« バッタが邪魔で乳首が見えない | トップページ | 友達の。。。 »

2007年3月24日 (土)

西本智実さん指揮の東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の演奏会


ぎゃーーーーー。
感想が。。。消えた。。。

もう書けない。
けど、思い出し書き。。。

演奏良かったです。所々変な音がありましたが、
なんせ弦楽器の音が美しかった。
「生命連鎖」は、最初、本当に表現力勝負の曲だと感じました。
そして、その表現力がここまで出来るのか、という気合を演奏の中に感じました。
すごすぎっ!!
んが、途中で乱れたっ。そのまま大きな音の塊になっていく。
うわぁ、もうだめだ、っとおもったら、また持ち直す。
そんな感じが最後の方に少しあったと思いました。
曲、よく知らないので当てにならない感想ですけど、スミマセン。。。

ブルックナーも、同じカンジかな。結構、弦楽器の見せ場が多いのかなぁ。
音、気持ちよくって、満足。

う~ん、凄かった。すばらしい。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
http://www.cityphil.jp/

西本智実さんのHP
http://www.tomomi-nishimoto.com/

--------------------------------------------
2007年3月24日(土)午後2時開演<午後1時15分開場>
場所:ティアラこうとう 大ホール
指揮:西本智実
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
14:00 新実徳英 作曲   「生命連鎖」 (約16分)
14:20 休憩(15分)
14:35  ブルックナー 作曲 「交響曲 第7番 ホ長調」 (約70分)
     第1楽章 20分(くらい)
     第2楽章 20分(くらい)
     第3楽章 15分(くらい)
     第4楽章 15分(くらい)
15:45  終了 アンコールなし。

なお、階段途中で、1:30~1:45まで
東京シティ・フィル メンバーによるプレ・コンサートをしていました。
いつもしているみたいなので、早めに行くと楽しめそうですね。

|

« バッタが邪魔で乳首が見えない | トップページ | 友達の。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西本智実さん指揮の東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の演奏会:

« バッタが邪魔で乳首が見えない | トップページ | 友達の。。。 »