルト宣言」ってタイトルになっていると笑うなぁ。

羽田健太郎、亡くなったよね。すごくショック。
超時空要塞マクロス、というアニメがあって、その作曲をした人、という印象が
とても強かった人。
急にテレビに出なくなったと思ったら。。。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・ハイツのライブ!!!

今日はハイツとボイストのライブに恵比寿まで。
THE HEIGHTS / VOICST のダブルヘッダー!

19:00から、VOICSTの演奏すぐにはじまりました。
曲はすみません、よく知らないのです。
19:50くらいでアンコールナシで終了。
なんせ、演奏の合間合間に笑いを取る。
演奏はあんなに熱いのにっ!!!
MY でぃくしょなり~!から、日本語沢山喋っていました。
3人組です。ドラムは、「魔」とかいた、ドラゴンボールのTシャツきてたな。
CD購入者のサイン会を最後やっていました。

20:20くらいからだったかな、THE HEIGHTSの演奏が始まりました。
演奏はじめる前にタバコくわえながら、VOCAL出てきたけど、灰皿ねーじゃん、と
最前列の観客に渡してた(笑)
。。。曲のならび、思い出せません。。。
アンコールで何曲かやりましたけど、1曲やった後、缶ビール投げてくれました。
取れなかったけど。
最後に演奏してたメンバー観客の中へダイブ!!!
しかし、ムリだって。女の子しかいないんだモノ(笑)
雪崩のように潰れてた(笑)
でも楽しそうっ   しかし、また自分だけスーツだよ。。。

情報入り次第、更新しときます。。。

視聴はココ。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=1000377822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

映画の日ではないけど。


パイレーツ、観にいきたいね、という話から、土曜日は、パイレーツ1,2と続けて観ました。
そして日曜日は朝からパイレーツとスパイダーマンを見ることに。
朝8時30から、イクスペアリに弟と行ってきました。
最終的にこんな感じです。
10:00~13:00(3h)  パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド<吹替版>
13:20~15:55(2.35h) スパイダーマン3<吹替版>
16:10~18:30(2.20h) プレステージ
19:15~21:25(2.10h) 300
き、きつい。。。体がおかしい。。。

朝から晩まで映画。。。観なきゃいけない、と思っていたのは全て見れました。
一安心。
みんな面白かったけど、2度観たいってほどではなかったなぁ。

予告を見るのも楽しみのひとつですが
ゾディアック、 面白そうでした!
http://wwws.warnerbros.co.jp/zodiac/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

キラキラDSのはなし


お友達に貸していたのですが、ほら、こんなにキレイにしてもらいました。
それも、大好きなマイメロです。
アニメだと、とてつもなく毒舌なマイメロ(笑)

あ、あと。どうぶつの森、3階建ての家に、あーたんと一緒に住んでた。
たる、は甲斐性のある男の子だねぇ。

郵便物が届いていて、釣り大会でも1位だと、村長から褒められていました。
す、すごいなぁ。。。家の周りしらないフルーツだらけだし。。。

不思議と新鮮な気持ちになりました。
なんとなく、何かに頑張れそう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOTTHARDファンクラブ様さまです!


来日決定連絡を頂きました。
小まめ過ぎるっ!!!
本当にこの気遣いのすばらしさで、目頭熱くなる。。。

行きますよっ!!!
休み取れたら取りますよっ!!!!
4年ぶり。。。是非、いっしょに応援しましょう!

CD買いました。
あちこち探してやっと。。。
聴きました!!!!

感想。
今までの作品の中で1番いいかも!
ギターの音が1番好きなアルバムになってる。
作りこみでは、今までも良い曲は多かったけど、細かな気の廻し方が丁寧。
いろんなレビューで、「G.」というアルバムを出してくるのは解るなぁ。
でも、ハードなくせに大人になった、というイメージです。
5曲目の「The Call」とかを聴くと、今までのゴットハードの進歩が感じられるとおもう。

ただ、最近のアルバム、カバー曲がなくって。。。すっごく残念。。。

あと、スイスの文化をしらないからでしょうか、
映像や歌詞には、日本人が疑問に思うことも多いです。
マッチョが人気あるのかなぁ。。。

でも、声のよさ、ライブの熱さ、一度でも感じたら好きになるだろうにと思います。
前のライブのときは、ポール・ギルバートが来たとか来ていないとか。。。

うわぁぁっ!!! 早く来いっ、来てっ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレハッチのDVD貰った!!!

ふっふっふ。頂き物です!



なかなか書けずにおりましたが、いまさらながら写真の説明です。。。

人から物を貰うということは、やはり特別な事。。。
嬉しいので、個人的にはNEWSで。
そして、忘れたくないから、こやって載せてみたりしています。

開けたら、なんとブレハッチのDVDです!!!
今度コンサート行くから、欲しかったんですよね!
か、買わなくて良かった!!!



こっちは、2枚目のDVDです。

2005年にショパンコンクールが行なわれて優勝したのがこの当時20歳の
ブレハッチくん。
ショパン・コンクールはいろいろあるのですが、
ポーランドのワルシャワで5年に1度、行なわれるショパン国際コンクールは、
1番有名ですね。

1985年の第11回のときは、ブーニンが優勝して大騒ぎしてましたね。
このとき4位になったのが小山実稚恵さん。
先日の「展覧会の絵」の演奏は、ほんとうに凄かった。。。

観た感想も。。。

ブレハッチくん、なんか緊張しているような。。。
協奏曲なので、オケもいるのですが、こちらの演奏がなかなか良い!!!
そう。もう誰もが興奮しきっていたのかもしれません。
演奏終わる寸前から拍手とブラボーの嵐!!!!
DVDの映像は何台もカメラが入っていて、画面の切り替わりも気持ちよく、
楽しめます。
ピアノの演奏も、まだ若いカンジはしますけど、かなり満足です。
コンサート楽しみっ!!!

ショパンコンクールの話は、こちら
http://www.maxell.co.jp/chopin/contest/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

GOTTHARD CD発売日なのに


ゴットハードのCD発売日、すっごく楽しみにCD買いに行きました。。。
が、売ってません。なぜ???
BURRN!読んでもあんなに評判がいいのに、おかしい!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

小山実稚恵の世界!!!


小山実稚恵さんのピアノを聴きに行きました。

前に聴いたのは、宮本文昭さんのオーボエとの演奏会。
そのとき、なんて気持ちの良い演奏なのだろう、と感じて。
今回の演奏会がとても楽しみでした。

入り口ではいつものようにチラシの束。そして、今日の演奏のパンフレットを貰いました。
が、このパンフレット。CDジャケットよりすこし大きめな、かなり厚めの紙で、カラー印刷したものが配られました。
これ、結構すごいです!!! 曲についての説明も沢山入っているし、
ちょっと集めたくなりましたね。

席はうしろの方ですが、演奏を聴くことが出来れば幸せです。多分。。。

さて、今回の演奏は、事前準備せず来ました。
しかし、、、気持ちよい。
音がおたまじゃくしのように個々の水玉のように並んでいるはずなのに、
キレイな水の流れのように、流れていきます。
ピアノを聴いているんだよなぁ、、、と、変な気持ちで聴いていました。
生の音だから?
よく解らないけど、気持ちいい。。。 
隣で友達が寝息をたててしまっているのも、仕方ないよ(笑)

1曲、1曲演奏が終わると、
手をそぉ~っと上に上げていきながらピアノから放していくのですが、
その様子をみて、こっちも「ふぅ。」と小さなため息をついてしまいます。

圧巻だったのは、やはり最後の曲、
組曲「展覧会の絵」。
これは、オーケストラ用の曲だと思っていましたが、調べてみると、
もともとはピアノ独奏用の曲を、ラヴェルがオーケストラ用に編曲したそうで。
しかし、演奏は生半可なものではなかったです。

全身全霊。
弾きながら、立ち上がるように、腰を浮かせて弾いたり。
あんな大きな音がピアノから出るのか???
ってくらい、ドゴーン!! と弾いたかと思うと、めちゃくちゃなスピードで音が出てきたり。
か、体、もたないよっ!!!って真面目に心配するくらい。

鍵盤にバンっ!と叩くたびに、気持ちが入るのでしょうね。
上45度に顔を上げて感情を全身で表現するたびに、
あの長い髪の毛が、きれいにしなり舞い上がるのは、正直、美しいです。

あんな演奏、なんども出来ないよね。。。きっと。。。あ、いや、この人なら出来るかも(笑)
-----------------------------------------------
「小山実稚恵の世界」ピアノで綴るロマンの旅

第3回 ~うつりゆく情景~
15:00~
 ハイドン:アンダンテと変奏曲 へ短調 作品83
 ウェーベルン:ピアノのための変奏曲 作品27
 シューマン:子供の情景 作品15
15:45~(20分休憩)
16:05~
 ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

アンコール
 グリーグ:「抒情小品集 第3集」より  「春に寄す」
 チャイコフスキー:「四季」より 6月「舟歌」

 シューマン/リスト:「春の夜」
~17:00


http://bunkamura.co.jp/shokai/orchard/lineup/06_koyama_recitals/index.html

次回は、07/11/10(土)  第四回です。
-----------------------------------------------

追)
帰りはネギ専門店で、ネギ三昧!!!!
そして、ザ、ロックアップも行きました!!!
ひさびさに満喫! 楽しかったっ!!!!!!!   日曜は仕事だけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »